スポンサーリンクあり

全16作品。シルヴァーナ・マンガーノが出演した映画ランキング

  1. 黒い瞳
    • B
    • 3.98
    ロシア人の人妻に恋したイタリア男の悲喜劇を描く。製作はシルヴィア・ダミーコ、ベンディコ・カルロ・クッキ。アントン・チェーホフの短編を基に、「ヴァーリャ! 愛の素顔」のニキータ・ミハルコフが監督・脚色。共同脚本はアレクサンドル・アダバシャン、スーゾ・チェッキ・ダミーコ、撮影はフランコ・ディ・ジャコモ、音楽はフランシス・レイ、編集はエンツォ・メニコーニが担当。出演はマルチェロ・マストロヤンニ、シルヴァーナ・マンガーノほか。

    ネット上の声

    • マストロヤンニの演技がとてもとても・・・
    • マストロヤンニは全ての男の代表です!
    • エレナ・ソフォーノワの黒い瞳
    • マストロヤンニの超ハマリ役
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1987年
    • 製作国イタリア
    • 時間117分
    • 監督ニキータ・ミハルコフ
    • 主演マルチェロ・マストロヤンニ
  2. テオレマ
    • C
    • 3.57
    詩人・作家・映画監督として活躍したイタリアの異才ピエル・パオロ・パゾリーニが、ブルジョワ一家が謎の訪問者によって狂わされていく姿を描いた異色ドラマ。ミラノ郊外の大邸宅に住む裕福な家族。父親は多くの労働者を抱える工場の経営者で、美しい妻や子どもたちに囲まれ、平穏な日々を送っていた。そんな彼らの前に、ある日突然見知らぬ青年が現れ、一緒に暮らしはじめる。家族は青年の妖しい魅力と神聖な不可解さに狂わされ、青年が去ると同時に崩壊への道を突き進んでいく……。「コレクター」のテレンス・スタンプが謎の訪問者を演じ、エンニオ・モリコーネが音楽を手がけた。1968年・第29回ベネチア国際映画祭で最優秀女優賞と同時に国際カトリック映画事務局賞を受賞したことで物議を醸し、裁判沙汰にまで発展した。2022年3月には、特集企画「パゾリーニ・フィルム・スペシャーレ1&2」(ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか)にて、4Kスキャンによる修復版を上映。

    ネット上の声

    • 【”謎の美青年の訪問により、瓦解していく裕福な民主主義家族の顛末を描く。謎の美青年の正体は何か・・。】
    • パゾリーニ自身の悲劇をも予感させる不穏な傑作
    • サントラ盤を観る前に買いました。
    • 遠い日の記憶・我が家の“定理”
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1968年
    • 製作国イタリア
    • 時間99分
    • 監督ピエル・パオロ・パゾリーニ
    • 主演テレンス・スタンプ
    • 定額
  3. にがい米
    • C
    • 3.53
    ルイジ・デ・ラウレンティス(「シーラ山の狼」の製作者ディーノ・デ・ラウレンティスの弟)が製作を担当した一九四九年度作品で、ディーノは蔭で製作を統括した。「荒野の抱擁」のジュゼッペ・デ・サンティスの監督作品で、「荒野の抱擁」と同様彼とカルロ・リッツァーニ、ジャンニ・プッチーニの協力ストーリーから、以上三人とコルラード・アルヴァロ、カルロ・ミュッソ、イーヴォ・ペリッリが脚本を執筆している。撮影は「戦火のかなた」「荒野の抱擁」のオテロ・マルテリ、音楽はゴッフレード・ペトラッシの担当。主演は「シーラ山の狼」のヴィットリオ・ガスマン、「白い国境線」のラフ・ヴァローネ、アメリカ女優ドリス・ダウリング(失われた週末)と「シーラ山の狼」で日本に紹介されたシルヴァーナ・マンガーノが初めて大役に抜擢されて主演する。他にマリア・グラツィア・フランチャ、チッコ・リッソーネらが出演。北伊ポー河流域の水田地帯に、毎年多数の女が田植え・田草取り労働に出稼ぎする。これらモンディーナと呼ばれる女達の生態をドキュメンタリ的にとらえながらイタリア戦後派人物群のメロドラマを展開する作品で、現地ロケの効果を生かしたデ・サンティスのダイナミックな演出と、シルヴァーナ・マンガーノの魅力とで評判になった。

    ネット上の声

    • 最近イタリア映画にダメージをくらっているわたしに追い打ちをかけるように、こぅ様が
    • シルヴァーナ・マンガーノの初主演作ということで鑑賞
    • 田植え麦藁帽子がお洒落! 流石イタリア 
    • 目に栄養雨に叫ぶライスシャワー
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1948年
    • 製作国イタリア
    • 時間109分
    • 監督ジュゼッペ・デ・サンティス
    • 主演ヴィットリオ・ガスマン
  4. ベニスに死す
    • C
    • 3.34
    巨匠ルキノ・ビスコンティの「山猫」と並ぶ代表作で、ノーベル賞作家トーマス・マンの同名小説を原作に、作曲家グスタフの美少年への心酔と老いの苦しみを描いた。「地獄に堕ちた勇者ども」に続いて撮られた、ドイツ3部作の2作目にあたる。療養のためベネチアにやってきたドイツの老作曲家アシェンバッハは、ホテルで少年タジオを見かける。一目で少年の美しさの虜になり、彼の姿を見つけるだけで喜びを感じ始める。全編に流れるのは、アッシェンバッハのモデルになったマーラーの「交響曲第3、5番」。2011年には製作40周年を記念し、ニュープリント版でリバイバル上映された。

    ネット上の声

    • ベニスで美男子にあってそこで疫病にかかる話
    • 解説がなければわけがわからない!!
    • 苦しくて苦しくて涙が止まらなかった
    • 美しく老いる人はまずいない
    同性愛、 ヒューマンドラマ
    • 製作年1971年
    • 製作国イタリア,フランス
    • 時間131分
    • 監督ルキノ・ヴィスコンティ
    • 主演ダーク・ボガード
    • レンタル
    • 定額
  5. アポロンの地獄
    • C
    • 3.25
    イタリアの異才ピエル・パオロ・パゾリーニが詩人ソフォクレスのギリシャ悲劇「オイディプス王」を映画化し、パゾリーニ監督自身の人生を投影しながら撮りあげたドラマ。世界各国の民族音楽とモロッコの荒涼とした砂漠地帯を背景に、神秘的な映像美で描き出す。古代ローマ。1人の男が荒野に赤ん坊を捨てて去っていく。通りすがりの男に拾われた赤ん坊はコリントス王のもとへ運ばれ、オイディプスと名付けられて王と王妃に愛されて育つ。やがて逞しく成長したオイディプスは、アポロンの神殿で「父親を殺し母親と交わる」という神託を受ける。運命から逃れるため故郷を離れた彼は、荒野をさまよううちにライオス王の一行と遭遇するが、そのライオス王こそオイディプスの真の父親であった。

    ネット上の声

    • 『アポロンの地獄』に降り立った「天使」は、もしかして『テオレマ』の「天使」と同一人物なのか??
    • 映画が始まった場所で映画が終わった。
    • 父を殺し母と交わり、
    • タイトルなし
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1967年
    • 製作国イタリア
    • 時間105分
    • 監督ピエル・パオロ・パゾリーニ
    • 主演フランコ・チッティ
  6. バラバ
    • D
    • 2.84
    スウェーデンの作家ペール・ラーゲルクヴィストの一九五一年度ノーベル文学賞受賞小説の映画化で、聖書に出てくる盗賊バラバの半生を描いたもの。脚色は英国の劇作家クリストファー・フライ、監督は「ヴァイキング」のリチャード・フライシャー、撮影は「アイ・ラブ、ユー・ラブ」のアルド・トンティ、音楽は「鞄を持った女」のマリオ・ナシンベーネ。出演は「ナバロンの要塞」のアンソニー・クイン、「五人の札つき娘」のシルヴァーナ・マンガーノ、「奇蹟」のヴィットリオ・ガスマン、「シェーン」のジャック・パランス、「エルマー・ガントリー」のアーサー・ケネディ、「片目のジャック」のカティ・フラード、特別出演として「蒼い渚」のアーネスト・ボーグナイン、それにマンガーノの弟ロイ・マンガーノがキリスト役で初出演。製作ディノ・デ・ラウレンティス。テクニカラー・テクニラマ70。

    ネット上の声

    • クイン主演でフライシャー監督とくれば、何やらB級映画というかマカロニ史劇のような
    • おなかいっぱい気分になったのは私だけかな
    • 任侠と禅問答が楽しめる?!
    • 総督がエルサレムで演説
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1961年
    • 製作国アメリカ,イタリア
    • 時間145分
    • 監督リチャード・フライシャー
    • 主演アンソニー・クイン
  7. アンナ
    • D
    • 2.82
    「にがい米」のシルヴァーナ・マンガーノ、ラフ・ヴァローネ、ヴィットリオ・ガスマンのトリオを再現する一九五一年作メロドラマ。「空は紅い」のジュゼッペ・ベルト、ディーノ・リージ、イーヴォ・ペリッリ「ヨーロッパ一九五一年」、フランコ・ブルザーティ、ロドルフォ・ソネゴの五人が共同で執筆した脚本を「ポー河の水車小屋」のアルベルト・ラットゥアーダが監督した。撮影は「にがい米」のオテロ・マルテリ、音楽は「人間魚雷」のニーノ・ロータの担当。前記三名を助けて出演するのは、「快楽」のガビ・モルレ、ジャック・デュメニルの両フランス俳優、マンガノの実妹パトリツィア・マンガノ及びナターシャ・マンガノなどである。

    ネット上の声

    • 「ニューシネマパラダイス」での引用で♪エルバイヨーン♪のシーンと、背中のキスシー
    • まるで聖母マリアのような穏やかな微笑みを浮かべて、どんな患者にも臆せず堂々と、か
    • アンナの辛さもわかるけど、あのラストはアンドレアにとってあまりにもひどくないか?
    • ハッピーエンドが好きな私にとって結末を理解するのに時間がかかったけれど、よく考え
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1951年
    • 製作国イタリア
    • 時間95分
    • 監督アルベルト・ラトゥアーダ
    • 主演シルヴァーナ・マンガーノ
  8. 戦争・はだかの兵隊
    • D
    • 2.82
    第一次大戦のイタリア軍隊を背景に、兵士たちの人間ドラマを描いたもの。脚本は、「三月生れ」のコンビ、アージェ、スカルペッリに、「鉄道員」のルチアーノ・ヴィンセンツォーニと監督のマリオ・モニチェリの共同。モニチェリの作品は日本では初めて。撮影は「白夜(1957)」などのジュゼッペ・ロトゥンノと「崖」のロベルト・ジェラルディが共同で担当した。出演はヴィットリオ・ガスマン、「ベニスと月とあなた」のアルベルト・ソルディのほか、シルヴァーナ・マンガーノ、ベルナール・ブリエ、フォルコ・ルリ、ロモロ・ヴァッリら。製作ディノ・デ・ラウレンティス。一九五九年ヴェニス映画祭グランプリ受賞作品。

    ネット上の声

    • いつもの見知らぬ男たち、戦争はだかの兵隊
    戦争
    • 製作年1959年
    • 製作国イタリア
    • 時間135分
    • 監督マリオ・モニチェリ
    • 主演ヴィットリオ・ガスマン
  9. 華やかな魔女たち
    • E
    • 2.50
    イタリア人監督による5つのオムニバス映画。「山猫」のルキノ・ビスコンティ、「デカメロン」のピエル・パオロ・パゾリーノ、「ひまわり」のビットリオ・デ・シーカなどそうそうたる顔ぶれがメガホンをとった。第1話はビスコンティの「疲れ切った魔女」。お忍びで友人の誕生日パーティにやってきた女優が、倒れてしまう。妊娠していることも公にできず、心とは裏腹に素顔を笑顔で隠してマスコミの前に現れる。シルバーナ・マンガーノが全エピソードで主演している。

    ネット上の声

    • ヘルムートバーガーのデビュー作!
    • アニー・ジラルドさんを偲んで
    • ルキノ・ヴィスコンティ、マウロ・ボロニーニ、ピエル・パオロ・パゾリーニ、フランコ
    • ルキノ・ヴィスコンティ、マウロ・ボロニーニ、ピエル・パオロ・パゾリーニ、フランコ
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1967年
    • 製作国イタリア
    • 時間118分
    • 監督ルキノ・ヴィスコンティ
    • 主演シルヴァーナ・マンガーノ
  10. シーラ山の狼
    • E
    • 2.19
    「にがい米」のディノ・デ・ラウレンティスが、妻のシルヴァーナ・マンガーノ(「にがい米」)を主演者として製作した一九四九年映画で、ステノとモニチェッリの物語から、原作者にジロンダ、ヴィンセンツォ・タラリコ及び監督者のドゥイリオ・コレッテイ(「恋物語」)の五人が協同脚色した。撮影はアルド・トンティ、音楽はエンツォ・マゼッティの担当。主演はマンガアノの他アメディオ・ナザーリ、ジャック・セルナス、ヴィットリオ・ガスマン、ルイザ・ロッシ、オルガ・ソルベリら。

    ネット上の声

    • シルヴァーナマンガーノさんが死ぬほど美人
    • 日本版DVD
    • 不幸な事件で兄と母を失ったロザリアの復讐と更正の物語
    • シルヴァーナ・マンガーノさん
    • 製作年1949年
    • 製作国イタリア
    • 時間80分
    • 監督ドゥイリオ・コレッティ
    • 主演シルヴァーナ・マンガーノ
  11. ユリシーズ
    • E
    • 2.14
    ホーマーの叙事詩『オディッセイ』の色彩映画化である。脚色にはフランコ・ブルザーティ、マリオ・カメリーニ、エンニオ・デ・コンチーニ、ヒュー・グレイ、ベン・ヘクト、イーヴオ・ペリッリ、アーウィン・ショーの七人が当り、ヴェテラン、マリオ・カメリーニが監督に当った。製作はカルロ・ポンティとディノ・デ・ラウレンティス、一九五四年度作品である。撮影は「オズの魔法使」のハロルド・ロッスン、音楽は「陽気なドン・カミロ」のアレッサンドロ・チコニーニ。「アンナ」のシルヴァーナ・マンガーノと「死の砂塵」のカーク・ダグラスが主演し、「指紋なき男」のアンソニー・クイン、新進女優ロッサナ・ポデスタ(貴女は若すぎる)、ジャック・デュメニル、ダニエル・イヴェルネル、シルヴィ、フランコ・インテルレンギ、エレナ・ザレスキ、リュドミラ・ドゥダロヴァなどが共演する。

    ネット上の声

    • 45年超えて
    • 死より勇気、“神”をも拒む“英雄”ユリシーズ(オデッセイの語源)の大冒険
    • トロイの木馬って単語は聞いたことあったけど、この作品で用途がわかった
    • 原作はホメロス著作の有名なギリシャ神話「オデッセウス」の映画化作品
    アドベンチャー(冒険)
    • 製作年1954年
    • 製作国イタリア,フランス,アメリカ
    • 時間112分
    • 監督マリオ・カメリーニ
    • 主演カーク・ダグラス
  12. 海の壁
    • E
    マルグリット・デュラスのベスト・セラー小説の映画化で、仏領インドシナに水田地帯を切拓く一家の姿を描いた1篇。「海の荒くれ」のアーウィン・ショウと「居酒屋」のルネ・クレマンが共同脚色、クレマン自ら監督した。撮影は「道」のオテッロ・マルテッリ、音楽は「カビリアの夜」のニーノ・ロータ。主演は「人間と狼」のシルヴァーナ・マンガーノ、「驀走二万哩」のリチャード・コンテ、「胸に輝く星」のアンソニー・パーキンス、「夏の嵐」のアリダ・ヴァリ、「OK牧場の決斗」のジョー・ヴァン・フリート、それにネーミア・パーソフなど。
    • 製作年1958年
    • 製作国イタリア,アメリカ
    • 時間110分
    • 監督ルネ・クレマン
    • 主演シルヴァーナ・マンガーノ
  13. 人間と狼
    • E
    雪深い寒村を背景に狼を追う人間の愛情と闘争を描いた、「恋愛時代」のジュゼッペ・デ・サンティスの監督作品。サンティスとトニーノ・グエッラ、エリオ・ペトリの三人の書下しストーリイを、右のほかウーゴ・ピッロ、ジャンニ・プッチーニ、イーヴォ・ペリッリが共同で脚色した。撮影は「ナポリの饗宴」のピエロ・ポルタルーピ、音楽は「裸足の伯爵夫人」のマリオ・ナシンベーネ。主な出演者は「ユリシーズ(1954)」のシルヴァーナ・マンガーノ、「悪の決算」のイヴ・モンタン、「征服者」のペドロ・アルメンダリス。

    ネット上の声

    • 1957.05/XX 映画館鑑賞
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1957年
    • 製作国イタリア
    • 時間105分
    • 監督ジュゼッペ・デ・サンティス
    • 主演イヴ・モンタン
  14. 五人の札つき娘
    • E
    独軍占領下のユーゴを部隊に,ナチス兵と通じて髪を切られた5人娘とパルチザンを描く戦争映画。監督は「黒い蘭」のマーティン・リット。ユーゴ・ピロの原作を、ジョン・マイケルとピーター・アキレスが脚色した。撮影はジュゼッペ・ロトゥンノ。音楽はアンジェロ・フランチェスコ・ラヴァニーノ。出演はシルヴァーナ・マンガーノら5人娘のほか、リチャード・ベースハートら。製作は「戦争」のディノ・デ・ラウレンティス。
    戦争、 ヒューマンドラマ
    • 製作年1960年
    • 製作国アメリカ,イタリア
    • 時間106分
    • 監督マーティン・リット
    • 主演シルヴァーナ・マンガーノ
  15. 紅薔薇は山に散る
    • E
    今世紀の初頭、イタリアに実在した山賊ムゾリーノの伝記的映画で、「アンナ」のカルロ・ポンティとディノ・デ・ラウレンティスが共同製作した一九五〇年作品。ステノ、モニチェッリ、レオンヴィオラの原案をフランコ・ブルザーティ、マリオ・カメリーニ、デ・コンチーニ、レオンヴィオラ、モニチェッリ、イーヴォ・ペリッリ、ステノ、ヴィンセンツォ・タラリコの八人が協力して脚色、「ナポリのそよ風」のマリオ・カメリーニが監督した。撮影は「ヨーロッパ一九五一年」のアルド・トンティ、音楽は「噴火山の女」のエンツォ・マゼッティである。「アンナ」のシルヴァーナ・マンガーノと「懐かしの日々」のアメディオ・ナザーリが主演し、この映画でイタリアの銀リボン賞を得たウンベルト・スパダーロ(「女の獄舎」)ほか、イニァツィオ・バルサーモ、グイド・チェラーノ、ロッコ・ディ・アッスンタなどが出演している。
    • 製作年1950年
    • 製作国イタリア
    • 時間94分
    • 監督マリオ・カメリーニ
    • 主演アメデオ・ナザーリ
  16. マンボ
    • E
    「ユリシーズ」のカルロ・ポンティ、ディノ・デ・ラウレンティスがパラマウントと提携して製作した1954年作品。グイド・ピオヴェーネ、イーヴォ・ペリッリ、エンニオ・デ・コンチーニのイタリア側ライターとロバート・ロッセンが脚本を書き、「暴力に挑む男」(脚本)のロバート・ロッセンが監督に当たった。撮影は「ユリシーズ」のハロルド・ロッソン、音楽はニーノ・ロータとアンジェロ・フランチェスコ・ラヴァニーノである。「ユリシーズ」のシルヴァーナ・マンガーノ以下、「デジレ」のマイケル・レニー、「ラプソディー」のヴィットリオ・ガスマン、「サスカチワンの狼火」のシェリー・ウィンタース、黒人バレリーナのキャサリン・ダンハム、エドワード・チアネーリらが出演する。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1954年
    • 製作国イタリア
    • 時間94分
    • 監督ロバート・ロッセン
    • 主演シルヴァーナ・マンガーノ

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。