1. 大阪が舞台の映画ランキング

大阪が舞台の映画ランキング

大阪が舞台の映画ランキング

大阪を舞台にしただけにきわどい世界を舞台にした映画のランクインが目立つ。
大阪を舞台にした映画だと知らずに見ていて、言葉使いや映る建物で大阪だとわかるようなそんな映画は雰囲気が伝わってきてすごくいい。
大阪好きだから大阪舞台の映画に一目置いているのだと思うが、古い映画も多い。
今の大阪しか知らない人には、少し前の大阪や大阪の歴史を知るには、ランクインしている映画を見てみるとより深くなれるのはないだろうか。

  1. 泥の河

    泥の河
    評価:A3.96
    大阪安治川河口を舞台に、河っぷちの食堂に住む少年と、対岸に繋がれた廓舟の姉弟との出会いと別れを描く。第十三回太宰治賞を受賞した宮本輝の同名の小説を映画化したもので、脚本は人気TVシリーズ「金八先生」の重森孝子、監督は浦山桐郎監督に師事し、これが第一回作品となる小栗康平、撮影は「泣く女」の安藤庄平がそれぞれ担当。

    ネット上の声

    テーマパークの泥の河
    白黒の原風景

    今すぐ見れるオンライン視聴

    楽天0円
    製作年:1981
    製作国:日本
    監督:小栗康平
    主演:田村高廣
    1
  2. 名探偵コナン 世紀末の魔術師

    名探偵コナン 世紀末の魔術師
    評価:A3.96
    ロマノフ王朝の財宝を巡って繰り広げられる謎解きと殺人事件に、おなじみ少年探偵・コナンが挑むミステリー・アニメーションのシリーズ第3弾。監督は前作「名探偵コナン 14番目の標的」に続いてこだま兼嗣があたっている他、脚本も青山剛昌による原作キャラクターを基に前作に引き続きの古内一成が執筆。撮影も前作と同じく野村隆が担当している。声の出演に高山みなみ。

    ネット上の声

    怪盗が、”快盗”であるお話
    平次にキッド
    怪盗キッドが、キザでマジでカッコいい
    コナン好き
    製作年:1999
    製作国:日本
    監督:こだま兼嗣
    主演:高山みなみ
    2
  3. 名探偵コナン 迷宮の十字路(クロスロード)

    名探偵コナン 迷宮の十字路(クロスロード)
    評価:A3.96
    古都・京都を舞台に、盗まれた仏像と連続殺人事件の謎に少年探偵・コナンが挑む長編アニメーション・シリーズの第7作。監督は「名探偵コナン ベイカー街の亡霊」のこだま兼嗣。青山剛昌による原作を下敷きに、「名探偵コナン 天国へのカウントダウン」の古内一成が脚本を執筆。撮影監督に「~ベイカー街の亡霊」の野村隆があたっている。声の出演に「~ベイカー街の亡霊」の高山みなみ。

    ネット上の声

    勉強になります♪
    コナンかっこいい
    劇場版第7弾は、京都が、舞台
    おもしろくない
    製作年:2003
    製作国:日本
    監督:こだま兼嗣
    主演:高山みなみ
    3
  4. ジョゼと虎と魚たち

    ジョゼと虎と魚たち
    評価:A4.11
    田辺聖子の同名原作小説を、「二人が喋ってる。」「金髪の草原」の犬童一心監督が映画化。足の不自由な女の子ジョゼと、平凡な大学生の青年の出会いから別れまでをビター・スウィートに描く。主演は妻夫木聡と池脇千鶴。脚本は、岩井俊二ウェブサイト<シナリオどんとこい>出身の新人、渡辺あや。音楽はくるり。

    ネット上の声

    そんなに男が悪いのか
    池脇千鶴と新井浩文が凄い!
    ジャンルはラブロマンス?じゃ無いですよ
    恋愛物ではあるけれど、いろいろな意味が込められている作品
    製作年:2003
    製作国:日本
    監督:犬童一心
    主演:妻夫木聡
    4
  5. 忌野清志郎 ナニワ・サリバン・ショー 〜感度サイコー!!!〜

    忌野清志郎 ナニワ・サリバン・ショー 〜感度サイコー!!!〜
    評価:A4.09
    2009年に亡くなったロック・ミュージシャン忌野清志郎。2001年、忌野の呼びかけに賛同したアーティストが集まり、大阪城ホールでライブ「ナニワ・サリバン・ショー」を開催。その後も、2004年、2006年とライブは行われ、さまざまなメンバーが参加した。忌野亡き今、映像作品として4度目の「ナニワ・サリバン・ショー」がお披露目される。

    ネット上の声

    結構面白かった
    清志郎、愛してます~
    どきどきわくわくしました。

    今すぐ見れるオンライン視聴

    楽天0円
    製作年:2011
    製作国:日本
    主演:忌野清志郎
    5
  6. 阪急電車 片道15分の奇跡

    阪急電車 片道15分の奇跡
    評価:A4.09
    阪急今津線の車両内。白いドレスを着て結婚式の引き出物を抱えた女性(中谷美紀)に、見知らぬ老女が声を掛ける。一方、暴れる彼氏を前に動揺する若い女性(戸田恵梨香)。降りる彼を追う彼女にもまた、老女が声を掛けるのだった。

    ネット上の声

    ちょっとホロリちょっと笑い
    思い出の阪急電車・・・長文です
    線路も人生も続く。
    やっと出会えた今年の暫定1位。
    製作年:2011
    製作国:日本
    監督:三宅喜重
    主演:中谷美紀
    6
  7. ぼんち

    ぼんち
    評価:B3.62
    週刊新潮に連載された山崎豊子の原作を、「流転の王妃」の和田夏十と市川崑が共同で脚色「女経」の市川崑が監督したもので、大阪船場のぼんちという宿命を負った一人の青年の半生が描かれる。「浮草」の宮川一夫が撮影した。

    ネット上の声

    船場の掟は厳しい・・・
    他のサイトのレビューでは評価が高いけど
    女系家族、性欲、国策
    やはり強きは女たち。
    製作年:1960
    製作国:日本
    監督:市川崑
    主演:市川雷蔵
    7
  8. Dear Pyongyang ディア・ピョンヤン

    Dear Pyongyang ディア・ピョンヤン
    評価:C3.50
    梁英姫の両親は、約3万人の在日コリアンの住む大阪市生野区で暮らしてた。済州島出身の父は日本で終戦を迎え、北朝鮮を祖国として選んだ。その後、朝鮮総連の中心メンバーとして活動してきた父は、母と出会い、結婚し3人の息子と娘をもうける。1971年、父は息子たちをまだ見ぬ祖国、平壌に帰国させることを決意するが……。

    ネット上の声

    人間として、アイデンティティは認めるべき
    揺るぎない家族愛
    製作年:2005
    製作国:日本
    監督:ヤン・ヨンヒ
    8
  9. めし

    めし
    評価:B3.55
    製作は「哀愁の夜(1951)」の藤本真澄。朝日新聞連載中絶筆となった林芙美子の原作から「哀愁の夜(1951)」の井手俊郎と「少年期」の田中澄江とが共同で脚本を執筆、「舞姫(1951)」の成瀬巳喜男が監督に当っている。撮影は「武蔵野夫人」の玉井正夫である。出演者は、「死の断崖」の上原謙と島崎雪子、「麦秋」の原節子と杉村春子、二本柳寛、「赤道祭」の杉葉子と山根壽子、「平手造酒(1951)」の山村聡、…

    ネット上の声

    何ともはや
    大阪を舞台に~
    こんな原節子も良い
    三丁目の夕日を見たら、途端にホンマモンに合いたくなって・・・・
    製作年:1951
    製作国:日本
    監督:成瀬巳喜男
    主演:上原謙
    9
  10. 図書館戦争 革命のつばさ

    図書館戦争 革命のつばさ
    評価:B3.67
    テロ事件が勃発(ぼっぱつ)する近未来の日本。デートをしていた図書隊の笠原郁と堂上篤に緊急召集がかかり、テロの手法と小説の内容が似ているとして、メディア良化委員会による作家狩りの標的にされた小説家・当麻蔵人の身辺警護の任務が言い渡される。しかし、図書隊と良化隊の激しい衝突で堂上が重傷を追うはめに。そんな状況でも郁は任務を続行するが……。

    ネット上の声

    原作ファン以外はお断り!
    肝心のキャラクターを何とかしてほしい
    予想を超える骨太の作品
    映像化云々より脚本の問題
    製作年:2012
    製作国:日本
    監督:浜名孝行
    主演:井上麻里奈
    10
  11. 悪名

    悪名
    評価:A3.95
    この作品は、現在、全国のあらゆる新聞、雑誌の連載小説中でも最も人気高く、「週刊朝日」に連載中の今東光の同名小説の映画化で、「小太刀を使う女」の依田義賢が脚色。「鯉名の銀平(1961)」の田中徳三が監督。撮影は「沓掛時次郎(1961)」の宮川一夫。

    ネット上の声

    傑作シリーズ
    おもしろい
    勝新と4人の女
    なんでずーっといっこもれびゅうないんや?
    製作年:1961
    製作国:日本
    監督:田中徳三
    主演:勝新太郎
    11
  12. 夜叉

    夜叉
    評価:B3.63
    今は漁師として生活している中年男の隠された過去と揺れ動く愛を描く。脚本は「ひとごろし」の中村努、監督は「魔の刻」の降旗康男、撮影も同作の木村大作が担当。

    ネット上の声

    下心のある任侠にガッカリ
    なんだ、お前もヤクザじゃねえか
    超・リアル。これも実際にありえる町の姿。
    鰤(ブリ)を投げる
    製作年:1985
    製作国:日本
    監督:降旗康男
    主演:高倉健
    12
  13. ラブ★コン

    ラブ★コン
    評価:C3.46
    身長が高いせいで男の子にフラれた過去を持つ小泉リサ(藤澤恵麻)と、身長が低いせいで女の子にフラれた経験のある大谷敦士(小池徹平)は、外見のコンプレックスに悩んでいた。お互いに“チビ!”“デカ女!”と呼び合うふたりは舞戸学園に入学早々、その名コンビぶりが評判となり、漫才師のオール阪神・巨人と命名されてしまう。

    ネット上の声

    キビシイです
    恵麻ちゃんカワイイ!
    この夏の大穴
    一度で二度美味しい♪
    製作年:2006
    製作国:日本
    監督:石川北二
    主演:藤澤恵麻
    13
  14. Wの悲劇

    Wの悲劇
    評価:B3.74
    女優をめざす若い劇団の研究生が、ある事件に巻き込まれて主役を演じ、本当の女優になっていく姿を描く。夏樹静子原作の同名小説を、本篇の中の舞台劇におりこみ、「湯殿山麓呪い村」の荒井晴彦と「野菊の墓」の澤井信一郎が共同で脚本を執筆。監督は澤井信一郎、撮影は「愛情物語」の仙元誠三がそれぞれ担当。

    ネット上の声

    アイドルから女優へ
    今でも拍手を送りたい
    「顔はぶたないでっ」・・今見ても印象的な台詞ですね。
    壮絶 女の戦い

    今すぐ見れるオンライン視聴

    Google0円Hulu月々定額
    製作年:1984
    製作国:日本
    監督:澤井信一郎
    主演:薬師丸ひろ子
    14
  15. ボックス!

    ボックス!
    評価:B3.60
    高校のアマチュアボクシング部所属の体育科の鏑矢(市原隼人)は、ボクサーとして天性の素質を持っていた。一方、彼とは幼なじみで進学科の秀才、木樽(高良健吾)は子どものころから腕力にはまったく自信がなかった。だが、木樽は自分も鏑矢のように強くなりたいと願い、ボクシング部に入部して日々コツコツと努力を積み重ねていき……。

    ネット上の声

    友のために・・闘う!!
    大阪!友情!ボクシング!
    直球・ストレートな友情物語
    幼なじみ、二人の若者の友情物語、青春グラフィティ
    製作年:2010
    製作国:日本
    監督:李闘士男
    主演:市原隼人
    15

スポンサードリンク