1. 邦画のドキュメンタリー映画ランキング

邦画のドキュメンタリー映画ランキング

  1. パレスチナ1948・NAKBA(ナクバ)

    パレスチナ1948・NAKBA(ナクバ)
    評価:S4.50
    2006年、フォトジャーナリストの広河隆一は自らの原点であり、1967年に初めて訪れて暮らしたイスラエルのキブツダリヤを再訪する。当時そこには第二次世界大戦下の欧州からホロコーストを逃れたユダヤ人たちが入植し、理想社会を目指して暮らしていた。だが、そのすぐ側にはかつてパレスチナ人たちが暮らした村の廃虚があった。

    ネット上の声

    すごい出来でした
    瓦礫の下に歴史の真実が
    製作年:2008
    製作国:日本
    監督:広河隆一
    1
  2. ひめゆり

    ひめゆり
    評価:S4.34
    沖縄戦に動員された222名の「ひめゆり学徒隊」は負傷兵の看護や水くみなどに追われたが、米軍に追い詰められ、沖縄本島南部で解散命令を受ける。その後の数日で、米軍が包囲する戦場に投げ出された彼女たちは100名以上が亡くなった。看護活動をした病院壕や友人を失った海岸で、戦場を生きのびた元学徒たちが当時を振り返る。

    ネット上の声

    語られるほど、言葉失う思いに・・・
    すべてが人の為したことである。
    製作年:2006
    製作国:日本
    監督:柴田昌平
    2
  3. うまれる

    うまれる
    評価:S4.30
    両親の不仲や虐待の経験から、親になることに戸惑う夫婦。出産予定日にわが子を失った夫婦。子どもを望んだものの、授からない人生を受け入れた夫婦。完治しない障害を持つ子を育てる夫婦。そんな4組の家族が織り成す笑いと涙と愛のドラマを通し、生きることの意味や大切さを問い掛けていく。

    ネット上の声

    絶対に見たほうが良いですよ!
    彼にみせたい
    製作年:2010
    製作国:日本
    監督:豪田トモ
    3
  4. 泣きながら生きて

    泣きながら生きて
    評価:S4.29
    中国に住む娘のため、日本で孤独に働き続ける父親のドキュメンタリー。

    東京で複数の仕事を掛け持ちしている中国人の中年男性。
    彼には中国に残してきた妻と娘がいる。
    中国の家族はとても貧しい暮らしをしているが、娘はニューヨークへ留学し、医者になることを目指していた。
    そんな娘のため、男性は10年間一度も中国に帰らずに日本で働き続け、中国の家族に仕送りを続ける。

    男性が日本に来たのは1989年。日本…

    ネット上の声

    人生の1本
    涙なしには観られません!!
    感動できます!
    泣きっぱなしで見ました
    製作年:2006
    製作国:日本
    4
  5. エンディングノート

    エンディングノート
    評価:A4.20
    2007年、高度経済成長期に段取り命で働いたサラリーマンの砂田知昭が、40年以上勤めた会社を67歳で退職。第二の人生を歩み始めた矢先、毎年欠かさず受けていた健康診断で胃ガンが見つかり、すでにステージ4まで進行していた。そこで砂田は人生最期のプロジェクトとして段取りの集大成、“エンディングノート”の作成に取り掛かる。

    ネット上の声

    偉大なる凡人の人生
    笑って泣いて。そんで、考えて。
    製作年:2011
    製作国:日本
    監督:砂田麻美
    5
  6. 標的の村

    標的の村
    評価:A4.18
    日本国内の米軍基地および専用施設のほとんどが集中する沖縄。北部にある東村・高江に、新型輸送機オスプレイが住民の反対を押し切り配備されることとなった。2012年9月の配備前夜、人々が普天間基地ゲート前に集結し座り込み、おおよそ22時間も基地を完全封鎖した一部始終を、地元・琉球朝日放送の報道クルーが激写する。

    ネット上の声

    見応えあり
    沖縄民はこんなに苦しんでるんだ
    製作年:2013
    製作国:日本
    監督:三上智恵
    6
  7. 六ヶ所村ラプソディー

    六ヶ所村ラプソディー
    評価:A4.11
    2004年、青森県の六か所村にプルトニウムを扱う核燃料再処理施設が完成する。再処理工場の風下で農業を営む人々が反対運動を繰り広げる一方、雇用問題が深刻な六か所村は再処理工場を推進してきた。再処理工場が存在することによってもたらされる経済的、雇用的なメリットの前で、揺れ動く住民たちの姿を映し出す。

    ネット上の声

    解説がないので解説します
    背に腹はかえられない
    製作年:2006
    製作国:日本
    監督:鎌仲ひとみ
    7
  8. 忌野清志郎 ナニワ・サリバン・ショー 〜感度サイコー!!!〜

    忌野清志郎 ナニワ・サリバン・ショー 〜感度サイコー!!!〜
    評価:A4.09
    2009年に亡くなったロック・ミュージシャン忌野清志郎。2001年、忌野の呼びかけに賛同したアーティストが集まり、大阪城ホールでライブ「ナニワ・サリバン・ショー」を開催。その後も、2004年、2006年とライブは行われ、さまざまなメンバーが参加した。忌野亡き今、映像作品として4度目の「ナニワ・サリバン・ショー」がお披露目される。

    ネット上の声

    結構面白かった
    清志郎、愛してます~
    どきどきわくわくしました。

    今すぐ見れるオンライン視聴

    楽天0円
    製作年:2011
    製作国:日本
    主演:忌野清志郎
    8
  9. 祝(ほうり)の島

    祝(ほうり)の島
    評価:A4.03
    山口県、瀬戸内海に浮かぶ祝島。そこで暮らす住民は、厳しい自然環境の中、祖先が開墾した土地と美しい海を守り続けてきた。1982年、祝島の対岸4キロメートルのところに原子力発電所の誘致が決定する。島民たちはすぐに反対の意志を表明。それから28年経っても、力強く反対運動を続けていた。

    ネット上の声

    こんな映画はじめて!!
    「祝島」という世界が面白い。
    製作年:2010
    製作国:日本
    監督:纐纈あや
    9
  10. ニッポンの嘘〜報道写真家 福島菊次郎90歳〜

    ニッポンの嘘〜報道写真家 福島菊次郎90歳〜
    評価:A4.01
    終戦直後の広島で被爆者家族の苦悩を克明に撮り続けた報道写真家・福島菊次郎は、それ以降も三里塚闘争、安保闘争、公害問題などを取材し戦後日本のあり方を問い続けてきた。しかし保守化が進む日本社会やメディアと決別した後、無人島での自給自足生活を経て愛犬と暮らす穏やかな日々を送る。自身の最期を意識し始めた頃、東日本大震災が発生し、彼は原発事故が起きた福島へと足を向ける。

    ネット上の声

    かっこいいじじいのかっこよすぎる人生
    ジャーナリストを目指す若い人に見て欲しい
    製作年:2012
    製作国:日本
    監督:長谷川三郎
    10
  11. ある精肉店のはなし

    ある精肉店のはなし
    評価:A4.01
    大阪府貝塚市にある北出精肉店では、牛の飼育から食肉処理、そして販売まで全て家族の手で行っている。彼らは4人で呼吸を合わせながら熟練の手つきで牛を解体し、その後、肉は店舗に運び込まれ、きれいに切り分けられて店頭に並ぶ。7代目として家業を継いだ兄弟だったが、2012年3月には102年も代々使われてきた食肉処理場が閉鎖される。

    ネット上の声

    何処かで誰かが牛の命を頂いている
    精肉店を通じて見るある一家の物語
    製作年:2013
    製作国:日本
    監督:纐纈あや
    11
  12. HAYABUSA -BACK TO THE EARTH-

    HAYABUSA -BACK TO THE EARTH-
    評価:A4.00
    太陽系誕生の謎を探るため、小惑星の石を採取して地球に持ち帰るべく2003年5月、日本は小惑星探査機はやぶさを打ち上げた。長い旅の末2005年11月、はやぶさは目的地のイトカワへの着陸を敢行するが、数々の困難がはやぶさを襲う。果たしてはやぶさは、無事に任務を遂行して地球に帰還することができるのか……。

    ネット上の声

    想いは宇宙(ソラ)へ、そして遠い過去へ
    たいしたことない
    製作年:2009
    製作国:日本
    監督:上坂浩光
    12
  13. 映画「立候補」

    映画「立候補」
    評価:A3.98
    2011年11月、大阪府知事・市長選挙。橋下徹が仕掛けたことにより注目を浴びる中で立候補した、マック赤坂、高橋正明、中村勝、岸田修といった泡沫(ほうまつ)候補たち。そして、泡沫(ほうまつ)候補として知られる外山恒一や羽柴誠三秀吉。彼らはほぼ敗戦濃厚な選挙に、懲りもせずになぜ立候補するのか。その真相に迫る。

    ネット上の声

    すごく面白い映画!
    あいりん地区大好きです。

    今すぐ見れるオンライン視聴

    Google0円
    製作年:2013
    製作国:日本
    監督:藤岡利充
    主演:マック赤坂
    13
  14. 玄牝 -げんぴん-

    玄牝 -げんぴん-
    評価:A3.96
    愛知県岡崎市にある産婦人科、吉村医院に併設するかやぶきの古民家に次々と妊婦たちが集まって来る。この医院の院長の吉村正は、半世紀にわたり自然なお産に尽力してきた人物で、彼を慕ってやって来る妊婦たちは後を絶たない。普通なら特別扱いされそうなおなかの大きな妊婦たちも、ここでは当然のようにまき割りをするなど、よく働いている。

    ネット上の声

    2010年最高の作品でした
    自分の人生について深く思惟できる映画
    つながれていくリアリティー
    製作年:2010
    製作国:日本
    監督:河瀬直美
    14
  15. 中島みゆきLive 歌旅劇場版

    中島みゆきLive 歌旅劇場版
    評価:A3.96
    全32公演が行われ、約10万人の動員をマークした、中島みゆきのコンサートツアー「歌旅」。1980年代を代表するヒット曲「御機嫌如何」と「ファイト!」、アイドルグループTOKIOへ提供された「宙船(そらふね)」、NHKの人気テレビ番組「プロジェクトX 挑戦者たち」のテーマ曲に用いられた「地上の星」、東日本大震災後の東北地方を中心にUSEN音楽放送へのリクエストが集まった「糸」など、彼女の輝かしいキ…

    ネット上の声

    これは楽しみ
    語りかける歌に感動しました
    製作年:2012
    製作国:日本
    主演:中島みゆき
    15

スポンサードリンク