全15作品。ミア・ワシコウスカが出演した映画ランキング

  1. アルバート氏の人生

    アルバート氏の人生
    評価:B3.70
    19世紀のアイルランド、アルバート(グレン・クローズ)は、ダブリンにあるホテルでウエイターとして働いていた。だが、人付き合いが苦手で、もの静かなアルバートには誰にも明かすことのできない大きな秘密があった。ある日、アルバートはホテルの改装工事にやって来た陽気で端正な容ぼうの塗装業者ヒューバート(ジャネット・マクティア)と出会い……。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    些細な夢が叶わぬ妄想に変わる哀れ
    面白かった、けど、理解不能かも
    狙いがチグハグな感じで残念
    アルバート=レズではない
    製作年:2011
    製作国:アイルランド
    監督:ロドリゴ・ガルシア
    主演:グレン・クローズ
    1
  2. 永遠の僕たち

    永遠の僕たち
    評価:B3.64
    第64回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門でオープニング上映され高い評価を受けた、『ミルク』のガス・ヴァン・サント監督による一風変わった青春ドラマ。葬式に参列することを日常とする、死に取り付かれた青年と、不治の病に侵された少女の恋を繊細に描く。

    恋愛、難病、癌(がん)

    ネット上の声

    鑑賞後の爽快感がすご〜い!
    死生観の違いを越えて
    逝く・生きたくない・逝かせない・生きてる
    死に囚われた少年、死した男、死にゆく少女
    製作年:2011
    製作国:アメリカ
    監督:ガス・ヴァン・サント
    主演:ヘンリー・ホッパー
    2
  3. 欲望のバージニア

    欲望のバージニア
    評価:C3.57
    禁酒法時代のアメリカを舞台に、密造酒の業界においてその名をとどろかせた実在の無法者3兄弟の生きざまを描いた犯罪ドラマ。『ザ・ロード』のジョン・ヒルコート監督がメガホンを取り、ミュージシャンのニック・ケイヴが脚本と音楽を手掛けた。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    凡作。こりゃ邦題でカッコつけるしかないね
    あんだけ殴られりゃ 変形必至ですがね。
    不死身3兄弟。めでたしめでたし???
    上手に纏まらずごちゃごちゃした印象
    製作年:2012
    製作国:アメリカ
    監督:ジョン・ヒルコート
    主演:シャイア・ラブーフ
    3
  4. ジェーン・エア

    ジェーン・エア
    評価:C3.56
    19世紀に活躍した女流作家、シャーロット・ブロンテの代表作を映画化したドラマ。過酷な運命にさらされながらも、持ち前の知性と慈愛に満ちた精神でたくましく生き抜いていく女性の姿を、繊細なタッチで紡いでいく。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    ミア・ワシコウスカとマイケル・ファスベンダーのコンビは絶妙だが、やや単調
    演技派だが見ていて憂鬱になる2人の共演。
    映画向きの題材ではないのかもしれない
    メインキャスト4人と英国の風景を堪能
    製作年:2011
    製作国:イギリス/アメリカ
    監督:キャリー・ジョージ・フクナガ
    主演:ミア・ワシコウスカ
    4
  5. キッズ・オールライト

    キッズ・オールライト
    評価:C3.55
    ゴールデングローブ賞(2010年・2部門)ある風変わりな家族を通し、真の愛情や家族のあり方を見つめた人間ドラマ。長年共に暮らしてきた同性カップルの子どもたちが、自分たちの父親を捜し始めたことから起きる騒動をコミカルに描く。

    ヒューマンドラマ、家族

    ネット上の声

    わかるんだけど、わかりたくない、みたいな
    家族の愛の形は本当にいろいろあります
    家族とは作りあげていくもの…?
    闖入者
    製作年:2010
    製作国:アメリカ
    監督:リサ・チョロデンコ
    主演:アネット・ベニング
    5
  6. オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ

    オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ
    評価:C3.51
    『ブロークン・フラワーズ』などのジム・ジャームッシュが、『リミッツ・オブ・コントロール』からおよそ4年ぶりに放つ監督作。何世紀も恋人同士として生きてきた吸血鬼の男女が、突如として現われた女の妹と対峙(たいじ)したことで生じる関係の変化を追い掛けていく。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    命の枠組から外れた者たちの終わらない夜宴
    この監督らしい「気怠い」ヴァンパイアもの
    ティルダは、いつも独特の雰囲気を持つ
    なあ、いい天気だから外に出ようぜ
    製作年:2013
    製作国:アメリカ/イギリス/ドイツ
    監督:ジム・ジャームッシュ
    主演:ジョン・ハート
    6
  7. イノセント・ガーデン

    イノセント・ガーデン
    評価:C3.46
    『オールド・ボーイ』『渇き』などで知られる韓国の鬼才、パク・チャヌク初のハリウッド作となるサスペンス・スリラー。広大な屋敷で暮らす母娘のもとへ、長期間にわたって消息を絶っていた叔父が現れたのを機に、次々と起こる不気味な出来事と、その裏に隠された驚がくの真相を息詰まるタッチで追い掛けていく。

    サスペンス

    ネット上の声

    パク・チャヌク色に染め抜かれたサスペンス
    罪深き花園を濡らす、背徳のエクタスタシー
    観賞後に、原題&邦題がぐっとくる!
    デートでは選ばないように
    製作年:2013
    製作国:アメリカ
    監督:パク・チャヌク
    主演:ミア・ワシコウスカ
    7
  8. アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅

    アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅
    評価:C3.40
    「不思議の国のアリス」「鏡の国のアリス」をモチーフにした前作の続編で、アリスが時間の旅に出るファンタジーアドベンチャー。帰らぬ家族をひたすら待っているマッドハッターを助けるべく、アリスが時をさかのぼり奮闘する姿を活写。

    ファンタジー、アドベンチャー(冒険)

    ネット上の声

    前作より断然面白い!大人でも楽しめます!
    マニアックから王道へ!万人受けするアリス
    緊張感の足りないワンダーランド時間旅行
    うーん…CGは相変わらず凄いんだけど…
    製作年:2016
    製作国:アメリカ
    監督:ジェームズ・ボビン
    主演:ジョニー・デップ
    8
  9. ピアッシング

    ピアッシング
    評価:C3.29
    芥川賞作家・村上龍の小説をハリウッドで映画化したサイコスリラー。殺人衝動を抱えた男と自殺願望を持つ女の物語が描かれる。

    ヒューマンドラマ、サスペンス

    ネット上の声

    白き肌に流れるからこそ、熱き血潮は美しい
    雰囲気と緊張感たっぷり
    テンタクルズ、シャドー、サスペリア2
    ワシコウスカ の健在を喜ぶ。
    製作年:2018
    製作国:アメリカ
    監督:ニコラス・ペッシェ
    主演:クリストファー・アボット
    9
  10. 奇跡の2000マイル

    奇跡の2000マイル
    評価:C3.23
    オーストラリアの砂漠3000キロを横断するロードムービー1977年にオーストラリア西部の3,000キロに及ぶ砂漠を単独横断した女性が著した回顧録を基に、『ジェーン・エア』などのミア・ワシコウスカ主演で映画化。24歳の女性が4頭のラクダと愛犬と一緒に敢行した砂漠の旅を通して、出会いや経験を重ねていく姿をつづる。

    ヒューマンドラマ、アドベンチャー(冒険)、実話、旅に出たくなるロードムービー、オーストラリア舞台

    ネット上の声

    冒険には資金が要るって !
    映像は美しい!
    ラクダの本性。
    ミアの「足跡」
    製作年:2013
    製作国:オーストラリア
    監督:ジョン・カラン
    主演:ミア・ワシコウスカ
    10
  11. クリムゾン・ピーク

    クリムゾン・ピーク
    評価:D3.21
    『パンズ・ラビリンス』などの鬼才ギレルモ・デル・トロが放つミステリーホラー。クリムゾン・ピークと呼ばれる屋敷で生活する女性が、次々と出現する亡霊たちに導かれるようにして同地に隠された恐ろしい秘密に近づいていく。

    ホラー

    ネット上の声

    話そのものよりも独特の美的センスが印象深い映画でした
    ゴシック・ホラー小説へのオマージュだね
    今一番コスチュームプレイが似合う女優
    幽霊の造形がゴシックじゃない、、
    製作年:2015
    製作国:アメリカ
    監督:ギレルモ・デル・トロ
    主演:ミア・ワシコウスカ
    11
  12. 嗤う分身

    嗤う分身
    評価:D3.08
    ロシアの文豪フョードル・ドストエフスキーの著書を、ジェシー・アイゼンバーグ主演で映画化した不条理スリラー。内気でさえない男の前に、見た目は全く同じながら性格は正反対のもう一人の自分が出現したことで、全てを狂わされていく男の姿を描く。

    ヒューマンドラマ、サスペンス

    ネット上の声

    “ブルーシャトー”のシーンが好き。
    分身登場までがむしろ面白い。
    上を向いて歩けるか!
    そこまで面白いか?
    製作年:2013
    製作国:イギリス
    監督:リチャード・アイオアディ
    主演:ジェシー・アイゼンバーグ
    12
  13. アリス・イン・ワンダーランド

    アリス・イン・ワンダーランド
    評価:D3.08
    アカデミー賞(2011年・2部門)

    ファンタジー、ディズニー
    製作年:2010
    製作国:アメリカ
    監督:ティム・バートン
    主演:ミア・ワシコウスカ
    13
  14. マップ・トゥ・ザ・スターズ

    マップ・トゥ・ザ・スターズ
    評価:D3.02
    『ヒストリー・オブ・バイオレンス』などで知られる鬼才デヴィッド・クローネンバーグ監督が、ハリウッドセレブの実態をシニカルに描いた人間ドラマ。ハリウッドでリムジン運転手をしていた脚本家ブルース・ワグナーが実際に体験した話を基に、富も名声も得た完璧なセレブ一家が抱える秘密を暴き出す。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    何の感情もわかないが、面白い。
    『バードマン』より面白かった
    話の展開は一応真っ当。
    ゴシップ映画にあらず
    製作年:2014
    製作国:カナダ,アメリカ,ドイツ,フランス
    監督:デヴィッド・クローネンバーグ
    主演:ジュリアン・ムーア
    14
  15. ボヴァリー夫人

    ボヴァリー夫人
    評価:D2.97
    これまで幾度も映画化されてきたギュスターヴ・フローベールの小説「ボヴァリー夫人」を映画化。年上の医師と結婚したものの退屈な日々に幻滅し、心の隙間を埋めるかのように不倫に溺れていくヒロインを、『アリス・イン・ワンダーランド』シリーズなどのミア・ワシコウスカが体当たりで演じる。

    時代劇

    ネット上の声

    美青年エズラ・ミラーの方に魅せられた
    19世紀フランスが舞台の映像美
    男の一人に頭に来た
    不倫は女性には不利
    製作年:2014
    製作国:ドイツ,ベルギー,アメリカ
    監督:ソフィー・バルテス
    主演:ミア・ワシコウスカ
    15