全14作品。第41回アカデミー賞(1969年開催)の映画ランキング

  1. ロミオとジュリエット

    ロミオとジュリエット
    評価:A4.04
    シェイクスピアの傑作戯曲をイタリアのフランコ・ゼフィレッリ監督が映画化。15世紀中頃、イタリア北部の町ベローナ。2大名門として知られるモンタギュー家とキャピュレット家が血で血を洗う抗争をする最中、両家の子息ロミオとジュリエットは舞踏会で出会い、恋に落ちる。2人はお互いの素性を知り落胆しつつも、燃え上がった心を抑えきれず結婚式を挙げるが……。主演にオリビア・ハッセーとレナード・ホワイティング。音楽はニーノ・ロータ。

    ヒューマンドラマ、恋愛、文芸・史劇

    ネット上の声

    恋愛映画の原点。
    ジュリエットの東洋的な美しさ
    時々無性にみたくなる恋愛映画の古典
    数年前オリビアが出演した映画を見たが、まだ美しかったゾ。
    製作年:1968
    製作国:イギリス/イタリア
    監督:フランコ・ゼフィレッリ
    主演:オリヴィア・ハッセー,レナード・ホワイティング,マイケル・ヨーク,ミロ・オーシャ
    1
  2. 猿の惑星

    猿の惑星
    評価:A3.96
    地球から320光年の長い旅の末、とある惑星に不時着した宇宙飛行士。そこは、言葉を話す猿たちが原始的な人間たちを支配する惑星だった。人間狩りをする猿の軍隊に捕らえられた主人公テイラーは、コーネリアスとジーラという猿の助けを借り、一緒に捕らえられた人間の娘ノバを連れ逃亡を図るのだが……。SF映画の金字塔となった大ヒットシリーズの第1作。精巧な猿の特殊メイクは高い評価を受け、アカデミー特別賞を受賞した。

    アクション、SF、エイリアン・モンスター、どんでん返し、猿の惑星

    ネット上の声

    初めてこの映画を観たとき
    ピエール・ブールの見た世界
    衝撃の結末!
    逆転の発想が素晴らしい
    製作年:1968
    製作国:アメリカ
    監督:フランクリン・J・シャフナー
    主演:チャールトン・ヘストン,キム・ハンター,ロディ・マクドウォール,リンダ・ハリソン
    2
  3. 2001年宇宙の旅

    2001年宇宙の旅
    評価:B3.86
    400万年前の人類創世紀から新人類の誕生まで、人類の知恵の進歩を暗示するかのように不気味に姿を現わす謎の黒石板“モノリス“。その謎を解くために5人の科学者を乗せた宇宙船ディスカバリー号が木星に向かって飛び立つが、コンピュータのHALが乗組員たちに対して反乱を起こす。HALとの凄絶な戦いで4人の仲間を失ったボーマン船長の前にモノリスが現れ、彼は異次元のトリップに巻き込まれる。そこは人間の知識の限界を遥かに超えた不思議な領域だった……。綿密な科学性に裏付けられた脚本のもつ神秘的といっていいほどのリアリズム。数々の新開発の特撮テクノロジーがもたらす、かつてない視覚的体験(SFXを担当しているのは、…

    SF

    ネット上の声

    キューブッリクの独特の世界観(宇宙観)
    す、すごい。。。。。。。。。。
    製作年:1968
    製作国:アメリカ/イギリス
    監督:スタンリー・キューブリック
    主演:ケア・デュリア,ゲイリー・ロックウッド,ウィリアム・シルヴェスター,ダニエル・リクター
    3
  4. ローズマリーの赤ちゃん

    ローズマリーの赤ちゃん
    評価:B3.79
    アイラ・レヴィンの同名小説の映画化で、脚色・監督はポーランド出身の異才ロマン・ポランスキーである。撮影は「女狐」のウィリアム・A・フレイカー、音楽は「水の中のナイフ」でポランスキーに協力し、あとを追って西欧に逃れたポーランドのクリストファー・コメダが担当した。彼はポーランド時代、ワイダの「夜の終りに」のスコアを担当したことがある。なお、夢のシーンの合成撮影は、ファーシオット・エドワードが招かれて担当している。出演は「バタシの鬼軍曹」やTV「ペイトンプレイス物語」に出演していたミア・ファロー、「特攻大作戦」「暴力波止場」などに出演し、監督でもあるジョン・カサベテス、舞台の名女優ルース・ゴードン…

    ホラー、トラウマになる

    ネット上の声

    これはお粗末
    どうしたものやら
    ホラーの原点的傑作だが妊娠者見るべからず
    周囲のものに対する恐怖・・・
    製作年:1968
    製作国:アメリカ
    監督:ロマン・ポランスキー
    主演:ミア・ファロー,ジョン・カサヴェテス,ルース・ゴードン,シドニー・ブラックマー
    4
  5. ブリット

    ブリット
    評価:B3.70
    スティーブ・マックィーン主演による刑事アクションの名作。サンフランシスコ市警の刑事フランク・ブリット(マックィーン)は、野心家の上院議員チャルマースから裁判の重要証言者の護衛を命じられる。だが、証言者ジョニーはマフィアの裏切り者で、ブリットが護衛して間もなく何者かに射殺されてしまう……。監督は本作がハリウッド進出第1作となるイギリス出身のピーター・イェーツ。共演にロバート・ボーン、ジャクリーン・ビセット。サンフランシスコの急な坂道を舞台に繰り広げられるカーチェイスは映画史上屈指のアクションシーンである。

    アクション、刑事

    ネット上の声

    マックイーンのまっすぐな行動力
    何度観ても最高
    恋人役のジャクリーン・ビセット嬢(当時)が美しい。
    時代を感じさせない
    製作年:1968
    製作国:アメリカ
    監督:ピーター・イエーツ
    主演:スティーヴ・マックィーン,ジャクリーン・ビセット,ロバート・ヴォーン,ドン・ゴードン
    5
  6. プロデューサーズ

    プロデューサーズ
    評価:C3.61
    TV界の才人メル・ブルックスの本格的映画進出第一作で、ブロードウェイの裏側を皮肉と愛をこめて描いたコメディ。いきなりアカデミー脚本賞を受賞し、以降ブルックスは「ヤング・フランケンシュタイン」「メル・ブルックスの大脱走」など、映画界でも快進撃を続けていく。演劇プロデューサーのマックスと神経質な会計士レオをはじめ、脚本家、演出家、美人秘書など、キャラクターはみんなひとくせある人物ばかり。ブルックスが作詞・作曲した主題歌『Springtime for Hitler』で始まる劇中ミュージカル『ヒトラーの春』が、また爆笑もの。日本ではビデオリリースのみで幻の作品だったが、2001年に製作から32年の時…

    コメディ

    ネット上の声

    ミュージカル好きなら見てもいいのでは
    リメイク版の方が楽しかった
    製作年:1968
    製作国:アメリカ
    監督:メル・ブルックス
    主演:ゼロ・モステル,ジーン・ワイルダー,ケネス・マース,ディック・ショーン
    6
  7. オリバー!

    オリバー!
    評価:C3.60
    孤児物語「オリバー・ツイスト」をミュージカルにし、更にそれを映画化した作品。

    ヒューマンドラマ、ミュージカル、文芸・史劇

    ネット上の声

    緩急つけてほしい
    サイクスを演じているオリバー・リードがとてもよい。
    これぞ、ミュージカル!という作品。
    ブラボー!
    製作年:1968
    製作国:イギリス
    監督:キャロル・リード
    主演:マーク・レスター,オリヴァー・リード,ロン・ムーディ,シャニ・ウォリス
    7
  8. 冬のライオン

    冬のライオン
    評価:C3.55
    ヘンリー2世一族の複雑な家族関係を通して人間の権力欲、色あせた恋、陰謀などを描いた、舞台劇の映画化。監督は、これが監督第2作目のアンソニー・ハーヴェイ。自らの舞台劇を脚色したのはジェームズ・ゴールドマン、撮影はダグラス・スローカム、音楽は「華やかな情事」のジョン・バリー、編集はジョン・ブルームがそれぞれ担当。製作はマーティン・ポール、製作指揮はジョセフ・E・レビンが当っている。出演は、「チップス先生さようなら」のピーター・オトゥール、「招かれざる客」のキャサリン・ヘップバーンの二大スターのほかに、ジェーン・メロウ、ジョン・キャッスル、ティモシー・ダルトン、アンソニー・ホプキンズ、ナイジェル・…

    ヒューマンドラマ、文芸・史劇

    ネット上の声

    歴史音痴には?
    アカデミーに輝く
    演技と演技の素晴らしいぶつかりあい!
    重厚なクラシック
    製作年:1968
    製作国:イギリス
    監督:アンソニー・ハーヴェイ
    主演:ピーター・オトゥール,キャサリン・ヘプバーン,アンソニー・ホプキンス,ジョン・キャッスル
    8
  9. ファニー・ガール

    ファニー・ガール
    評価:C3.52
    「情欲の悪魔」でオスカーを獲得した女流作家、イソベル・レナートの原作・脚本を、「我等の生涯の最良の年」「ベン・ハー(1959)」などで3度アカデミー賞を得ていたウィリアム・ワイラーが監督のミュージカルである。撮影は、「マイ・フェア・レディ」のハリー・ストラドリング、音楽は作詞はボブ・メリル、作曲をジュール・スタインが担当している。なおミュージカル場面の監督にはハーバート・ロスがあたっている。出演は、舞台の同役で大当たりをとったバーブラ・ストライサンド、「ドクトル・ジバゴ」のオマー・シャリフ、「群集の中の一つの顔」のケイ・メドフォード、「サタンバグ」のアン・フランシス、ほかにウォルター・ビジョ…

    ネット上の声

    積み重ねた時間はこれからも2人のもの
    ファニーレディも見たくなりました
    製作年:1968
    製作国:アメリカ
    監督:ウィリアム・ワイラー
    主演:バーブラ・ストライサンド,オマー・シャリフ,ウォルター・ピジョン,アン・フランシス
    9
  10. 華麗なる賭け

    華麗なる賭け
    評価:C3.48
    アラン・R・トラストマンの脚本を、アカデミー受賞作「夜の大捜査線」のノーマン・ジュイソンが製作・監督したアクション・コメディ。撮影はハスケル・ウェクスラー、音楽はミシェル・ルグランが担当している。出演は「砲艦サンパブロ」のスティーヴ・マックィーン、「俺たちに明日はない」のフェイ・ダナウェイ、「南海ピンク作戦」のポール・バーク、「シンシナティキッド」のジャック・ウェストン、ヤフェット・コットーなど。

    サスペンス

    ネット上の声

    大人の映画
    風のささやき
    マックイーンの恋愛映画
    こういうマックイーンもありです。
    製作年:1968
    製作国:アメリカ
    監督:ノーマン・ジュイソン
    主演:スティーヴ・マックィーン,フェイ・ダナウェイ,ポール・バーク,ジャック・ウェストン
    10
  11. まごころを君に

    まごころを君に
    評価:C3.27
    ダニエル・キースのSF小説『アルジャーノンに花束を』を「夜の大捜査線」でアカデミー賞脚本賞を獲得したスターリング・シリファントが脚色、「野のユリ」「誇り高き戦場」のラルフ・ネルソンが製作・監督した。撮影は「マリアンの友だち」のアーサー・J・オーニッツ、音楽は「大地のうた」のラヴィ・シャンカールが担当している。出演は「コマンド戦略」のクリフ・ロバートソン、「寒い国から帰ったスパイ」のクレア・ブルーム、ブロードウェイ出身のレオン・ジャニー、「愚か者の船」のリリア・スカラ、ルース・ホワイト、エド・マックナリーなど。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    リメイク希望
    心に染みる
    涙、溢れ出ました
    少し物足りないかな
    製作年:1968
    製作国:アメリカ
    監督:ラルフ・ネルソン
    主演:クリフ・ロバートソン,クレア・ブルーム,リリア・スカラ,レオン・ジャニー
    11

スポンサードリンク