全9作品。死刑囚を扱った映画ランキング

  1. 死刑弁護人

    死刑弁護人
    評価:A3.96
    真実を追求することで、本当の反省と贖罪(しょくざい)が生まれるという理念のもと、死刑事件の裁判を数多く担当してきた弁護士の安田好弘氏。「人殺しを弁護する人でなし」といったバッシングを受けるだけではなく、加害者の悔恨と被害者の悲嘆を目の当たりにすることによる苦悩、家族と一緒に過ごすことのできない常軌を逸した忙しさなど、厳しい状況に置かれながらも、彼は弁護士という仕事を全うしようとする。そんな中、顧問を担当していた不動産会社に対し資産を隠すよう指示したとして、強制執行妨害の容疑で身柄を拘束されてしまう。

    ドキュメンタリー、裁判・法廷、死刑囚

    ネット上の声

    自分の信念を曲げずに生きている生き方
    なんでな事が、ちょっとだけ謎がとける作品
    製作年:2012
    製作国:日本
    監督:齊藤潤一
    1
  2. ライフ・オブ・デビッド・ゲイル

    ライフ・オブ・デビッド・ゲイル
    評価:A3.89


    サスペンス、社会派ドラマ、冤罪、刑務所、どんでん返し、死刑囚
    製作年:2003
    製作国:アメリカ
    監督:アラン・パーカー
    主演:ケヴィン・スペイシー
    2
  3. 約束 名張毒ぶどう酒事件 死刑囚の生涯

    約束 名張毒ぶどう酒事件 死刑囚の生涯
    評価:A3.89
    昭和36年、三重県名張市の外れの村で住人たちの懇親会が開かれ、男性には日本酒、女性にはぶどう酒が振る舞われた。しかし、ぶどう酒を口にした女性たちが何の前触れもなく苦しいと訴え始め、15人が倒れ、5人が死亡。容疑者として逮捕された奥西勝は自白を強要されたとして、無罪を主張。人権活動家は奥西の無実を訴える活動を展開し、弁護士も疑問の残る唯一の物証の鑑定を始める。

    ドキュメンタリー、裁判・法廷、死刑囚

    ネット上の声

    良い面、悪い面がクッキリ。
    冤罪だったら可哀相
    製作年:2012
    製作国:日本
    監督:齊藤潤一
    主演:仲代達矢
    3
  4. デッドマン・ウォーキング

    デッドマン・ウォーキング
    評価:B3.73


    ヒューマンドラマ、刑務所、シスター、死刑囚
    製作年:1995
    製作国:アメリカ
    監督:ティム・ロビンス
    主演:スーザン・サランドン
    4
  5. アミスタッド

    アミスタッド
    評価:B3.71
    19世紀半ばに実際に起こった事件をもとに、アメリカの奴隷制度にあらがった勇気ある人々の闘いを、重厚な映像で描き出した歴史ドラマ。監督は「ロスト・ワールド ジュラシック・パーク」のスティーヴン・スピルバーグで、彼が設立したスタジオドリームワークスでの自身の第1回監督作品。製作総指揮は同社の社長でもある「メン・イン・ブラック」のウォルター・パークスとローリー・マクドナルド。「ファミリー・タイズ」などのTVシリーズを手がける製作のデビー・アレンが、10年以上も温めていた企画をスピルバーグのもとに持ち込んで実現した。脚本は『虚偽 シチズン・コーン』(V)のデイヴィッド・フランゾーニ。製作のコリン・ウ…

    ヒューマンドラマ、社会派ドラマ、裁判・法廷、実話、人種差別、死刑囚

    ネット上の声

    仏作って魂入れず
    少しだれてしまいました。ごめんなさい。
    自由の国アメリカとは?
    スピルバーグが奴隷制度に挑む人々を
    製作年:1997
    製作国:アメリカ
    監督:スティーヴン・スピルバーグ
    主演:マシュー・マコノヒー
    5
  6. 凶悪

    凶悪
    評価:C3.58
    ある日、ジャーナリストの藤井(山田孝之)は、死刑囚の須藤(ピエール瀧)が書いた手紙を持って刑務所に面会に訪れる。須藤の話の内容は、自らの余罪を告白すると同時に、仲間内では先生と呼ばれていた全ての事件の首謀者である男(リリー・フランキー)の罪を告発する衝撃的なものだった。藤井は上司の忠告も無視して事件にのめり込み始め……。

    サスペンス、殺人鬼が暴れる、死刑囚、ジャーナリスト

    ネット上の声

    70点(良作)
    サスペンスとしても好きかもしれない
    あぁぁ~もぉ本当に面白い映画(●´艸`)
    キャスティングに軍配
    製作年:2013
    製作国:日本
    監督:白石和彌
    主演:ピエール瀧
    6
  7. 帝銀事件 死刑囚

    帝銀事件 死刑囚
    評価:C3.47
    「アリバイ」の熊井啓がオリジナル・シナリオを執筆、熊井啓が監督した社会ドラマ。撮影は「男の紋章 風雲双つ竜」の岩佐一泉。

    ドキュメンタリー、裁判・法廷、冤罪、死刑囚

    ネット上の声

    とても面白かった
    戦後の大事件
    製作年:1964
    製作国:日本
    監督:熊井啓
    主演:信欣三
    7
  8. ラストダンス

    ラストダンス
    評価:D3.21
    死刑囚の女性と彼女を救おうとする弁護士の、極限の日々に激しく熱く燃えた愛を描いたヒューマン・ドラマ。監督は「ドライビング・MISS・デイジー」のブルース・ベレスフォード。製作も兼ねるスティーブン・ハフトと、「家族の絆」「眠れぬ夜のために」のロン・コスローの原案を、コスロウが脚色。エグゼクィヴ・プロデューサーはリチャード・ルーク・ロスチャイルド。撮影はピーター・ジェームズ、音楽は「ショート・カッツ」のマーク・アイシャム、美術はジョン・ストッダート、編集はジョン・ブルームが担当。主演は「カジノ」のシャロン・ストーンで、華美な衣裳もなく、ほとんどノー・メイクで難役に挑んで微妙な役柄を演じきっている…

    ヒューマンドラマ、サスペンス、死刑囚

    ネット上の声

    弁護士と女死刑囚の心の交流
    約17年前の映画
    美しすぎる死刑囚
    ン?なんか見覚えあるぞ
    製作年:1996
    製作国:アメリカ
    監督:ブルース・ベレスフォード
    主演:シャロン・ストーン
    8
  9. クリップス

    クリップス
    評価:D3.17
    死刑を宣告された実在の男スタン・トゥッキー・ウィリアムズが、やがて非暴力運動に目覚め、ノーベル平和賞そして文学賞候補となるまでを描いた壮絶なトゥルー・ストーリー!

    ヒューマンドラマ、ヤクザ・ギャング、実話、死刑囚
    製作年:2004
    製作国:アメリカ
    監督:ヴォンディ・カーティス=ホール
    主演:ジェイミー・フォックス
    9

スポンサードリンク