スポンサーリンクあり

全25作品。石田えりが出演した映画ランキング

  1. 翼は心につけて
    • A
    • 3.99
    ガンと闘い、右腕切断の大手術をうけながらも、わずか十五年の人生を明るく、たくましく精一杯生きた少女の姿を描く関根庄一原作の映画化。脚本は寺島アキ子と「アラスカ物語」を監督した堀川弘通の共同執筆、監督も同作の堀川弘通、撮影は中尾駿一郎がそれぞれ担当している。

    ネット上の声

    • 健気に生きようとする少女に涙です
    • あくまでも子供向けの映画です。
    • 今見ても泣けるでしょうね。
    • 生きる勇気をもらった映画
    難病、 癌(がん)、 子供に見せたい、 ヒューマンドラマ
    • 製作年1978年
    • 製作国日本
    • 時間115分
    • 監督堀川弘通
    • 主演フランキー堺
  2. 2

    遠雷

    遠雷
    • C
    • 3.35
    宇都宮を舞台に、都市化の波に流される人々の中で、土地にしがみつき、トマト栽培に賭ける青年の姿を描く。野間新人文芸賞を受賞した立松和平の同名の小説の映画化で、脚本は「ひと夏の体験 青い珊瑚礁」の荒井晴彦、監督は「狂った果実(1981)」の根岸吉太郎、撮影は「スローなブギにしてくれ」の安藤庄平がそれぞれ担当。

    ネット上の声

    • 地方農村に生きる青年の想いが伝わる日本映画
    • 忘れられぬ、石田えりさんのオッパイが
    • どうして、こんなに惹かれるのか?
    • 石田えりなんて素晴らしいんだろ
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1981年
    • 製作国日本
    • 時間135分
    • 監督根岸吉太郎
    • 主演永島敏行
    • レンタル
    • 定額
    • レンタル
  3. 聞こゆるや
    • C
    • 3.34
    美しい熊本の風景を舞台に、豊かに綴られる映像詩。自然が美しさを残す熊本県を舞台に、オーディションで選ばれた熊本県民キャストがみずみずしい演技を繰り広げる。主人公を演じるのは、本作で映画デビューを果たした熊本在住の新人・太田強志。ほか松重豊、石田えりらベテラン俳優が出演し、ノスタルジックな物語の脇を固める。2004年、第17回東京国際映画祭RiFF(リージョナル・フィルム・フェスティバル)出品作品。

    ネット上の声

    • みほちゃんなら熊本弁全部わかるよね!
    • 熊本ロケで熊本出身者の映画と言えば、
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2004年
    • 製作国日本
    • 時間133分
    • 監督山田武
    • 主演石田えり
  4. 美しい夏キリシマ
    • C
    • 3.30
    1945年の宮崎のある農村を舞台に、ひとりの少年と村人たちの日々の営みから戦争の実態を浮き彫りにする人間ドラマ。監督は「スリ」の黒木和雄。黒木監督の実体験を基に、松田正隆と監督自身が共同で脚本を執筆。撮影を「月の砂漠」の田村正毅が担当している。主演は新人の柄本佑。第77回本誌日本映画ベスト・テン第1位、監督賞受賞、日本映画新人男優賞(柄本佑)受賞。日本映画ペンクラブ賞会員選出ベスト5日本映画第1位、日本映画ペンクラブ特別推薦、エキプ・ド・シネマ発足30周年記念第一弾、文部科学省選定、優秀映画鑑賞会推薦作品。

    ネット上の声

    • なぜ僕は生き残ったのだろうか
    • 飽きさせないとこが流石である
    • キリシマは今日も聳えている
    • 見落としてはいけない青春
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2002年
    • 製作国日本
    • 時間118分
    • 監督黒木和雄
    • 主演柄本佑
  5. 釣りバカ日誌
    • D
    • 3.05
    釣りキチの会社員と初老の社長とのふれあいを描く。やまさき十三、北見けんいちの同名漫画の映画化で、脚本は「ダウンタウンヒーローズ」の山田洋次と、桃井章が共同で執筆。監督は「愛しのチィパッパ」の栗山富夫、撮影は安田浩肋がそれぞれ担当。

    ネット上の声

    • 寅さん亡き後、盆と正月の風物詩となった
    • 釣りバカシリーズ唯一の本当の喧嘩と別れ
    • 人生の楽園はあなたそのものでした
    • 一作目を見たことありますか?
    ヒューマンドラマ、 釣りバカ日誌
    • 製作年1988年
    • 製作国日本
    • 時間93分
    • 監督栗山富夫
    • 主演西田敏行
    • 定額
    • 定額
    • 定額
    • 定額
  6. ちょうちん
    • D
    • 2.76
    新宿を舞台に、ガンに冒されたヤクザの生き様を描く。金子正次原作の映画化で、脚本は金子と塙五郎が共同執筆。監督は「悪女かまきり」の梶間俊一、撮影は「波光きらめく果て」の鈴木達夫がそれぞれ担当。

    ネット上の声

    • 改めて昭和のネオ・ヤクザ映画だと痛感した
    • いつまでもぶらぶらしてらんねぇだろ
    • 80年代にあった、ネオヤクザブーム
    • 実際によくある話、でも面白い!
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1987年
    • 製作国日本
    • 時間100分
    • 監督梶間俊一
    • 主演陣内孝則
  7. 釣りバカ日誌6
    • E
    • 2.70
    「釣りバカ日誌」シリーズ六作目。講演会で岩手県・釜石にやってきた浜ちゃんが、社長に間違われ、珍騒動が持ち上がるというもの。マドンナ役は『キャッツ』などのミュージカルで活躍してきた舞台女優の久野綾希子。その娘役に喜多嶋舞が抜擢された。

    ネット上の声

    • スーさん・浜ちゃん・ミチコさん、いいねぇ
    • 6は傑作!スーさん版ローマの休日
    • 浜ちゃんが鈴木建設社長に。。。
    • 泰造とホリケンが出てた
    ヒューマンドラマ、 釣りバカ日誌
    • 製作年1993年
    • 製作国日本
    • 時間96分
    • 監督栗山富夫
    • 主演西田敏行
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
    • 定額
  8. 釣りバカ日誌4
    • E
    • 2.70
    釣りバカ・コンビ浜ちゃんとスーさんの奮闘を描いた、やまさき十三、北見けんいち原作の同名コミックの映画化第4作で、脚本は「男はつらいよ 寅次郎の告白」の山田洋次と堀本卓、関根俊夫の共同執筆。監督は前作と同じく栗山富夫。撮影は同作の安田浩助がそれぞれ担当。

    ネット上の声

    • 他と比べて笑える要素が足りないかな?
    • ヒッヒッフー、ヒッヒッフー
    • めっちゃいいです
    • 西田敏行 最高 !!
    ヒューマンドラマ、 釣りバカ日誌
    • 製作年1991年
    • 製作国日本
    • 時間96分
    • 監督栗山富夫
    • 主演西田敏行
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
    • 定額
  9. わたしのお母さん
    • E
    • 2.67
    井上真央が主演を務め、互いの気持ちのすれ違いに葛藤する娘と母の複雑な感情をつづった人間ドラマ。 3人姉弟の長女で現在は夫と2人で暮らしている夕子は、母の寛子と一時的に同居することに。寛子は明るく社交的な性格だったが、夕子はそんな母にずっと苦手意識を抱えていた。不安の中で同居生活を始めた夕子は、昔と変わらない母の言動にストレスを募らせていく。そしてある日、母娘の関係を揺るがす出来事が起こる。 悪気なく娘を追い込んでしまう母・寛子を「サッド ヴァケイション」の石田えり、夕子の姉・晶子を「孤狼の血」の阿部純子、弟・勝を「リング・ワンダリング」の笠松将が演じる。監督・脚本は、長編デビュー作「人の望みの喜びよ」が第64回ベルリン国際映画祭ジェネレーション部門でスペシャルメンションを受賞した杉田真一。

    ネット上の声

    • 繊細な表現は素晴らしいが、テンポが遅く短調なので少々退屈に感じる
    • 映画好きがいくら高く評価しようとも星二つ
    • 期待して観ましたが、
    • 静かなる確執
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2022年
    • 製作国日本
    • 時間106分
    • 監督杉田真一
    • 主演井上真央
    • 定額
  10. ジーナ・K
    • E
    • 2.57
    伝説のストリッパーを母に持つ一人の女性の心の葛藤を描く。かやの=ジーナ・Kを演じるのは、シンガー・ソングライターとして活躍するSHUUBI。その母親には、映画・舞台などで幅広い活動を続ける石田えり。ほかARATA、光石研、永瀬正敏、片岡礼子など、映画で活躍する個性派俳優陣が脇を固める。監督・脚本は、石井聰亙、東陽一、橋口亮輔監督などの助監督として経験を積んだ藤江儀全。

    ネット上の声

    • 暴力的シーンが多すぎでは?
    • SHUUBI
    • 音楽としてのメロディ、テンポを取りつつ、何のしがらみも無いかのように自由奔放に感
    • SHUUBI好きだから見たけど、とにかく最初から最後まで地元民でも聞き取りづらい
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2005年
    • 製作国日本
    • 時間103分
    • 監督藤江儀全
    • 主演SHUUBI
  11. えきすとら
    • E
    • 2.53
    大スターを夢見る若い男女の愛を描く。脚本は「俺とあいつの物語」の朝間義隆と同作の梶浦政男の共同執筆、監督も朝間義隆、撮影も同作の花田三史がそれぞれ担当。 水越修五郎はスターを夢見ながらエキストラの仕事をしているが、いつになっても芽が出ず、夢もしぼみがちだ。そんなある日、修五郎は一緒にエキストラの仕事をしている娘、育子と知り合い、同じ九州出身ということも分り、すっかり意気投合する。大家の部屋代の催促にいつもビクビクしている修五郎のところへ、仲間の助監、菱山がセリフのあるテレビ映画の役を持って来た。放映の日、修五郎と育子は画面を食いいるように見つめていたが、彼の姿は最後まで出てこなかった。カットされていたのだ。金もなく、劇団公演の資金集めのため、ビル掃除をする育子に何もしてあげられない修五郎は自分に嫌気がさしてきた。ミジメな生活を脱するために金が欲しかった修五郎は、母の七回忌に故郷に帰り、香典を盗んでしまう。そして、その金で修五郎は、育子の公演のチケットを大量に購入、彼女を喜ばせるのだった。公演は大成功、彼女はテレビのプロデューサーにも目をつけられた。その夜、修五郎は育子と一緒に食事をしようと待っていたが、彼女は打ち上げパーティーで来られなかった。明け方に帰って来た育子は、待っていた修五郎に演出家と関係したと告白する。ショックを受けた修五郎は、その後、ドサ回りの劇団に入り地方巡業をしていた。修五郎がある町で巡業しているとき、小屋に育子が訪ねてきた。育子は修五郎がいなくなって、はじめて彼の優しさに気づいたのだ。そして、二人は新たに出発しようと、東京行きの列車に乗り込んでいく……。

    ネット上の声

    • 個人的には〇
    • 成長を感じました
    • 『男はつらいよ 寅次郎あじさいの恋』の同時上映
    • この頃までの武田鉄矢は親近感の化物
    • 製作年1982年
    • 製作国日本
    • 時間93分
    • 監督朝間義隆
    • 主演武田鉄矢
  12. 釣りバカ日誌スペシャル
    • E
    • 2.52
    社長業に追われるスーさんのもとに、かねてからの大親友・山内が訪ねてきた。一人息子・健吾の一目惚れした女性との縁談をうまくまとめてほしいというのだ。その女性とは、何と営業三課の佐々木課長の一人娘・志野だった。さっそくスーさんは佐々木を呼び出し、縁談を持ちかけるが、ハマちゃん、そして、みち子を巻き込み大騒動となる。

    ネット上の声

    • 色っぽい石田えりさんシリーズ最後の作品
    • 釣りバカの中で一番おもしろかった
    • この喧嘩もスーさんが悪い。
    • 釣りバカ日誌6.5
    ヒューマンドラマ、 釣りバカ日誌
    • 製作年1994年
    • 製作国日本
    • 時間106分
    • 監督森崎東
    • 主演西田敏行
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
    • 定額
  13. 愛の黙示録
    • E
    • 2.50
    国境や民族を越え、孤児たちのために尽くした実在の日本人女性・田内千鶴子(尹鶴子)の半生を描いた、日韓合作のヒューマン・ドラマ。監督は「空言」の金洙容。尹基の原作をもとに、「絵の中のぼくの村」の中島丈博が脚本を執筆した。撮影を「風の丘を越えて/西便制」の鄭一成が担当している。主演は「釣りバカ日誌S」の石田えり。

    ネット上の声

    • 田内千鶴子さんの実話が映画化されているということで鑑賞しました
    • 及第点に満たない駄作
    • おもしろい傑作です。
    • つまらない駄作です
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1997年
    • 製作国日本,韓国
    • 時間102分
    • 監督キム・スヨン
    • 主演石田えり
  14. サッド ヴァケイション
    • E
    • 2.49
    中国からの密航者を手引きする健次は、父親を亡くした少年アチュンを引き取ることに。職業を変え、アチュンや幼馴染の男の妹ユリと家族のような共同生活を送っていたある日、健次はかつて自分を捨てた母親・千代子に再会する。捨てられた恨みを果たすため、母と共に暮らし始める健次だったが……。青山真治が自身の代表作「Helpless」「EUREKA ユリイカ」に続く“北九州サーガ”の集大成として作り上げた1作。前2作と共通する人物も多数登場。

    ネット上の声

    • DocomoのCMが受け入れられない理由
    • 女は男を上手いこと手のひらで転がし続ける
    • 嫌なもの見ちゃった、まったく、、、。
    • Docomoのたとえが解る気がする
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2007年
    • 製作国日本
    • 時間136分
    • 監督青山真治
    • 主演浅野忠信
    • レンタル
    • 定額
    • レンタル
  15. MY HOUSE
    • E
    • 2.47
    「20世紀少年」「BECK」など数々の娯楽大作を手がけてきた堤幸彦監督が、音楽や色彩を封印し、実在の人物をモデルとした路上生活者の生き方を通して「本当に必要なものは何か」を問う意欲作。隅田川のブルーシートハウスに住む“都市の達人”鈴木さんを取材し、理想と家と生活のあり方に焦点を当てた、建築家・坂口恭平のルポ「TOKYO 0円ハウス 0円生活」(河出文庫刊)と小説「隅田川のエジソン」(幻冬舎文庫刊)が原作。とある都会の片隅で組み立て式の家に住む鈴木さんは、アルミ缶を拾い集めて換金し、さまざまな不要品を駆使して質素だがそれなりの生活を送っていた。そんな鈴木さんと、エリートコースを目指す中学生ショータや潔癖症の主婦トモコら、交わるはずのない人たちの生活がある事件をきっかけに交錯し……。

    ネット上の声

    • どれだけ思うとおり自由幸福を追求できるか
    • つきまとう不安を直視した根深い作品。
    • 堤幸彦という一人の映画監督の眼差し
    • 家は基礎がしっかりしてないと・・・
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2012年
    • 製作国日本
    • 時間93分
    • 監督堤幸彦
    • 主演いとうたかお
    • 定額
    • 定額
    • 定額
  16. 飛ぶ夢をしばらく見ない
    • E
    • 2.46
    人生に疲弊した中年男と肉体が若返っていく不思議な女との官能の日々を描く。山田太一原作の同名小説の映画化で、脚本・監督は「螢川」の須川栄三。撮影は「花の降る午後」の姫田真左久がそれぞれ担当。

    ネット上の声

    • 女版ベンジャミンバトンみたいな
    • 魅力ある山田太一作品群
    • 若返っていく彼女の話
    • 切ない切ない物語
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1990年
    • 製作国日本
    • 時間104分
    • 監督須川栄三
    • 主演細川俊之
  17. クローンは故郷をめざす
    • E
    • 2.40
    近未来。宇宙ステーション建設作業中に事故死した耕平は、クローン技術によって蘇る。しかし、双子の弟を亡くした幼少期の記憶しか持たずに再生し、オリジナルの自分の遺体を弟と思い込んだ耕平は、遺体を担いで故郷を目指して歩きはじめる。自主映画で高評価を受けてきた中嶋莞爾監督が、06年サンダンス・NHK国際映像作家賞を受賞した自身の脚本を、及川光博主演で映画化。同賞の審査員だったビム・ベンダースがエグゼクティブ・プロデューサーを務める。

    ネット上の声

    • 「世にも奇妙な物語ザ・ムービー」って感じ
    • 心の奥深くを浄める 精神性の高い作品
    • こわいような、ここちいいような不思議
    • SFを超えたヒューマンストーリー
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2008年
    • 製作国日本
    • 時間110分
    • 監督中嶋莞爾
    • 主演及川光博
    • 定額
  18. 釣りバカ日誌5
    • E
    • 2.40
    浜チャン・鈴(スー)サンのお騒がせ釣りバカコンビに、浜チャンの二世鯉太郎が加わって大騒動が起こる、シリーズ第5弾。やまさき十三原作・北見けんいち画の同名人気漫画(『ビッグコミック・オリジナル』連載中・小学館)の映画化で、監督は栗山富夫、脚本は山田洋次、高橋正國、関根俊夫、撮影は安田浩助が担当。

    ネット上の声

    • 釣りが大好きなサラリーマンを描いたヒューマンコメディドラマ「釣りバカ日誌」シリー
    • 素人の赤ちゃん投稿ビデオじゃないんだから
    • 釣りバカならぬ親バカ日誌でつまらない
    • 三國さんありがとう
    ヒューマンドラマ、 釣りバカ日誌
    • 製作年1992年
    • 製作国日本
    • 時間95分
    • 監督栗山富夫
    • 主演西田敏行
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
    • 定額
  19. 釣りバカ日誌2
    • E
    • 2.39
    釣りを通して親しくなった鈴木建設社員浜崎伝助と社長鈴木一之助との珍騒動を描く。やまさき十三と北見けんいち原作の同名漫画の映画化第2弾で、脚本は、「ハラスのいた日々」の山田洋次と堀本卓が共同執筆、監督は同作の栗山富夫、撮影は同作の安田浩助がそれぞれ担当。

    ネット上の声

    • 恋愛担当はスーさんなんですね
    • やっぱりキャラがいい☆1.5
    • 微妙な展開だから必見!
    • スーさんは悪者?
    ヒューマンドラマ、 釣りバカ日誌
    • 製作年1989年
    • 製作国日本
    • 時間96分
    • 監督栗山富夫
    • 主演西田敏行
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
    • 定額
  20. 釣りバカ日誌3
    • E
    • 2.38
    グータラ社員とワンマン社長という異色釣り馬鹿コンビの友情をユーモラスに描いたやまさき十三、北見けんいち原作の同名漫画の映画化第三弾。脚本は山田洋次と堀本卓。監督は栗山富夫。撮影は安田浩助と、前作「釣りバカ日誌2」と同じスタッフがそれぞれ担当。

    ネット上の声

    • 世界中どこに左遷されても喜ぶハマちゃん
    • スーさんの隠し子か?
    • 何を言わんか
    • 事務員の中にまるちゃんいる?って思ってレビュー見たらほんとにまるちゃんいた
    ヒューマンドラマ、 釣りバカ日誌
    • 製作年1990年
    • 製作国日本
    • 時間96分
    • 監督栗山富夫
    • 主演西田敏行
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
    • 定額
  21. ダブルベッド
    • E
    • 2.26
    中年を迎えつつある夫婦と、夫の友人とその若い愛人たちの性的な日々を描く。中山千夏の同名の小説を映画化したもので、脚本は「時代屋の女房」の荒井晴彦、監督は「ダイアモンドは傷つかない」の藤田敏八、撮影は「人生劇場(1983)」の安藤庄平がそれぞれ担当。

    ネット上の声

    • トリプル・フレーバー
    • とうがたった
    • 中山千夏の官能小説を下敷きに、一組の夫婦と若いカップルの生と性を大胆に描写したに
    • 「誰の子なんだ」「あたしの子」ってのはもしかしたら日本おとな映画史上に残るかっこ
    • 製作年1983年
    • 製作国日本
    • 時間102分
    • 監督藤田敏八
    • 主演大谷直子
    • レンタル
    • 定額
  22. ACACIA-アカシア-
    • E
    • 2.11
    さびれた団地の用心棒を務める元プロレスラー、大魔神(アントニオ猪木)は息子に十分な愛を注げなかったことを悔いて生きてきた。そんな彼のもとに孤独な少年タクロウ(林凌雅)が転がり込んでくる。他人に心を許さない生意気なタクロウはなぜか大魔神には素直に心を開く。温かな住人仲間たちに見守られ、つかの間、二人は親子のように暮らす。

    ネット上の声

    • 辻仁成の作り出すきしょい自意識匂い立つ異世界に放たれたアントニオ猪木
    • 何が語られているのかさっぱりわかりません
    • 彼が望む赦される時は訪れるのだろうか・・
    • いい物語だが「自己満足披露作品」一歩手前
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2008年
    • 製作国日本
    • 時間100分
    • 監督辻仁成
    • 主演アントニオ猪木
  23. 波の盆
    • E

    ネット上の声

    • 珠玉の名作
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1983年
    • 製作国日本
    • 時間95分
    • 監督実相寺昭雄
    • 主演中井貴一
  24. AYA/アヤ
    • E
    1950年代のオーストラリアを舞台に、国際結婚した日本人女性アヤの愛と生き様を描く。監督・脚本はこれが初の長編劇場用映画となるスールン・ホアス、製作はデニス・ペイシャンスとスールン・ホアス、撮影はジェフ・バートン、音楽はロジャー・メイソン、編集はスチュワート・ヤングが担当。
    • 製作年1990年
    • 製作国オーストラリア
    • 時間95分
    • 監督スールン・ホアス
    • 主演石田えり
  25. ホーム・スイートホーム2/日傘の来た道
    • E
    「釣りバカ日誌」シリーズの栗山富夫監督が老人介護の問題に取り組んだ「ホーム・スイートホーム」の第2弾。徘徊する父の介護のため故郷に帰ってきた息子の奮闘を描く。出演は柴田恭兵、財津一郎、石田えり。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2003年
    • 製作国日本
    • 時間114分
    • 監督栗山富夫
    • 主演柴田恭兵

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。