全7作品。ヤクザ・ギャング系のアドベンチャー(冒険)映画ランキング

  1. CONFLICT ~最大の抗争~

    CONFLICT ~最大の抗争~
    評価:C3.47
    数多くの出演作品を誇る小沢仁志と哀川翔らが共演を果たした任侠(にんきょう)ムービー。ある利権が絡んだ女性の存在をめぐって、ヤクザ、マフィア、半グレ、政治家、警察が絡み合うバトルが勃発する。

    アクション、ヤクザ・ギャング、アドベンチャー(冒険)

    ネット上の声

    Vシネ界の渋いオールスターキャスト
    思ったより良かったです
    ヤクザ映画も変わった
    ちょっと気持ち悪い
    製作年:2016
    製作国:日本
    監督:藤原健一
    主演:小沢仁志
    1
  2. 暗黒街/若き英雄(ヒーロー)伝説

    暗黒街/若き英雄(ヒーロー)伝説
    評価:E0.00
    暗黒組織の若きボスの死闘を描いたアクションロマン。監督は「ターゲット・ブルー」のコーリィ・ユェンで、アクション指導もパートナーで本作では敵役で出演しているユェン・タクと共同で担当。脚本はジー・アン。撮影はトム・ラウ。音楽はウィリアム・フーとウォン・イーワー。出演は「ダウンタウン・シャドー」「不夜城」の金城武、「金城武の死角都市・香港」のユン・ピョウ、「恋する惑星」のヴァレリー・チョウほか。

    ヒューマンドラマ、アクション、ヤクザ・ギャング、アドベンチャー(冒険)
    製作年:1997
    製作国:香港
    監督:ユン・ケイ
    主演:金城武
    2
  3. 強盗放火殺人囚

    強盗放火殺人囚
    評価:E0.00
    地獄の刑務所脱出に命を賭け、自由への執着に燃える男を描いたアクション映画。脚本は「激突!合気道」の高田宏治、監督は「日本暴力列島 京阪神殺しの軍団」の山下耕作、撮影は「神戸国際ギャング」の赤塚滋がそれぞれ担当。

    ヒューマンドラマ、アクション、ヤクザ・ギャング、アドベンチャー(冒険)
    製作年:1975
    製作国:日本
    監督:山下耕作
    主演:松方弘樹
    3
  4. 日本暴力団 組長

    日本暴力団 組長
    評価:E0.00
    「博徒解散式」のコンビ神波史男と長田紀生が脚本を書き、「黒薔薇の館」の深作欣二が脚本と監督を担当した任侠もの。撮影は「超高層のあけぼの」の仲沢半次郎が担当した。

    ヒューマンドラマ、アクション、ヤクザ・ギャング、アドベンチャー(冒険)

    ネット上の声

    深作監督抗争鶴田組
    製作年:1969
    製作国:日本
    監督:深作欣二
    主演:鶴田浩二
    4
  5. 新宿酔いどれ番地 人斬り鉄

    新宿酔いどれ番地 人斬り鉄
    評価:E0.00
    新宿と基地の町・福生を中心に、組織に牙をむくはみだしヤクザの凄絶な生きざまを描く。脚本は「横浜暗黒街 マシンガンの竜」の松田寛夫と「武闘拳 猛虎激殺!」の掛礼昌裕と「東京ディープスロート夫人」の小平裕の共同、監督は「新女囚さそり 701号」の小平裕、撮影は「河内のオッサンの唄」の中島芳男がそれぞれ担当。

    ヒューマンドラマ、アクション、ヤクザ・ギャング、アドベンチャー(冒険)
    製作年:1977
    製作国:日本
    監督:小平裕
    主演:菅原文太
    5
  6. 実録安藤組 襲撃篇

    実録安藤組 襲撃篇
    評価:E0.00
    “実録安藤組”シリーズ三作目。勢力を増した安藤組が起こした組最大の襲撃事件と安藤昇の34日間の逃亡を描く。脚本は「やくざと抗争 実録安藤組」の石松愛弘、監督も同作の佐藤純彌、撮影も同作の仲沢半次郎がそれぞれ担当。

    ヒューマンドラマ、アクション、ヤクザ・ギャング、アドベンチャー(冒険)、伝記、実話
    製作年:1973
    製作国:日本
    監督:佐藤純彌
    主演:安藤昇
    6
  7. 日本暴力団 殺しの盃

    日本暴力団 殺しの盃
    評価:E0.00
    一匹狼の殺し屋が唯一人心から信じ合える友人のために命を張って組織暴力に挑む。“日本暴力団”シリーズ第四弾。脚本は「純子引退記念映画 関東緋桜一家」の笠原和夫、監督は「新網走番外地 吹雪の大脱走」の降旗康男、撮影は「日本悪人伝 地獄の道づれ」の赤塚滋がそれぞれ担当。

    ヒューマンドラマ、アクション、ヤクザ・ギャング、アドベンチャー(冒険)
    製作年:1972
    製作国:日本
    監督:降旗康男
    主演:鶴田浩二
    7

スポンサードリンク