全6作品。第6回アカデミー賞(1934年開催)の映画ランキング

  1. 若草物語

    若草物語
    評価:C3.63
    「愛の鳴咽」「人生の高度計」のキャサリン・ヘップバーンが主演する映画で、ルイザ・オルコット作の名小説に基づいて「ゴルフ狂時代」のセラー・Y・メイソンとかつて監督だったヴィクター・ヒアマンが共同して脚色し、「愛の鳴咽」「晩餐八時」のジョージ・キューカーが監督にあたり、「猟奇島」のヘンリー・ジェラードが撮影した。助演者は「金髪乱れて」のジョーン・ベネット、「鏡の前の接吻」のポール・ルーカス、「立上がる米国」のエドナ・メイ・オリヴァー、「一日だけの淑女」のジーン・パーカー、「濡れた拳銃」のフランセス・ディー、「愛の鳴咽」のヘンリー・スティーブンソンその他スプリング・バイントン、ジョン・デイヴィス・…

    ネット上の声

    35年前の思い出
    33年vs49年vs世界名作劇場vs原作
    製作年:1933
    製作国:アメリカ
    監督:ジョージ・キューカー
    主演:キャサリン・ヘプバーン,ジョーン・ベネット,ポール・ルーカス,エドナ・メイ・オリヴァー
    1
  2. 大帝国行進曲

    大帝国行進曲
    評価:E0.00
    ノエル・カワードの舞台劇を映画化した『カヴァルケード(大帝国行進曲)』を収録。

    ネット上の声

    「近代」という嵐の中を
    20世紀ブルースから逃れられない
    21世紀はやはり2000年から
    尊厳と偉大さと、そして平和を
    製作年:1933
    製作国:アメリカ
    監督:フランク・ロイド
    主演:ダイアナ・ウィンヤード,クライヴ・ブルック,ハーバート・マンディン,ウルスラ・ジーンズ
    2
  3. 勝利の朝

    勝利の朝
    評価:E0.00
    「若草物語(1933)」に先んじて製作されたキャサリン・ヘップバーン主演映画で、ゾー・エイキンス作の舞台劇を「仮面の米国」のハワード・J・グリーンが脚色し、「キャバレエの鍵穴」「お仰いましたわネ」のローウェル・シャーマンが監督にあたり、「人生の高度計」「不思議の国のアリス(1933)」のバート・グレノンが撮影した。相手役は「戦線の嵐」「男の一頁」の小ダグラス・フェアバンクスと「喇叭は響く」「たそがれの女」のアドルフ・マンジュウが勤め、「地方検事」のメアリー・ダンカン、「爆弾の頬紅」のC・オープリー・スミス、ジェネヴァ・ミッチェル、ヘレン・ウェーア等が助演している。

    ネット上の声

    古い映画なので馴染みにくいかも
    製作年:1933
    製作国:アメリカ
    監督:ローウェル・シャーマン
    主演:キャサリン・ヘプバーン,ダグラス・フェアバンクス・Jr,アドルフ・マンジュー,メアリー・ダンカン
    3
  4. 戦場よさらば

    戦場よさらば
    評価:E0.00
    戦争文学として名高いアーネスト・ヘミングウェイ作の同名の小説を映画化したもので、「夜の看護婦」「世界とその男」のオリヴァー・H・P・ギャレットが「マタ・ハリ」「明暗二人女」のベンジャミン・グレイザーと共同脚色し、「バッド・ガール」「ヤング・アメリカ」のフランク・ボーゼージが監督に当り、「地下の雷鳴」「恋愛百科全書」のチャールズ・ラングが撮影を担当している。主演者は「マデロンの悲劇」ヘレン・ヘイズ、「百万円貰ったら」「悪魔と深海」のゲイリー・クーパーで「モロッコ」「ニュウ・ムーン」「犯罪都市(1931)」のアドルフ・マンジュウを始め、「巴里の丑満時」のジャック・ラルー、メアリー・フィリップス、…

    ヒューマンドラマ、戦争

    ネット上の声

    よかったな
    退屈でした。
    ヘレン・ヘイズのヒロイン時代
    へミングウェー
    製作年:1932
    製作国:アメリカ
    監督:フランク・ボーゼージ
    主演:ゲイリー・クーパー,ヘレン・ヘイズ,アドルフ・マンジュー,メアリー・フィリップス
    4
  5. ヘンリー八世の私生活

    ヘンリー八世の私生活
    評価:E0.00

    ネット上の声

    一番良かった妻は…。
    製作年:1933
    製作国:イギリス
    監督:アレクサンダー・コルダ
    主演:チャールズ・ロートン,ビニー・バーンズ,ロバート・ドーナット,エルザ・ランチェスター
    5

スポンサードリンク