1. 第4回アカデミー賞(1932年開催)

第4回アカデミー賞(1932年開催)

  1. タブウ

    タブウ
    評価:B3.58
    1932年のアカデミー賞で「撮影賞」を受賞。

    「サンライズ」「都会の女」のF・W・ムルナウが「モアナ」のロバート・フラハティと協力して組み立てたストーリーを基にして自ら監督、製作にあたった映画である。南太平洋ポリネシア諸島の一部がロケーション地となり、フロイド・クロスビーが撮影を担任、出演者は少数のハーフと中国人を除く他はすべてポリネシア人。ヒューゴー・ライゼンフェルト選曲による伴奏が後に録音された。ちなみにこの映画完成後、製作者ムルナウは奇禍に遭遇してカリフォルニアに物故した。ゆえにこれは彼の遺作となったわけである。
    製作年:1931
    製作国:アメリカ
    監督:F・W・ムルナウ
    主演:マタヒ
    1
  2. 自由の魂

    自由の魂
    評価:C3.54
    1932年のアカデミー賞で「主演男優賞」を受賞。

    「仮染の唇」「結婚双紙」と同じくノーマ・セレト・ジョンの筆になる小説をベッキー・ガーディナーが改作し、「仮染の唇」「結婚双紙」のジョン・ミーハンが撮影台本に組み立て、これに基づいて「アンナ・クリスティ」「インスピレーション」のクラレンス・ブラウンが監督にあたったもので助演者は「私の殺した男」「キートンのエキストラ」のライオネル・バリモア、「無冠…

    ネット上の声

    力作です
    製作年:1931
    製作国:アメリカ
    監督:クラレンス・ブラウン
    主演:ノーマ・シアラー
    2
  3. シマロン

    シマロン
    評価:D3.00
    1932年のアカデミー賞で「作品賞」「脚色賞」の2部門を受賞。

    「母」「ショウボーイ」の原作者エドナ・ファーバーの名作小説をトーキー化したもので「地獄の天使(1930)」「キスメット(1930)」のハワード・エスタブルックが脚色して台詞をつけ、「ストリート・ガール」「海魔」のウェズリー・ラッグルズが監督し、「七つの鍵」「愛の医者」のリチャード・ディックスが据えんしている。助演者は舞台女優だった…

    ネット上の声

    開拓時代末期のアメリカを知る
    アメリカ開拓史の原動力を描いた力作
    ラストが泣ける
    製作年:1931
    製作国:アメリカ
    監督:ウェズリー・ラッグルス
    主演:リチャード・ディックス
    3
  4. 暁の偵察

    暁の偵察
    評価:E0.00
    1932年のアカデミー賞で「脚本賞」を受賞。

    第一次大戦中の西部戦線で、独軍と戦う英国航空部隊の厳しい戦況と、若い士官を死地に送り出さなければならない司令官の苦悩を描いた物語。ホークスのトーキー第1作。大富豪ハワード・ヒューズが自らの超大作「地獄の天使」との酷似を指摘し、あらゆる手段で製作の妨害や法廷闘争を仕掛けてきたが、製作中止にまで追い込むことは出来ず、完成した映画は記録的大ヒットとなった。
    製作年:1930
    製作国:アメリカ
    監督:ハワード・ホークス
    主演:リチャード・バーセルメス
    4
  5. スキピイ

    スキピイ
    評価:E0.00
    1932年のアカデミー賞で「監督賞」を受賞。

    米国有数の漫画家パーシー・クロスビー原作の漫画小説より「トム・ソーヤーの冒険(1930)」「駄法螺成金」のサム・ミンツが書き下ろしたものに基づき「拳の王者」のジョセフ・L・マンキーウィッツとノーマン・マクロードの2人が脚色し、「ラッキー・ボーイ」のノーマン・タウログが監督した映画である。主なる出演者はかつてパテ社のアワー・ギャング・コメディーの1人たりしジャッキー・クーパーをはじめ、ジャッキー・クーガンの弟で当年5歳のロバート・クーガン、「サンタ・フェ・トレイル」「トム・ソーヤーの冒険(1930)」のミッチー・グリーン、同じく「トム・ソーヤーの冒険(1930)」に出たジャッキー・サールその他ウィラード・ロバートソン、往年鳴らしたエニッド・ヴェネット、ヘレン・ジェローム・エディー等である。カメラは「サンライズ」「ベン・ハー(1926)」のカール・ストラッスが担任。
    製作年:1931
    製作国:アメリカ
    監督:ノーマン・タウログ
    主演:ジャッキー・クーパー
    5

スポンサードリンク