全8作品。第21回ゴールデン・グローブ(1963年開催)の映画ランキング

  1. 野のユリ

    野のユリ
    評価:A3.97
    ウィリアム・E・バレットの原作を「八十日間世界一周」(アカデミー賞)のジェームズ・ポーが脚色、TV出身のラルフ・ネルソンが製作・演出したヒューマニズムドラマ。撮影は「風と共に去りぬ」(アカデミー賞)のアーネスト・ホーラー、音楽は「マンハッタン物語」のジェリー・ゴールドスミスが担当した。出演は「長い船団」のシドニー・ポワチエ、TV「プレイハウス90」のリリア・スカラ、フランセスカ・ジャービス、アイサ・クリノ、リザ・マン、パメラ・ブランチ、「ティファニーで朝食を」のスタンリー・アダムスなど。

    ヒューマンドラマ、シスター

    ネット上の声

    癒されたい人にお勧めの映画です
    いい映画でした。
    製作年:1963
    製作国:アメリカ
    監督:ラルフ・ネルソン
    主演:シドニー・ポワチエ
    1
  2. あなただけ今晩は

    あなただけ今晩は
    評価:A3.84
     「アパートの鍵貸します」の2大スターを再び主演に迎え、パリを舞台に警官と娼婦のラブロマンスが展開する。パリの娼婦街をパトロールする新人警官のネスター。しかし、ガサ入れを行った場所でお楽しみ中の上官と鉢合わせし、即クビになってしまう。そんなとき、売れっ子娼婦イルマに出会い、彼女を独り占めしたいがために偽装殺人まで企てる。後にワイルダーは失敗作と語っているが、アメリカ国内では大ヒットを記録した。

    コメディ、恋愛

    ネット上の声

    シャーリーマクレーンの魅力は生きてたが後半がかなり悪乗りぎみ
    楽しさ溢れて。
    楽しいワイルダー演出・・・
    「アパートの鍵貸します」に比べると …
    製作年:1963
    製作国:アメリカ
    監督:ビリー・ワイルダー
    主演:ジャック・レモン
    2
  3. 地下室のメロディー

    地下室のメロディー
    評価:C3.48
    監督はギャバンとベルモンドを組ませた「冬の猿」や「野獣は放たれた」のアンリ・ヴェルヌイユ。主演者には「ギャンブルの王様」のジャン・ギャバンと「太陽はひとりぼっち」のアラン・ドロン。またギャバンの女房に「地の果てを行く」「我等の仲間」でギャバンと名コンビをうたわれたヴィヴィアーヌ・ロマンス。カジノの踊り子でドロンの手管にかかって利用される女ブリジットに「地下鉄のザジ」のグラマー、カルラ・マルリエ、ドロンの義兄ルイにモーリス・ビローが扮している。撮影には「ヘッドライト」のルイ・パージュ、ファンキィなモダンジャズのフィーリングをきかせた音楽は「戦士の休息」のミシェル・マーニュ、そしてシナリオは「殺…

    ネット上の声

    モノクロ・・
    知らずに刑事が犯人のすぐ後ろで喋る緊張感
    最後のプールのシーンのために
    アランドロンがボンクラニート
    製作年:1963
    製作国:フランス
    監督:アンリ・ヴェルヌイユ
    主演:ジャン・ギャバン
    3
  4. 昨日・今日・明日

    昨日・今日・明日
    評価:C3.43
    エドアルド・ド・フィリッポ(第1話)、アルベルト・モラヴィアーの原作をチェザーレ・ザバッティーニ、ヴィラ・ヴィラ(第2話)、チェザーレ・ザヴァッティーニ(第3話)の脚本を「ふたりの女」のヴィットリオ・デ・シーカが演出した諷刺コミカルドラマ。撮影は「家族日誌」のジュゼッペ・ロトゥンノ、音楽はアルマンド・トロヴァジョーリが担当した。製作はカルロ・ポンティ。出演は「私はそんな女」のソフィア・ローレン、「イタリア式離婚狂想曲」のマルチェロ・マストロヤンニ、ほかアルド・ジェフレ、ジョバンニ・リドルフィ、ティーナ・ピカ、アゴスティーノ・サルヴィエッティなど。

    コメディ

    ネット上の声

    最初に恋した映画女優
    イタリヤの最高の女神
    ナポリ~ミラノ~ローマ
    役者の醍醐味
    製作年:1963
    製作国:イタリア/アメリカ
    監督:ヴィットリオ・デ・シーカ
    主演:ソフィア・ローレン
    4
  5. アメリカ アメリカ

    アメリカ アメリカ
    評価:C3.37

    ネット上の声

    アメリカアメリカ
    まぼろしの逸品
    製作年:1963
    製作国:アメリカ
    監督:エリア・カザン
    主演:スタティス・ヒアレリス
    5
  6. トム・ジョーンズの華麗な冒険

    トム・ジョーンズの華麗な冒険
    評価:D3.12
    ヘンリー・フィールディングの原作『トム・ジョーンズ』をジョン・オズボーンが脚色、「長距離ランナーの孤独」のトニー・リチャードソンが製作・監督した風俗ドラマ。撮影は「エレクトラ」のウォルター・ラサリー、音楽をジョン・アディソン、美術をテッド・マーシャルがそれぞれ担当した。出演者は、「勝利者」のアルバート・フィニー、「フロイド」のスザンナ・ヨーク、「ベン・ハー」のヒュー・グリフィス、「女優志願」のジョーン・グリーンウッド、「六年目の疑惑」のダイアン・シレント、他にジョージ・ディヴァイン、フランキー・ハワードなど。

    ネット上の声

    これでいいのだ。
    じわっといい
    製作年:1963
    製作国:イギリス
    監督:トニー・リチャードソン
    主演:アルバート・フィニー
    6
  7. 予期せぬ出来事

    予期せぬ出来事
    評価:E0.00
    「求むハズ」のアンソニー・アスキスが監督した人生ドラマ。撮影も「求むハズ」のジャック・ヒルドヤード、音楽は「エル・シド」のミクロス・ローザ。脚本は現在華々しい活躍をみせているイギリスの劇作家テレンス・ラティガンのオリジナルである。出演者には「バターフィールド8」のエリザベス・テイラー、「史上最大の作戦」のリチャード・バートン、「恋の手ほどき(1958)」のルイ・ジュールダン、「第3の男」のオーソン・ウェルズ、「ローマを占領した鳩」のエルザ・マルティネリ、「鳥」のロッド・テイラー、久しぶりのリンダ・クリスチャンなど。製作はアナトール・デ・グランウォルド。

    ネット上の声

    おもしろくなかった・・・
    人間ドラマとしては物足りない☆2つ
    製作年:1963
    製作国:イギリス
    監督:アンソニー・アスクィス
    主演:リチャード・バートン
    7
  8. 枢機卿

    枢機卿
    評価:E0.00
    ヘンリー・モートン・ロビンソンの同名小説をロバート・ドジアが脚色、「栄光への脱出」のオットー・プレミンジャーが製作、監督した聖職人間ドラマ。撮影は「クレオパトラ(1963)」のレオン・シャムロイ、音楽はジェローム・モロス、タイトルを「勝利者(1963)」のソウル・バスが担当した。出演は「史上最大の作戦」のトム・トライオン、「審判」のロミー・シュナイダー、「ヤムヤム・ガール」のキャロル・リンレイ、「女は夜の匂い」のジル・ハワース、「エル・シド」のラフ・ヴァローネ、「H氏のバケーション」のジョン・サクソン、「フロイド 隠された欲望」の監督ジョン・ヒューストンほか。

    ネット上の声

    教会批判?
    面白かったです!
    製作年:1962
    製作国:アメリカ
    監督:オットー・プレミンジャー
    主演:トム・トライオン
    8

スポンサードリンク