1. 第15回ニューヨーク映画批評家協会賞(1949年開催)

第15回ニューヨーク映画批評家協会賞(1949年開催)

  1. 自転車泥棒

    自転車泥棒
    評価:B3.78
    1949年のニューヨーク映画批評家協会賞で「外国映画賞」を受賞。

    「靴みがき」に続いて監督のヴィットリオ・デ・シーカと脚本家のチェザーレ・ザヴァッティーニのコンビが発表したネオレアリズムの代表的傑作である。「靴みがき」同様素人俳優を起用したもので、この二作によりデ・シーカとザヴァッティーニコンビの映画づくりは完成の域に達した。

    ネット上の声

    やばいです
    辛いけど頑張れ
    映画ファン以外へ
    敗戦国イタリアを浮き彫りにする圧倒的リアリズム
    製作年:1948
    製作国:イタリア
    監督:ヴィットリオ・デ・シーカ
    主演:ランベルト・マジョラーニ
    1
  2. 女相続人

    女相続人
    評価:B3.70
    1949年のニューヨーク映画批評家協会賞で「女優賞」を受賞。

    「ミニヴァー夫人」「我等の生涯の最良の年」のウィリアム・ワイラーがパラマウントに入社しての第1回製作・監督に当たったもので、19世紀の心理小説家ヘンリー・ジェームズの小説『ワシントン街』より、ルース及オーガスタス・ゲーツが戯曲化した「女相続人」に取材、劇作者が映画用に脚本を書き改めている。撮影は「蛇の穴」のレオ・トーヴァー、音楽は「…

    ネット上の声

    演技と階段
    ラブストーリー?
    おそれいりました。
    古いが古くない
    製作年:1949
    製作国:アメリカ
    監督:ウィリアム・ワイラー
    主演:オリヴィア・デ・ハヴィランド
    2
  3. 落ちた偶像

    落ちた偶像
    評価:E2.77
    1949年のニューヨーク映画批評家協会賞で「監督賞」を受賞。

    「文化果つるところ」のキャロル・リードが製作・監督した一九四八年作品で、「第三の男」と同じく、グラハム・グリーンの短篇小説を、グリーン自身が脚色した。附加台詞はレスリー・ストームとウイリアム・テンプルトン、撮影は「老兵は死なず」のジョルジュ・ペリナール、作曲は「邪魔者は殺せ」のウィリアム・オルウィンの担当。主演は「超音ジェット機」の…

    ネット上の声

    第三の男は遠し
    秋の夜に名作サスペンス
    愛憎と悲劇!
    おもしろくなかった
    製作年:1948
    製作国:イギリス
    監督:キャロル・リード
    主演:ラルフ・リチャードソン
    3
  4. オール・ザ・キングスメン

    オール・ザ・キングスメン
    評価:E2.58
    1949年のニューヨーク映画批評家協会賞で「作品賞」「男優賞」の2部門を受賞。

    1949年度アカデミー賞を3部門(作品、主演男優、助演女優)受賞しながら、政治の裏側を徹底して暴いているため、政治的圧力を受けて日本公開されなかった問題作。製作・監督・脚本は「ハスラー」のロバート・ロッセン、原作はロバート・ペン・ウォーレンの1947年ピューリッツァー賞受賞の同名小説、撮影は「俺たちに明日はない」の…

    ネット上の声

    アメリカの側面。
    政治家の堕落を描いた硬派政治映画
    赤狩りの犠牲者
    政治メロドラマの傑作
    製作年:1949
    製作国:アメリカ
    監督:ロバート・ロッセン
    主演:ブロデリック・クロフォード
    4

スポンサードリンク