スポンサーリンクあり

全9作品。石垣佑磨が出演した映画ランキング

  1. スペース・スクワッド ギャバンVSデカレンジャー
    • C
    • 3.17
    東映の特撮ヒーローたちがチームを結成する「スペース・スクワッド」シリーズの第1弾。「宇宙刑事ギャバン」と「特捜戦隊デカレンジャー」がタッグを組み、宇宙にはびこる巨大な犯罪組織「邪神教・幻魔空界」の陰謀に立ち向かうが、そこには想像を超える敵の罠が待ち受けていた。石垣佑磨が演じる、「宇宙刑事ギャバン THE MOVIE」から活躍している2代目ギャバンこと、宇宙刑事ギャバンtype-G/十文字撃のほか、大葉健二が演じる初代ギャバン/一条寺烈も再登場する。

    ネット上の声

    • さらに2年後に作られた宇宙刑事ギャバンとのクロスオーバー作、東映版アベンジャーズ
    • ‪“東映特撮ヒーロー版アベンジャーズ(仮面ライダーシリーズを除く)...
    • うーん…みんな老けたね
    • 前半はもう、二代目ギャバンのキャラが嫌で嫌でしょうがなかったんですが、脚本が拾っ
    ヒーロー、 アクション
    • 製作年2017年
    • 製作国日本
    • 時間84分
    • 監督坂本浩一
    • 主演石垣佑磨
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
    • 定額
  2. しあわせカモン
    • D
    • 3.07
    岩手県出身のミュージシャン・松本哲也の自伝「空白」をもとに、音楽を志す青年とその母親の波乱に満ちた半生を映画化した人間ドラマ。ヤクザとの結婚や薬物中毒といった波瀾万丈な人生を歩む母を「夢売るふたり」の鈴木砂羽が、荒んだ青春時代の中でもギターの音色に魅せられ、やがて母との絆を深めていく息子を「宇宙刑事ギャバン THE MOVIE」の石垣佑磨がそれぞれ熱演。不器用ながらも幸せを求めて必死に生きようとする母子のドラマを描く。

    ネット上の声

    • こういう映画をお蔵入りさせてはならない。
    • 母親への感謝の気持ちが詰まった作品です。
    • お蔵出し映画祭2011グランプリ受賞
    • 確かにあった、母と息子の愛のカタチ。
    ヤンキー、 実話
    • 製作年2009年
    • 製作国日本
    • 時間117分
    • 監督中村大哉
    • 主演鈴木砂羽
  3. レッド・ティアーズ
    • E
    • 2.50
    アクション俳優の倉田保昭がプロデュースしたバイオレンススリラー。都内各地で頭部を切断された遺体が発見され、失踪者も続出する。事件を追う刑事の野島は、捜査の過程で美しい女性・紗代子に出会い、2人はひかれあっていく。一方、野島の先輩刑事・三島は特殊部隊を率いて都会に潜む吸血鬼一族を抹殺するという極秘任務に就いていたが……。事件の鍵を握る紗代子役に加藤夏希が扮する。2011年・第24回東京国際映画祭「日本映画・ある視点」部門にて「レッド・ティアーズ 紅涙」のタイトルで上映。12年、劇場公開。

    ネット上の声

    • 都内での連続猟奇殺人事件を追う刑事
    • ホラーレビュー続くよ
    • お遊戯会並みの演技
    • 妙なおもしろさ
    アクション
    • 製作年2011年
    • 製作国日本
    • 時間87分
    • 監督辻本貴則
    • 主演加藤夏希
    • レンタル
  4. 戦国番長 ガチザムライ
    • E
    • 2.48
    「あずみ」「十三人の刺客」でも侍を演じた石垣佑磨が主演するアクション映画。乱世の戦国時代。農民の竜徳とその仲間たちは、立身出世を望み、野武士となって近隣の不良侍と戦いに明け暮れる日々を送っていた。ある日、因縁の村である吉見村を制圧したばかりの竜徳たちの前に、本物の戦から戻ってきた鬼首村の城児魔が立ちはだかる。

    ネット上の声

    • 西海謙一郎が監督、石垣佑磨が主演を務めた時代劇アクション作品である本作は、数々の
    • ギャバン&ゼット対フブキ隊員ということで見ました
    • 意外と真面目な映画
    • 夢を追うひとのお話
    時代劇
    • 製作年2010年
    • 製作国日本
    • 時間70分
    • 監督西海謙一郎
    • 主演石垣佑磨
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
  5. ラブレター 蒼恋歌
    • E
    • 2.46
    人気バンド「ザ・ブルーハーツ」の名曲「ラブレター」から生まれた青春ラブストーリー。福祉を学ぶため東京の大学への進学を考えている由衣は、大学の下見をしようと東京へやって来る。一方、バンドマンの良太は、本気でやりたいことが見つからず、無為な毎日を送っていた。バンド「ザ・サリンジャー」のライブで出会った2人は互いにひかれあい、再会を約束するが……。主演は、「あずみ」の石垣佑磨と「スウィングガールズ」の本仮屋ユイカ。

    ネット上の声

    • 大切な人の想いが、大人への切符。
    • 自分の居場所と親の存在
    • 空気感は良かったが
    • 入り込めない・・・
    青春、 ヒューマンドラマ
    • 製作年2006年
    • 製作国日本
    • 時間95分
    • 監督丹野雅仁
    • 主演石垣佑磨
  6. 宇宙刑事ギャバン THE MOVIE
    • E
    • 2.14
    1982~83年にテレビ放送され、メタルヒーローシリーズの第1弾として人気を博した特撮アクション「宇宙刑事ギャバン」の30周年を記念して製作された劇場版。2代目ギャバンとなる主人公・十文字撃に扮する石垣佑磨が主演し、大葉健二が演じたテレビ版の初代ギャバン/一条寺烈も登場。新旧ギャバンが共演するほか、シャリバンとシャイダーも参戦し、ギャバンとの3大メタルヒーロー共演が実現。火星に向かうスペースシャトルが事故に遭い、搭乗していた日本人宇宙飛行士の十文字撃と大熊遠矢が行方不明になってしまう。それから1年後、2人の幼なじみでもある河井衣月が働く宇宙物理学研究開発機構「SARD」を、宇宙犯罪組織マクーの残党が強襲。衣月は危ういところを宇宙刑事ギャバンに助けられるが、ギャバンの正体は行方不明になった撃だった。再会を喜ぶ衣月だったが、撃退されたと思われたマクーの残党は、SARDから重要なデータを盗み出していた。

    ネット上の声

    • TVシリーズを観ずに本作からの鑑賞でしたが楽しく観れました
    • ライダーのスタッフはライダーだけ造れ
    • シャリバン、シャイダー、主題歌の無駄遣い
    • 胸のエンジンに火はつかなかった
    アクション
    • 製作年2012年
    • 製作国日本
    • 時間83分
    • 監督金田治
    • 主演石垣佑磨
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
    • 定額
  7. あずみ2 Death or Love
    • E
    • 2.03
    刺客として戦い続けなければならない宿命を背負った少女剣士の生き様を描く時代活劇の続篇。監督は「恋に唄えば♪」の金子修介。小山ゆうによる同名コミックを下敷きに、「あずみ」の水島力也と「バンパイアハンターD」の川尻善昭が共同で脚本を執筆。撮影監督に「宣戦布告」の阪本善尚があたっている。主演は「インストール」の上戸彩。

    ネット上の声

    • 期待通りの続編に満足!裏切りません!
    • 今回は、栗山千明が主役を食う!
    • 何と言っていいやら・・・☆1つ
    • 御免なさいだけど 駄作です。
    時代劇
    • 製作年2004年
    • 製作国日本
    • 時間112分
    • 監督金子修介
    • 主演上戸彩
  8. 仮面ライダー×スーパー戦隊×宇宙刑事 スーパーヒーロー大戦Z
    • E
    • 2.00
    「仮面ライダー」と「スーパー戦隊」シリーズが共演を果たした「仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦」(2012)に続く「スーパーヒーロー大戦」シリーズ第2弾で、新たに「宇宙刑事ギャバン」ほかメタルヒーローシリーズの宇宙刑事も参戦。かつての秘密結社ショッカーが、魔法の力でスペースショッカーとして新生。宇宙全域で魔法の暴走現象が発生し、操真晴人=仮面ライダーウィザードは、その現象を引き起こした張本人として、銀河連邦警察から派遣された十文字撃=宇宙刑事ギャバンの攻撃を受ける。また、スペースショッカーを追跡していた撃は、宇宙刑事シャリバンが倒したはずの犯罪組織マドーと遭遇。銀河連邦警察は、超次元砲を使い地球ごとマドーとスペースショッカーを消滅させようとするが……。

    ネット上の声

    • 見ないで批判するな、は白倉組には通らない
    • お祭りという名のやっつけ仕事
    • 製作陣にプライドはないのか?
    • 白倉ってやつの仕業なんだ
    特撮、 仮面ライダー、 スーパー戦隊
    • 製作年2013年
    • 製作国日本
    • 時間92分
    • 監督金田治
    • 主演石垣佑磨
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
    • 定額
  9. バトルαソクラテス パーティ&Party!/TWILIGHT FILE IX
    • E
    「AKB48」の内田眞由美が映画初出演を果たした学園ドラマ。高校生の風間亮は、新聞配達のバイトをしてから高校へ行き、弁当を食べてケンカをする毎日。ある日、他校とケンカをした亮に、文化祭で総合格闘技を企画していた生徒会長が興味を示す。その企画で不調グループを一掃したいと考える学校側や、反対する新聞部などさまざまな思惑が絡み、紆余曲折を経たものの大会は開催されることになるが……。主演を石垣佑磨が務め、お笑いコンビ「TKO」の木本武宏、木下隆行らが共演。オムニバスシリーズ「TWILIGHT FILE」第9弾の1作。

    ネット上の声

    • 良かったです
    アクション
    • 製作年2012年
    • 製作国日本
    • 時間78分
    • 監督加藤文明
    • 主演石垣佑磨

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。