スポンサーリンクあり

全16作品。シャー・ルク・カーンが出演した映画ランキング

  1. マイネーム・イズ・ハーン
    • S
    • 4.73

    アスペルガー症候群の青年がアメリカ横断に挑む

    アメリカに住むイスラム系の青年。 彼は恋した女性と結婚し、親子3人幸せに暮らしていた。しかし911同時多発テロによって全て一変する。米国全体からの敵視の目。「私はテロリストじゃない」それでも止まない差別、いじめ、暴力。そして家族に降りかかる最大の悲劇・・・。全てを失ったとき彼が取った行動は・・・。

    ネット上の声

    • 今年、初号泣作品・・・是非確かめて下さい
    • 世の中には2通りの人間しかいない、の言葉
    • 心が洗われるような、素晴らしい作品です!
    • 慈愛の心は怒り、憎しみを超越します!!
    自閉症、 人種差別、 ヒューマンドラマ

    批評家の声

    • ★★★★★(5点)
      これは隠れた名作です。 911テロ後のイスラムに厳しいアメリカ、家族の不幸、しかも彼自身に自閉傾向あり。 かなり重いテーマの映画です。それでも全体を通して何故か温かい気持ちになれるんですよね。 号泣ポイント多め(TT)
    • 製作年2010年
    • 製作国インド
    • 時間162分
    • 監督カラン・ジョーハル
    • 主演シャー・ルク・カーン
  2. PATHAAN/パターン
    • S
    • 4.59
    「マイネーム・イズ・ハーン」「恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム」などで知られるインド映画界のスター、シャー・ルク・カーンが主演したスパイアクション。 インドやパキスタンにまたがるカシミール地方の自治権をインド政府がはく奪し、それに怒ったパキスタンの将軍カーディルは、元インド軍人のジムと手を組みテロ攻撃を企てる。インドの諜報機関RAW (Research Analysis Wing of India) に所属するパターンは、ジムが計画する生物兵器での攻撃を阻止するため動き出すが、デリーの上空を飛行中の飛行機に生物兵器が仕掛けられたことが判明。残された時間はわずか6分という絶体絶命の状況下で、インド最高のエージェントであるパターンは、母国を守るため奮闘する。 同じインドの諜報機関RAWが登場する「タイガー 伝説のスパイ」でサルマーン・カーンが演じたスパイのタイガーが、本作の主人公パターンと同僚という設定になっており、話題に。監督は「WAR ウォー!!」「バンバン!」のシッダールト・アーナンド。「恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム」「チェンナイ・エクスプレス 愛と勇気のヒーロー参上」などでもシャー・ルク・カーンと共演しているディーピカー・パードゥコーンが、ヒロインのルバイ役を務めた。

    ネット上の声

    • 「ミッション:インポッシブル」シリーズ3本分の活劇を凝縮したようなお得感
    • スピード感あるアクションと美しい海! 女性から殻のイザナイ!?
    • ここ数年、南インド映画の勢いが凄まじい
    • 衰えぬシャー・ルク・カーンの現役感!
    アクション
    • 製作年2023年
    • 製作国インド
    • 時間146分
    • 監督シッダールト・アーナンド
    • 主演シャー・ルク・カーン
  3. 家族の四季 -愛すれど遠く離れて-
    • A
    • 4.31
    アミターブ・バッチャン、シャー・ルク・カーンら、インドを代表する豪華キャストが集結した家族ドラマ。大富豪のラーイチャンドは、養子ながら愛情をかけて育ててきた長男ラーフルに縁談を持ちかけるが、ラーフルは庶民の娘アンジャリーと恋に落ちてしまう。アンジャリーとの恋を反対されたラーフルは、愛する家族に別れを告げてアンジャリーと生きることを決意。数年後、ラーフルの弟ローハンは家族の絆(きずな)を取りもどすため、兄が暮らすイギリスへと向かう。

    ネット上の声

    • インド中の女性が泣いた! 作品すべてが大ヒットの【カラン・ジョーハ...
    • インド中の女性が泣いた! 作品すべてが大ヒットの【カラン・ジョーハ...
    • 絆ゆえの対立する父と息子を解ってほしい
    • インドに触れてみよう。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2001年
    • 製作国インド
    • 時間210分
    • 監督カラン・ジョーハル
    • 主演シャー・ルク・カーン
  4. 恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム
    • A
    • 4.26
    ボリウッドを代表する俳優シャー・ルク・カーンが主演を務め、インドで大ヒットを記録したミュージカル・エンタテインメント。1970年代、脇役俳優のオームは人気女優シャンティに恋をするが、シャンティは売れっ子プロデューサーのムケーシュと密かに結婚・妊娠していた。しかし、ムケーシュは、妻の妊娠を喜ぶどころか疎ましく思っており、ある晩、撮影中の映画のセットにシャンティを呼び出し、罠にはめて殺害。シャンティを助けようと駆け付たオームも、映画スターのカプール夫妻の車にはねられてしまい、搬送先の病院で息を引き取る。オームの死亡と同じ時、同じ病院でカプール夫人は男児を出産。その男の子はオームと名付けられて育ち、30年後、スター俳優として活躍するが……。

    ネット上の声

    • インド映画はやはり最高に楽しいし、絶対飽きない2時間50分はお得!
    • 面白いお話しに絶世の美女が加わった美作品
    • 犯罪的なぐらい華やかな映画でした🧡💛✨
    • まだレビュー書かれてなかったのですね…
    恋愛、 ミュージカル、 アクション
    • 製作年2007年
    • 製作国インド
    • 時間169分
    • 監督ファラー・カーン
    • 主演シャー・ルク・カーン
  5. たとえ明日が来なくても
    • A
    • 4.16
    ニューヨークを舞台に3人の男女が織りなす恋と友情を描いたインド発の感動ラブストーリー。ニューヨークで暮らすインド人女性ナイナーは複雑な家庭の事情を抱え、もう長いあいだ笑顔を忘れていた。そんなある日、近所に陽気な青年アマンが引越してくる。アマンの悪ふざけに怒りながらも、いつしか心ひかれていくナイナー。そしてアマンもまたナイナーに好意を抱くが、アマンはなぜかナイナーを同級生のローヒトと結びつけようとする。

    ネット上の声

    • 商業グリッター邦画や調子の悪い時の韓国映画みたいな恋愛一色の湿りけが、少し子供
    • 久しぶりにシャー・ルク・カーン様に会うことができました
    • 休日は終盤のパーティーの曲を流して踊るのがわたしたちの定番ですが、ようやく本編を
    • あらすじをざっと説明してたら「今観てる韓国ドラマがそんな感じ」って言われたので、
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2003年
    • 製作国インド
    • 時間186分
    • 監督ニキル・アドヴァーニー
    • 主演シャー・ルク・カーン
  6. デーヴダース
    • A
    • 4.16
    ベンガルの作家シャラトチャンドラ・チャテルジーが書いた小説『デーヴダース』は、1928年から現在まで、様々な言語で20回も映画化されている。その中でも最高の製作費5億ルピー(当時で約13億円)が費やされた本作は、デーヴにシャー・ルク・カーン、パーローにアイシュワリヤー・ラーイ、チャンドラムキーにはマードゥリー・ディークシトと、最高の顔ぶれが揃えられた。第55回カンヌ国際映画祭でのワールド・プレミア後、インドで公開されるや大ヒット、2002年の興収第1位となったほか、インド国内外で数々の賞も受賞した名作である。デーヴとパーローは隣同士の幼なじみ。デーヴは地主の次男で、パーローの家とは身分が違うが、両家の人々は幼い2人が仲良くすることを許していた。だが、デーヴが長期の留学から戻ると、2人の結婚を望んだパーローの母の申し出は地主から拒絶され、パーローは年の離れた金持ちに嫁ぐことに。デーヴは傷つき、娼館に行っては酒に溺れるようになる。娼婦チャンドラムキーはそんな彼を心配するが、デーヴは破滅へと向かっていく…。そして何年かのち、病に冒されたデーヴは、以前パーローと交わした約束「死ぬ前に必ず君の家を訪ねる」を果たすため、パーローの婚家がある村へと向かったのだった。

    ネット上の声

    • IMW2022パート1 ⑦
    • これぞボリウッドというべき豪華絢爛な絵作りながら、ドロッドロな悲恋を描くメロドラ
    • imw2022シャールクカーンの若い頃が観れて豪華絢爛ボリウッド~ながら、優柔不
    • とにかくみんな綺麗だしセットが豪華すぎる!みんな幸せになって欲しいよね
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2002年
    • 製作国インド
    • 時間183分
    • 監督サンジャイ・リーラ・バンサーリー
    • 主演シャー・ルク・カーン
  7. シャー・ルク・カーンのDDLJ/ラブゲット大作戦
    • B
    • 3.95
    ヨーロッパで恋に落ちたインド人の男女。許嫁との結婚のためインドに戻った女を奪還すべく奮闘する男の姿を描いたロマンチック・ミュージカル。インドのトップスター、シャー・ルク・カーン主演で、インド本国では4年もロングランした大ヒット作。共演は「カランとアルジュン」のカージョル。1998年に東京ファンタスティック映画祭で上映された際の邦題は「DDLJ/花嫁は僕の胸に」だった。”DDLJ”とは原題のDILWALE DULHANIA LE JAYENGEの短縮。インドオリジナル版は189分。

    ネット上の声

    • インド映画って、純愛ストーリーが多く、ややこしい三角関係というのが描かれないのだ
    • インド映画レジェンドかつ色んなインド映画の元ネタということで教養のため鑑賞
    • 冒頭の夢の歌、若い時のこういう謎に湧いてくるエネルギーあるよなぁ
    • インド映画見始めたと言ったら、「これを見るべき!」と言われたので
    コメディ
    • 製作年1995年
    • 製作国インド
    • 時間183分
    • 監督アディティヤ・チョープラ
    • 主演シャー・ルク・カーン
  8. 命ある限り
    • B
    • 3.78
    インド映画界を代表する名匠として知られ、2012年に他界したヤシュ・チョープラー監督の遺作となったラブロマンス。ストリートミュージシャンのサマルと裕福な実業家の娘ミーラは、ロンドンの教会で運命的な出会いを果たすが、ミーラにはすでに決められた婚約者がいた。それでも思いを貫こうとする2人だったが、ある日、サマルが交通事故にあい意識不明になってしまう。サマルの命を救うため神に祈るミーラは、2度とサマルとは会わないという誓いを立てるが……。音楽は「スラムドッグ$ミリオネア」のA・R・ラフマーン。

    ネット上の声

    • ボリウッド4の一本として、軽い気持ちで見たこの映画ですが、オープニングのシャー・
    • 『愛だけじゃだめなんですかーー!!』って言いたくなるお話
    • 「PATHAAN」日本公開決定おめでとうございます!
    • 背景の映像の美しさを堪能してほしい
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2012年
    • 製作国インド
    • 時間175分
    • 監督ヤシュ・チョープラ
    • 主演シャー・ルク・カーン
  9. DON(ドン) -過去を消された男-
    • C
    • 3.60
    インド映画界を代表するスター俳優、シャー・ルク・カーンが1人2役を務める本格サスペンス・アクション。マレーシアの国際的犯罪組織を牛耳ってきたドンが、ついに逮捕された。この機会に犯罪組織の壊滅を狙うデシルバ警視は、ドンにそっくりな青年ビジャイを替え玉として組織に潜入させることに。ところが、警視が死亡したことによって計画を知る者がいなくなり、ビジャイはドンとして警察から追われる身となってしまう。

    ネット上の声

    • アミターブ・バッチャン主演の「DON」(1978)のシャー・ルク・カーンによるリ
    • インド版ギャングアクションが予想外によし
    • 巨大な謎と男前シャールクにく~らくら。
    • 思わず力が入るインドアクション!
    アクション
    • 製作年2006年
    • 製作国インド
    • 時間168分
    • 監督ファルハーン・アクタル
    • 主演シャー・ルク・カーン
  10. ディル・セ 心から
    • C
    • 3.50
    インド社会の混沌から芽生えたラジオ局の行動派ディレクターと女テロリストの恋を描いたラヴロマンス。監督・原作・脚本は「ボンベイ」のマニ・ラトナム。撮影は「インディラ」のサントーシュ・シヴァン。音楽は「ジーンズ 世界はふたりのために」のA・R・ラフマーン。美術はサミール・チャンドラ。編集は「ボンベイ」のスレーシュ・ウルス。録音はH・シュリダール。出演は「アシュラ」のシャー・ルク・カーン、「ボンベイ」のマニーシャー・コイララほか。

    ネット上の声

    • プロデューサー:シェーカル・カプール
    • シャー・ルク・カーン主演
    • ネガティブなレビューはなるべくしたくないのだけど、初めて時間返して欲しいと思って
    • マニーシャ・コイララは4度ネパール首相をつとめたギリジャー・プラサード・コイララ
    ヒューマンドラマ、 サスペンス
    • 製作年1998年
    • 製作国インド
    • 時間167分
    • 監督マニ・ラトナム
    • 主演シャー・ルク・カーン
  11. 闇の帝王DON〜ベルリン強奪作戦〜
    • D
    • 3.08
    インド映画界のスター、シャー・ルク・カーン主演のクライムアクション「DON 過去を消された男」(2008)の続編。麻薬ビジネスを牛耳る闇社会の帝王DONは、収監中のかつての宿敵を味方に引き入れ、ドイツ中央銀行の地下金庫に眠るユーロ紙幣の原版を奪うという計画を立てる。DONの命を狙う暗殺者集団やDON逮捕に執念を燃やすインターポールの追撃をかわしながら、DONは「絶対に破られない金庫」に挑む。

    ネット上の声

    • 映画やネタがいくつわかるかな?
    • DON1見てないのにいきなり2 w
    • ベルリン、そのロケ地
    • アクションがかわいい
    アクション
    • 製作年2011年
    • 製作国インド
    • 時間148分
    • 監督ファルハーン・アクタル
    • 主演シャー・ルク・カーン
  12. ラジュー出世する
    • D
    • 2.98
    日本では43年振りのロードショー公開となるインド娯楽映画。ダージリンの大学で建築を学び、一旗揚げるため大都市ボンベイにやってきた青年が奮闘する物語。笑いあり涙あり、歌も踊りもありの娯楽大作。インドでは指定席入替制のため、公開と同時に一ヶ月先まで入場券が売り切れたと言われる。監督は『ボンベイのサリム』(特別上映)が紹介された、高名な科学者の息子として生まれたアズィーズ・ミルザー。製作はボンベイ映画界きっての大物プロデューサーと言われるG・B・シッピー。脚本はマノージュ・ラールワーニー。撮影はピノード・プラダーン。音楽はジャティン=ラリット。美術はゴータム・セン。編集はジャヴド・セイド。出演は主人公ラジューにテレビ界出身でインド映画ナンバー1人気のシャー・ルク・カーン、ヒロインのレヌ役には清純派にしてグラマーなジュヒー・チャーウラー。他に演技派として知られるナーナー・パーテーカルが出演している。

    ネット上の声

    • インド映画が、日本で本格的に紹介されるきっかけとなった作品
    • 特徴_________________
    • 日本にとってインド映画のクラシック
    • 20年以上ぶりに観た
    コメディ
    • 製作年1992年
    • 製作国インド
    • 時間159分
    • 監督アジズ・ミルザー
    • 主演シャー・ルク・カーン
  13. チェンナイ・エクスプレス ~愛と勇気のヒーロー参上~
    • D
    • 2.92
    大ヒット作「きっと、うまくいく」(2009)を抜き去り、「チェイス!」(13)に次ぐインド映画史上歴代2位の興行収入を記録したアクションエンタテインメント。ムンバイに暮らし、40歳になってもまだ独身のラーフルは、友人とインド西海岸のゴアへ遊びに行く計画を立てるが、その直前に100歳の祖父が他界。故人の遺志で、ゴアとは反対のインド南東部に位置するタミル・ナードゥ州の海に遺灰をまいてほしいと祖母に頼まれる。タミル・ナードゥ州のチェンナイに向かう列車に乗り込み、用を済ませたらそこからゴアへ行こうと考えたラーフルだったが、列車内で出会った美女ミーナを助けたことから、思いがけない事態に巻き込まれていく。主演はインド映画界のスーパースター、シャー・ルク・カーン。

    ネット上の声

    • ディーピカー・パードゥコーンが可愛い
    • インドの事情がわかる眼がいる
    • 「きっとうまくいく」の方が
    • これぞ、インド映画(笑)
    アクション
    • 製作年2013年
    • 製作国インド
    • 時間141分
    • 監督ロヒット・シェッティ
    • 主演シャールク・カーン
  14. アシュラ
    • D
    • 2.72
    非道の限りを尽くす邪悪なストーカーの恐怖と戦慄。リンチとレイプがまかり通るボンベイ女刑務所の悪夢と凄惨。そして映画史上最も過激で壮大な復讐の地獄絵図。すべての映画的常識を遥かに越えた驚愕の展開と強烈な描写の連続でたたきつける空前のショックとバイオレンス!ヒンディ映画で圧倒的な人気を誇るマードゥリー・ディークシトをヒロインに迎え、人気ナンバーワン・スター、シャー・ルク・カーンがサイコ・ストーカーを怪演。監督はインド映画界屈指のヒット・メイカー、ラーフル・ラワィル。音楽は、数々のヒット曲を作り出してきた名ユニット、アーナンド=ミリンド。

    ネット上の声

    • 失神者続出、インドで上映禁止などなど、穏やかじゃない宣伝文句がついてる問題作です
    • 先日観た「セードゥ」が胸糞映画だったけど、こちらもなかなか凄まじい
    • 韓国映画かな?って思うくらいの胸糞インド映画
    • アシュラは大どんでん返しムービー
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1993年
    • 製作国インド
    • 時間170分
    • 監督ラーフル・ラワイル
    • 主演マードゥリー・ディークシト
  15. ラ・ワン
    • E
    • 1.99
    インドの国民的スター、シャー・ルク・カーンが主演したSFアクション大作。デジタルデータを現実世界に物質化することができるという画期的な新技術を生み出したジェニーだったが、同僚のシェカルが開発したバーチャルゲーム「Ra.One(ラ・ワン)」のラスボスが、自分を倒したプレイヤーに復讐しようとジェニーの技術を使って実体化してしまい……。大ヒット作「ロボット」(2010)に登場した、ラジニカーント扮するロボットのチッティもカメオ出演。

    ネット上の声

    • リアル・スティール、インド版 とまではいかなくてもとても高感度抜群...
    • インド映画は世界に通用するか?
    • 風変わりなボリウッドの快作!
    • 格闘ゲーム好きにはオススメ!
    アクション
    • 製作年2011年
    • 製作国インド
    • 時間156分
    • 監督アヌバウ・シンハー
    • 主演シャー・ルク・カーン
  16. KOYLA(コイラ)〜愛と復讐の炎〜
    • E
    アクション
    • 製作年1997年
    • 製作国インド
    • 時間167分
    • 監督ラケシュ・ロシャン
    • 主演シャー・ルク・カーン

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。