全5作品。ブランドン・デ・ワイルドが出演した映画ランキング

  1. シェーン

    シェーン
    評価:C3.40
    アカデミー賞(1954年・撮影賞)南北戦争後のアメリカ西部を舞台に、流れ者シェーンと開拓民一家との交流や、悪徳牧場主との決闘を描いた傑作西部劇。『陽のあたる場所』などのジョージ・スティーヴンスが監督を務め、普遍的なヒーロー像を主演のアラン・ラッドが体現。

    西部劇

    ネット上の声

    チビッコのヒーローは、つらいよ
    古き良き時代(いろんな意味で)
    信じてるぜ、シェーン!
    切ない三角関係の西部劇、コテコテだけど西部劇嫌いでも楽しめる
    製作年:1953
    製作国:アメリカ
    監督:ジョージ・スティーヴンス
    主演:アラン・ラッド
    1
  2. 夜の道

    夜の道
    評価:C3.31
    冬が迫るコロラド山脈で、鉄道の工事作業隊への給金輸送列車が襲われる。鉄道会社は腕利きの護衛官をつけるが、彼が遭遇した強盗団には生き別れの弟が加わっており……。肉親への情愛と、正義の間で苦悩する主人公をJ・スチュアートが力演するウエスタン。

    アクション、西部劇

    ネット上の声

    アコーディオン弾きの戦い
    映像・風景が綺麗・・・
    ジミースチュワート
    馬で行く男のOP
    製作年:1957
    製作国:アメリカ
    監督:ジェームズ・ニールソン
    主演:ジェームズ・スチュワート
    2
  3. ハッド

    ハッド
    評価:D3.16
    アカデミー賞(1964年・3部門)テキサスの曠野に牛の王国を築いたバノン一家を描いた西部ドラマで、ライターのアーヴィング・ラヴェッチが「五人の札つき娘」「パリの旅愁」のマーティン・リットと共同で製作、「青年」のマーティン・リットが監督にあたり、ラリー・マクマーティのベストセラーから、レイビッチが脚色、「バラの刺青」でアカデミー賞を獲ったジェームズ・ウォン・ホウが撮影を担当した。出演は「ハスラー」「栄光への脱出」のポール・ニューマン、「奴隷船艦」のメルヴィン・ダグラス、「ティファニーで朝食を」のパトリシア・ニール、「シェーン」「ミズリー決死隊」のブランドン・デ・ワイルドその他。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    カウボーイの孤独
    永遠の少年
    成長物語
    埋められない溝
    製作年:1962
    製作国:アメリカ
    監督:マーティン・リット
    主演:ポール・ニューマン
    3
  4. われらキャロウェイ

    われらキャロウェイ
    評価:E0.00

    ネット上の声

    スタイナーの音楽が魅力を追加
    製作年:1964
    製作国:アメリカ
    監督:ノーマン・トーカー
    主演:ブライアン・キース
    4
  5. ゆきすぎた遊び

    ゆきすぎた遊び
    評価:E0.00


    ヒューマンドラマ
    製作年:1959
    製作国:アメリカ
    監督:フィリップ・ダン
    主演:ブランドン・デ・ワイルド
    5

スポンサードリンク