全2作品。子供向けのファンタジー映画ランキング

  1. ネバーエンディング・ストーリー

    ネバーエンディング・ストーリー
    評価:B3.60
    幻想の国が無に襲われ危機に瀕するというファンタジーと、その物語に読みふける少年を並行して描く。ベルント・アイヒンガーとディーター・ガイスラーがノイエ・コンスタンチンのために製作。アメリカのWBが配給会社PSOを通じて製作費を出資している。エグゼキュティヴ・プロデューサーはマーク・デーモン(PSO社長)とジョン・ハイド。監督は「U・ボート」のヴォルフガング・ペーターゼン。ミヒァエル・エンデの『はてしない物語』(岩波書店)に基づいてペーターゼンとヘルマン・ヴァイゲルが脚本を執筆。ただし、原作者は映画の出来に不満で、法廷に訴えて自分の名前をクレジットから削らせている。撮影はヨスト・ヴァカーノ、音楽…

    ファンタジー、旅に出たくなるロードムービー

    ネット上の声

    ミヒャエル・エンデ原作”はてしない物語”
    当時はリマールのビデオが有名だった。
    個人的理由で、正直、評価が難しい
    僕もファルコンに乗りたい(笑)
    製作年:1984
    製作国:西ドイツ/イギリス
    監督:ウォルフガング・ペーターゼン
    主演:ノア・ハサウェイ
    1
  2. 夢のチョコレート工場

    夢のチョコレート工場
    評価:C3.53
    ロアルド・ダールの児童向け小説「チョコレート工場の秘密」を、コメディ俳優ジーン・ワイルダー主演で実写映画化したファンタジー。世界中の子どもたちから愛されているウィリー・ワンカのチョコレート。ある日、ワンカのチョコレート工場に招待してもらえるチケットが、全世界で5枚だけチョコレートのパッケージに封入されたことが発表される。やがて、貧しい家庭で暮らすチャーリーら5人の当選者が決定し、謎に包まれた工場に足を踏み入れる。2005年にティム・バートン監督、ジョニー・デップ主演の「チャーリーとチョコレート工場」として再映画化された。

    ファンタジー、ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    ジョニーデップより絶対オススメですよ!!
    ファンタジー映画の古典。名作です。
    こっちが原型なんですよ!
    昔の映画とは思えない。
    製作年:1971
    製作国:アメリカ
    監督:メル・スチュアート
    主演:ジーン・ワイルダー
    2

スポンサードリンク