1. 第29回アカデミー賞(1957年開催)

第29回アカデミー賞(1957年開催)

  1. 傷だらけの栄光

    傷だらけの栄光
    評価:S4.28
    1957年のアカデミー賞で「撮影賞(白黒)」「美術監督・装置賞(白黒)」の2部門を受賞。

    ミドル級世界選手権保持者ロッキー・グラジアノの伝記映画。原作はグラジアノ自身とロウランド・バーバーの合作によるベスト・セラー小説、脚色は「重役室」のアーネスト・リーマン、監督は「トロイのヘレン」のロバート・ワイズ、撮影は「白鳥(1956)」のジョセフ・ルッテンバーグ、音楽はブロニスロー・ケイパー。主題歌は…

    ネット上の声

    アメリカン・ドリーム
    とっても映画らしい映画でした
    製作年:1956
    製作国:アメリカ
    監督:ロバート・ワイズ
    主演:ポール・ニューマン
    1
  2. 赤い風船

    赤い風船
    評価:A4.15
    1957年のアカデミー賞で「脚本賞」を受賞。

    ある朝、赤い風船が街灯に引っ掛かっているのを見つけた少年パスカル(パスカル・ラモリス)。街灯によじ登って風船を手に取った彼は、しっかり握ったまま風船と一緒に過ごすように。だが、しばらくすると、風船は手を離してもパスカルの行く先々についてくるようになる。そんなパスカルと風船を町のいたずらっ子たちが追うが……。

    ネット上の声

    雨上がりに、君と歩こう
    知っているかな・・?隠れた本当の名作を
    理屈抜きで癒される作品。観客の映画を見る力が問われてしまいそう~。
    大好きになる映画
    製作年:1956
    製作国:フランス
    監督:アルベール・ラモリス
    主演:パスカル・ラモリス
    2
  3. 道
    評価:A4.14
    1957年のアカデミー賞で「外国語映画賞」を受賞。

    旅回りの道化師と一人の女をめぐって人生の哀歓をつく、五四年ヴェニス国際映画祭サン・マルコ銀獅子賞、五六年ニューヨーク映画批評家協会最優秀外国映画、五六年アカデミー最優秀外国映画賞各受賞の話題作。「無防備都市」「戦火のかなた」のシナリオを執筆したフェデリコ・フェリーニとトゥリオ・ピネリが原案、脚本を書き、同じくフェリーニが監督した。撮影は「恋愛…

    ネット上の声

    私が死んだら悲しい?
    心のどこかに残る名作。
    自分の人生=道 を考えさせられる
    人間の本質的な悲惨さを描いた映画であり希望はない
    製作年:1954
    製作国:イタリア
    監督:フェデリコ・フェリーニ
    主演:アンソニー・クイン
    3
  4. ジャイアンツ

    ジャイアンツ
    評価:A3.85
    1957年のアカデミー賞で「監督賞」を受賞。

    「ショウ・ボート」の原作者エドナ・ファーバー女史の筆になるベストセラー小説の映画化である。脚色はフレッド・ガイオルと「あの日あのとき」のアイヴァン・モファットの共同、「シェーン」のジョージ・スティーヴンスがヘンリー・ギンスバーグと共同製作の上、監督した。撮影は「カービン銃第1号」のウィリアム・C・メラー、音楽は「ピラミッド(1955)」のディミトリ…

    ネット上の声

    丁寧な作りのドラマ
    物語以上にジェームズ・ディーン
    偏見を乗り越えて
    ジェームスディーンがいい
    製作年:1956
    製作国:アメリカ
    監督:ジョージ・スティーヴンス
    主演:エリザベス・テイラー
    4
  5. 王様と私

    王様と私
    評価:B3.60
    1957年のアカデミー賞で「主演男優賞」「録音賞」「ミュージカル映画音楽賞」「衣装デザイン賞(カラー)」「美術監督・装置賞(カラー)」の5部門を受賞。

    「回転木馬」に次ぐロジャース=ハマーステインのミュージカルでシネマスコープ55の第2回作品。製作は「あの日あのとき」のチャールズ・ブラケット。マーガレット・ランドンのベスト・セラー伝記“アンナとシャム王”を「重役室」のアーネスト・リーマンが脚色…

    ネット上の声

    ミュージカルはいいね
    細かい点には目をつぶって見よう
    宮殿や衣装のみ見ごたえアリ
    ユル・ブリンナーさんの瞳・・
    製作年:1956
    製作国:アメリカ
    監督:ウォルター・ラング
    主演:ユル・ブリンナー
    5
  6. 知りすぎていた男

    知りすぎていた男
    評価:B3.56
    1957年のアカデミー賞で「歌曲賞」を受賞。

    英国時代にヒッチコックが作った「暗殺者の家」の再映画化で、原作はチャールズ・ベネットとP・B・ウィンダム・ルイス。脚色は「ハリーの災難」のジョン・マイケル・ヘイズとアンガス・マクフェイル、撮影監督は、「ハリーの災難」のロバート・バークス。音楽はバーナード・ハーマン。主演は「カービン銃第1号」のジェームズ・スチュアートと「情欲の悪魔」のドリス・デイ。

    ネット上の声

    Whatever will be、 will be
    知らないうちに知ってしまった男
    結末まで目が離せないソフトサスペンス
    けせらせら
    製作年:1956
    製作国:アメリカ
    監督:アルフレッド・ヒッチコック
    主演:ジェームズ・スチュワート
    6
  7. 風と共に散る

    風と共に散る
    評価:C3.39
    1957年のアカデミー賞で「助演女優賞」を受賞。

    石油富豪の邸に巻き起る激しい愛情の四角関係を描写したメロドラマ。ロバート・ワイルダーの小説から「四角いジャングル」のジョージ・ザッカーマンが脚色し、「自由の旗風(1955)」のダグラス・サークが監督する。撮影は「死の脱獄者」のラッセル・メティ、音楽はフランク・スキナー。フォア・エイセズ四重唱団によって歌われる主題歌は、サミー・カーン、作曲ヴィク…

    ネット上の声

    映画の良さはストーリー良さじゃない
    「飛行機は速すぎる」
    製作年:1956
    製作国:アメリカ
    監督:ダグラス・サーク
    主演:ロック・ハドソン
    7
  8. 炎の人ゴッホ

    炎の人ゴッホ
    評価:C3.38
    1957年のアカデミー賞で「助演男優賞」を受賞。

    後期印象派画家の1人、ヴィンセンと・ヴァン・ゴッホの生涯を描いたアーヴィング・ストーンの同名小説の映画化。「青いヴェール」のノーマン・コーウィンが脚色、「お茶と同情」のヴィンセント・ミネリが監督した。撮影は「ボワニー分岐点」のフレディ・ヤング、「最後の銃撃」のラッセル・ハーランの2人、音楽は「悪人への貢物」のミクロス・ローザ。主演は「OK牧場の…

    ネット上の声

    生涯モラトリアム
    もう一歩踏み込んでほしい
    まさに壮絶
    絵画の色がすばらしい
    製作年:1956
    製作国:アメリカ
    監督:ヴィンセント・ミネリ
    主演:カーク・ダグラス
    8
  9. 80日間世界一周

    80日間世界一周
    評価:C3.32
    1957年のアカデミー賞で「作品賞」「脚色賞」「編集賞」「撮影賞(カラー)」「劇・喜劇映画音楽賞」の5部門を受賞。

    19世紀末に発表されたジュール・ヴェルヌの同名小説の映画化。「オクラホマ!」に続くトッド・AOの第2作。(日本公開はトッド・AO方式によらずワイド・スクリーンで公開)。登場人物に各国有名スターを総動員しての冒険映画で製作費に700万ドル費やしたという大作。ジェームズ・ポー、ジョン…

    ネット上の声

    豪華なゲストとなんでもありのストーリー
    娯楽映画の傑作! 子どもにも大受けでした。
    一緒に世界一周旅行
    これぞit's a small worl
    製作年:1956
    製作国:アメリカ
    監督:マイケル・アンダーソン
    主演:デヴィッド・ニーヴン
    9
  10. 追想

    追想
    評価:C3.24
    1957年のアカデミー賞で「主演女優賞」を受賞。

    ロシア革命の犠牲から奇跡的に逃れ今も生存を伝えられるロマノフ王朝の皇女アナスタシアに絡まる恋と陰謀を描いた話題作。原作はガイ・ボルトンの潤色によるフランスのマルセル・モーレットの戯曲により、「旅情」のアーサー・ローレンツが脚色、「愛情は深い海の如く」のアナトール・リトヴァクが監督した。撮影は「旅情」のジャック・ヒルドヤード、音楽は「バス停留所」…

    ネット上の声

    まず結論ありき
    アナスタシア伝説
    気品と風格のイングリッド
    バーグマン
    製作年:1956
    製作国:アメリカ
    監督:アナトール・リトヴァク
    主演:ユル・ブリンナー
    10
  11. 沈黙の世界

    沈黙の世界
    評価:C3.23
    1957年のアカデミー賞で「ドキュメンタリー長編賞」を受賞。

    一九五六年カンヌ映画祭でグラン・プリを獲得した、テクニカラー色彩による長篇記録映画である。この作品の監督ジャック・イヴ・クーストーはフランスの海軍大佐だが深海の魅力にとりつかれ一九四二年、工学技師エミール・ガニヤンの協力でアクアラング(潜水肺)を発明。海中の短篇映画にも手を染め、「漂流物」、「潜水手帖」の二作で夫々カンヌ映画祭の賞を…

    ネット上の声

    海とロマンを愛するあなたに
    暑い夏に観るにはピッタリのドキュメンタリ
    製作年:1956
    製作国:フランス
    監督:ジャック=イヴ・クストー
    11
  12. 黒い牡牛

    黒い牡牛
    評価:D2.85
    1957年のアカデミー賞で「原案賞」を受賞。

    メキシコ農村の一少年がひたむきに育て上げつつも闘牛場へ連れ去られた子牛を、純真な愛の力で取り戻すまでを描いた心温まる物語り。製作はモーリスとフランクのキング兄弟。ロバート・リッチのストーリーからハイリ・フランクリンとメリル・G・ホワイトが共同で脚本執筆し、「女性よ永遠に」のアーヴィング・ラパーが監督する。撮影は「赤い靴」の名手ジャック・カーディフ、…

    ネット上の声

    哀切極まりない映画です
    製作年:1956
    製作国:アメリカ
    監督:アーヴィング・ラパー
    主演:マイケル・レイ
    12

スポンサードリンク