全50作品。1990年代のドキュメンタリー映画ランキング

  1. 音のない世界で

    音のない世界で
    評価:A4.15
    ドキュメンタリー映画界の巨匠、ニコラ・フィリベール監督による傑作ドキュメンタリー。聴覚欠如により口を利けなくなった人々の日常生活に密着し、驚くほど豊かな感覚にあふれた彼らの「音の無い世界」を捉える。

    ドキュメンタリー

    ネット上の声

    隣にある「音のない世界」
    何か勇気をもらったような気がします。
    きれいな瞳が心に残りました
    さりげなさや突き抜けたような感じ
    製作年:1992
    製作国:フランス
    監督:ニコラ・フィリベール
    主演:ジャン=クロード・プーラン,アブゥ,アン・トゥアン,フローラン
    1
  2. ビヨンド・ザ・マット

    ビヨンド・ザ・マット
    評価:A4.08
    強烈なキャラクターの男女が繰り広げる愛憎劇と、強靱な肉体が激突するファイトで、アメリカをはじめ世界中で人気を集めるプロレス団体・WWF(ワールド・レスリング・フェデレーション)の舞台裏を追ったドキュメント。これまでのプロレス映画ではタブーとされた選手の素顔と、それを支える家族の姿を追う。

    ドキュメンタリー、スポーツ

    ネット上の声

    99年ってことは
    プロのショーマンたち
    ボウリング フォー コロンバインに並ぶ傑作!!
    ブックでもガチ!
    製作年:1999
    製作国:アメリカ
    監督:バリー・W・ブラウスタイン
    主演:テリー・ファンク,ミック・フォーリー,ドウェイン・ジョンソン,ヴィンス・マクマホン
    2
  3. ミクロコスモス

    ミクロコスモス
    評価:A3.99
    大自然の中に生きる数十種類の昆虫とその回りに共存する植物や鳥たちの姿を、美しい映像と華麗な音楽で描いたドキュメンタリー映画。人間の目には映らない小さな生き物たちのそれぞれの生態を、ダイナミックにリアルに活写している。監督・脚本は生物学者でもあり、数々の著作や映像作品で自然界の驚異を紹介しているクロード・ニュリザニーとマリー・プレンヌーのコンビ。製作は「リュミエールの子供たち」のジャック・ペラン、クリストフ・バラティエ、イヴェット・マレ。撮影はニュリザニー、プレンヌー、ユーグ・リフェル、ティエリー・マシャド。音楽はブリュノ・クーレが作曲し、音響はフィリップ・バルボーとベルナール・ルルーが担当。…

    ドキュメンタリー、動物

    ネット上の声

    生きるってすごい!
    良かった!
    キモメルヘン
    ふんころがし
    製作年:1996
    製作国:フランス
    監督:クロード・ニュリザニー
    3
  4. ザ・ビッグ・ワン

    ザ・ビッグ・ワン
    評価:A3.89
    「華氏911」「ボウリング・フォー・コロンバイン」など、アメリカの社会的問題に踏み込んだドキュメンタリー作品で知られるマイケル・ムーア監督。自身の著書を宣伝するツアー敢行したムーアは、書店でのスピーチを行う傍ら、現地のアメリカ企業に突撃、悪ふざけを交えながらもリストラや重労働などの問題に厳しく疑問を投げかけていく。

    ドキュメンタリー

    ネット上の声

    DOWNSIZE THIS
    Down Sizingの実態と矛盾
    対岸の火事じゃ全然ない。
    ほんと、対岸の火事ではない、はず
    製作年:1997
    製作国:アメリカ/イギリス
    監督:マイケル・ムーア
    主演:マイケル・ムーア
    4
  5. ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ

    ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ
    評価:B3.88
    ベンダース監督が「エンド・オブ・バイオレンス」でふたたび組んだライ・クーダーに同行、彼がプロデュースしたグラミー賞受賞アルバム「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」に参加したミュージシャン達とのその後を追ったドキュメンタリー。熱い日差しのキューバで再集結してのレコーディング、アムステルダムそしてニューヨークのカーネギーホールでの栄光のステージが世界中の感動を呼び、各地でロングランを記録して空前のキューバ・ブームを巻き起こした大ヒット作。

    ドキュメンタリー、音楽

    ネット上の声

    再び輝きを取り戻した 往年のミュージシャン
    なんて能動的な!
    キューバ人は、感謝の心を忘れない
    悲しい熱帯夜
    製作年:1999
    製作国:ドイツ/アメリカ/フランス/キューバ
    監督:ヴィム・ヴェンダース
    主演:イブライム・フェレール,ルベーン・ゴンザレス,オマーラ・ポルトゥオンド,エリアデス・オチョア
    5
  6. モハメド・アリ かけがえのない日々

    モハメド・アリ かけがえのない日々
    評価:B3.67
    1974年10月30日、スポーツ史上名高い、“キンシャサの奇跡”の体現者、モハメド・アリの姿を追ったドキュメンタリー。監督はレオン・ギャストで、30万フィートに及ぶフィルムを、財政上の困難を乗り越え、20年以上にわたって現像・編集活動を続け、ようやく本作を完成させた。製作総指揮はデイヴィッド・ソネンバーグ。製作はギャストと、「黙秘」の監督テイラー・ハックフォード。撮影はマリス・アルベルティ、ポール・ゴールドスミス、ケヴィン・キーティング、アルバート・メイスルズ、ロデリック・ヤングの共同、音楽監修はスコット・マクラッケン。試合の対戦者で当時世界最強だったジョージ・フォアマン、敏腕プロモーターの…

    ドキュメンタリー

    ネット上の声

    ついに見られた!
    役者以上に役者です
    本物のボクサー モハメドアリ
    カシアス・クレー=モハメドアリの真実の伝説がある!
    製作年:1996
    製作国:アメリカ
    監督:レオン・ギャスト
    主演:モハメド・アリ,ジョージ・フォアマン,ドン・キング,ジェームズ・ブラウン
    6
  7. テルミン

    テルミン
    評価:B3.67
    1920年、ロシアの科学者レフ・セルゲイビッチ・テルミンによって発明された世界初の電子楽器“テルミン”。触れずに奏でるこの不思議な楽器に魅せられた人々と、テルミン博士自身の数奇な運命をドキュメンタリー形式で綴る。

    ドキュメンタリー

    ネット上の声

    映画というか……。
    Theremin
    人間の音、枯れる事なく響き渡る。
    奇妙な音に魅せられて
    製作年:1993
    製作国:アメリカ
    監督:スティーヴン・M・マーティン
    主演:レオン・テルミン,トッド・ラングレン,ブライアン・ウィルソン
    7
  8. アトランティス

    アトランティス
    評価:C3.51
    「グラン・ブルー」「レオン」のリュック・ベッソン監督による、構想10年、撮影38カ月の歳月をかけた海洋ドキュメンタリー作品。自身もダイビングの経験を持つリュック・ベッソン監督自ら撮影も行っている。「最後の戦い」から数々のベッソン作品に参加しているエリック・セラの音楽にのせて、世界の様々な海に生息する神秘の生態を写す。日本では1992年に劇場公開。2010年、デジタル・レストレア・バージョンがリバイバル上映された。

    アドベンチャー(冒険)、ドキュメンタリー

    ネット上の声

    ☆☆☆☆☆
    字幕なんてあったかなぁ?
    リュック・ベッソン作品の原点だそうですが・・・
    音楽が素敵
    製作年:1991
    製作国:フランス
    監督:リュック・ベッソン
    8
  9. 真少林寺

    真少林寺
    評価:C3.45
    今やハリウッドアクションスターとなったジェット・リーの過去、『少林寺』での血の滲むような修行の様子を克明に追いかけたドキュメンタリー。本人の演技や、高名な少林武僧たちの妙技の数々、恩師に再会する感動的なシーンなどを収録。

    ドキュメンタリー

    ネット上の声

    まさに 動物・・・・。
    少林寺の苦行のなせる技。
    少林武術の真髄、ここに在り!
    製作年:1994
    製作国:香港
    監督:リアン・ヨンツァン
    主演:ジェット・リー
    9
  10. 新しい神様

    新しい神様
    評価:C3.27
    右翼思想の女性の日常に、左翼思想の監督が迫る異色のドキュメント。監督は「あなたは天皇の戦争責任についてどう思いますか?」の土屋豊。出演は、パンクバンド“維新赤誠塾”のヴォーカリスト・雨宮処凛。99年山形国際ドキュメンタリー映画祭・国際批評家連盟賞特別メンション受賞、00年ベルリン国際映画祭他出品作品。DV作品。

    ドキュメンタリー

    ネット上の声

    揺るぎない価値
    涙が自然に出てきた
    ぜひ、13歳くらいの小さな大人たちに観てもらいたい
    にんげんドキュメント
    製作年:1999
    製作国:日本
    監督:土屋豊
    主演:土屋豊,雨宮処凛,伊藤秀人
    10
  11. イン・ベッド・ウィズ・マドンナ

    イン・ベッド・ウィズ・マドンナ
    評価:D2.58
    米アーティスト・マドンナのステージシーンと、私生活及びマドンナの周囲の人々の映像によって構成されたドキュメンタリー。製作は「イヤー・オブ・ザ・ドラゴン」のディノ・デ・ラウレンティス、監督は26歳の新人アレック・ケシシアン、撮影はロバート・リーコック編集はバリー・アレクサンダー・ブラウン、エグゼクティブ・プロデューサーはマドンナ自身が担当。フィルムは90年5月にスタートしたワールド・ツアーブロンド・アンビション・ツアーのステージ及び舞台裏を中心としたもので、最初のツアー地・東京公演に始まり、アメリカ、ヨーロッパへと移る。マドンナの故郷ボストンで父親を舞台にあげて観客と共に誕生日を祝うシーン、カ…

    ドキュメンタリー

    ネット上の声

    マドンナのパワーを感じるツアーと舞台裏!
    さすがマドンナ
    マドンナの真の姿にもメロメロになりました!
    不潔な印象をもたらすタレント
    製作年:1991
    製作国:アメリカ
    監督:アレック・ケシシアン
    主演:マドンナ,ケヴィン・コスナー,ウォーレン・ベイティ,アル・パチーノ
    11

スポンサードリンク