全6作品。第49回ニューヨーク映画批評家協会賞(1983年開催)の映画ランキング

  1. ファニーとアレクサンデル

    ファニーとアレクサンデル
    評価:S4.28
    スウェーデンの古い大学町ウプサラを舞台にブルジョワ階級エクダール家の人々の姿を1970年のクリスマスから約2年間の流れの中で描く。全5部より構成されている。エグゼキュティヴ・プロデューサーはヨルン・ドンナー。監督・脚本は「秋のソナタ」のイングマール・ベルイマン。撮影はスヴェン・ニクヴィスト、音楽はダニエル・ベル、美術はアンナ・アスプが担当。出演はグン・ヴォールグレーン、エヴァ・フレーリングなど。

    ヒューマンドラマ、クリスマス、家族、群像劇

    ネット上の声

    圧巻の5時間
    ず〜んと響きました
    ベルイマン、5時間超の大作
    製作年:1982
    製作国:スウェーデン/フランス/西ドイツ
    監督:イングマール・ベルイマン
    主演:グン・ヴォールグレーン,エヴァ・フレーリング,アラン・エドワール,ハリエット・アンデルセン
    1
  2. ローカル・ヒーロー/夢に生きた男

    ローカル・ヒーロー/夢に生きた男
    評価:S4.27
    スコットランドの田舎町を舞台に石油コンビナート建造をめぐって村人たちと石油会社の若者が繰り広げる交流を描く。製作はデイヴィッド・パトナム、監督・脚本は日本初登場のビル・フォーサイス。撮影はクリス・メンジス、音楽はマーク・ノップラー、編集はマイケル・ブラッドセルが担当。出演はバート・ランカスター、ピーター・リガートなど。

    ネット上の声

    まだ見ぬ土地、故郷
    パッケージやあらすじの平凡な感じに騙されないで
    魔法にかけられた
    製作年:1983
    製作国:イギリス
    監督:ビル・フォーサイス
    主演:バート・ランカスター,ピーター・リーガート,デニス・ローソン,フルトン・マッケイ
    2
  3. カメレオンマン

    カメレオンマン
    評価:A3.95
    人種国籍を問わずあらゆる人間に変身してしまう、という特異体質を持つ男が巻き起こすコメディ。1920年代を背景に、当時のニュースフィルムを引用して、ベーブ・ルースやヒトラーとも“共演“する主人公ゼリグの姿が圧巻。これは人間の存在証明への問いかけである。

    ネット上の声

    『“白鯨”を読んでないとは言えなかった』
    昔何度も見た。いい映画です。
    製作年:1983
    製作国:アメリカ
    監督:ウディ・アレン
    主演:ウディ・アレン,ミア・ファロー,ギャレット・M・ブラウン,デボラ・ラッシュ
    3
  4. テンダー・マーシー

    テンダー・マーシー
    評価:B3.81
    歌手になった男の挫折と第2の人生を歩むまでの生き様を描いた作品。カントリー・シンガー、マック・スレッジは結婚に失敗。スターの座も追われ、失意のどん底にあった。そんな彼は若き未亡人ローザに雑用係として雇われた。彼女とその息子に励まされ、マックは再び生きる意欲を持ち始める。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    歌っていいですね
    素晴らしい
    製作年:1982
    製作国:アメリカ
    監督:ブルース・ベレスフォード
    主演:ロバート・デュヴァル,テス・ハーパー,アラン・ハーバード,エレン・バーキン
    4
  5. 愛と追憶の日々

    愛と追憶の日々
    評価:C3.62
    母と娘の30数年間に及ぶ愛情関係を描くドラマ。TV出身で、かつて「結婚ゲーム」(79)を脚色し製作に当ったジェームズ・L・ブルックスが製作・監督・脚本を手掛けている。共同製作者はペニー・フィンケルマンとマーティン・ジュロー。原作はラリー・マクマートリーの同名小説。撮影はアンジェイ・バートコウィアク、音楽はマイケル・ゴア、編集はリチャード・マークスが担当。出演はデブラ・ウィンガー、シャーリー・マクレーン、ジャック・ニコルソン、ジェフ・ダニエルズなど。日本版字幕は戸田奈津子。メトロカラー、ビスタサイズ。1983年作品。

    ヒューマンドラマ、恋愛

    ネット上の声

    アカデミー賞
    姉妹に突きつけられた 厳しい現実
    この作品に出会えて良かった。
    普通の映画です。
    製作年:1983
    製作国:アメリカ
    監督:ジェームズ・L・ブルックス
    主演:デブラ・ウィンガー,シャーリー・マクレーン,ジャック・ニコルソン,ジョン・リスゴー
    5
  6. 危険な年

    危険な年
    評価:C3.37
    1965年、右翼と左翼の対立が飽和点に達しようとしていたスカルノ政権末期のインドネシアを舞台に、外国人ジャーナリストの取材活動、友情と恋をスリリングに描く。製作はジェームズ・マッケルロイ、監督は「誓い」のピーター・ウェアー、原作はクリストファー・J・コッチ、脚本はコッチ、ウェアー、デビッド・ウィリアムソン、撮影はラッセル・ボイド、音楽はモーリス・ジャール、美術はハーバート・ピンター、編集はビル・アンダーソンが担当。出演はメル・ギブソン、シガニー・ウィーヴァー、リンダ・ハント(この作品で男性カメラマンを演じ第56回アカデミー助演女優賞を受賞している)、マイケル・マーフィー、ノエル・フェリヤー、…

    ヒューマンドラマ、恋愛

    ネット上の声

    この二人共演してたんだ!
    なんか私には、realityが感じられなくて
    見る者 と 関わってしまう者
    リンダ・ハントを堪能する。
    製作年:1982
    製作国:オーストラリア
    監督:ピーター・ウィアー
    主演:メル・ギブソン,シガーニー・ウィーヴァー,リンダ・ハント,マイケル・マーフィ
    6

スポンサードリンク