全12作品。ベレニス・ベジョが出演した映画ランキング

  1. あの日の声を探して

    あの日の声を探して
    評価:A3.91
    『アーティスト』のミシェル・アザナヴィシウス監督が『山河遥かなり』にアイデアを得て、現代のチェチェンを舞台に声を失った少年とEU職員の女性の奔走を描く感動ドラマ。ロシアの侵攻が原因で両親がこの世を去り声まで失ったチェチェン人少年が、EU職員の女性と出会い、生き別れた姉と弟を捜すべく必死に生きる姿を映し出す。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    空虚な安保議論を冷笑する戦争の現実
    知ること。
    大きな感動があったと思う、とても真に迫るいい映画です。手持ちカメラ...
    1999年の第2次チェチェン紛争で両親をロシア軍に殺されて赤ちゃん...
    製作年:2014
    製作国:フランス,グルジア
    監督:ミシェル・アザナヴィシウス
    主演:ベレニス・ベジョ
    1
  2. アーティスト

    アーティスト
    評価:A3.82
    アカデミー賞(2012年・5部門)サイレントからトーキーへと移り変わるころのハリウッドを舞台に、スター俳優の葛藤(かっとう)と愛を美しいモノクロ映像でつづるサイレント映画。フランスのミシェル・アザナヴィシウス監督がメガホンを取り、ヨーロッパのみならずアメリカの映画賞をも席巻。

    ヒューマンドラマ、恋愛

    ネット上の声

    “古めかしい目新しさ”の魅力
    映画の魔法が効かなかった私
    古くて新しい映像体験。
     サイレントムービー全盛期に活躍した大スターが、トーキーの時代へと...
    製作年:2011
    製作国:フランス
    監督:ミシェル・アザナヴィシウス
    主演:ジャン・デュジャルダン
    2
  3. クローゼットに閉じこめられた僕の奇想天外な旅

    クローゼットに閉じこめられた僕の奇想天外な旅
    評価:C3.41
    ロマン・プエルトラスの小説「IKEAのタンスに閉じこめられたサドゥーの奇想天外な旅」を原作にしたドラマ。インドの青年が、クローゼットに閉じ込められたことから起きる騒動を活写する。

    ヒューマンドラマ、コメディ

    ネット上の声

    紙ひこうき
    フランスの小説
    製作年:2018
    製作国:フランス,アメリカ,ベルギー,シンガポール,インド
    監督:ケン・スコット
    主演:ダヌーシュ
    3
  4. ある過去の行方

    ある過去の行方
    評価:C3.36
    ナショナル・ボード・オブ・レビュー(2013年・外国語映画賞)『別離』が第84回アカデミー賞外国語映画賞を受賞したイラン出身の鬼才、アスガー・ファルハディが放つ人間ドラマ。お互いの子どもを連れて再婚しようと考える男女が、女性の娘のある告白を機にそれぞれが抱えていた思いも寄らなかった秘密を知ることになる。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    人の多重性の表現の上手さに舌を巻く
    監督の独り相撲のような捻った映画
    A・ファルハディ監督ワールド
    子供たちこそいい迷惑だ。
    製作年:2013
    製作国:フランス/イタリア
    監督:アスガー・ファルハディ
    主演:ベレニス・ベジョ
    4
  5. 甘き人生

    甘き人生
    評価:D3.20
    『愛の勝利を ムッソリーニを愛した女』などのマルコ・ベロッキオ監督が、トリノとローマを舞台に描いた人間ドラマ。母親の死を受け入れられない男性が、ある女性との出会いによって変化していく過程を映す。

    ヒューマンドラマ、実話

    ネット上の声

    さほど面白くないが抜群のエピソードもある
    “巨匠” の技の冴えは確かに存在する。
    散々貶した「にもかかわらず」……
    ママが大事なのは分かるけれど
    製作年:2016
    製作国:イタリア,フランス
    監督:マルコ・ベロッキオ
    主演:ヴァレリオ・マスタンドレア
    5
  6. エタニティ 永遠の花たちへ

    エタニティ 永遠の花たちへ
    評価:D3.14
    監督を『シクロ』などのトラン・アン・ユンが務め、オドレイ・トトゥ、メラニー・ロラン、ベレニス・ベジョが共演を果たした女性賛歌。19世紀末のフランスを皮切りに、ある一家の3世代にわたる女性たちが過ごす日々を丁寧に描写する。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    とにかく映像の美しさを楽しみたい。
    4世代の愛と生と死 特殊な映画でした
    ブルジョワ家の内向きの繁栄
    男性が描いた理想の女性像
    製作年:2016
    製作国:フランス,ベルギー
    監督:トラン・アン・ユン
    主演:オドレイ・トトゥ
    6
  7. グッバイ・ゴダール!

    グッバイ・ゴダール!
    評価:D2.90
    ジャン=リュック・ゴダール監督作『中国女』で主演を務め、彼の妻となったアンヌ・ヴィアゼムスキーの自伝的小説を映画化。若くしてゴダールと出会い、ミューズとなったアンヌが彼と過ごした刺激的な日々を描く。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    「アンヌ」又は「アンナ」好きなオッサン。
    めんどくさいゴダール、可愛いアンヌ
    ステイシー・マーティンさんにKO
    ステイシー・マーティン鑑賞会
    製作年:2017
    製作国:フランス
    監督:ミシェル・アザナヴィシウス
    主演:ルイ・ガレル
    7
  8. ラスト・ダイヤモンド 華麗なる罠

    ラスト・ダイヤモンド 華麗なる罠
    評価:D2.85
    アントワープの超高級ホテルを舞台に繰り広げられるダイヤモンド強奪事件の行方を追ったフランス製クライムアクション。保護観察中の泥棒シモンは、古い仲間アルベールからある計画を持ちかけられる。それは、137カラットもの輝きを放つ伝説のダイヤ「フロレンティン」を、高級ホテルで開催されるオークション会場から盗み出すというものだった。ダイヤの持ち主マリーが急死したため、オークションは彼女の娘ジュリアが取り仕切ることになっていた。シモンは警備の専門家になりすましてジュリアに接近するが、美しく聡明な彼女に次第に惹かれていく。主演は「ぼくの妻はシャルロット・ゲンズブール」のイバン・アタルと「アーティスト」のベ…

    アクション、サスペンス

    ネット上の声

    ドロボー家業も、大変だね
    拘りの泥棒物語
    泥棒との恋
    お洒落で、テンポの良いサスペンス
    製作年:2014
    製作国:フランス
    監督:エリック・バルビエ
    主演:イヴァン・アタル
    8
  9. OSS 117 私を愛したカフェオーレ

    OSS 117 私を愛したカフェオーレ
    評価:D2.82
    東京国際映画祭(2006年・グランプリ)フランスでは国民的人気を博している脱力系スパイコメディ。冷戦下のカイロを舞台に、ドジなフランス人スパイ・OSS117がハチャメチャな大騒動を巻き起こす。日本語吹替えを「秘密結社 鷹の爪」シリーズのクリエイター・FROGMANが担当。

    コメディ

    ネット上の声

    俺の口にカフェオーレはあわないようだ
    レトロな雰囲気に評価分かれる作品
    アーティストコンビ
    蛙男からの挑戦状
    製作年:2006
    製作国:フランス
    監督:ミシェル・アザナヴィシウス
    主演:ジャン・デュジャルダン
    9
  10. シークレット・オブ・モンスター

    シークレット・オブ・モンスター
    評価:D2.76
    ジャン=ポール・サルトルの短編「一指導者の幼年時代」を基に、政府高官を父に持つ美しい少年が狂気の独裁者へと変わるさまを描くミステリー。後に独裁者となる少年を新星トム・スウィートが演じるほか、『アーティスト』などのベレニス・ベジョ、『ニンフォマニアック』シリーズなどのステイシー・マーティン、『トワイライト』シリーズなどのロバート・パティンソンらが出演。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    映画自体は退屈至極だが鑑賞後に尾を引く
    虚仮威しの音楽を嗤う。
    独裁者の狂詩曲
    評価が難しい
    製作年:2015
    製作国:イギリス,ハンガリー,フランス
    監督:ブラディ・コーベット
    主演:トム・スウィート
    10
  11. プレデターズ エヴォリューション

    プレデターズ エヴォリューション
    評価:E0.00
    動物たちが突如異常行動を取り始めた森。その謎を探るため、ショットガンを手に森へと入ったネイサンたちを、衝撃の事実が待ち受けていた……。逃げ場のない恐怖と衝撃を満載したパニック・ホラー。

    アクション

    ネット上の声

    よくある、あれです
    こんなクソ映画作らないでほしいです。
    むかつく!!
    プレデターでしょうか?いえ、イノシシです
    製作年:2010
    製作国:フランス
    監督:アントワーヌ・ブロシエ
    主演:グレゴワール・コラン
    11
  12. ブラウン夫人のひめごと

    ブラウン夫人のひめごと
    評価:E0.00
    シュテファン・ツヴァイクの原作を見事に現代に蘇らせた儚い恋の物語。主演は監督・脚本家としても活躍しているアニエス・ジャウィ(「ムッシュ・カステラの恋」監督・脚本・出演)、名優ミシェル・セロー(「とまどい」)。監督は、斬新な映像感覚が評価されている新鋭ロラン・ブーニク。

    ヒューマンドラマ、恋愛
    製作年:2002
    製作国:フランス
    監督:ローラン・ブニーク
    主演:アニエス・ジャウィ
    12

スポンサードリンク