全17作品。メラニー・ロランが出演した映画ランキング

  1. 黄色い星の子供たち

    黄色い星の子供たち
    評価:A3.97
    1942年ナチス占領下のパリ、ユダヤ人は胸に黄色い星をつけるよう義務付けられ、公園や映画館、遊園地への立ち入りが禁じられていた。それでも11歳のジョー(ユゴ・ルヴェルデ)と家族、隣人たちは、ささやかな暮らしは続くと信じていた。同年7月16日、フランス警察によるユダヤ人一斉検挙が始まり、およそ1万3,000人もの人々がヴェル・ディヴ(冬季競輪場)へと送られる。

    ヒューマンドラマ、戦争、実話、ホロコーストが舞台

    ネット上の声

    悲劇を知り、学ぶ。意義と価値がある秀作。
    ほんの少しでいい。暴力の最前線に優しさを
    「ヴェル・ディヴ事件」を多く知ってほしい
    『サラの鍵』の露払いとしてパーフェクト!
    製作年:2010
    製作国:フランス/ドイツ/ハンガリー
    監督:ローズ・ボッシュ
    主演:メラニー・ロラン
    1
  2. オーケストラ!

    オーケストラ!
    評価:A3.84
    かつては一流オーケストラの天才指揮者だった中年清掃員が、急きょ出演できなくなった楽団の代わりに、昔の楽団仲間を集めてコンサートに出場しようと奮闘する感動作。寄せ集めオーケストラが巻き起こす奇跡を、『約束の旅路』のラデュ・ミヘイレアニュ監督が笑いと涙とともに描き出す。

    ヒューマンドラマ、コメディ、嘘つきが幸せ

    ネット上の声

    スタンディングオベーションしたかったよ〜
    ロラン★+チャイコフスキー★★★かな〜。
    演奏家やクラヲタにはあまりお薦めしない
    研ぎ澄ませ、心で味わうべき映画
    製作年:2009
    製作国:フランス
    監督:ラデュ・ミヘイレアニュ
    主演:アレクセイ・グシュコフ
    2
  3. リスボンに誘われて

    リスボンに誘われて
    評価:B3.63
    パスカル・メルシエのベストセラー小説「リスボンへの夜行列車」を、名匠ビレ・アウグスト監督が映画化。偶然手に入れた本のとりこになった高校教師が著者に会うためリスボンへ旅立ち、著者の家族や友人を訪ね回り彼の人生に触れるにつれ、自らの人生を見つめ直していく。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    むかしポルトガルで革命があった・・・
    運命に導かれるように歩み出す一歩。
    ミステリ仕立ての人生もの
    完全な人生などない
    製作年:2013
    製作国:ドイツ,スイス,ポルトガル
    監督:ビレ・アウグスト
    主演:ジェレミー・アイアンズ
    3
  4. イングロリアス・バスターズ

    イングロリアス・バスターズ
    評価:C3.56
    アカデミー賞(2010年・助演男優賞)1941年、ナチス占領下のフランスの田舎町で、家族を虐殺されたユダヤ人のショシャナ(メラニー・ロラン)はランダ大佐(クリストフ・ヴァルツ)の追跡を逃れる。一方、“イングロリアス・バスターズ”と呼ばれるレイン中尉(ブラッド・ピット)率いる連合軍の極秘部隊は、次々とナチス兵を血祭りにあげていた。やがて彼らはパリでの作戦を実行に移す。

    アクション

    ネット上の声

    キル・ビル、キル・ナチ、キル・ヒトラー
    狂乱騒ぎで後味が悪い。故に正しい
    これが「映画だっ!」なんつって。
    むかつくけど、ランダ大佐が主役
    製作年:2009
    製作国:アメリカ
    監督:クエンティン・タランティーノ
    主演:ブラッド・ピット
    4
  5. TOMORROW パーマネントライフを探して

    TOMORROW パーマネントライフを探して
    評価:C3.55
    『イングロリアス・バスターズ』などのフランス人女優メラニー・ロランが共同監督を務め、 パーマカルチャーなどの斬新な取り組みを取材したドキュメンタリー。総合科学誌「Nature」に掲載された未来の地球と人類についての論文に衝撃を受けたロランが、活動家でジャーナリストのシリル・ディオンと一緒に、農業・エネルギー・経済・民主主義・教育の五つの分野で行われている新しい試みを紹介する。

    ドキュメンタリー

    ネット上の声

    大事なのは、ホントに行動すること。
    本当の民主主義とは
    先に進んで
    生態系を模した世界 道端の農場 警察の敷地からものをとれる 複雑で...
    製作年:2015
    製作国:フランス
    監督:シリル・ディオン
    主演:シリル・ディオン
    5
  6. マイ・ファミリー/遠い絆

    マイ・ファミリー/遠い絆
    評価:C3.54
    『パリ空港の人々』『灯台守の恋』のフィリップ・リオレ監督によるヒューマンドラマ。バカンスから戻った19歳のリリは、双子のロイックが父との口論の末に家出したと聞かされ…。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    僕は元気だ、心配しないで
    製作年:2006
    製作国:フランス
    監督:フィリップ・リオレ
    主演:メラニー・ロラン
    6
  7. ミモザの島に消えた母

    ミモザの島に消えた母
    評価:C3.41
    『サラの鍵』の原作者タチアナ・ド・ロネの著書を基に、ある男性が幼いころに経験した母の死の真相と家族の秘密にたどり着くまでを丁寧につづるヒューマンサスペンス。30年前の母の死の謎を探る主人公が、家族の悲しい秘密に触れ、再生していくさまを映し出す。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    余分なエピソードが多く色々もったいない。
    島とつながる浮き沈みする道の存在が印象的
    肝心な部分が抜けていたが見応えはあり!
    母の情念を描いて終盤ようやく盛り返す。
    製作年:2015
    製作国:フランス
    監督:フランソワ・ファヴラ
    主演:ロラン・ラフィット
    7
  8. 人生はビギナーズ

    人生はビギナーズ
    評価:C3.38
    アカデミー賞(2012年・助演男優賞)同性愛をカミングアウトした父親と初めて恋をした38歳の息子の姿を通して、人はいつでも新たなスタートが切れることを感動的にうたい上げる人生賛歌。『サムサッカー』のマイク・ミルズ監督が、自身と父との体験を基に脚本を書き上げ映画化。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    人物描写は丁寧だが、主人公がじれったい。
    自分の人生、誰もがビギナーです。
    ちょっと断片的過ぎる、かなぁ
    重いテーマを料理し損なう。
    製作年:2010
    製作国:アメリカ
    監督:マイク・ミルズ
    主演:ユアン・マクレガー
    8
  9. スマイルコレクター

    スマイルコレクター
    評価:D3.18
    失業中のヴィゴとシルヴァンは、憂さ晴らしのドライブ中に、見知らぬ男を撥ねた。その男が持っていたバッグには、200万ユーロの大金が…。それは、数日前に誘拐され、事件の翌朝、現場付近の廃屋で扼殺体が発見された少女のための身代金だった。欲しいのは…微笑を湛えた美しい標本―。絡み合う狂気の連鎖に新米女性刑事が挑む、フランス版‘羊たちの沈黙’。

    サスペンス

    ネット上の声

    プロファイリングが"得意"なんです。
    リューシー「絶対迎えに行くから」
    フランス版 羊たちの沈黙
    絡み合う2つの事件・・
    製作年:2007
    製作国:フランス
    監督:アルフレッド・ロット
    主演:メラニー・ロラン
    9
  10. エタニティ 永遠の花たちへ

    エタニティ 永遠の花たちへ
    評価:D3.16
    監督を『シクロ』などのトラン・アン・ユンが務め、オドレイ・トトゥ、メラニー・ロラン、ベレニス・ベジョが共演を果たした女性賛歌。19世紀末のフランスを皮切りに、ある一家の3世代にわたる女性たちが過ごす日々を丁寧に描写する。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    4世代の愛と生と死 特殊な映画でした
    とにかく映像の美しさを楽しみたい。
    ブルジョワ家の内向きの繁栄
    男性が描いた理想の女性像
    製作年:2016
    製作国:フランス,ベルギー
    監督:トラン・アン・ユン
    主演:オドレイ・トトゥ
    10
  11. 突然、みんなが恋しくて

    突然、みんなが恋しくて
    評価:D3.11
    フランス社会の複雑な事情をユーモアを織り交ぜて描くハートフルラブコメディ。60歳になったエリは、新しい妻との間に3人目の子供ができることを娘たちに告げる。不妊症の長女はショックを受け、父のせいで恋愛もうまくいかない次女は怒ってしまい…。

    コメディ、恋愛

    ネット上の声

    X線照射で照らされる孤独、絆  
    離れて気付くもの
    フランス人
    語学が理解できたらもっと楽しめるだろう
    製作年:2011
    製作国:フランス
    監督:ジェニファー・デヴォルデール
    主演:メラニー・ロラン
    11
  12. 複製された男

    複製された男
    評価:D2.84
    ノーベル文学賞作家でポルトガル出身のジョゼ・サラマーゴの小説を実写化したミステリー。至って普通の日々を送ってきた教師が、ある映画に自分と酷似した男が出ているのを見つけたことから思わぬ運命をたどっていく。

    サスペンス

    ネット上の声

    自分と同じ人間が存在する。その謎にどんな答えが待っているのかわから...
    たた助けてぇ~!\(゜ロ\)(/ロ゜)/
    勿体をつけた設定を楽しむだけ。
    カフカの読後感のような
    製作年:2013
    製作国:カナダ,スペイン
    監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ
    主演:ジェイク・ギレンホール
    12
  13. ラスト・アサシン

    ラスト・アサシン
    評価:E2.62
    「イングロリアス・バスターズ」のメラニー・ロランが殺し屋に扮するサスペンスアクション。暗殺者という裏の顔を持つシングルマザーのリュクレスは、娘に自分の仕事を説明することもできない暮らしに嫌気が差し、引退を決意する。最後の仕事としてリュクレスが引き受けたのは、石油パイプラインの利権争いに関わるスコットランド人歌手の暗殺だった。歌手になりすまして標的に接近するリュクレスだったが、現場にはもうひとりの暗殺者が潜入しており……。

    アクション

    ネット上の声

    フランス映画のお約束?
    孤独な殺し屋の話し
    少し大人かな
    《メラニー・ロラン》主演のフレンチアクションスリラー(らしい)映画...
    製作年:2011
    製作国:フランス
    監督:ジェローメ・ル・グリ
    主演:メラニー・ロラン
    13
  14. 恋は3,000マイルを越えて

    恋は3,000マイルを越えて
    評価:E2.61
    『イングロリアス・バスターズ』『オーケストラ!』のメラニー・ロラン、『ハングオーバー!〜』のジャスティン・バーサのダブル主演で贈るラブロマンス。パリで退屈なOL生活を送るクロエの下に、ある日手違いでアメリカからスーツケースが届く。

    恋愛

    ネット上の声

    地上波放送にて鑑賞
    出会わない二人
    地味。でも、等身大の恋ですかね?
    うーん…
    製作年:2009
    製作国:ドイツ/カナダ
    監督:ジェニファー・デヴォルデール
    主演:メラニー・ロラン
    14
  15. 白い帽子の女

    白い帽子の女
    評価:E2.38
    交際のきっかけとなった『Mr.&Mrs. スミス』以来となる、ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリー・ピット共演のラブストーリー。1970年代の南仏を舞台に、あることがきっかけでそれぞれの殻に閉じこもった夫婦の関係を映す。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    2人の共演した前作を見た者としては切ない
    倒錯した『アンジェリーナ・ジョリーの穴』
    一度も白い帽子なんか被らんかったぞ
    のぞき穴と乳房
    製作年:2015
    製作国:アメリカ
    監督:アンジェリーナ・ジョリー
    主演:ブラッド・ピット
    15
  16. これが私の肉体

    これが私の肉体
    評価:E0.00
    「ドリーマーズ」のルイ・ガレルとベテラン女優ジェーン・バーキン共演による官能ドラマ。パリの名門校に通う青年アントワーヌは、父親が敷いたレールの上を歩むだけの人生に疑問を抱いていた。そんなある日、街で映画出演のスカウトを受けた彼は、気難しい女性監督ルイーズのカメラテストに合格するが、父親から猛反対されてしまう。口論の末に家を飛び出したアントワーヌは、ルイーズの家に転がり込むが……。

    ヒューマンドラマ
    製作年:2001
    製作国:フランス/ポルトガル
    監督:ロドルフ・マルコーニ
    主演:ルイ・ガレル
    16
  17. 殺し屋

    殺し屋
    評価:E0.00


    サスペンス
    製作年:2008
    製作国:フランス
    監督:セドリック・アンジェ
    主演:グレゴワール・コラン
    17

スポンサードリンク