第15回ニューヨーク映画批評家協会賞(1949年開催)

  1. 女相続人

    女相続人
    評価:A4.03
    医師の一人娘で容貌も人並み以下で、そのうえ社交性の乏しい引っ込み思案の内気な性格のキャスリンは、ようやく巡り会えた青年モーリスに夢中になるが、モーリスが定職ももたぬ遊情の青年であることを見ぬいた父に反対される。しかし、キャサリンは一切を棄ててもモーリスと結婚しようと決意する。だが、迎えに来てくれるはずの青年は遂に現われなかった。父の死後、再び現れたモーリスに彼女のとった態度は…。

    ネット上の声

    演技と階段
    ラブストーリー?
    おそれいりました。
    古いが古くない
    製作年:1949
    製作国:アメリカ
    監督:ウィリアム・ワイラー
    主演:オリヴィア・デ・ハヴィランド,モンゴメリー・クリフト,ラルフ・リチャードソン,モナ・フリーマン
    1
  2. 自転車泥棒

    自転車泥棒
    評価:A4.01
    「靴みがき」に続いて監督のヴィットリオ・デ・シーカと脚本家のチェザーレ・ザヴァッティーニのコンビが発表したネオレアリズムの代表的傑作である。「靴みがき」同様素人俳優を起用したもので、この二作によりデ・シーカとザヴァッティーニコンビの映画づくりは完成の域に達した。

    ネット上の声

    やばいです
    辛いけど頑張れ
    映画ファン以外へ
    敗戦国イタリアを浮き彫りにする圧倒的リアリズム
    製作年:1948
    製作国:イタリア
    監督:ヴィットリオ・デ・シーカ
    主演:ランベルト・マジョラーニ,エンツォ・スタヨーラ,リアネーラ・カレル,ジーノ・サルタマレンダ
    2
  3. 落ちた偶像

    落ちた偶像
    評価:C3.36
    大使の息子フェリッペは冒険談を聞かせてくれる執事ベインズを崇拝している。妻との関係が冷めていたベインズはタイピストのジュリーと愛し合っていたが、その事を嗅ぎつけたベインズ夫人が大使館ホールのベランダから落ちて死んでしまう。ベインズが殺したものと思い込んだフェリッペは何とか彼をかばおうとするだが…。少年の視点で描かれた傑作サスペンス!

    ネット上の声

    第三の男は遠し
    秋の夜に名作サスペンス
    愛憎と悲劇!
    おもしろくなかった
    製作年:1948
    製作国:イギリス
    監督:キャロル・リード
    主演:ラルフ・リチャードソン,ミシェル・モルガン,ボビー・ヘンリー,ソニア・ドレスデル
    3
  4. オール・ザ・キングスメン

    オール・ザ・キングスメン
    評価:C3.32
    ロバート・ロッセン監督作。男の栄光と転落を衝撃的に描いた名画。

    ネット上の声

    アメリカの側面。
    政治家の堕落を描いた硬派政治映画
    赤狩りの犠牲者
    政治メロドラマの傑作
    製作年:1949
    製作国:アメリカ
    監督:ロバート・ロッセン
    主演:ブロデリック・クロフォード,ジョーン・ドルー,ジョン・アイアランド,ジョン・デレク
    4

スポンサードリンク