全14作品。シャー・ルク・カーンが出演した映画ランキング

  1. シャー・ルク・カーンのDDLJ/ラブゲット大作戦

    シャー・ルク・カーンのDDLJ/ラブゲット大作戦
    評価:S4.39


    コメディ
    製作年:1995
    製作国:インド
    監督:アディティヤ・チョープラー
    主演:シャー・ルク・カーン
    1
  2. マイネーム・イズ・ハーン

    マイネーム・イズ・ハーン
    評価:S4.35
    アスペルガー症候群の青年がアメリカ横断に挑むアメリカに住むイスラム系の青年。
    彼は恋した女性と結婚し、親子3人幸せに暮らしていた。しかし911同時多発テロによって全て一変する。米国全体からの敵視の目。「私はテロリストじゃない」それでも止まない差別、いじめ、暴力。そして家族に降りかかる最大の悲劇・・・。全てを失ったとき彼が取った行動は・・・。


    ヒューマンドラマ、人種差別、自閉症

    ネット上の声

    今年、初号泣作品・・・是非確かめて下さい
    心が洗われるような、素晴らしい作品です!
    世の中には2通りの人間しかいない、の言葉
    慈愛の心は怒り、憎しみを超越します!!
    年100本以上視聴
    感動物に弱い
    ★★★★★(5点)
    これは隠れた名作です。 911テロ後のイスラムに厳しいアメリカ、家族の不幸、しかも彼自身に自閉傾向あり。 かなり重いテーマの映画です。それでも全体を通して何故か温かい気持ちになれるんですよね。 号泣ポイント多め(TT)
    製作年:2010
    製作国:インド
    監督:カラン・ジョーハル
    主演:シャー・ルク・カーン
    2
  3. 恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム

    恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム
    評価:S4.16
    ボリウッドと称されるほどの映画大国インドで、2007年の興行収入トップの座を手にした豪華絢爛(けんらん)な娯楽作。華やかな映画界を舞台に繰り広げられる生まれ変わりの神秘と復讐(ふくしゅう)劇をきらびやかな歌とダンスで映し出す。

    恋愛、ミュージカル

    ネット上の声

    インド映画はやはり最高に楽しいし、絶対飽きない2時間50分はお得!
    面白いお話しに絶世の美女が加わった美作品
    まだレビュー書かれてなかったのですね…
    いやなことや悲しいことは忘却の彼方へ
    製作年:2007
    製作国:インド
    監督:ファラー・カーン
    主演:シャー・ルク・カーン
    3
  4. たとえ明日が来なくても

    たとえ明日が来なくても
    評価:A4.07
    ニューヨークを舞台に3人の男女が織りなす恋と友情を描いたインド発の感動ラブストーリー。ニューヨークで暮らすインド人女性ナイナーは複雑な家庭の事情を抱え、もう長いあいだ笑顔を忘れていた。そんなある日、近所に陽気な青年アマンが引越してくる。アマンの悪ふざけに怒りながらも、いつしか心ひかれていくナイナー。そしてアマンもまたナイナーに好意を抱くが、アマンはなぜかナイナーを同級生のローヒトと結びつけようとする。

    恋愛

    ネット上の声

    こういう作品を多くの人に観てもらいたい。
    「お棺に入れてほしい映画」永遠の第一位
    更なる日本人とインド人の共通点発見!
    泣いて、踊って、胸いっぱいの幸福感
    製作年:2003
    製作国:インド
    監督:ニキル・アドヴァーニー
    主演:シャー・ルク・カーン
    4
  5. 家族の四季 -愛すれど遠く離れて-

    家族の四季 -愛すれど遠く離れて-
    評価:A4.05
    アミターブ・バッチャン、シャー・ルク・カーンら、インドを代表する豪華キャストが集結した家族ドラマ。大富豪のラーイチャンドは、養子ながら愛情をかけて育ててきた長男ラーフルに縁談を持ちかけるが、ラーフルは庶民の娘アンジャリーと恋に落ちてしまう。アンジャリーとの恋を反対されたラーフルは、愛する家族に別れを告げてアンジャリーと生きることを決意。数年後、ラーフルの弟ローハンは家族の絆(きずな)を取りもどすため、兄が暮らすイギリスへと向かう。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    インド中の女性が泣いた! 作品すべてが大ヒットの【カラン・ジョーハ...
    絆ゆえの対立する父と息子を解ってほしい
    インドに触れてみよう。
    とてもいい映画でした
    製作年:2001
    製作国:インド
    監督:カラン・ジョーハル
    主演:シャー・ルク・カーン
    5
  6. DON(ドン) -過去を消された男-

    DON(ドン) -過去を消された男-
    評価:A3.99
    マレーシアの国際的犯罪組織を牛耳る男の替え玉として組織に潜入した若者が、男の死により本物として警察に追われることになるサスペンス・アクション。1978年のアミターブ・バッチャン主演作の『ドン』のリメイクである本作は、ストーリーやキャラクター設定を大胆に脚色。

    アクション

    ネット上の声

    巨大な謎と男前シャールクにく~らくら。
    思わず力が入るインドアクション!
    インドのジャッキー・チェン
    大DONでん返し!
    製作年:2006
    製作国:インド
    監督:ファルハーン・アクタル
    主演:シャー・ルク・カーン
    6
  7. 命ある限り

    命ある限り
    評価:A3.94
     インドのスーパースター、シャー・ルク・カーン主演の大河メロドラマ。共演はカトリーナ・カイフとアヌシュカ・シャルマ。

    恋愛

    ネット上の声

    背景の映像の美しさを堪能してほしい
    少しだけ・・・物足りなさが残ります
    都会的なシャー・ルクの魅力が爆裂
    ドラマを濃縮した感じだから
    製作年:2012
    製作国:インド
    監督:ヤシュ・チョープラ
    主演:シャー・ルク・カーン
    7
  8. 闇の帝王DON〜ベルリン強奪作戦〜

    闇の帝王DON〜ベルリン強奪作戦〜
    評価:B3.63
    インターポールに所属する捜査官ロマ(プリヤンカー・チョープラー)のもとへ、アジア最大の犯罪組織を率いる男にして彼女の兄を殺害した敵であるドン(シャー・ルク・カーン)が現われる。すぐさま逮捕された彼は、さまざまな情報の提供と引き換えに膨大な容疑の取り下げを要求するが受け入れられず、死刑囚としてマレーシアの刑務所へ送られる。そこに収監されている宿敵ワルダーンがドンの命を狙うが、逆にドイツ中央銀行の金庫室にあるユーロ紙幣の印刷原版強奪を持ち掛けられる。手を組んで脱獄した二人は……。

    アクション

    ネット上の声

    映画やネタがいくつわかるかな?
    アクションがかわいい
    中盤に眠気が…m(_ _)m
    悪漢映画
    製作年:2011
    製作国:インド
    監督:ファルハーン・アクタル
    主演:シャー・ルク・カーン
    8
  9. チェンナイ・エクスプレス ~愛と勇気のヒーロー参上~

    チェンナイ・エクスプレス ~愛と勇気のヒーロー参上~
    評価:B3.58
    『闇の帝王DON ~ベルリン強奪作戦~』などで知られるシャールク・カーンが主演を務め、本国インドでヒットを記録したド派手なアクション。列車で美女を助けたことから、村の家族抗争に巻き込まれた主人公が、やがて彼女を救うための戦いに挑むさまを活写する。

    コメディ

    ネット上の声

    ディーピカー・パードゥコーンが可愛い
    インドの事情がわかる眼がいる
    「きっとうまくいく」の方が
    これぞ、インド映画(笑)
    製作年:2013
    製作国:インド
    監督:ロヒット・シェッティ
    主演:シャー・ルク・カーン
    9
  10. ラ・ワン

    ラ・ワン
    評価:C3.50
    デジタル世界のデータを実際に物質化できる技術がイギリスのバロン社で開発されたころ、同じ会社のシェカル(シャー・ルク・カーン)たちは「Ra.One」という名のゲームを作り上げる。完成披露パーティーの日、シェカルの息子、プラティクは“ルシファー”の名でログインしたが、途中でゲームをやめて帰宅してしまう。するとゲームのキャラクター、ラ・ワンがルシファーを抹殺しようと、現実世界に現われ……。

    アクション

    ネット上の声

    インド映画は世界に通用するか?
    風変わりなボリウッドの快作!
    アクション CG 力入ってる
    インド神話への誘い。
    製作年:2011
    製作国:インド
    監督:アヌバウ・シンハー
    主演:シャー・ルク・カーン
    10
  11. アシュラ

    アシュラ
    評価:C3.30


    ヒューマンドラマ、アクション
    製作年:1993
    製作国:インド
    監督:ラーフル・ラワイル
    主演:マードゥリー・ディークシト
    11
  12. ラジュー出世する

    ラジュー出世する
    評価:E0.00
     ダージリンの大学を卒業し、ラジューは成功を夢見てボンベイにやって来た。だが頼りにしていた知人はすでに夜逃げ、彼はジャイという口上を生業にする男の所に居候することに。

    コメディ
    製作年:1992
    製作国:インド
    監督:アジズ・ミルザー
    主演:シャー・ルク・カーン
    12
  13. ディル・セ 心から

    ディル・セ 心から
    評価:E0.00
    インド社会の混沌から芽生えたラジオ局の行動派ディレクターと女テロリストの恋を描いたラヴロマンス。監督・原作・脚本は「ボンベイ」のマニ・ラトナム。撮影は「インディラ」のサントーシュ・シヴァン。音楽は「ジーンズ 世界はふたりのために」のA・R・ラフマーン。美術はサミール・チャンドラ。編集は「ボンベイ」のスレーシュ・ウルス。録音はH・シュリダール。出演は「アシュラ」のシャー・ルク・カーン、「ボンベイ」のマニーシャー・コイララほか。

    恋愛

    ネット上の声

    最高の映画です
    難しい
    製作年:1998
    製作国:インド
    監督:マニ・ラトナム
    主演:シャー・ルク・カーン
    13
  14. KOYLA(コイラ)〜愛と復讐の炎〜

    KOYLA(コイラ)〜愛と復讐の炎〜
    評価:E0.00
    製作年:1997
    製作国:インド
    監督:ラケシュ・ロシャン
    主演:シャー・ルク・カーン
    14

スポンサードリンク