スポンサーリンクあり

全22作品。成海璃子が出演した映画ランキング

  1. 瑠璃の島 スペシャル 2007 〜初恋〜
    • A
    • 4.11

    ネット上の声

    • そこで、人は生きているから・・・。
    • 言葉にできない感動があります
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2006年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督---
    • 主演成海璃子
  2. きみにしか聞こえない
    • E
    • 2.55
    中高生から絶大な支持を集める作家・乙一の同名短編小説を、「神童」の成海璃子と「初恋」の小出恵介共演で映画化した青春ラブストーリー。女子高生のリョウは内向的な性格のため友達がおらず、携帯電話も持っていなかった。そんなある日、公園で拾ったオモチャの携帯から着信音が鳴り、シンヤと名乗る青年の声が聞こえてくる。それ以来、携帯がなくても“通話”できるようになった2人は、互いに語りあうことで次第に心を開いていくが……。

    ネット上の声

    • 映画を探す時は基本的に俳優女優から探しますが、
    • 演技も制作陣も素敵&さわやかでせつない。
    • リメイクオファーが来てもおかしくない傑作
    • その心と声は見た人全員の心に聞こえたはず
    泣ける、 ライトノベル、 青春、 ファンタジー
    • 製作年2007年
    • 製作国日本
    • 時間107分
    • 監督荻島達也
    • 主演成海璃子
    • 定額
    • 定額
  3. イキガミ
    • E
    • 2.51
    間瀬元朗の同名コミックの映画化。1000人に1人の確率で若者を選び命を奪う「国家繁栄維持法」が存在する世界では、国民の生命価値を高めることで社会の生産性を向上できると信じられている。政府より発行される死亡予告証は通称「逝紙(イキガミ)」と呼ばれ、それを受け取った者は24時間以内に死ぬ。厚生保険省の国家公務員である藤本(松田)はイキガミの配達職務を名誉ある仕事として遂行しようとするが……。

    ネット上の声

    • じっくりと、彼らの生き様を見つめる感じ。
    • 現代の生贄について 理屈っぽいレビュー
    • 兄妹だけは期するものがありましたね
    • ありえないだけに、ありえたら怖い。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2008年
    • 製作国日本
    • 時間133分
    • 監督瀧本智行
    • 主演松田翔太
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
  4. 無伴奏
    • E
    • 2.49
    直木賞作家・小池真理子による半自伝的恋愛小説を成海璃子の主演で映画化。実在した喫茶店「無伴奏」を舞台に、時代に流されて学園紛争に関っていた多感な女子高校生の成長を描く。日本中の学生たちが学生運動を起こしていた1969年の仙台。同級生とともに学園紛争を行っていた女子高校生の響子は、友人に連れられて足を運んだ喫茶店「無伴奏」で、大学生の渉とその仲間たちと出会う。パッヘルベルの「カノン」をリクエストする渉に興味を抱いた響子は、次第に渉に強く惹かれていく。女子高生から大人へと成長する響子役を成海が体当たりで熱演。渉役を池松壮亮、渉の友人・祐之介役を斎藤工がそれぞれ演じる。監督は「三月のライオン」「太陽の坐る場所」の矢崎仁司。

    ネット上の声

    • 見どころはただ一つ、成海璃子の… えっ、中途半端やん。って思ってい...
    • 工哀れ映画暗く成海ダメ女優乳隠す濡れ場
    • 映画ファンの感性を問う傑作
    • 生きてきてこその「青春」
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2015年
    • 製作国日本
    • 時間132分
    • 監督矢崎仁司
    • 主演成海璃子
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
  5. ひめゆり隊と同じ戦火を生きた少女の記録 最後のナイチンゲール
    • E
    • 2.47

    ネット上の声

    • 沖縄戦の描写、これでよかったのか?
    • 日本の恥 駄作なドラマ
    • 戦争映画の最低傑作
    • 時間のムダ
    戦争、 ヒューマンドラマ
    • 製作年2006年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督---
    • 主演長谷川京子
  6. 6

    古都

    古都
    • E
    • 2.43
    川端康成の同名小説を現代版として映画化し、松雪泰子、橋本愛、成海璃子共演で描いた人間ドラマ。原作では描かれなかった主人公の双子姉妹のその後にスポットを当て、成長した双子姉妹とそれぞれの娘たちの人生を、京都とパリという2つの古都を舞台に描く。京都室町に先祖代々続く佐田呉服店の女主人・千重子は、20年前に店を継いで以来ずっと変わらぬ生活を送り続けてきた。千重子の娘・舞は、大学で就職活動に励む友人たちの中で、店を継ぐべきか迷っている。一方、千重子の生き別れた双子の妹・苗子は、京都のはずれにある北山杉の里で林業を営んでいるが経営難に悩まされていた。ある日苗子は、美術を学ぶためフランスに留学中の娘・結衣に会うためパリを訪れる。同じ頃、舞も日本文化を披露するイベントに参加するためパリへ行くことになり、2組の母娘の人生が初めて交差する。松雪が千重子と苗子の双子姉妹役を1人2役で演じ、橋本が舞役、成海が結衣役をそれぞれ演じる。ハリウッドで8年間にわたって映画製作を学び、その後もアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督作品の現場などに参加した経験を持つ新鋭Yuki Saitoが初メガホンをとった。

    ネット上の声

    • 川端康成が残したかった映像がギュッと
    • 美しい自然と共に変えてはいけないもの
    • じっくり観ないとわからない
    • 着物を着て見に行きました
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2016年
    • 製作国日本
    • 時間117分
    • 監督Yuki Saito
    • 主演松雪泰子
  7. 家族のはなし
    • E
    • 2.34
    リンゴ農園を営む両親とその息子の姿を描いた鉄拳の同名パラパラ漫画を、岡田将生主演で映画化。とある挫折によって自身の進む道を失ってしまった拓也は、親元を離れて東京で暮らしている。大学に通いながらもバンド活動に熱が入る拓也は、次第にプロを目指すようになる。さまざまな挫折を経験しながら、家族の温かさを改めて感じながら成長していく拓也を岡田が演じるほか、拓也の両親役で時任三郎と財前直見、地元の同級生・明日香役で成海璃子が共演。鉄拳がアートディレクターとして参加。

    ネット上の声

    • 企画としては面白いが映画向きではない
    • こんなので感動するのはあまりに安すぎる
    • 産まれた場所で根を張って生きるのもイイ
    • 普通の家族の話だからこそ
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2018年
    • 製作国日本
    • 時間80分
    • 監督山本剛義
    • 主演岡田将生
    • レンタル
  8. 罪とか罰とか
    • E
    • 2.31
    「1980」「グミ・チョコレート・パイン」のケラリーノ・サンドロヴィッチが、「神童」の成海璃子を主演に描くコメディ。共演に「フレフレ少女」の永山絢斗、「俺たちに明日はないッス」の安藤サクラほか。売れないグラビア・アイドルのアヤメは、売れっ子のライバル、モモが表紙の雑誌を衝動的に万引きしてしまうがあっけなく捕まり、見越婆警察署の1日警察署長を務めることに。その警察署でアヤメは元彼に再会し、封印していた想いが再燃する……。

    ネット上の声

    • 表紙のグラビアアイドルが可愛くない、下品なギャル、サトエリや市川由衣もでているや
    • 悪夢とか笑いとか猛毒とかケラ大暴走とかラ
    • 感動ドラマの紋切型を蹂躙する極悪エンタメ
    • ほんとに、くだらない映画(ほめことば)
    刑事、 コメディ
    • 製作年2008年
    • 製作国日本
    • 時間110分
    • 監督ケラリーノ・サンドロヴィッチ
    • 主演成海璃子
  9. ジオラマボーイ・パノラマガール
    • E
    • 2.31
    「リバーズ・エッジ」などで知られる人気漫画家の岡崎京子が1989年に刊行した同名コミックを実写映画化。現代の東京を舞台に、未来への不安を抱えながらも「今」を生きる若者たちを描いた。16歳の平凡な高校生・渋谷ハルコは、ある夜、橋の上で倒れていた神奈川ケンイチに一目ぼれする。ハルコは世紀の恋だとはしゃぐが、真面目でおとなしいケンイチは、受験を目前にして衝動的に学校を辞めてしまい、それどころではない。さらにケンイチは、勢いでナンパした危険な香りのする女の子マユミに夢中になっていき、ハルコとケンイチの恋は平行線をたどるが……。渋谷ハルコ役は映画「小さな恋のうた」などで注目される山田杏奈。神奈川ケンイチ役は、山田とは「小さな恋のうた」でも共演している鈴木仁。監督・脚本は「PARKS パークス」「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」の瀬田なつき。

    ネット上の声

    • 好きな瞬間がときどきあって、けれどほとんど退屈
    • バブル期の記号的要素が「横道世之介」と共通する
    • フレームから溢れ出さんばかりの身体性、衝動の映画かと思いつつ、過剰なモノローグも
    • 誰も自分の人生を真剣にやってないことが台詞の端々から滲み出てる! 時代を現代に移
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2020年
    • 製作国日本
    • 時間105分
    • 監督瀬田なつき
    • 主演山田杏奈
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
  10. LOVE まさお君が行く!
    • E
    • 2.28
    テレビ東京系の長寿番組「ペット大集合!ポチたま」(2000年10月~10年3月)で人気を博したコーナー「まさお君が行く!!ポチたまペットの旅」を原案に、食いしん坊で天然なラブラドールレトリーバーのまさおと、コンビの相方にも同棲していた恋人にも去られてしまい伸び悩む若手芸人の松本が、全国を行脚しながら絆を深めていく姿を描く。主人公の芸人・松本秀樹役で香取慎吾が主演。松本の元恋人・里美役で広末涼子、番組AD役で成海璃子らが共演する。監督は「NANA」「ランウェイ☆ビート」の大谷健太郎。

    ネット上の声

    • 香取ではなく、松本くん本人がいいのでは
    • まさお君と慎吾君の笑顔に癒されました
    • 制作に時間と労力をかけない日本映画!
    • 最初の方のレビューはほぼステマ
    犬、 実話、 動物
    • 製作年2012年
    • 製作国日本
    • 時間109分
    • 監督大谷健太郎
    • 主演香取慎吾
  11. 11

    神童

    神童
    • E
    • 2.22
    さそうあきらの同名コミックを原作に、天才ピアニストの少女と音大を目指す青年の心の触れ合いをみずみずしいタッチで描いた青春ドラマ。ピアノの才能に恵まれながらもそれを持て余している13歳のうた。ある日、音大浪人生のワオと出会った彼女は、彼との交流を通して音楽の真の喜びに目覚めていく。主人公うたにテレビドラマ「瑠璃の島」などで注目を集めた成海璃子、ワオに「デスノート」の松山ケンイチが扮する。

    ネット上の声

    • 【”大丈夫、私は音楽だから・・” ”音楽の精”と音楽に魅了された人々の姿を描いた作品。成海璃子さんの意思の強い大きな眼と胆の据わった姿に魅了された作品でもある。】
    • オーディションでNO.1になりイギリス留学したのは相原こずえ。同じNO.1でも“竜巻落とし”を決めるのは鮎原こずえだ!
    • なんだな〜〜〜????
    • 感性が養われる重要作
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2006年
    • 製作国日本
    • 時間120分
    • 監督萩生田宏治
    • 主演成海璃子
    • レンタル
    • 定額
  12. 少女たちの羅針盤
    • E
    • 2.20
    新進女優の舞利亜は、映画の撮影ため廃墟(はいきょ)となったホテルに赴くが、撮影開始直前になっても脚本が届かず、ホテルの壁に不気味な落書きをされる。誰かが自分を陥れようとしていると感じた舞利亜は、4年前の高校時代、友人たちと結成した女子高生劇団「羅針盤」で起きた殺人事件を回想する。現在と過去が交錯しながら事件の真犯人が暴かれていく青春ミステリー。成海璃子、忽那汐里ら人気若手女優が共演。監督は「西の森の魔女が死んだ」の長崎俊一。

    ネット上の声

    • 三文芝居。少女たちを殺したのは、脚本。
    • 原作読了者なら気づく、あるツーカット
    • 名監督の汚点じゃないの、これってさ
    • 羅針盤が指し示す少女たちの友情
    サスペンス
    • 製作年2010年
    • 製作国日本
    • 時間113分
    • 監督長崎俊一
    • 主演成海璃子
  13. 書道ガールズ!!-わたしたちの甲子園-
    • E
    • 2.17
    全国の高校から集った書道部が書の腕とパフォーマンス競い合う「書道パフォーマンス甲子園」を題材にした青春映画。主演は成海璃子、共演に山下リオ、桜庭ななみら。監督は「マリと子犬の物語」の猪股隆一。書道家の父になかなか認めてもらえない書道部部長の里子は、部員たちと町おこしのための「書道パフォーマンス甲子園」の開催に向け立ち上がる。大人からの反対や部内のわだかまりなど、さまざまな問題を乗り越えていく女子高生たちの姿を描く。

    ネット上の声

    • ご覧あれ、きらきら乙女の純真さと躍動を!
    • 強引なところはあるけれど「感動した!」
    • 女子高生が書道パフォーマンスで町おこし
    • ☆笑えて感動!久しぶりにレビューです☆
    高校、 部活も、 青春、 実話
    • 製作年2010年
    • 製作国日本
    • 時間121分
    • 監督猪股隆一
    • 主演成海璃子
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
  14. ニシノユキヒコの恋と冒険
    • E
    • 2.16
    川上弘美の同名人気小説を、竹野内豊主演、「犬猫」「人のセックスを笑うな」の井口奈己監督のメガホンで映画化。ルックスも良くて仕事もでき、セックスも良くて女性に優しいニシノユキヒコの周囲には、いつも魅力的な女性たちがいた。ニシノはそんな彼女たちの欲望をみたし、淡い時間を過ごすが、女性たちは必ず最後にはニシノのもとを去ってしまう。それでも真実の愛を求め続けるニシノの美しく切ない人生を描く。ニシノを取り巻く女性たちを、尾野真千子、成海璃子、木村文乃、本田翼、麻生久美子、阿川佐和子、中村ゆりかが演じる。

    ネット上の声

    • おしゃれ恋愛映画の皮をかぶった残酷映画!
    • あの楽団の下手な演奏は何の表現だろう?
    • ニシノユキヒコが幸福でありますように
    • 一人の獣を除いてみんな素晴らしい!
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2014年
    • 製作国日本
    • 時間122分
    • 監督井口奈己
    • 主演竹野内豊
    • レンタル
    • レンタル
  15. あしたの私のつくり方
    • E
    • 2.16
    「神童」など話題作への出演が相次ぐ成海璃子主演の青春ドラマ。学校でも家でも周囲に自分を合わせてしまう女子高生・寿梨は、優等生からイジメられっ子に変わってしまった小・中学校時代の同級生・日南子に、偽名で携帯メールを送り始める。“本当の自分”と“偽りの自分”との間で葛藤し成長していく思春期の少女たちの心情を、「トニー滝谷」の市川準監督がみずみずしいタッチで描き出す。共演はアイドルグループAKB48の前田敦子。

    ネット上の声

    • 【”お前は嘘が巧いから、行いだけでも良くなさい。”校内ヒエラルキーの中で必死に生きる二人の少女の姿を描いた作品。本当の自分を探そうとする少女達の心の機微を、清廉なタッチで描き出した作品でもある。】
    • 「私なんでこんなに頑張っているんだろう」 という人に見てもらいたい。
    • 見た時には、まさか市川準監督の遺作になるとは思わず...
    • 主題は新味皆無、でも演技◎な成海璃子さん
    高校、 青春、 ヒューマンドラマ
    • 製作年2007年
    • 製作国日本
    • 時間97分
    • 監督市川準
    • 主演成海璃子
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
  16. 武士道シックスティーン
    • E
    • 2.16
    誉田哲也の剣道少女を描いた青春小説を、「ロボコン」「ホームレス中学生」の古厩智之監督が映画化。主演は成海璃子と北乃きい。幼い頃から剣道の修行を積んできた香織は、ある大会で無名の選手・早苗に負けたことを引きずり、早苗を追って剣道の強豪高校へ入学する。だが、久々に再会した早苗は気楽に剣道を楽しむ平凡な女子高生だった。香織は因縁のライバルの本来の力を引き出そうと奔走するが……。

    ネット上の声

    • 『決勝で会おう』って一度言ってみてぇ〜!
    • 武士道とシックスティーンこのミスマッチ
    • 夢の饗宴も、監督との相性が悪くて・・・
    • 二人がすてきすぎてナミダ・・・!
    部活も、 ヒューマンドラマ
    • 製作年2010年
    • 製作国日本
    • 時間109分
    • 監督古厩智之
    • 主演成海璃子
    • 定額
  17. 楳図かずお恐怖劇場 まだらの少女
    • E
    • 2.09
    2005年にデビュー50周年を迎えたホラー漫画家・楳図かずおの短編6作品を実写映画化したオムニバス「楳図かずお恐怖劇場」の1編として、「恋する幼虫」の井口昇監督が手がけたサスペンスホラー。連休に母の故郷・美土路村にやって来た弓子は、同じ年のいとこ・京子と久々に再会する。しかし、なぜか村人たちは弓子を「ヘビ女」と忌み嫌い……。主演は「下弦の月 ラスト・クォーター」の中村有沙と、テレビドラマ「瑠璃の島」で注目を集める成海璃子。

    ネット上の声

    • アニメの楳図かずおファンなら・・・。
    • B級ホラー
    • 美少女がリアル
    • 子供が主人公なのでどうかな…と期待していなかったのですが、ストーリーもちょっとよ
    ホラー
    • 製作年2005年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督井口昇
    • 主演成海璃子
  18. 雨の町
    • E
    • 2.08
    とある地方都市のある町に、内臓の全くない子どもの死体が流れ着いた。フリーライターの兼石荘太は、事件を調べるため町に乗り込むのだが、遺体の安置現場から死んでいたはずの子どもが立ち上がり、姿を消すのを目撃してしまう。果たして事件の真相は……?「吸血鬼ハンター“D”」などで知られる人気作家、菊地秀行の短編小説を映画化したホラー・サスペンス。主役のフリーライターを「県庁の星」の和田聰宏が演じている。

    ネット上の声

    • 正体はグレイか森の狸のどっちかだってばさ
    • 心霊ホラーと言うよりモンスターです!
    • ※途中で自主規制音が入ります
    • ヒットしない映画は観て納得
    ホラー
    • 製作年2006年
    • 製作国日本
    • 時間95分
    • 監督田中誠
    • 主演和田聰宏
  19. ゴーストマスター
    • E
    • 2.07
    三浦貴大と成海璃子を主演に、悪霊によって地獄絵図と化した青春恋愛映画の撮影現場を舞台に描くホラーコメディ。黒沢清監督に師事し、アメリカ人の父と日本人の母を持つヤング・ポール監督の長編デビュー作。映画撮影現場で助監督をしている黒沢明は、名前だけは「巨匠」の風格だが、頼まれると断れない性格で要領の悪い、B級ホラー好きの気弱な映画オタクだ。現在の黒沢が携わる「壁ドン」な青春恋愛映画の現場で、監督やスタッフからこき使われる日々を送っていた。いつか自分が監督となった日に撮ることを夢見て、書き温めていた「ゴーストマスター」の脚本は、黒沢の心の支えとして、いつも肌身離さずに持ち歩いていた。しかし、あまりの過酷な撮影現場でたまりにたまった黒沢の不満と怨念のような映画愛が「ゴーストマスター」の脚本に悪霊を宿してしまう。そして、脚本に宿った悪霊により、青春映画の撮影現場は凄惨な地獄絵図と化していく。

    ネット上の声

    • 壁ドン映画の撮影現場でしがない助監督が書いた脚本が「死者の書」(死霊のはらわた)
    • 現場で虐げられて来た助監督の脚本に宿った怨念が、壁ドンとは何か? と苦悩するイケ
    • 廃校での映画撮影中、とあることがきっかけで助監督の怨念が宿った映画の「脚本」が悪
    • 恋愛映画制作中、主役の桜庭勇也(板垣瑞生)が意味不明な「壁ドン」に不満を持ち、現
    ホラー
    • 製作年2019年
    • 製作国日本
    • 時間90分
    • 監督ヤングポール
    • 主演三浦貴大
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
  20. 極道大戦争
    • E
    • 2.03
    バンパイアのヤクザに噛みつかれた人間が次々とヤクザ化してしまうという荒唐無稽な世界を、三池崇史監督のメガホンで描いたオリジナル作品。神浦玄洋を組長とする神浦組。神浦に憧れて極道の世界に入った舎弟の影山亜喜良は、映画のような理想の世界からほど遠い現在のヤクザ社会に退屈な毎日を送っていた。そんなある日、神浦の命を狙う刺客たちが次々と現れる。死闘の果てに倒れた神浦は、死にぎわに影山の首筋に噛みつき「ヤクザバンパイアとして生きろ」との言葉を残して絶命。影山の体内には神浦の血が逆流し、ヤクザバンパイアとして覚醒する。影山役に市原隼人、組長・神浦役にリリー・フランキー。インドネシアのバイオレンスアクション「ザ・レイド」「ザ・レイド GOKUDO」のヤヤン・ルヒアンも参戦。

    ネット上の声

    • 三池監督がこんなウン○コ映画を撮ったわけ
    • おいコラ、三池!なめとんのか、われ(怒)
    • 本年度ワースト1です。暫定ですが。
    • 三池監督作品は、当たり外れが激しい
    アクション
    • 製作年2015年
    • 製作国日本
    • 時間115分
    • 監督三池崇史
    • 主演市原隼人
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
  21. ストレイヤーズ・クロニクル
    • E
    • 1.98
    極秘実験で特殊能力を与えられた若者たちが繰り広げる戦いを描いた本多孝好の同名ベストセラー小説を、岡田将生、染谷将太、成海璃子ら若手実力派キャスト共演で実写映画化したSFアクション。「桐島、部活やめるってよ」で日本アカデミー優秀脚本賞を受賞した喜安浩平が脚色を手がけ、「ヘヴンズ ストーリー」「アントキノイノチ」の瀬々敬久監督がメガホンをとった。1990年代の日本で、生まれてくる子どもに突然変異を促して人間の能力を極限まで発達させる実験と、遺伝子操作で動物や昆虫の能力を持つ子どもたちを生みだす実験が秘密裏に行なわれた。20年後、実験により視覚や筋力をそれぞれ異常発達させられた昴らは、特殊能力の代償として精神崩壊の危機におびやかされながら、その解消の鍵を握る外務副大臣・渡瀬から裏の仕事を請けおっていた。ある日、渡瀬を狙う謎の殺人集団アゲハが現われるが、彼らの正体もまた、20年前の実験で生みだされた特殊能力者たちだった。

    ネット上の声

    • 瀬々敬久監督はもう映画を撮らない方がいい
    • こういうSFは大好物だが、まだ邦画はダメか
    • 残念な脚本も、役者たちの力量がカバー!
    • 好き嫌いが分かれるが、心地良い映画。
    アクション
    • 製作年2015年
    • 製作国日本
    • 時間126分
    • 監督瀬々敬久
    • 主演岡田将生
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
  22. 山形スクリーム
    • E
    • 1.98
    個性派俳優・竹中直人が4年ぶりにメガホンを取ったホラーコメディ。都立高校に通う美香代は、所属する歴史研究会の合宿で山形県の御釈ヶ部村に行くことに。そこでは村おこしの一環として「祠倒し」というイベントが行われており、テーマパーク建設を企む村長たちによって、落ち武者の霊が祀られた祠が掘り起こされてしまう。その晩、800年の眠りから蘇った落ち武者たちが村人たちを襲いはじめ……。主演は「神童」「罪とか罰とか」の成海璃子。

    ネット上の声

    • お目当て役者拝顔以外の満足度ゼロ(悲鳴)
    • 細かすぎて伝わらないパロディ選手権!?
    • そろそろ終わりかと思ったらまだあと60分
    • あちきにはこのデジャブが解らんたい
    ホラー
    • 製作年2009年
    • 製作国日本
    • 時間116分
    • 監督竹中直人
    • 主演成海璃子

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。