全4作品。アマンドラ・ステンバーグが出演した映画ランキング

  1. ザ・ヘイト・ユー・ギヴ(原題)

    ザ・ヘイト・ユー・ギヴ(原題)
    評価:S4.15
    警官が無抵抗の黒人青年を射殺した、実際の事件に着想を得た小説が原作のドラマ。友人が白人警官に射殺されるのを見た黒人の少女が、社会の矛盾に抗おうとする。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    劇場公開すべき
    ファンタらなんちゃらよりよっぽどスピンオフ
    人種差別・不平等は消えることはないのか?
    これがアメリカの現実なんだね。
    製作年:2018
    製作国:アメリカ
    監督:ジョージ・ティルマン・Jr
    主演:アマンドラ・ステンバーグ
    1
  2. エブリシング

    エブリシング
    評価:C3.34
    少女の初恋を描いたニコラ・ユンの小説を映画化。18歳の誕生日に隣家の少年と出会った重病のヒロインが、ひたむきに相手と向き合う様子を活写する。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    キターー!テラハ張りのしゃれおつ映画
    ハワイの馬鹿騒ぎ以外はステキな話
    《ヤングアダルト》 でしたね
    一瞬でも命を感じていたい
    製作年:2017
    製作国:アメリカ
    監督:ステラ・メギー
    主演:アマンドラ・ステンバーグ
    2
  3. コロンビアーナ

    コロンビアーナ
    評価:C3.31


    アクション
    製作年:2011
    製作国:アメリカ/フランス
    監督:オリヴィエ・メガトン
    主演:ゾーイ・サルダナ
    3
  4. ダーケスト・マインド

    ダーケスト・マインド
    評価:C3.23
    超能力を持つ子どもたちが未来を懸けた戦いに挑む姿を描いた近未来SFアクション。「カンフー・パンダ」シリーズのジェニファー・ユー・ネルソン監督が、アレクサンドラ・ブロッケンのヤングアダルト小説を実写映画化した。全米で謎の病気が流行し、約90%の子どもが死亡した。生き残った子どもたちは超能力を手に入れ、各地で事件が続発する。政府は事態の収拾を図るため、彼らを能力別の5色に色分けして強制的に収容所へ送り込む。その中のひとりである10歳の少女ルビーは、自分が政府に脅威とみなされる「オレンジ」であることを知る。数年後、収容所で厳しい生活を強いられていたルビーは、反政府組織のメンバーであるケイトの助けを…

    SF

    ネット上の声

    色分けされた子供たち
    私は今の私が好き!
    青春映画だと知らないとイラつきます。
    切ない青春恋愛映画だった
    製作年:2018
    製作国:アメリカ
    監督:ジェニファー・ユー・ネルソン
    主演:アマンドラ・ステンバーグ
    4

スポンサードリンク