1. 映画「シンドラーのリスト」

映画「シンドラーのリスト」のランキング情報

総合評価S
4.31
評価数:1001
他映画の平均
(評価:2.57、評価数84人)
TSUTAYA 0.00評価数---人
YAHOO 4.45評価数293人
ぽすれん4.00評価数24人
DMM 0.00評価数---人
楽天 4.27評価数188人
ぴあ 3.90評価数466人
映画.com4.00評価数30人
シンドラーのリスト
第二次世界大戦中のドイツ人実業家オスカー・シンドラーが1000人以上のユダヤ人を救ったノンフィクション映画。アカデミー賞を7部門受賞。

シンドラーは工場の経営に手を出し、労働者への賃金を安く済ませるために強制収容所のユダヤ人を雇い、工場を拡大していく。
ユダヤ人は、シンドラーの工場で働けている間は処刑を免れるため、多くの者がシンドラーの工場で働きたいと願い出た。
初めのうちはユダヤ人を労働力としてしか見ていないシンドラーだったが、強制収容所内での非情行為を目のあたりにし、徐々に心動いていく。
しかし、アウシュヴィッツへのユダヤ人移送が始まるとその様子は一変する。
シンドラーは、彼らを救うべく工場移転の名目で私設収容所を作る許可を取り、そこで働く労働者のリストを作るのだった。
そのリストに載ることが彼らの生死を分ける・・・。

ホロコーストの映画と言えば「シンドラーのリスト」を思い浮かべる人が多いのではないだろうか。
非人道的な当時の状況が映像で見れる数少ない映画だ。
強制収容所の所長は、朝起きるとライフルを手に取りベランダからユダヤ人を的に射撃練習を始める。
「ふわぁーよく寝た。スチャ(弾セット)。ズドン。」
歯を磨くかのように日常化した殺人が淡々と描かれている。

また、子供たちがトラックに乗せられアウシュビッツに送られるのを目にした母親たちが、自分の身の危険をかえりみずに抵抗する場面がある。
しかし、それを阻止できなかった母親たちの無力感が強烈で、夢にまで現れてしまうくらい引きずってしまう映画だ。

今すぐ見れるオンライン視聴

Google0円

ネットで予約の宅配レンタル

ぽすれん100円楽天50円

スポンサードリンク