全10作品。第14回ロサンゼルス映画批評家協会賞(1988年開催)の映画ランキング

  1. 旅立ちの時

    旅立ちの時
    評価:S4.12
     17歳の少年ダニーは両親とともに逃亡生活を送っていた。反戦活動家だった両親はベトナム戦争当時に事件を起こし、そのかどで指名手配されていたのだ。そんなダニーはニュージャージーの小さな町で音楽教師に才能を認められ、その娘ローナと心を通わせていく。しかしかつての同志が警察に逮捕されたことから、ダニーの一家は窮地に追い込まれる……。大人へと成長していく少年をリバー・フェニックスが好演した感動の青春映画。

    ヒューマンドラマ、青春

    ネット上の声

    繊細で、愛情あふれる映画
    何度も泣けた
    家族の絆に涙!!
    まだまだ観なきゃ駄目な名作があるもんです
    製作年:1988
    製作国:アメリカ
    監督:シドニー・ルメット
    主演:リヴァー・フェニックス
    1
  2. ビッグ

    ビッグ
    評価:S4.12


    ヒューマンドラマ、コメディ
    製作年:1988
    製作国:アメリカ
    監督:ペニー・マーシャル
    主演:トム・ハンクス
    2
  3. ベルリン・天使の詩

    ベルリン・天使の詩
    評価:B3.77
    像の上からモノクロのベルリンの街を見降ろす天使ダミエルの耳には人々の声が聞こえてくる。姿は見えないはずなのに、アメリカの映画スター、ピーター・フォークが人間になれとダミエルを誘う。そんな彼が、美しい空中ブランコ乗りに恋をした。天使は人間に恋をすると死んでしまうのだが……。ベンダースが10年ぶりに故国に戻って撮った傑作、日本ではそれまでの単館公開記録を塗り替えて社会現象になった。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    素晴らしい
    伝説の作品じゃあないですか
    ヴェンダース嫌い
    じわー心の底からくる感動
    製作年:1987
    製作国:西ドイツ/フランス
    監督:ヴィム・ヴェンダース
    主演:ブルーノ・ガンツ
    3
  4. 戦慄の絆

    戦慄の絆
    評価:B3.77
    舞台はカナダのトロント。婦人科医としての名声を築いた一卵性双生児のエリオットとベバリーは、少年時代から一心同体に育ってきた。その共同生活は危ういバランスを取って現在まで続いていたのだが、ある日、一人の女性が二人の日常に入り込んできたことからそのバランスが崩れはじめる……。D・クローネンバーグの、双子が持つといわれる共鳴し合う心理を軸に扱ったサイコもの。巧妙な合成処理が見事な効果を上げている。アヴォリアッツ国際ファンタスティック映画祭グランプリ受賞。

    ネット上の声

    二つの狂気の交錯
    グロ美学・衝撃の赤
    製作年:1988
    製作国:カナダ
    監督:デヴィッド・クローネンバーグ
    主演:ジェレミー・アイアンズ
    4
  5. パンチライン

    パンチライン
    評価:C3.33
    「嵐の中で輝いて」のデビッド・セルツァー監督が、トム・ハンクス&サリー・フィールド主演で描くハートフルコメディ。専業主婦のライラは、人を笑わせたいという幼い頃からの夢をあきらめきれず、場末のコメディクラブで毎晩のようにスタンダップコメディを披露していた。クラブの人気コメディアンで医大生の青年スティーブンは、そんなライラの才能に目をつけアドバイスするようになるが、やがてふたりはひかれ合うようになり……。

    コメディ、恋愛

    ネット上の声

    主婦だって認められたい
    上手い人が演じるとちゃんと笑えますね
    ささやかな幸せじゃ満足できない?
    製作年:1988
    製作国:アメリカ
    監督:デヴィッド・セルツァー
    主演:トム・ハンクス
    5
  6. ロジャー・ラビット

    ロジャー・ラビット
    評価:C3.32
    アニメーションの登場人物の住む町・トゥーンタウンを守るため立ち上がった町の人気キャラクター・ロジャーと人間である探偵エディの活躍を、実写とアニメーションの合成で描いてゆく。エグゼクティヴ・プロデューサーはスティーヴン・スピルバーグとキャスリーン・ケネディ、製作はロバート・ワッツとフランク・マーシャル、監督は「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のロバート・ゼメキス、アニメーション監督はリチャード・ウィリアムス、ゲーリー・K・ウルフの原作を基にジェフリー・プライスとピーター・シーマンが脚本、撮影はディーン・カンディ、音楽はアラン・シルヴェストリが担当。出演はボブ・ホスキンス、クリストファー・ロイド…

    コメディ、アニメ

    ネット上の声

    アニメの本分
    ゼメキス監督!
    実写とアニメの融合
    懐かしいキャラクターと再会できます
    製作年:1988
    製作国:アメリカ
    監督:ロバート・ゼメキス
    主演:ボブ・ホスキンス
    6
  7. さよならゲーム

    さよならゲーム
    評価:C3.30
    マイナー・リーグを舞台にベテランと新鋭選手、そしてファンの女性の三角関係を描く。エグゼクティヴ・プロデユーサーはデイヴィッド・V・レスター、製作はトム・マウントとマーク・バーグ、脚本・監督はロン・シェルトン、撮影はボビー・バーン、美術はアーミン・ガンツ、音楽はマイケル・コンヴァーティノが担当。出演はケヴィン・コスナー、スーザン・サランドンほか。

    ヒューマンドラマ、スポーツ、野球

    ネット上の声

    そんな坊やに興味を示す女にゃ興味ないね
    アホ役が意外。
    ティムロビンスがおもろい。
    グローブ、どこにかたずけたっけ?
    製作年:1988
    製作国:アメリカ
    監督:ロン・シェルトン
    主演:ケヴィン・コスナー
    7
  8. サラーム・ボンベイ!

    サラーム・ボンベイ!
    評価:E0.00
    インドのボンベイを舞台に、ストリート・チルドレンたちの苛酷な生活と、たくましい生命力を描くドラマ。製作・監督は「インディア・キャバレー」のミーラー・ナイール。ナイールとスーニー・ターラープルワーラーの原案を基に、脚本はターラープルワーラー、撮影はサンディ・シッセル、音楽はL・スブラマニアムが担当。出演はシャフィーク・サイード、ナーナー・パーテーカルほか。88年カンヌ映画祭新人監督賞受賞。

    ネット上の声

    サラーム・ボンベイ
    製作年:1988
    製作国:インド/イギリス/フランス/アメリカ
    監督:ミーラー・ナーイル
    主演:シャフィーク・サイイド
    8
  9. ラスト・オブ・イングランド

    ラスト・オブ・イングランド
    評価:E0.00
    廃墟、ホモセクシャル、ドラッグ、核戦争、テロ、暴力、難民、恋、個人の記憶と死、社会の歴史と殺戮といったイメージをドキュメンタリー・タッチで描いてゆく。製作はジェームズ・マッケイとドン・ボイド、監督は「アリア」のデレク・ジャーマン、撮影はジャーマンとクリストファー・ヒューズ、ケリス・ウィン・エヴァンス、リチャード・ヘスロプが担当。出演はティルダ・スウィントン、スペンサー・レイほか。ナレーションはナイジェル・テリーが担当。作品はジャーマンの自室で夜間に撮影された部分、ロンドンやリヴァプール市街の廃墟で撮影された部分、28年から53年にかけてジャーマンの両親や祖父によって撮影されたホーム・ムーヴィ…

    音楽

    ネット上の声

    正直最後まで観れませんでした。
    パフォーマンス・アート
    製作年:1987
    製作国:イギリス
    監督:デレク・ジャーマン
    主演:ティルダ・スウィントン
    9
  10. モダーンズ

    モダーンズ
    評価:E0.00
     1920年代、モダン・アートの時代を迎えようとしていた頃のパリ。腕はいいが売れない画家のハートは、彼のもとを去り、若き実業家ストーンと再婚したレイチェルと再会する。レイチェルとのよりを戻すため、ハートは贋作を描くことを決意するが……。成功を夢見る画家と、彼を取り巻く男女の愛憎をロマンティックかつシニカルに描いたドラマ。「トラブル・イン・マインド」に続いて撮影を担当した栗田豊通の映像も美しい。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    印象的なシーン
    あまりおもしろくない
    ルドルフの第2章・・・
    寓話の中のエコール・ド・パリ、断片図
    製作年:1988
    製作国:アメリカ
    監督:アラン・ルドルフ
    主演:キース・キャラダイン
    10

スポンサードリンク