スポンサーリンクあり

全7作品。トビー・ジョーンズが出演した映画ランキング

  1. テトリス
    • S
    • 4.61
    1988年、アメリカのビデオゲームセールスマン、ヘンク・ロジャース(タロン・エガートン)は、ソ連で開発されたテトリスというゲームの存在を知る。ヒットを予感した彼はソ連に渡ってテトリスを考案したアレクセイ・パジトノフのもとを訪ね、テトリスを世界に向けて発信しようと持ち掛ける。テトリスの普及に奔走するヘンクとアレクセイだが、二人にさまざまな試練が待ち受ける。

    ネット上の声

    • 面白かった!誰もがやったことのあるあのテトリスにこんな裏話があったのか〜という面
    • 誰もが知るゲーム「テトリス」の誕生秘話…ではなくテトリスの販売権をめぐる会社同士
    • テトリスがソビエトで開発されたという事をどこで知ったのか、とうの昔に忘れてしまっ
    • ソ連の1人のメカニックが作ったゲーム「テトリス」の国外販売権をめぐって、ビジネス
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2023年
    • 製作国アメリカ
    • 時間117分
    • 監督ジョン・S・ベアード
    • 主演タロン・エジャトン
  2. ファースト・カウ
    • B
    • 3.66
    2020年・第70回ベルリン国際映画祭コンペティション部門出品作品。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2019年
    • 製作国アメリカ
    • 時間---分
    • 監督ケリー・ライカート
    • 主演ジョン・マガロ
  3. クリスマスとよばれた男の子
    • C
    • 3.10
    Netflixで2021年11月24日から配信。

    ネット上の声

    • クリスマスですが、意外に悲壮感漂う内容
    • 妖精の言葉は真実を突いている…
    • クリスマス気分に浸れる。
    • クリスマスの新しい定番!!
    アドベンチャー(冒険)
    • 製作年2021年
    • 製作国イギリス
    • 時間106分
    • 監督ギル・キーナン
    • 主演ヘンリー・ローフル
    • 定額
  4. 五日物語 -3つの王国と3人の女-
    • D
    • 2.85
    「ゴモラ」「リアリティー」で、カンヌ国際映画祭グランプリを2度受賞したイタリアの鬼才マッテオ・ガローネが、残酷なまでの「女の性(さが)」をテーマに、17世紀にイタリアで書かれた民話集「ペンタメローネ 五日物語」から3つの異なる物語を選り抜き、1編の物語として再構成したファンタジー作品。「母となること」「若さと美貌」「大人の世界への憧れ」、3つの王国に住む、それぞれの世代の3人の女たちが、自身の欲望を抱いていた。やがて彼女たちの願いはかなえられるが、その結果、彼女たちは運命に翻弄されてしまう。「フリーダ」「デスペラード」のサルマ・ハエック、「美女と野獣」「ブラック・スワン」のバンサン・カッセルのほか、トビー・ジョーンズ、ジョン・C・ライリーらが出演。

    ネット上の声

    • まるで一枚の絵画のような美しいシーン!!
    • 昔話を実写化するとこうも不気味なのか!?
    • バロックパールの美しさと血塗られた物語
    • 青の理と欲望の赤、紫の幻想と黄金の黄昏
    ファンタジー
    • 製作年2015年
    • 製作国イタリア,フランス
    • 時間133分
    • 監督マッテオ・ガローネ
    • 主演サルマ・ハエック
    • レンタル
  5. ヘル・フロント ~地獄の最前線~
    • E
    • 2.51
    イギリスの劇作家ロバート・C・シェリフが第1次世界大戦での実体験をもとにつづった「Journey’s End」を、「世界一キライなあなたに」のサム・クラフリン、「アベンジャーズ」シリーズのポール・ベタニー、「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」のエイサ・バターフィールドら豪華キャスト共演で映画化。1918年3月、フランス北部のサン=カンタン。最前線の塹壕にこもったイギリス兵たちの間に、ドイツ軍の総攻撃が近いという情報が流れる。動揺が広がる中、中隊長として第一線を死守してきたスタンホープ大尉のもとに、故郷に残してきた恋人の兄ラーリー少尉が補充兵として着任する。再会を喜ぶ2人だったが、戦場で彼らを待ち受けていたのは地獄のような現実だった。監督は「ある公爵夫人の生涯」「フランス組曲」のソウル・ディブ。

    ネット上の声

    • 駒になる人たち
    • 言えない肉
    • 第一次世界大戦の西部戦線で、ドイツ軍と至近距離で対戦する兵士達の有り様を描く
    • 邦画タイトルとポスター、あらすじに魅力を感じず、観ていない方も多いと思う
    戦争
    • 製作年2017年
    • 製作国イギリス
    • 時間108分
    • 監督ソウル・ディブ
    • 主演サム・クラフリン
    • レンタル
    • 定額
  6. バーバリアン怪奇映画特殊音響効果製作所
    • E
    • 2.15
    ホラー映画の音響スタジオに赴任した男性が狂気に陥っていく姿を、「レッド・ライト」などの個性派俳優トビー・ジョーンズ主演で描いた英国製サイコスリラー。1976年、イギリス人の音響技師ギルデロイはイタリアの監督サンティーニに雇われ、低予算ホラー専門の音響スタジオ「バーバリアン・サウンド・スタジオ」で働きはじめる。残虐シーンに合わせて野菜を切り刻み続けるうち、ギルデロイは自身の中に潜む残虐性に気づいていく。「シッチェス映画祭ファンタスティックセレクション2013」にて上映。

    ネット上の声

    • ここでもストリックランドの『サスペリア』好きが窺える
    • 使用野菜はスタッフが美味しく頂きました
    • え~っと、、、なんやこれは?
    • 視聴者皆がアッというシーン
    ホラー
    • 製作年2012年
    • 製作国イギリス
    • 時間92分
    • 監督ピーター・ストリックランド
    • 主演トビー・ジョーンズ
  7. モーガン プロトタイプ L-9
    • E
    • 2.12
    「ブレードランナー」のリドリー・スコット製作のもと、息子のルーク・スコットが長編初メガホンをとり、暴走した人工生命体の脅威を描いたSFアクションスリラー。シンセクト社の研究施設で開発が進められていた人工生命体の試作品L-9「モーガン」が、突如として研究者を襲い大怪我を負わせた。事態を調査するため、危機管理コンサルタントのリー・ウェザーズと心理評価の専門家シャピロ博士が現地に派遣される。しかし、調査の最中にモーガンが再び混乱しはじめてしまい……。リー役を「オデッセイ」のケイト・マーラ、シャピロ博士役を「サイドウェイ」のポール・ジアマッティがそれぞれ演じた。

    ネット上の声

    • 深くなりそうな題材なのに、ショボくなる。
    • ムード良しで、それなりに面白い。
    • 途中までは、まあまあそこそこ
    • 低予算でなかなか良かった
    ホラー、 サスペンス
    • 製作年2016年
    • 製作国アメリカ
    • 時間92分
    • 監督ルーク・スコット
    • 主演ケイト・マーラ
    • レンタル

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。