全23作品。スパイ系の定番「007」シリーズの映画ランキング

  1. 007/カジノ・ロワイヤル

    007/カジノ・ロワイヤル
    評価:A3.93
    英国諜報部MI6のスパイである‘00’の地位に昇格したジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)は、最初のミッションとして国際テロ組織のネットワークを絶つ任務を課される。テロ組織の資金源であるル・シッフルと接触を命じられたボンドは、モンテネグロのカジノでル・シッフルと高額の掛け金のポーカー対決を開始する。

    アクション、スパイ、007

    ネット上の声

    思ってたよりは…
    007は観ない!と言う方もぜひ
    ようやく理想のボンドに会えました
    お子様ランチから脱皮した、大人の「007」
    製作年:2006
    製作国:アメリカ/イギリス
    監督:マーティン・キャンベル
    主演:ダニエル・クレイグ,エヴァ・グリーン,マッツ・ミケルセン,ジュディ・デンチ
    1
  2. 007/私を愛したスパイ

    007/私を愛したスパイ
    評価:A3.90
    KGBの美女スパイと共に敵地へ乗り込んでいくJ・ボンドの姿を描く「007」シリーズ第10弾。製作はアルバート・R・ブロッコリ、監督は「暁の7人」のルイス・ギルバート、脚本はクリストファー・ウッドとリチャード・メイバウム(ノヴェライゼーション/クリストファー・ウッド著『新わたしを愛したスパイ』早川書房刊)、原作はイアン・フレミングの「わたしを愛したスパイ」(早川書房刊)、撮影はクロード・ルノワール、音楽はマーヴィン・ハムリッシュが各々担当。主題歌をカーリー・サイモンが唄っている。出演はロジャー・ムーア、バーバラ・バック、クルト・ユルゲンス、リチャード・キール、キャロライン・マンロー、バーナード…

    アクション、スパイ、007

    ネット上の声

    The Spy who Loved Me
    ムーアの代表作!
    第10作記念超大作
    見応えあるアクション
    製作年:1977
    製作国:イギリス
    監督:ルイス・ギルバート
    主演:ロジャー・ムーア,バーバラ・バック,クルト・ユルゲンス,キャロライン・マンロー
    2
  3. 007/リビング・デイライツ

    007/リビング・デイライツ
    評価:A3.89
    英国情報員ジェームズ・ボンドの活躍を描くシリーズ第15弾。製作はアルバート・R・ブロッコリとマイケル・G・ウィルソン、監督は「007/美しき獲物たち」のジョン・グレン、原作はイアン・フレミング、脚本はリチャード・メイバウムとマイケル・G・ウィルソン、撮影はアレック・ミルズ、音楽はジョン・バリーが担当。主題歌はA・H・Aが唄っている。出演は四代目ボンドにティモシー・ダルトン、マリアム・ダボ、ジョー・ドン・ベイカーほか。

    アクション、スパイ、007

    ネット上の声

    The Living Daylights
    4代目颯爽登場!
    音楽の良い映画は、良い映画!
    007/リビング・デイライツ
    製作年:1987
    製作国:イギリス
    監督:ジョン・グレン
    主演:ティモシー・ダルトン,マリアム・ダボ,ジェローン・クラッベ,ジョー・ドン・ベイカー
    3
  4. 007/ユア・アイズ・オンリー

    007/ユア・アイズ・オンリー
    評価:B3.85
    東西両陣営のパワー・バランスを突き崩す秘密兵器“ATAC”の行方を追って英国のスーパー・エージェント、ジェームズ・ボンドが活躍するアクション映画で、これはシリーズ第12作目に当たる。製作総指揮はマイケル・G・ウィルソン、製作はアルバート・R・ブロッコリ、監督は編集・アクション監督出身のジョン・グレン。イアン・フレミングの原作を基にリチャード・メイバウムとマイケル・ウィルソンが脚色。撮影はアラン・ヒューム、音楽はビル・コンティ、編集はジョン・グローヴァー、製作デザインはピーター・ラモント、衣装はエリザベス・ウォラー、特殊効果はデレク・メディングスが各々担当。出演はロジャー・ムーア、キャロル・ブ…

    アクション、スパイ、007

    ネット上の声

    For Your Eyes Only
    肉体派ボンド復活か・・な
    あらゆる種類のアクションてんこ盛りの快作
    長い黒髪が魅力のボンドガールはキャロル・ブーケ。
    製作年:1981
    製作国:イギリス/アメリカ
    監督:ジョン・グレン
    主演:ロジャー・ムーア,キャロル・ブーケ,トポル,リン=ホリー・ジョンソン
    4
  5. 007/ロシアより愛をこめて

    007/ロシアより愛をこめて
    評価:B3.82
    イアン・フレミングのジェームズ・ボンド・シリーズ『ロシアより愛をこめて』を、リチャード・メイバウムが脚色、テレンス・ヤングが演出、撮影をテッド・ムーアが担当、いずれも「007は殺しの番号」のスタッフ。音楽はジョン・バリー。出演は「007」シリーズのショーン・コネリー、新人ダニエラ・ビアンキ、他にペドロ・アルメンダリス、ロッテ・レーニヤ、ロバート・ショウ、バーナード・リーなど。(再公開時のタイトルは「ロシアより愛をこめて」)

    アクション、スパイ、007

    ネット上の声

    複雑化してしまった007
    全てにおいて完璧
    007といえばこの映画!
    From Russia with Love
    製作年:1963
    製作国:イギリス
    監督:テレンス・ヤング
    主演:ショーン・コネリー,ダニエラ・ビアンキ,ロバート・ショウ,ペドロ・アルメンダリス
    5
  6. 007/トゥモロー・ネバー・ダイ

    007/トゥモロー・ネバー・ダイ
    評価:B3.79
    「ゴールデンアイ」に続いてピアース・ブロスナンがジェームズ・ボンドに扮した「007」シリーズ第18作。中国近海を航行中のイギリス海軍艦が撃沈され、英中間の軍事的緊張が一気に高まる。しかしこの事件は、スクープを狙うメディア王カーバーが仕組んだものだった。諜報部から指令を受けカーバーのビルに潜入したボンドは、そこで中国国外安保隊員の女性ウェイ・リンと出会う。ボンドガールを務めるのは香港の人気アクション女優ミシェル・ヨー。

    アクション、スパイ、007

    ネット上の声

    Tomorrow Never Dies
    戦艦とはなんぞや
    ホントに面白かったです!
    最強のボンドガール登場!
    製作年:1997
    製作国:アメリカ
    監督:ロジャー・スポティスウッド
    主演:ピアース・ブロスナン,ジョナサン・プライス,ミシェル・ヨー,テリー・ハッチャー
    6
  7. 007/ゴールデンアイ

    007/ゴールデンアイ
    評価:B3.74
    ピアース・ブロスナンを5代目ジェームズ・ボンド役に迎えて製作された「007」シリーズ通算第17作。モナコに現われた国際犯罪組織ヤヌスの女性メンバー、オナトップを追っていたボンド。しかしオナトップはロシアのウルモフ将軍と結託し、NATOの最新鋭ヘリコプターを奪い去ってしまう。ヘリコプターでロシアの秘密基地を襲撃したオナトップらは、そこでソ連時代の秘密兵器「ゴールデンアイ」を強奪。ボンドは事件の真相を探るべくロシアへと向かう。

    アクション、スパイ、007

    ネット上の声

    戦車すごかった
    シリーズ復活!!
    ブロスナンの最高作品
    GoldenEye
    製作年:1995
    製作国:イギリス/アメリカ
    監督:マーティン・キャンベル
    主演:ピアース・ブロスナン,ショーン・ビーン,イザベラ・スコルプコ,ファムケ・ヤンセン
    7
  8. 007/ワールド・イズ・ノット・イナフ

    007/ワールド・イズ・ノット・イナフ
    評価:B3.71
    人気スパイアクションシリーズ「007」の第19作。巨大石油パイプラインの計画を進めていたイギリスの石油王キングが、MI6本部で暗殺された。犯人は国際的テロリストのレナードだと突き止めたMI6は、キングの仕事を継いだ娘エレクトラが次の標的になると考え、護衛としてボンドを送り込むが……。ボンド役はこれが3作目となるピアース・ブロスナン。エレクトラ役にフランスの人気女優ソフィー・マルソー。「ネル」などの名匠マイケル・アプテッドがメガホンを取る。

    アクション、007

    ネット上の声

    世界を手に入れただけでは物足りない
    The World Is Not Enough
    拷問道具が似合うソフィー
    ほし よっつ!
    製作年:1999
    製作国:アメリカ
    監督:マイケル・アプテッド
    主演:ピアース・ブロスナン,ソフィー・マルソー,ロバート・カーライル,デニース・リチャーズ
    8
  9. 007 スペクター

    007 スペクター
    評価:B3.69
    長い間人々をとりこにしてきた大ヒット作『007』シリーズで、ダニエル・クレイグが4度目のジェームズ・ボンドを体当たりで演じたアクション大作。前作同様サム・メンデス監督がメガホンを取り、新たなる敵スペクターとボンドの死闘を描く。

    アクション、サスペンス、007
    製作年:2015
    製作国:イギリス,アメリカ
    監督:サム・メンデス
    主演:ダニエル・クレイグ,クリストフ・ヴァルツ,レア・セドゥー,ベン・ウィショー
    9
  10. 007 スカイフォール

    007 スカイフォール
    評価:B3.65
    MI6のエージェントのジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)は、NATOの諜報(ちょうほう)部員の情報が記録されているハードドライブを強奪した敵のアジトを特定し、トルコのイスタンブールに降り立つ。その組織をあと少しのところまで追い詰めるも、同僚のロンソンが傷を負ってしまう。上司のM(ジュディ・デンチ)からは、敵の追跡を最優先にとの指令が入り、後から駆け付けたアシスタントエージェントのイヴ(ナオミ・ハリス)と共に、敵を追跡するボンドだったが……。

    アクション、スパイ、007

    ネット上の声

    まずまずでしょうか
    黒VAIOがカッコイイ
    ハイテクからオールドスタイルへ
    只のスパイ映画駄作!
    製作年:2012
    製作国:イギリス/アメリカ
    監督:サム・メンデス
    主演:ダニエル・クレイグ,ハビエル・バルデム,レイフ・ファインズ,ナオミ・ハリス
    10
  11. 007/ゴールドフィンガー

    007/ゴールドフィンガー
    評価:C3.60
    イアン・フレミングの原作を「007/危機一発」のリチャード・メイバウムとポール・デーンが脚色、「好敵手」のガイ・ハミルトンが監督したアクション推理。撮影は「007」シリーズのテッド・ムーア、音楽はジョン・バリーが担当した。出演はショーン・コネリー、「007/危機一発」のバーナード・リー、「怪人マブゼの挑戦」のゲルト・フレーベ、TVのオナー・ブラックマン、「ライノ!」のシャーリー・イートン、プロレスラーのハロルド坂田ほか。製作は前作同様、ハリー・サルツマンとアルバート・ブロッコリ。

    アクション、スパイ、007

    ネット上の声

    田舎のおっさん
    ボンドの愛車はAM
    「スパイ」を見事に表現したスーパームービー
    Goldfinger
    製作年:1964
    製作国:イギリス
    監督:ガイ・ハミルトン
    主演:ショーン・コネリー,ゲルト・フレーベ,オナー・ブラックマン,シャーリー・イートン
    11
  12. 007/ムーンレイカー

    007/ムーンレイカー
    評価:C3.60
    ハイジャックされた有人宇宙連絡船“ムーンレイカー”をめぐって、ジェームズ・ボンドがベニス、リオ、アマゾンそして大宇宙へと飛び出し、地球人類抹殺を企む謎の組織に挑むシリーズ11作目。製作はアルバート・R・ブロッコリ、監督は「暁の7人」のルイス・ギルバート、イアン・フレミングの原作を基にクリストファー・ウッドが脚色。撮影はジャン・トゥルニエ、音楽はジョン・バリー、編集はジョン・グレン、製作デザインはケン・アダム、視覚効果はデレク・メディングス、スタント・アレンジャーはボブ・シモンズが各々担当。出演はロジャー・ムーア、ロイス・チャイルズ、ミシェル・ロンダール、リチャード・キール、コリンヌ・クレリー…

    アクション、スパイ、007

    ネット上の声

    不要なギャグが
    もう、最高。
    そして宇宙へー
    Moonraker
    製作年:1979
    製作国:イギリス
    監督:ルイス・ギルバート
    主演:ロジャー・ムーア,ロイス・チャイルズ,ミシェル・ロンズデール,コリンヌ・クレリー
    12
  13. 007/美しき獲物たち

    007/美しき獲物たち
    評価:C3.56
    地球破壊を狙う実業家ゾリンとイギリスの諜報部員ジェームズ・ボンドの対決を描くスパイ・アクション。“007”シリーズ第14作目。製作はアルバート・R・ブロッコリ。エグゼキュティヴ・プロデューサーはマイケル・G・ウィルソン。監督は「オクトパシー」のジョン・グレン。イアン・フレミングの原作を基にリチャード・メイバウムとマイケル・G・ウィルソンが脚色。撮影はアラン・ヒューム、音楽はジョン・バリー、主題歌はデュラン・デュランが担当。出演はロジャー・ムーアなど。

    アクション、スパイ、007

    ネット上の声

    A View to a kill
    ご苦労さまでした
    ムーアボンド最高最強アクション超大作
    敵役の魅力満載。
    製作年:1985
    製作国:イギリス
    監督:ジョン・グレン
    主演:ロジャー・ムーア,クリストファー・ウォーケン,タニア・ロバーツ,グレイス・ジョーンズ
    13
  14. 007/死ぬのは奴らだ

    007/死ぬのは奴らだ
    評価:C3.54
    ショーン・コネリーから三代目ロジャー・ムーアにバトン・タッチされて新たに登場したシリーズ八作目。製作はハリー・サルツマン、アルバート・R・ブロッコリ、監督は「007/ダイヤモンドは永遠に」のガイ・ハミルトン、イアン・フレミングの原作をトム・マンキーウィッツが脚本化。撮影はテッド・ムーア、音楽はジョージ・マーティン、主題歌をポール・マッカートニーとリンダ・マッカートニーが作曲し、“ジェームズ・ボンドのテーマ曲”をモンティー・ノーマンが作曲している。編集はバート・ベイツ、レイモンド・ポールトン、ジョン・シャーリーが各々担当。出演はロジャー・ムーア、ヤフェット・コットー、ジェーン・シーモア、クリフ…

    アクション、スパイ、007

    ネット上の声

    Live and Let Die
    ショーン・コネリー版を愛する人には
    シリーズ最強オカルト作
    中途半端でなくてよい
    製作年:1973
    製作国:イギリス
    監督:ガイ・ハミルトン
    主演:ロジャー・ムーア,ヤフェット・コットー,ジェーン・シーモア,クリフトン・ジェームズ
    14
  15. 007/消されたライセンス

    007/消されたライセンス
    評価:C3.53
    中南米を舞台に、ライセンスを剥奪されたジェームズ・ボンドが友情のために戦う姿を描く。製作はアルバート・R・ブロッコリとマイケル・G・ウィルソン。監督は「007/リビング・デイライツ」のジョン・グレン、脚本はウィルソンとリチャード・メイバウムの共同、撮影はアレック・ミルズ、音楽はマイケル・ケイメンが担当。出演はティモシー・ダルトン、キャリー・ロウエルほか。

    アクション、スパイ、007

    ネット上の声

    Licence To Kill
    ダルトンだからできた
    007の代名詞とも言える作品
    ダルトンの2作目にして最後の007作品
    製作年:1989
    製作国:イギリス/アメリカ
    監督:ジョン・グレン
    主演:ティモシー・ダルトン,キャリー・ローウェル,ロバート・ダヴィ,タリサ・ソト
    15

スポンサードリンク