1. 第25回アカデミー賞(1953年開催)

第25回アカデミー賞(1953年開催)

  1. 禁じられた遊び

    禁じられた遊び
    評価:A3.96
    1953年のアカデミー賞で「名誉賞」を受賞。

    「ガラスの城」のルネ・クレマンが監督した一九五二年作品。戦争孤児になった一少女と農家の少年の純心な交情を描くフランソワ・ボワイエの原作小説を、「肉体の悪魔(1947)」のコンビ、ジャン・オーランシュとピエール・ボスト、それにクレマンが共同で脚色した。台詞はオーランシュ、ボスト、原作者ボワイエの三人。撮影は「ドイツ零年」のロベール・ジュイヤール、音楽…

    ネット上の声

    一度は ご覧あれ
    20年以上前のこと…
    良い時代の日本
    幼い男の子と女の子が見た戦争
    製作年:1952
    製作国:フランス
    監督:ルネ・クレマン
    主演:ブリジット・フォッセー
    1
  2. 真昼の決闘

    真昼の決闘
    評価:B3.75
    1953年のアカデミー賞で「主演男優賞」「編集賞」「歌曲賞」「劇・喜劇映画音楽賞」の4部門を受賞。

    「シラノ・ド・ベルジュラック」のスタンリー・クレイマーが、1952年に製作した西部劇で、監督は「暴力行為」のフレッド・ジンネマン。ジョン・W・カニンガムの短編小説に基づいて「シラノ」のカール・フォアマンが脚色した。音楽の作曲と指揮はディミトリ・ティオムキン「井戸」で、主題のバラード『ハイ・ヌーン…

    ネット上の声

    文句なしに傑作でしょう
    西部劇の問題作
    シリアスな心理劇であり、人間ドラマ。
    真昼の決闘
    製作年:1952
    製作国:アメリカ
    監督:フレッド・ジンネマン
    主演:ゲイリー・クーパー
    2
  3. 地上最大のショウ

    地上最大のショウ
    評価:D3.12
    1953年のアカデミー賞で「作品賞」「原案賞」の2部門を受賞。

    「サムソンとデリラ」のセシル・B・デミルが1952年に製作・監督したテクニカラーのサーカス映画で、世界最大のサーカスといわれるリングリング・ブラザース=バーナム・アンド・ベイリー一座の協力によるもの。52年度のアカデミー作品賞とデミルにアーヴィング・サルバーグ賞が与えられた。フレドリック・M・フランク「サムソンとデリラ」、バリー・…

    ネット上の声

    地上最大のショウ
    名コンビ!!!
    格安のセットもので、手に入れて
    サーカスは 動く大家族!
    製作年:1952
    製作国:アメリカ
    監督:セシル・B・デミル
    主演:チャールトン・ヘストン
    3
  4. 静かなる男

    静かなる男
    評価:D2.96
    1953年のアカデミー賞で「監督賞」「撮影賞(カラー)」の2部門を受賞。

    米アカデミー賞で史上最多となる4回の監督賞を受賞し、「男の敵」「駅馬車」「怒りの葡萄」など不朽の名作の数々を残したジョン・フォード監督が、自身のルーツでもあるアイルランドの小さな村を舞台に、詩情豊かな人間関係を描き出したヒューマンラブストーリー。アメリカでボクサーとして暮らしていたシーン・ソーントンは、戦いの場から身を引…

    ネット上の声

    我慢の130分
    赤毛のモーリン
    ボーン・トゥ・ビー・ワイルド
    アイルランド賛歌
    製作年:1952
    製作国:アメリカ
    監督:ジョン・フォード
    主演:ジョン・ウェイン
    4
  5. ラベンダー・ヒル・モブ

    ラベンダー・ヒル・モブ
    評価:D2.95
    1953年のアカデミー賞で「脚本賞」を受賞。

    ネット上の声

    アレック・ギネスは、こんなんでしたか
    笑いの基本
    製作年:1951
    製作国:イギリス
    監督:チャールズ・クライトン
    主演:アレック・ギネス
    5
  6. 愛しのシバよ帰れ

    愛しのシバよ帰れ
    評価:D2.93
    1953年のアカデミー賞で「主演女優賞」を受賞。

    ウィリアム・インジの舞台劇の映画化で、「底抜け落下傘舞台」のハル・B・ウォリスが製作にあたった1952年作品。脚色はケッティ・フリングス、監督は舞台の演出を担当したダニエル・マンである。撮影は「その男を逃すな」のジェイムス・ウォン・ハウ、作曲はフランツ・ワックスマン。主演は舞台と同じシャーリー・ブース(52年アカデミー主演女優賞獲得)と、「真紅…

    ネット上の声

    う〜ん、暗い話
    若き日の過ち
    製作年:1952
    製作国:アメリカ
    監督:ダニエル・マン
    主演:バート・ランカスター
    6
  7. 革命児サパタ

    革命児サパタ
    評価:E2.58
    1953年のアカデミー賞で「助演男優賞」を受賞。

    1911年のメキシコ革命に活躍したエミリアノ・サパタの半生記で、ダリル・F・ザナック製作になる1951年作品。「怒りの葡萄」のジョン・スタインベックが脚本を書き下ろし、「欲望という名の電車」のエリア・カザンが監督した。撮影は「暗黒の恐怖」のジョー・マクドナルド、音楽は「欲望という名の電車」のアレックス・ノースの担当である。主演は「欲望という名の…

    ネット上の声

    正しき指導者
    巨匠エリア・カザンのリアリズム演出が光る
    製作年:1952
    製作国:アメリカ
    監督:エリア・カザン
    主演:マーロン・ブランド
    7
  8. 悪人と美女

    悪人と美女
    評価:E2.56
    1953年のアカデミー賞で「脚色賞」「撮影賞(白黒)」「助演女優賞」「衣装デザイン賞(白黒)」「美術監督・装置賞(白黒)」の5部門を受賞。

    「ジェーン・エア」の脚本を書いたジョン・ハウスマンが製作にあたり、「三つの恋の物語」(第2話)のヴィンセント・ミネリが監督した1952年作品。ハリウッドの内幕を描くジョージ・ブラッドショウのストーリーを「女群西部へ」のチャールズ・スクニーが脚色した。撮影は…

    ネット上の声

    豪華キャストの人間ドラマ
    製作年:1952
    製作国:アメリカ
    監督:ヴィンセント・ミネリ
    主演:ウォルター・ピジョン
    8
  9. 超音ジェット機

    超音ジェット機
    評価:E2.29
    1953年のアカデミー賞で「録音賞」を受賞。

    「逢びき」「陽気な幽霊」などのデイヴィッド・リーンが製作ならびに監督に当った航空映画一九五二年作品で、超音速ジェット機出現までの苦しい経緯をえがいたもの。ストオリイと脚色は劇作家のテレンス・ラティガン(「ブラウニング・ヴァーション」)、撮影はジャック・ヒルドヤード(「ホテル・サハラ」)、作曲はマルコム・アーノルドの担当。主演は「四枚の羽根」のラルフ…

    ネット上の声

    上品ざます
    野心にも良いものと悪いものがあるの、お父さん。
    英国紳士的
    ジェット機の開発に隠された愛憎劇
    製作年:1952
    製作国:イギリス
    監督:デヴィッド・リーン
    主演:ラルフ・リチャードソン
    9
  10. わが心に歌えば

    わが心に歌えば
    評価:E1.85
    1953年のアカデミー賞で「ミュージカル映画音楽賞」を受賞。

    現存のアメリカの女性歌手ジェイン・フロマンの半生を描くテクニカラーの音楽映画で、製作、脚本は「廃墟の群盗」の故ラマー・トロッティ、監督は「夫は偽者」のウォルター・ラングの担当。音楽監督はケン・ダービイ、撮影はレオン・シャムロイ。主演は「キリマンジャロの雪」のスーザン・ヘイワード、「虐殺の河」のロリー・カルホーン、「人生模様」のデイヴ…

    ネット上の声

    口パクの熱演に気をとられ
    スーザンヘイワードは可愛いけれど
    製作年:1952
    製作国:アメリカ
    監督:ウォルター・ラング
    主演:スーザン・ヘイワード
    10

スポンサードリンク