全2作品。トミー・ロールが出演した映画ランキング

  1. 掠奪された七人の花嫁

    掠奪された七人の花嫁
    評価:B3.71
    アカデミー賞(1955年・作曲賞)1850年代。オレゴンの山奥に住むポンティピー家7人兄弟の長男が、町から花嫁を迎えたことから弟6人も兄にならえと町へ出かけ、娘たちを掠奪してくる……。シネスコ画面いっぱいにマイケル・キッド振り付けの躍動的な群舞が映える、MGMミュージカルの傑作。

    コメディ、ミュージカル

    ネット上の声

    NO.82「り」のつく元気になった洋画
    7人の花嫁と7人の兄弟
    わたしのです!
    山男にゃホレるなよ。
    製作年:1954
    製作国:アメリカ
    監督:スタンリー・ドーネン
    主演:ハワード・キール
    1
  2. キス・ミー・ケイト

    キス・ミー・ケイト
    評価:E0.00
    ブロードウェイのヒット、ミュージカルの映画化で1953年のアカデミー賞ミュージカル音楽賞受賞作。プロデューサーはジャック・カミングス。監督は「世紀の女王」「錨を上げて」「アニーよ銃をとれ」等のジョージ・シドニー。脚本はドロシー・キングスレイ、音楽はアンドレ・プレヴイン、ソール・チャップリン、作曲はコール・ポーター、振付はハーメス・パンが担当。出演はキャサリン・グレイスン、ハワード・キールほか。

    ミュージカル

    ネット上の声

    舞台自体はトニー賞受賞
    誰もが知っている名曲
    宝塚歌劇でも「キス・ミー・ケイト」が舞台化されました。
    フォッシーに出会えます
    製作年:1953
    製作国:アメリカ
    監督:ジョージ・シドニー
    主演:キャスリン・グレイソン
    2

スポンサードリンク