1. 第5回アカデミー賞(1933年開催)

第5回アカデミー賞(1933年開催)

  1. グランド・ホテル

    グランド・ホテル
    評価:C3.54
    1933年のアカデミー賞で「作品賞」を受賞。

    1本立てで主演映画を作り得るスターを5名集めたキャストの贅沢さで空前のセンセーションを惹き起こした映画で、ヴィッキ・バウム作の同名の小説を女史自ら劇化したものを映画化したもの。ただしこの映画直接の扮本はウィリアム・A・ドレイク翻案の米国における舞台脚本で、監督には「月世界征服(1931)」「夜の天使」のエドモンド・グールディングが当たり、カメラは「…

    ネット上の声

    やっぱり、面白い
    古き良き夢の残り香
    「グランド・ホテル形式」
    これがグランドホテル方式の元祖
    製作年:1932
    製作国:アメリカ
    監督:エドマンド・グールディング
    主演:グレタ・ガルボ
    1
  2. ジキル博士とハイド氏

    ジキル博士とハイド氏
    評価:C3.50
    1933年のアカデミー賞で「主演男優賞」を受賞。

    数年前、米国に於いてもまたドイツに於いても映画化されたことのあるロバード・ルイス・スティヴンソンの著名な小説を再び映画かしたもので、脚色には「おしゃれ牧場」「珍暗黒街」のパーチー・ヒースと「アメリカの悲劇」のサミュエル・ホッフェンシュタインの二人が当たり、「市街」「喝采」のルーベン・マムーリアンがメガフォンをとった。主役を演ずるは「夜の天使」「…

    ネット上の声

    70年以上前の映画なんですね。これ。
    フレデリック・マーチ最高の演技に脱帽
    製作年:1932
    製作国:アメリカ
    監督:ルーベン・マムーリアン
    主演:フレデリック・マーチ
    2
  3. 上海特急

    上海特急
    評価:C3.24
    1933年のアカデミー賞で「撮影賞(白黒)」を受賞。

    「アメリカの悲劇」「間諜X27」に次ぐジョセフ・フォン・スタンバーグの監督作品」で原作はハリイ・ハヴェイの筆になる小説、それを「モロッコ」「反逆者」のジュールス・ファースマンが脚色し、「アメリカの悲劇」「間諜X27」と同じくリー・ガームスが撮影した。主演者は「間諜X27」「モロッコ」のマルレーネ・ディトリッヒで「沈黙(1931)」「赤新聞」…

    ネット上の声

    上海リリー
    カメラが焼き付ける美
    シャンハイ エクスプレス
    上海特急 1932
    製作年:1932
    製作国:アメリカ
    監督:ジョセフ・フォン・スタンバーグ
    主演:マレーネ・ディートリッヒ
    3
  4. バッド・ガール

    バッド・ガール
    評価:E0.88
    1933年のアカデミー賞で「監督賞」「脚色賞」の2部門を受賞。

    ヴィナ・エイルマーの筆になる小説から「再生の港」「親爺は若い」のエドウィン・バークが脚色し、「親爺は若い」「リリオム」のフランク・ボーゼージが監督したもので主演者は「速成成金」「キートンの恋愛指南番」のサリー・アイラースと舞台から来たジェームズ・ダンの二人、助演者として同じく舞台出のミナ・ゴンベル、ウィリアム・パウレイ、フランク・ダリアンなどが登場、カメラは「リリオム」「親爺は若い」のチェスター・ライオンズが受け持っている。

    今すぐ見れるオンライン視聴

    Google0円Gyao540円楽天0円
    製作年:1931
    製作国:アメリカ
    監督:フランク・ボーゼージ
    主演:サリー・アイラース
    4
  5. マデロンの悲劇

    マデロンの悲劇
    評価:E0.00
    1933年のアカデミー賞で「主演女優賞」を受賞。

    エドワード・ノブロック原作舞台劇『子守唄』から「暴露戦術」「国際盗賊ホテル」のチャールズ・マックアーサーが脚色し、台詞を附しエドガー・セルウィンが監督にあたり、「パリの魔人」「ニュー・ムーン」のオリヴァー・T・マーシュが撮影を担当した映画。主なる出演者はニューヨークの舞台女優として名あるヘレン・ヘイズ、「秘密の6」のルイス・ストーン、「仮染の唇」のニール・ハミルトン、ロバート・ヤング、ィロフィ・エワーヅ、ジャン・ジャーショルト、マリー・プレヴォー、カレン・モーリーなどである。
    製作年:1931
    製作国:アメリカ
    監督:エドガー・セルウィン
    主演:ヘレン・ヘイズ
    5

スポンサードリンク