全5作品。チャーリー・デイが出演した映画ランキング

  1. 最高の家族の見つけかた

    最高の家族の見つけかた
    評価:C3.46
    「プロミスト・ランド」などの俳優ジョン・クラシンスキーが監督・製作・主演をつとめ、それぞれ問題を抱える家族が織り成す人間模様を描いたコメディドラマ。ニューヨークの出版社に勤めるジョンは、母が倒れたとの報せを受けて故郷へ駆けつける。元気そうな母の姿にひと安心したものの、父の経営する会社は倒産寸前、兄は離婚して実家に居候中と、不安の種は多い。一方、ジョンの子どもを身ごもっている恋人レベッカは、ある秘密を抱えていた。母役を「8月の家族たち」のマーゴ・マーティンデイル、父役を「扉をたたく人」のリチャード・ジェンキンス、兄役を「第9地区」のシャルト・コプリー、恋人レベッカ役を「ピッチ・パーフェクト」の…

    ヒューマンドラマ、コメディ

    ネット上の声

    ほのぼの感がいい
    病気をきっかけに
    家族愛
    製作年:2016
    製作国:アメリカ
    監督:ジョン・クラシンスキー
    主演:シャールト・コプリー
    1
  2. モンスター上司

    モンスター上司
    評価:C3.23
    毎日のようにウンザリする仕事をしているニック、カート、デイルの3人は、それぞれのどうにも耐えられない上司を葬り去れば、少しはマシになると考えるようになる。彼らは怪しい雰囲気の酒好きな元詐欺師のアドバイスを受け、絶対に成功する“上司排除計画”を遂行するが、最高の計画だったはずなのに穴だらけで……。

    コメディ

    ネット上の声

    あの俳優があんな役したり○○になったり。
    ケビン・スペイシーの“こんな上司は嫌だ”
    豪華キャスト怪演!プリウス大活躍!!
    こ、このコンビは…
    製作年:2011
    製作国:アメリカ
    監督:セス・ゴードン
    主演:ジェイソン・ベイトマン
    2
  3. 遠距離恋愛 彼女の決断

    遠距離恋愛 彼女の決断
    評価:D3.18
    ニューヨークに暮らす音楽業界関係者のギャレット(ジャスティン・ロング)は、ジャーナリスト志望の女性エリン(ドリュー・バリモア)とバーで意気投合し、軽い気持ちで一夜を共に。6週間後、エリンは新聞社でのインターン生活を終え、自宅のあるサンフランシスコへ戻ることになるが、二人の関係はすでに真剣なものになっていた……。

    恋愛

    ネット上の声

    軽妙軽快だが、練りに練られた脚本が絶妙!
    遠距離よりもお互いを信じること!!
    誰にでも起こる、フツーな恋愛。
    セリフが魅力的ならそれでいい。
    製作年:2010
    製作国:アメリカ
    監督:ナネット・バースタイン
    主演:ドリュー・バリモア
    3
  4. モンスター上司2

    モンスター上司2
    評価:D2.98
     2011年の映画「モンスター上司」の続編。独立を決意した3人が繰り広げるブラックコメディ作品。

    コメディ

    ネット上の声

    フルスイングのアニストンを見たかった・・・
    1作目はやはり超えられず
    期待してたのに。
    三ばか大将
    製作年:2014
    製作国:アメリカ
    監督:ショーン・アンダース
    主演:ジェイソン・ベイトマン
    4
  5. フィストファイト

    フィストファイト
    評価:D2.77
    ひょんなことから同僚の鬼教師をブチギレさせた気弱な高校教師。おまけに殴り合いのケンカでケリをつけることになり、そのウワサはたちまち学校中に広まる...。

    コメディ

    ネット上の声

    高校 卒業式前日
    いまいち
    くだらないけど面白い
    製作年:2017
    製作国:アメリカ
    監督:リッチー・キーン
    主演:チャーリー・デイ
    5

スポンサードリンク