1. 「シネマ歌舞」シリーズのランキング

「シネマ歌舞」シリーズのランキング

  1. シネマ歌舞伎 怪談 牡丹燈籠

    シネマ歌舞伎 怪談 牡丹燈籠
    評価:S4.54
    旗本の飯島平左衛門(坂東竹三郎)を父に持つお露(中村七之助)は、身分違いの浪人・萩原新三郎(片岡愛之助)を慕うあまり、病にかかって死去。しかし、死んでからも新三郎のことが忘れられないお露は、幽霊となって新三郎家に現れる。お露が幽霊となったことに気付かない新三郎は、そのまま枕を交わすが……。

    ネット上の声

    歌舞伎って意外と面白いのね
    もう一回見に行っても良い!
    牡丹灯篭が大活躍
    製作年:2009
    製作国:日本
    主演:片岡仁左衛門
    1
  2. シネマ歌舞伎 らくだ

    シネマ歌舞伎 らくだ
    評価:S4.53
    フグに当たって通称“らくだ”の馬太郎(片岡亀蔵)が死んでしまい、仲間の半次(坂東三津五郎)は弔いの金を用立てようと久六(中村勘三郎)に声をかけるが、らくだの家に売る物は何もない。困った半次は久六を家主のもとに使いに出し、通夜の酒肴を出さないと死人を担ぐと脅すが、家主は、らくだが死んだなら祝いたいと言いだす。

    ネット上の声

    歌舞伎好きになってしまった作品です
    とにかく可笑しい!
    ひたすら笑いました。
    製作年:2008
    製作国:日本
    主演:中村勘三郎
    2
  3. シネマ歌舞伎特別篇 牡丹亭(ぼたんてい)

    シネマ歌舞伎特別篇 牡丹亭(ぼたんてい)
    評価:S4.50
    南安太守の令嬢である杜麗娘(とれいじょう)。柳夢梅(りゅうむばい)という若者と恋に落ちるが、それはすべて春の夢の中で起きたことだと気付く。柳夢梅へのかなわぬ思いから重い病を患ってしまった杜麗娘は死に至るが、二人の愛は思わぬ奇跡を起こすことになる。

    ネット上の声

    中国でも人気あるみたいですね
    天才だから、だけじゃない
    第2部も凄いです。
    製作年:2009
    製作国:日本
    主演:坂東玉三郎
    3
  4. シネマ歌舞伎 野田版 研辰の討たれ

    シネマ歌舞伎 野田版 研辰の討たれ
    評価:S4.49
    赤穂浪士が江戸城への討ち入りを果たし、あだ討ちが流行していたころ。近江の国、粟津藩では、研屋あがりの武士・守山辰次(中村勘三郎)が世渡りのうまさで、ほかの武士たちのひんしゅくを買っていた。ある日、辰次が家老の市郎右衛門(坂東三津五郎)にいたずらをしたところ、その家老が息を引き取ってしまい……。

    ネット上の声

    いやはや良かった。次回作らくだが楽しみ
    これはスゴイ!傑作!
    歌舞伎って面白い?
    製作年:2007
    製作国:日本
    主演:中村勘三郎
    4
  5. シネマ歌舞伎 連獅子

    シネマ歌舞伎 連獅子
    評価:S4.39
    河竹黙阿弥の作詞による歌舞伎舞踊の人気演目の一つで、親獅子が子獅子を千尋の谷に突き落とし、駆け上がって来た子獅子だけを育てるという故実を踊る「連獅子」。ニューヨーク公演でも絶賛されたこの演目で、親獅子を中村勘三郎が、子獅子を実の息子である中村勘太郎と中村七之助の親子3人が舞い踊り、迫力ある舞台を作り出す。

    ネット上の声

    芸術作品です
    大迫力で怒涛の勢いのある『連獅子』です!
    毛振りの見事さ!
    製作年:2008
    製作国:日本
    監督:山田洋次
    主演:中村勘三郎
    5
  6. シネマ歌舞伎 人情噺文七元結

    シネマ歌舞伎 人情噺文七元結
    評価:S4.38
    左官の長兵衛(中村勘三郎)は腕前も人柄も良いのだが、大のばくち好きで女房とはけんかばかり。見かねた娘のお久(中村芝のぶ)は吉原に身を売る決心をしたが、事情を察した吉原の妓楼(ぎろう)の女房・お駒(中村芝翫)は長兵衛を諭し、50両を貸し与える。孝行娘の思いに改心した長兵衛だったが、帰り道に身投げをしようとしている若い男を見かけ……。

    ネット上の声

    52インチ&ホームシアター導入して見たら、まさにリアルタイムの世界
    最高に面白かったです!
    かなり笑えます
    製作年:2008
    製作国:日本
    監督:山田洋次
    主演:中村勘三郎
    6
  7. シネマ歌舞伎 刺青奇偶(いれずみちょうはん)

    シネマ歌舞伎 刺青奇偶(いれずみちょうはん)
    評価:S4.30
    江戸を追われたばくち打ちの半太郎(中村勘三郎)は、偶然助けた不幸な酌婦のお仲(坂東玉三郎)と結ばれる。しかし、間もなくお仲は病に冒され、死期を迎えようとしていた。最期にお仲に幸せな思いをさせてやろうと、半太郎は賭場の親分・鮫の政五郎(片岡仁左衛門)と大勝負に出る決意をする。

    ネット上の声

    歌舞伎ってジジババが見るもんだと思ってたけど、考え変わりますわ
    泣けます
    現代の役者ここにあり!
    雨の日曜日に大泣きしてきました。
    製作年:2008
    製作国:日本
    主演:中村勘三郎
    7
  8. シネマ歌舞伎 野田版 鼠小僧

    シネマ歌舞伎 野田版 鼠小僧
    評価:A4.16
    創業110周年を迎える松竹の記念事業のひとつとして、演劇部門と映像部門の共同事業により制作された「シネマ歌舞伎」。歌舞伎の舞台作品をHD高性能カメラで撮影し、東劇にてデジタル上映するという映画と演劇のジャンルを超えた新たな取り組みの第一弾。主演の中村勘九郎にとって、十八代目中村勘三郎襲名記念上映でもある。作・演出は野田秀樹。

    ネット上の声

    感動しました
    滅茶苦茶に面白かった!
    製作年:2004
    製作国:日本
    主演:中村勘九郎
    8
  9. シネマ歌舞伎 ヤマトタケル

    シネマ歌舞伎 ヤマトタケル
    評価:A4.09
    大和の国の皇子小碓命(市川猿之助)は、謀反を企てようとしていた双子の兄大碓命(市川猿之助)を止めようとして誤って殺害してしまう。怒り狂った父帝(市川中車)は自分に背く熊襲の征伐に単身小碓命を向かわせるが彼は見事に敵を征伐し、ヤマトタケルと名乗ることに。だが、まだ息子を許すことのできない父帝は、彼に新たな戦の命を下す。
    製作年:2013
    製作国:日本
    主演:市川猿之助
    9
  10. シネマ歌舞伎 籠釣瓶花街酔醒

    シネマ歌舞伎 籠釣瓶花街酔醒
    評価:B3.62
    上州の絹商人佐野次郎左衛門(中村勘三郎)は商いのため、下男の治六(中村勘九郎)と共に江戸に出てきていた。二人は旅の土産話にでもと桜が咲き乱れる吉原へと足を踏み入れ、念願だった花魁道中を見物して帰ることにする。ちょうどそのとき、吉原一の花魁とうたわれる八ツ橋(坂東玉三郎)の道中を見掛けた次郎左衛門は、彼女のあまりの美貌に心を奪われてしまう。

    ネット上の声

    堪能しました。
    豪華キャスト
    製作年:2012
    製作国:日本
    主演:中村勘三郎
    10
  11. シネマ歌舞伎 女殺油地獄

    シネマ歌舞伎 女殺油地獄
    評価:B3.56
    複雑な家庭環境に生まれたことから、荒れた生活を送る与兵衛(片岡仁左衛門)。実家の油屋河内屋の金を持ち出して遊んだあげく、借金も積み重なっていた。両親は同業のお吉(片岡孝太郎)に頭を下げて金を借りてくれるが到底足りず、今度は与兵衛がお吉のもとを訪れる。しかし、お吉が金を貸すことを拒否したため、与兵衛は逆上してしまい……。

    ネット上の声

    若者の狂気
    シネマ歌舞伎とは
    製作年:2011
    製作国:日本
    主演:片岡孝夫
    11
  12. シネマ歌舞伎 天守物語

    シネマ歌舞伎 天守物語
    評価:C3.54
    白鷺城(姫路城)の最上階には、異界の主こと天守夫人の富姫(坂東玉三郎)が暮らしていた。宴の開かれたとある夜、藩主播磨守の鷹を逃してしまった鷹匠の姫川図書之助(市川海老蔵)は、切腹か天守閣の最上階へと鷹を追うかの選択を迫られる。天守へ行くことに決めた図書之助は、富姫に二度と来ないでほしいと言われ……。

    ネット上の声

    様式美で描く生き方の美醜
    製作年:2011
    製作国:日本
    主演:坂東玉三郎
    12
  13. シネマ歌舞伎 新歌舞伎十八番の内 春興鏡獅子

    シネマ歌舞伎 新歌舞伎十八番の内 春興鏡獅子
    評価:C3.54
    獅子頭が祭壇に置かれた江戸城の大広間で、小姓の弥生(中村勘三郎)が余興として舞をお披露目することになる。家老(大谷友右衛門)たちが今か今かと登場を待ち受ける中、彼女は恥ずかしさのためいったんはその場を逃げ出す。ついに腹をくくって舞を披露し始めるが、祭壇の獅子頭を手にした瞬間に弥生に獅子の精が憑依(ひょうい)し……。
    製作年:2013
    製作国:日本
    主演:中村勘三郎
    13
  14. シネマ歌舞伎 大江戸りびんぐでっど

    シネマ歌舞伎 大江戸りびんぐでっど
    評価:D2.88
    江戸時代の大江戸。くさや汁を浴びた死人が“ぞんび”として生き返る事態が発生し、人間にかみついては増え続ける“ぞんび”に江戸の町は大騒ぎ。そんな中、くさやの名産地・新島出身の半助(市川染五郎)は、くさや汁を体に塗ることで彼らを従わせることに成功し、“ぞんび”を働かせる人材派遣会社“はけんや半助”を起業する。

    ネット上の声

    歌舞伎も面白いかも
    笑えて、ノリの良い歌舞伎
    私、生きてる?
    製作年:2010
    製作国:日本
    主演:市川染五郎
    14

スポンサードリンク