スポンサーリンクあり

全15作品。キャリー・マリガンが出演した映画ランキング

  1. ナショナル・シアター・ライヴ2015/スカイライト
    • S
    • 4.70
    英国ロイヤル・ナショナル・シアターが厳選した名舞台を映像化し、世界各国の映画館で上映するプロジェクト「ナショナル・シアター・ライブ」の1作。映画「めぐりあう時間たち」「愛を読むひと」の脚本でも知られる劇作家デビッド・ヘアによるローレンス・オリビエ賞を受賞した「スカイライト」を、「リトル・ダンサー」「めぐりあう時間たち」「愛を読むひと」のスティーブン・ダルドリー監督が演出した舞台を映像化した。「アバウト・タイム 愛おしい時間について」の名優ビル・ナイと「17歳の肖像」「華麗なるギャツビー」の若手実力派キャリー・マリガンが、不倫関係にあった元恋人同士に扮し、2人が織りなす複雑なドラマを描き出す。

    ネット上の声

    • Bill Nighy最高〜!
    • 天窓の時代
    • 2021-11-20記
    • 不倫もここまで明るくチャーミングに描かれると、罪悪感が薄れてむしろ爽やかですらあ
    • 製作年2014年
    • 製作国イギリス
    • 時間---分
    • 監督---
    • 主演キャリー・マリガン
  2. SHE SAID/シー・セッド その名を暴け
    • A
    • 4.21
    映画プロデューサーのハーベイ・ワインスタインによる性的暴行を告発した2人の女性記者による回顧録を基に映画化した社会派ドラマ。 ニューヨーク・タイムズ紙の記者ミーガン・トゥーイーとジョディ・カンターは、大物映画プロデューサーのワインスタインが数十年にわたって続けてきた性的暴行について取材を始めるが、ワインスタインがこれまで何度も記事をもみ消してきたことを知る。被害女性の多くは示談に応じており、証言すれば訴えられるという恐怖や当時のトラウマによって声を上げられずにいた。問題の本質が業界の隠蔽体質にあると気づいた記者たちは、取材対象から拒否され、ワインスタイン側からの妨害を受けながらも、真実を追い求めて奔走する。 「プロミシング・ヤング・ウーマン」のキャリー・マリガンと「ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ」のゾーイ・カザンが2人の主人公を演じる。「アイム・ユア・マン 恋人はアンドロイド」のマリア・シュラーダーが監督を務め、ブラッド・ピットが製作総指揮を手がけた。

    ネット上の声

    • 絶妙なバランスで女性の尊厳と調査報道の醍醐味を描く。
    • 製作面でも国際的な女性スタッフたちの活躍が頼もしい
    • 社会を変えたムーブメントとメディア側の仁義
    • 悪しきシステムは変わったのか
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2022年
    • 製作国アメリカ
    • 時間129分
    • 監督マリア・シュラーダー
    • 主演キャリー・マリガン
  3. プロミシング・ヤング・ウーマン
    • A
    • 4.10
    Netflixオリジナルシリーズ「ザ・クラウン」でチャールズ皇太子の妻カミラ夫人役を演じ、テレビシリーズ「キリング・イヴ Killing Eve」では製作総指揮や脚本を担当するなど、俳優・クリエイターとして幅広く活躍するエメラルド・フェネルが、自身のオリジナル脚本でメガホンをとった長編映画監督デビュー作。ごく平凡な生活を送っているかに見える女性キャシー。実はとてつもなく切れ者でクレバーな彼女には、周囲の知らないもうひとつの顔があり、夜ごと外出する謎めいた行動の裏には、ある目的があった。明るい未来を約束された若い女性(=プロミシング・ヤング・ウーマン)だと誰もが信じていた主人公キャシーが、ある不可解な事件によって約束された未来をふいに奪われたことから、復讐を企てる姿を描く。主人公キャシーを「17歳の肖像」「華麗なるギャツビー」のキャリー・マリガンが演じ、「スキャンダル」「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」や「スーサイド・スクワッド」で知られる女優マーゴット・ロビーが製作を務めている。2021年・第93回アカデミー賞で作品、監督、主演女優など5部門にノミネートされ、脚本賞を受賞した。

    ネット上の声

    • 観客の心をえぐり、見る人の考え方を映す鏡のような映画
    • 男性優位社会というシステムの加害性をポップに暴く
    • 後味痛快。フェミニズム万歳。衣装にも注目。
    • 彼女は何に対して復讐しているか
    ヒューマンドラマ、 サスペンス
    • 製作年2020年
    • 製作国イギリス,アメリカ
    • 時間113分
    • 監督エメラルド・フェネル
    • 主演キャリー・マリガン
    • レンタル
    • 定額
  4. インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌
    • B
    • 3.79
    「ノーカントリー」「トゥルー・グリット」のコーエン兄弟が、2013年・第66回カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞した作品。1960年代のフォークシーンを代表するミュージシャン、デイブ・バン・ロンクの生涯を下敷きに、売れない若手フォークシンガーの1週間をユーモラスに描いた。60年代の冬のニューヨーク。シンガーソングライターのルーウィンは、ライブハウスで歌い続けながらも、なかなか売れることができずにいた。音楽で食べていくことをあきらめかけていたが、それでも友人たちの助けを借り、なんとか日々を送っていく。「ロビン・フッド」「ドライヴ」などに出演したオスカー・アイザックがルーウィン役を演じ、歌声も披露。音楽に「オー・ブラザー!」「クレイジー・ハート」のT=ボーン・バーネット。

    ネット上の声

    • 分かる人と分からない人を大きく別ける作品
    • あの猫もきっとタフに生きていると思う
    • さまよえる猫の名前に笑ってしまった
    • 名もなき「ニャンコ」の冒険(笑)
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2013年
    • 製作国アメリカ
    • 時間105分
    • 監督ジョエル・コーエン
    • 主演オスカー・アイザック
    • レンタル
  5. ドライヴ
    • B
    • 3.77
    「きみに読む物語」「ブルーバレンタイン」のライアン・ゴズリング主演で、昼はハリウッド映画のカースタントマン、夜は強盗の逃走を請け負う運転手として働く孤高の天才ドライバーが、愛する女性を守るため裏社会を相手に命がけの戦いを繰り広げる姿を描いたクライムサスペンス。デンマーク出身の新鋭ニコラス・ウィンディング・レフン監督が手がけ、2011年・第64回カンヌ国際映画祭で監督賞を受賞した。

    ネット上の声

    • キャラ描写なしで映像ごり押しされてもね…
    • “美” 的なハード・サスペンスに痺れる!
    • 映画美学を堪能できるサスペンス
    • R−15 指定 ごもっとも。
    サスペンス
    • 製作年2011年
    • 製作国アメリカ
    • 時間100分
    • 監督ニコラス・ウィンディング・レフン
    • 主演ライアン・ゴズリング
    • レンタル
    • 定額
    • レンタル
  6. 17歳の肖像
    • C
    • 3.60
    1961年、ロンドン郊外。ある雨の日、オックスフォード大学を目指す優等生のジェニーは、倍も年の離れた男性と恋に落ち、勉強漬けの日々からは想像もできなかった刺激的な世界を体感していく。監督は「幸せになるためのイタリア語講座」のロネ・シェルフィグ、脚本は「アバウト・ア・ボーイ」「ハイ・フィデリティ」のニック・ホーンビィ。主演のキャリー・マリガンは第82回アカデミー賞で主演女優賞にノミネート。

    ネット上の声

    • 沢尻エリカさんも今作観てればよかったのに
    • 「悲しい」の見せ方が下手くそだ。
    • 少女から大人の女への等身大の物語
    • 子として、親として、大人として
    青春
    • 製作年2009年
    • 製作国イギリス
    • 時間100分
    • 監督ロネ・シェルフィグ
    • 主演キャリー・マリガン
    • レンタル
    • 定額
  7. ワイルドライフ
    • C
    • 3.59
    「スイス・アーミー・マン」などの個性派俳優ポール・ダノが初メガホンを取り、「ドライヴ」のキャリー・マリガンと「ナイトクローラー」のジェイク・ギレンホールが夫婦役を演じた人間ドラマ。ダノが「ルビー・スパークス」で共演したパートナーのゾーイ・カザンと共同で脚本・製作も手がけ、ピュリッツァー賞作家リチャード・フォードの小説「Wildlife」を原作に、幸せな家庭が崩壊していく様子を14歳の息子の姿を通して描き出す。1960年代、モンタナ州の田舎町で暮らす少年ジョーは、仲の良い両親ジェリーとジャネットのもとで慎ましくも幸せな毎日を送っていた。ところがある日、ジェリーがゴルフ場の仕事を解雇され、山火事を食い止める危険な出稼ぎ仕事へと旅立ってしまう。残されたジャネットとジョーもそれぞれ仕事を見つけるが、生活が安定するはずもなく、優しかったジャネットは不安と孤独にさいなまれるようになっていく。

    ネット上の声

    • いつもと違うキャリー・マリガン。とてもよい
    • 子供目線で描く崩壊劇。優しい息子に幸あれ
    • アメリカの山火事って長続きするな~
    • 予告編のあのシーンに、膝を打つ。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2018年
    • 製作国アメリカ
    • 時間105分
    • 監督ポール・ダノ
    • 主演キャリー・マリガン
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
  8. マエストロ:その音楽と愛と
    • C
    • 3.58
    「アリー スター誕生」で監督としても高く評価された俳優ブラッドリー・クーパーの長編監督第2作で、「ウエスト・サイド物語」の音楽などで知られる世界的指揮者・作曲家レナード・バーンスタインと女優・ピアニストのフェリシア・モンテアレグレ・コーン・バーンスタインがともに歩んだ激動の人生と情熱的な愛の物語を、バーンスタインの雄大で美しい音楽とともに描いた伝記ドラマ。 クーパーがレナードの若き日々から老年期までを自ら演じ、「プロミシング・ヤング・ウーマン」のキャリー・マリガンがフェリシア役を務める。共演はドラマ「ホワイトカラー」のマット・ボマー、ドラマ「ストレンジャー・シングス 未知の世界」のマヤ・ホーク。クーパー監督と「スポットライト 世紀のスクープ」のジョシュ・シンガーが脚本を手がけ、製作にはマーティン・スコセッシ、スティーブン・スピルバーグが名を連ねる。 2023年・第80回ベネチア国際映画祭コンペティション部門出品。Netflixで2023年12月20日から配信。それに先立ち12月8日から一部劇場で公開。

    ネット上の声

    • 音楽ファン、特にクラファンやミュージカルファンの方のために
    • 感動の音楽と愛の物語が交差する、真実の物語
    • 今明かされるレナード・バーンスタインの素顔
    • 去年は、ウエストサイドストーリーで創造する人としてのバーンスタインの凄さに改めて
    音楽、 ヒューマンドラマ
    • 製作年2023年
    • 製作国アメリカ
    • 時間131分
    • 監督ブラッドリー・クーパー
    • 主演ブラッドリー・クーパー
    • 定額
  9. 華麗なるギャツビー
    • C
    • 3.52
    1974年にロバート・レッドフォード主演で映画化もされた、米作家F・スコット・フィッツジェラルドの小説「グレート・ギャツビー」を、「ロミオ+ジュリエット」のバズ・ラーマン監督&レオナルド・ディカプリオ主演コンビで再映画化。1920年代の米ニューヨーク、ロングアイランド。宮殿のような豪邸に暮らし、素性も仕事も謎めいた大富豪のジェイ・ギャツビーは、毎夜のように豪華絢爛なパーティを開いていた。そんなある日、ギャツビーは、隣人の青年ニックに自らの生い立ちを語り始めるが、あまりにできすぎた物語に、ニックはギャツビーが何か隠し事をしていると直感する。やがてギャツビーは上流階級の令嬢デイジーに心ひかれていくが……。ニック役のトビー・マグワイア、デイジー役のキャリー・マリガンらが共演。第86回アカデミー賞で衣装デザイン賞と美術賞を受賞。

    ネット上の声

    • タイタニックを超えて大ヒット!を実際観て
    • 勝者は鉄人Fコッポラ コッポラ版との比較
    • 豪華映像派手映画?見た後は名文学読後感有
    • ラーマン監督がお好きならオススメです!
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2012年
    • 製作国アメリカ
    • 時間142分
    • 監督バズ・ラーマン
    • 主演レオナルド・ディカプリオ
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
  10. 時の面影
    • C
    • 3.49
    イギリスの著名な遺跡サットン・フーの発掘を巡る実話を題材に描いたNetflixオリジナルのヒューマンドラマ。ジョン・プレストンの小説を原作に、「ビザンチウム」の脚本家モイラ・バフィーニが脚色を手がけ、舞台演出家として知られるサイモン・ストーンが監督を務めた。第2次世界大戦が迫るイギリス、サフォーク州。未亡人のエディスは、自身が所有する土地にある墳丘墓を発掘するため、経験豊富なアマチュア考古学者バジルを雇う。やがて彼らは、予想していたより遥かに古い時代の歴史的遺産を発見するが……。未亡人エディスをキャリー・マリガン、考古学者バジルをレイフ・ファインズが演じる。共演に「シンデレラ」のリリー・ジェームズ、「ブルックリンの恋人たち」のジョニー・フリン。Netflixで2021年1月29日から配信。

    ネット上の声

    • そこに浮かび上がる悠久の時の流れが心を揺さぶる
    • 死ぬまでの短いタイムリミットの中で何に情熱を注ぐのか、その瞬間を忘れずに後悔のな
    • 登場人物のキャラクターが分かりやすく設定に凄く入り込める
    • 病気の親を想う息子の健気な気持ちに、嗚咽するくらい泣いた
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2021年
    • 製作国イギリス
    • 時間112分
    • 監督サイモン・ストーン
    • 主演キャリー・マリガン
    • 定額
  11. SHAME -シェイム-
    • C
    • 3.45
    ニューヨークを舞台にセックス依存症の男の苦悩を描き、2011年・第68回ベネチア国際映画祭でマイケル・ファスベンダーが主演男優賞を受賞したドラマ。ニューヨークでエリートサラリーマンとして働くブランドンは、セックス依存症から抜け出せずにいた。そんなブランドンのもとに、恋愛依存症でリストカット癖のある妹シシーが転がり込んでくる。互いに相容れない2人はともに生活することでますます孤独を深めていき、事態は悪い方向へと転がっていく。妹シシー役でキャリー・マリガンが共演。監督はイギリスの新鋭スティーブ・マックイーン。

    ネット上の声

    • アリとキリギリス・・最後にキリギリスは死んじゃいましたとさ・・。
    • 万人に共通する心理が本当に描かれているとは思えず、超一級の駄作
    • 今まで観てきた映画のキャッチコピーの中で一番むかつく!
    • 退屈。ウザ重妹に掻き乱されるヤリチン兄貴
    依存症、 ヒューマンドラマ
    • 製作年2011年
    • 製作国イギリス
    • 時間100分
    • 監督スティーヴ・マックィーン
    • 主演マイケル・ファスベンダー
    • レンタル
  12. わたしを離さないで
    • C
    • 3.30
    「日の名残り」で英文学界最高峰のブッカー賞を受賞した、日本生まれのイギリス人作家カズオ・イシグロの同名小説を、キャリー・マリガン、キーラ・ナイトレイ、アンドリュー・ガーフィールドの共演で映画化。監督は「ストーカー」(2002)の新鋭マーク・ロマネク。外界から隔絶された田園地帯に佇む寄宿学校ヘイルシャムで学ぶキャシー、ルース、トミーは、絵や詩の創作活動に励みながら、“特別な子ども”として育てられた。18歳になってヘールシャムを出た3人は、農場のコテージで共同生活を始めるが、ルースとトミーが恋人同士になったことで友情が崩壊していく。

    ネット上の声

    • 原作を読んでからなのでショックは無いかと思いきや、ほんの数シーンだ...
    • 105分の恋愛映画じゃ、もったいない!
    • 設定を問題にしている人は目が開いてない
    • ただ傍観することしかできない・・・。
    青春、 ヒューマンドラマ、 SF
    • 製作年2010年
    • 製作国イギリス,アメリカ
    • 時間105分
    • 監督マーク・ロマネク
    • 主演キャリー・マリガン
    • レンタル
    • レンタル
    • 定額
  13. 未来を花束にして
    • C
    • 3.26
    実話をもとに、1910年代のイギリスで参政権を求めた女性たちの姿をキャリー・マリガン主演で描いたヒューマンドラマ。1912年、イギリス・ロンドン。洗濯工場で働く24歳のモードは、同僚の夫と幼い息子の3人で暮らしていた。ある日、女性参政権運動活動家である友人に代わって公聴会で証言し、「今とは異なる生き方があるのでは?」という疑問を持つようになる。それがきっかけとなり、モードはWSPU(女性社会政治同盟)のリーダーであるエメリン・パンクハーストの演説を聞き、デモにも参加するようになる。しかし、女性の政治活動を不満に思う男性も多く、夫からは家を追い出され、息子と会うことも禁じられ、さらに工場長からもクビを宣告されてしまう。マリガンが主人公モードを演じ、実在の人物エメリン・パンクハースト役のメリル・ストリープのほか、ベン・ウィショー、ヘレナ・ボナム=カーターが出演

    ネット上の声

    • 傍観者が決意の果てに傍観者に戻る不思議
    • 女性の参政権はまだ100年しか経ってない
    • 主張に異論はないが、評価は出来ない。
    • サフラジェット 婦人に参政権を!
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2015年
    • 製作国イギリス
    • 時間106分
    • 監督サラ・ガヴロン
    • 主演キャリー・マリガン
    • レンタル
    • 定額
    • レンタル
  14. グレイティスト
    • D
    • 2.75
    5代目ジェームズ・ボンドのピアース・ブロスナン、「デッドマン・ウォーキング」のスーザン・サランドン、「17歳の肖像」のキャリー・マリガンが共演したヒューマンドラマ。最愛の息子ベネットを交通事故で亡くした夫婦アーロンとグレース。悲しみに暮れる日々を送っていたある日、ベネットと一緒に事故に遭い一命を取りとめた恋人ローズが訪ねきて、ベネットの子どもを身ごもっていることを夫婦に告げる。アーロンは行くあてがないというローズを引き取ることにするが、息子を溺愛していたグレースは彼女を受け入れることができず、精神のバランスを崩していく。そんな妻を支えつつ家族の絆を取り戻そうとするアーロンだったが、彼自身もまた息子の死から立ち直れずにいた。

    ネット上の声

    • 息子の死で前に進めない両親
    • 感動作。泣けますですよ。
    • それでも前へ
    • また後でゆっくり書きたいけど、とりあえずアーロン出演作の中でも映画としてとても好
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2009年
    • 製作国アメリカ
    • 時間100分
    • 監督シャナ・フェステ
    • 主演ピアース・ブロスナン
    • レンタル
  15. スペースマン
    • E
    Netflixで2024年3月1日から配信。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2024年
    • 製作国アメリカ
    • 時間108分
    • 監督ヨハン・レンク
    • 主演アダム・サンドラー

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。