1. ドキュメンタリー映画ランキング

ドキュメンタリー映画ランキング

ドキュメンタリーというと戦争や重大事件、社会問題を扱った重厚な作品を想像しがちですが、中には明るい、希望を感じさせる作品もあります。

しかし、すべてのドキュメンタリー映画に共通するのは、「伝えたいものがある」ということです。
取材対象の状況、それを取り巻く環境、そして作品にかかわった人々の思い…
それを感じ、次につなげていくのも、ドキュメンタリーの醍醐味と言えるかも知れません。
今回はそんなドキュメンタリー映画に焦点を当てて、ランキングでご紹介します。

  1. マイケル・ジャクソン THIS IS IT

    マイケル・ジャクソン THIS IS IT
    評価:S4.36
    2009年6月、1か月後に迫ったロンドンでのコンサートを控え、突然この世を去ったマイケル・ジャクソン。照明、美術、ステージ上で流れるビデオ映像にまでこだわり、唯一無二のアーティストとしての才能を復帰ステージに賭けながら、歌やダンスの猛特訓は死の直前まで繰り返されていた。

    ネット上の声

    MJ最期の勇姿。
    ファンじゃなくても見とくべき
    レンタルしないって言ってなかった?
    ※否定的な文章ですが、MJを貶しているのではありません。
    製作年:2009
    製作国:アメリカ
    監督:ケニー・オルテガ
    主演:マイケル・ジャクソン
    1
  2. うまれる

    うまれる
    評価:S4.30
    両親の不仲や虐待の経験から、親になることに戸惑う夫婦。出産予定日にわが子を失った夫婦。子どもを望んだものの、授からない人生を受け入れた夫婦。完治しない障害を持つ子を育てる夫婦。そんな4組の家族が織り成す笑いと涙と愛のドラマを通し、生きることの意味や大切さを問い掛けていく。

    ネット上の声

    絶対に見たほうが良いですよ!
    彼にみせたい
    製作年:2010
    製作国:日本
    監督:豪田トモ
    2
  3. 泣きながら生きて

    泣きながら生きて
    評価:S4.29
    中国に住む娘のため、日本で孤独に働き続ける父親のドキュメンタリー。

    東京で複数の仕事を掛け持ちしている中国人の中年男性。
    彼には中国に残してきた妻と娘がいる。
    中国の家族はとても貧しい暮らしをしているが、娘はニューヨークへ留学し、医者になることを目指していた。
    そんな娘のため、男性は10年間一度も中国に帰らずに日本で働き続け、中国の家族に仕送りを続ける。

    男性が日本に来たのは1989年。日本…

    ネット上の声

    人生の1本
    涙なしには観られません!!
    感動できます!
    泣きっぱなしで見ました
    製作年:2006
    製作国:日本
    3
  4. ワン・ダイレクション THIS IS US

    ワン・ダイレクション THIS IS US
    評価:A4.21
    オーディション番組「Xファクター2010」に集まった中から5人が選らばれ、現在では世界的な人気を誇るボーイズ・グループ、ワン・ダイレクション。2013年、本拠地イギリスを皮切りにヨーロッパ、アメリカ、カナダ、オーストラリアなどワールドツアーを敢行。ステージのパフォーマンスや観客の熱気を臨場感たっぷりに映し出すばかりでなく、メンバー一人一人の素顔にも迫る。

    ネット上の声

    やっぱ1D最高やね
    ファンになりました

    今すぐ見れるオンライン視聴

    Google0円
    製作年:2013
    製作国:アメリカ
    監督:モーガン・スパーロック
    主演:ワン・ダイレクション
    4
  5. エンディングノート

    エンディングノート
    評価:A4.20
    2007年、高度経済成長期に段取り命で働いたサラリーマンの砂田知昭が、40年以上勤めた会社を67歳で退職。第二の人生を歩み始めた矢先、毎年欠かさず受けていた健康診断で胃ガンが見つかり、すでにステージ4まで進行していた。そこで砂田は人生最期のプロジェクトとして段取りの集大成、“エンディングノート”の作成に取り掛かる。

    ネット上の声

    偉大なる凡人の人生
    笑って泣いて。そんで、考えて。
    製作年:2011
    製作国:日本
    監督:砂田麻美
    5
  6. 標的の村

    標的の村
    評価:A4.18
    日本国内の米軍基地および専用施設のほとんどが集中する沖縄。北部にある東村・高江に、新型輸送機オスプレイが住民の反対を押し切り配備されることとなった。2012年9月の配備前夜、人々が普天間基地ゲート前に集結し座り込み、おおよそ22時間も基地を完全封鎖した一部始終を、地元・琉球朝日放送の報道クルーが激写する。

    ネット上の声

    見応えあり
    沖縄民はこんなに苦しんでるんだ
    製作年:2013
    製作国:日本
    監督:三上智恵
    6
  7. マイ・アーキテクト ルイス・カーンを探して

    マイ・アーキテクト ルイス・カーンを探して
    評価:A4.17
    1974年、N.Y.ペンシルヴェニア駅で身元不明の死体が発見された。その男ルイス・カーンは世界各地に数々の名建築を創造した建築界の巨匠だが、破天荒な私生活を送っていた人物だった。それから30年、父親の足跡をたどる旅に出た息子ナサニエルが発見したものとは……。

    ネット上の声

    そのままに
    先に『スケッチオブフランク・ゲーリー』
    製作年:2003
    製作国:アメリカ
    監督:ナサニエル・カーン
    主演:ナサニエル・カーン
    7
  8. ヤング@ハート

    ヤング@ハート
    評価:A4.12
    アメリカ・マサチューセッツ州の小さな町で活動するコーラス隊“ヤング@ハート”。世界各地で公演を行うメンバーは平均年齢80歳の老人たちで、彼らは年に1度のコンサートに向けてソニック・ユース、ボブ・ディラン、トーキング・ヘッズなどの曲の練習を重ねていく。そんな中、コンサートまでの6週間の間に、メンバーにはさまざまなことが起こるが……。

    ネット上の声

    生きる幸せ、歌う幸せ
    熱願!ヤング@ハート武道館公演!
    理屈抜きに楽しむしかないじゃん。
    ついに公開。
    製作年:2007
    製作国:イギリス
    監督:スティーヴン・ウォーカー
    8
  9. 六ヶ所村ラプソディー

    六ヶ所村ラプソディー
    評価:A4.11
    2004年、青森県の六か所村にプルトニウムを扱う核燃料再処理施設が完成する。再処理工場の風下で農業を営む人々が反対運動を繰り広げる一方、雇用問題が深刻な六か所村は再処理工場を推進してきた。再処理工場が存在することによってもたらされる経済的、雇用的なメリットの前で、揺れ動く住民たちの姿を映し出す。

    ネット上の声

    解説がないので解説します
    背に腹はかえられない
    製作年:2006
    製作国:日本
    監督:鎌仲ひとみ
    9
  10. シッコ

    シッコ
    評価:A4.10
    ドキュメンタリー監督マイケル・ムーアが、4700万人の無保険者だけではなく、保険料を支払っている数百人にもマイナスの影響を及ぼすアメリカの医療システムの実態を明らかにする。カナダ、イギリス、フランスを訪れ、国民全員が無料医療の恩恵を受ける国の事情を見つめながら、アメリカの混乱した医療制度を浮き彫りにしていく。

    ネット上の声

    やるじゃん
    ぜひ、ひっかけたい。
    観る者は共感するだろう
    ムーアのステップアップとヒートダウン

    今すぐ見れるオンライン視聴

    楽天0円
    製作年:2007
    製作国:アメリカ
    監督:マイケル・ムーア
    主演:マイケル・ムーア
    10
  11. 忌野清志郎 ナニワ・サリバン・ショー 〜感度サイコー!!!〜

    忌野清志郎 ナニワ・サリバン・ショー 〜感度サイコー!!!〜
    評価:A4.09
    2009年に亡くなったロック・ミュージシャン忌野清志郎。2001年、忌野の呼びかけに賛同したアーティストが集まり、大阪城ホールでライブ「ナニワ・サリバン・ショー」を開催。その後も、2004年、2006年とライブは行われ、さまざまなメンバーが参加した。忌野亡き今、映像作品として4度目の「ナニワ・サリバン・ショー」がお披露目される。

    ネット上の声

    結構面白かった
    清志郎、愛してます~
    どきどきわくわくしました。

    今すぐ見れるオンライン視聴

    楽天0円
    製作年:2011
    製作国:日本
    主演:忌野清志郎
    11
  12. ファースト・ポジション 夢に向かって踊れ!

    ファースト・ポジション 夢に向かって踊れ!
    評価:A4.07
    バレエダンサーを夢見て、毎年ユース・アメリカ・グランプリには世界中から5,000人を超える応募者がが殺到。各地での厳しい予選を勝ち抜いたわずか2、300人ほどが、ニューヨークでの最終選考に進める。踊ることが大好きなアランや、彼の友人でイスラエル出身のガヤ、シエラレオネ生まれのミケーレらはファイナルでの入賞のために努力を重ねていた。

    ネット上の声

    バレエのプロを目指す子供達
    夢への推進力
    製作年:2011
    製作国:アメリカ
    監督:ベス・カーグマン
    主演:アラン・ベル
    12
  13. ベイビーズ-いのちのちから-

    ベイビーズ-いのちのちから-
    評価:A4.04
    2009年4月、アメリカ、ナミビア、モンゴル、日本で誕生した新生児たち。小さくか弱い存在でありながら、赤ちゃんたちはパワフルに日々を生きている。国も生活習慣も違う彼らの1年間の成長をじっくり追いかけ、泣いたり怒ったり笑ったりするにもあふれるほどの生命力を発揮する姿を観察。それぞれが見せる個性的な行動やしぐさなど細かい部分も、余すところなくカメラは追っていく。

    ネット上の声

    赤ちゃんの表情、行動が楽しい
    子育てという文化
    製作年:2010
    製作国:フランス
    監督:トマ・バルメ
    13
  14. 祝(ほうり)の島

    祝(ほうり)の島
    評価:A4.03
    山口県、瀬戸内海に浮かぶ祝島。そこで暮らす住民は、厳しい自然環境の中、祖先が開墾した土地と美しい海を守り続けてきた。1982年、祝島の対岸4キロメートルのところに原子力発電所の誘致が決定する。島民たちはすぐに反対の意志を表明。それから28年経っても、力強く反対運動を続けていた。

    ネット上の声

    こんな映画はじめて!!
    「祝島」という世界が面白い。
    製作年:2010
    製作国:日本
    監督:纐纈あや
    14
  15. ニッポンの嘘〜報道写真家 福島菊次郎90歳〜

    ニッポンの嘘〜報道写真家 福島菊次郎90歳〜
    評価:A4.01
    終戦直後の広島で被爆者家族の苦悩を克明に撮り続けた報道写真家・福島菊次郎は、それ以降も三里塚闘争、安保闘争、公害問題などを取材し戦後日本のあり方を問い続けてきた。しかし保守化が進む日本社会やメディアと決別した後、無人島での自給自足生活を経て愛犬と暮らす穏やかな日々を送る。自身の最期を意識し始めた頃、東日本大震災が発生し、彼は原発事故が起きた福島へと足を向ける。

    ネット上の声

    かっこいいじじいのかっこよすぎる人生
    ジャーナリストを目指す若い人に見て欲しい
    製作年:2012
    製作国:日本
    監督:長谷川三郎
    15

スポンサードリンク