1. 1969年の人気映画ランキング

1969年の人気映画ランキング

1969年は人類初の月面着陸や大学紛争(警視庁は東大本郷構内安田講堂を占拠している全学共闘会議派学生を機動隊を使って排除した。
)や沖縄が1972年に返還されることが決まる(佐藤首相が渡米し、日米会談で決定)といった出来事がありました。
話題の映画としては邦画は「男はつらいよ」シリーズがヒットし、洋画は「ミニミニ大作戦」といった疾走感溢れるカーチェイスシーンが人気になりました。
ランキングにある映画はどれも見所満載で、興味のそそる映画ばかりです。

  1. Z

    Z
    評価:A4.20
    ギリシャで実際にあった革新政党の政治家暗殺事件をモデルにしたヴァシリ・ヴァシリコスの小説の映画化。製作担当はジャック・ペランとハーメッド・ラチェディの二人。監督は「七人目にかける男」のコスタ・ガブラス、脚本は「戦争は終った」のホルヘ・センプランとコスタ・ガブラスの共作。撮影は「中国女」のラウール・クタール、音楽は「その男ゾルバ」のミキス・テオドラキスがそれぞれ担当。出演は「戦争は終った」のイヴ・…

    ネット上の声

    重厚、迫力。
    ギリシャでは公開中止に
    製作年:1969
    製作国:フランス/アルジェリア
    監督:コンスタンタン・コスタ=ガヴラス
    主演:イヴ・モンタン
    1
  2. 明日に向って撃て!

    明日に向って撃て!
    評価:A4.19
    実在した2人のアウトローをモデルに、彼らの自由奔放な生きざまをユーモラスかつシニカルに描いた青春西部劇の傑作。19世紀末のアメリカ西部。列車強盗で大金を手にしたブッチ・キャシディとサンダンス・キッドは、新たな夢を追い求めて南米ボリビアへと向かう。彼らはここでも銀行強盗を繰り返し、逃避行を続けるが……。主人公のブッチをポール・ニューマン、サンダンスをロバート・レッドフォードが演じる。

    ネット上の声

    スターを支える優れた技術
    ポールニューマンとロバートレッドフォードは息が合ってていい感じ
    最高~!!
    一番好きな映画です。
    製作年:1969
    製作国:アメリカ
    監督:ジョージ・ロイ・ヒル
    主演:ポール・ニューマン
    2
  3. 男はつらいよ

    男はつらいよ
    評価:A4.16
    「喜劇 一発大必勝」の山田洋次と「いい湯だな 全員集合!!」の森崎東が、脚本を共同執筆し、山田洋次が監督した人情喜劇。撮影は高羽哲夫。出演は渥美清、森川信、倍賞千恵子ほか。山田監督原作、渥美主演の同名TV番組の映画化。

    ネット上の声

    子供のまま大人になった暑苦しい問題児
    やはり最高です。日本映画の宝です。
    コメディは笑いだけじゃつまらない。やっぱり泣き笑いじゃないと
    男はつらいよ
    製作年:1969
    製作国:日本
    監督:山田洋次
    主演:渥美清
    3
  4. 素晴らしき戦争

    素晴らしき戦争
    評価:A4.09
    替え歌でつづられた反戦ミュージカル。俳優として知られたリチャード・アッテンボローの監督第1作。製作はブライアン・ダフィーとリチャード・アッテンボロー。コンテニュィティをアン・スキナーが担当。撮影はゲリー・ターピン、音楽監督はアルフレッド・ラルストン、美術はハリー・ホワイト、振付はエレナー・フェイザン、衣裳デザインはアンソニー・メンデルソン、編集はケヴィン・コナーがそれぞれ担当。出演はローレンス・…

    ネット上の声

    第一次大戦
    風に揺れるポピーの紅。
    最後まで見れば解る
    冷戦、ベトナム戦争期 英国名優たちの反戦メッセージ
    製作年:1969
    製作国:イギリス
    監督:リチャード・アッテンボロー
    主演:ローレンス・オリヴィエ
    4
  5. 真夜中のカーボーイ

    真夜中のカーボーイ
    評価:A4.08
    「ダーリング」「遥か群衆を離れて」のジョン・シュレシンジャー監督による異色作品。虚飾の大都会ニューヨークの混沌から、必死に浮かび上がろうとする2人の若者の物語。ジェームズ・レオ・ハーリヒーの作品を、ウォルド・ソルトが脚色した。撮影はコマーシャル出身のアダム・ホレンダー、音楽はジョン・バリー、編集はヒュー・A・ロバートソンが担当。製作にはジェローム・ヘルマンが当たっている。出演は「卒業」でスターと…

    ネット上の声

              「真夜中のカーボーイ」
    全てが最高
    アメリカン・ニュー・シネマ!!
    ドブネズミのような暮らし
    製作年:1969
    製作国:アメリカ
    監督:ジョン・シュレシンジャー
    主演:ジョン・ヴォイト
    5
  6. 長靴をはいた猫

    長靴をはいた猫
    評価:A3.96
    フランスのルイ十四世時代に活躍したシャルル・ペローの原作を「アンデルセン物語」の井上ひさしと山元護久が共同で脚本を執筆し、コンビを組んだ矢吹公郎が演出した長編カラー漫画。昭和三十三年の「白蛇伝」から教えて第十五作目。

    ネット上の声

    原作に失礼
    キャラクターがいい!
    見て損はありません!
    充実した名作
    製作年:1969
    製作国:日本
    監督:矢吹公郎
    主演:石川進
    6
  7. チェブラーシカ

    チェブラーシカ
    評価:A3.93
    ある日、ロシアの小さな街の青果店の主人はオレンジの箱に入った小さな動物を発見する。その正体不明の動物はチェブラーシカと名付けられ、ディスカウントショップのディスプレイとして電話ボックスで寝泊まりすることになる。一方、動物園で働いているワニのゲーナは突然自らの孤独が身にしみて、友人募集の張り紙を街中に貼り出す。

    ネット上の声

    お子さんと一緒に是非見てくださいね
    2歳の子の為に借りてみました。
    みんなで楽しい毎日を過ごしています。
    クレイアニメのほのぼのとした温かみのある映像は楽しめた
    製作年:1969
    製作国:ロシア
    監督:ロマン・カチャーノフ
    7
  8. 続・男はつらいよ

    続・男はつらいよ
    評価:A3.92
    「男はつらいよ」の山田洋次が、小林俊一、宮崎晃と共同で脚本を書き、山田が監督したシリーズ第二作。撮影は、「喜劇 女は度胸」の高羽哲夫が担当。

    ネット上の声

    嗚呼、寅次郎瞼の母!
    憧れていた母親は・・・
    理想的な論理の飛躍
    初期の頃の笑いには、躍動感があったような。
    製作年:1969
    製作国:日本
    監督:山田洋次
    主演:渥美清
    8
  9. 地獄に堕ちた勇者ども

    地獄に堕ちた勇者ども
    評価:A3.86
    ルキノ・ビスコンティ、ドイツ3部作の第1作。鉄鋼会社を手中に収めようと、血で血を洗う一族の争いと、ナチスを背景にした権力闘争が複雑に絡み合う。1933年、ドイツで鉄鋼会社を経営する男爵の誕生日パーティが開かれる。宴の後、男爵が死体で発見され、一族の1人が逃亡。経営者の死後、孫のマルティンに株が譲渡されるが、実権を握ったのは母親とその愛人だった。ヘルムート・バーガー演じるマルティンの倒錯的なキャラ…

    ネット上の声

    とても苦手なタイプの作品です。
    誰もが汗をかいている
    政治の美学化の果ては
    ヴィスコンティのナチズム告発
    製作年:1969
    製作国:イタリア/西ドイツ/スイス
    監督:ルキノ・ヴィスコンティ
    主演:ダーク・ボガード
    9
  10. エル・トポ

    エル・トポ
    評価:A3.86
    銃の名手エル・トポ(アレハンドロ・ホドロフスキー)は、一人息子(ブロンティス・ホドロフスキー)を連れて旅をしていた。あるとき、彼は住民たちが山賊によって虐殺された村を通りかかり、エル・トポは修道院を占拠していた山賊の首領との決闘に勝利する。やがて彼は息子を置いたまま、首領の女を連れて再び旅に出る。

    ネット上の声

    カルト巨匠の優れた一品
    血糊はストロベリーの味

    今すぐ見れるオンライン視聴

    Gyao432円楽天0円
    製作年:1969
    製作国:メキシコ
    監督:アレハンドロ・ホドロフスキー
    主演:アレハンドロ・ホドロフスキー
    10
  11. 心中天網島

    心中天網島
    評価:A3.86
    近松門左衛門の同名原作を「あかね雲」の篠田正浩と詩人の富岡多恵子と武満徹が共同で脚色し、篠田が監督した文芸もの、撮影は、「雪夫人繪圖(1969)」の成島東一郎が担当した。第43回キネマ旬報ベスト・テン日本映画第1位。

    ネット上の声

    ほんと凄い
    舞台で描かれる世界の疑似体験
    黒子(ホクロじゃないよ)の発想には感心したが…。
    濃いです。でも観ておくべき邦画の1本では?
    製作年:1969
    製作国:日本
    監督:篠田正浩
    主演:岩下志麻
    11
  12. ワイルドバンチ

    ワイルドバンチ
    評価:A3.85
    バイオレンス映画の巨匠サム・ペキンパー監督が、20世紀初頭のメキシコを舞台に滅びゆくアウトローたちの姿を描いた傑作西部劇。1913年、アメリカ・テキサスでの銀行強盗に失敗したパイクら強盗団はメキシコに逃走する。旧友ソーントンら賞金稼ぎに追われる中、メキシコ政府のマパッチ将軍の依頼で米軍用列車から武器を強奪するパイクたちだったが、マパッチの裏切りに遭い、仲間を人質に取られてしまう……。スローモーシ…

    ネット上の声

    ペキンパー
    オールタイム・ベスト1
    「西部劇 = 男の美学」を徹底した、見事な作品。
    アクションだけじゃない多面的な洞察力
    製作年:1969
    製作国:アメリカ
    監督:サム・ペキンパー
    主演:ウィリアム・ホールデン
    12
  13. ラブ・バッグ

    ラブ・バッグ
    評価:A3.85
    感情を持つ車ハービーが活躍する姿を描いたファンタジック・コメディ。スランプに陥ったレーサーのジム・ダグラスは、自動車販売店でひどい扱いを受けていたフォルクス・ワーゲンを助ける。彼が店を出ると、信じられないことにその車が後をついて来て……。公開当時アメリカで大ヒットを記録し、続編も製作されている。また2005年には「ハービー/機械じかけのキューピッド」として、リンジー・ローハン主演でリメイクされて…

    ネット上の声

    ディズニーらしい暖かい映画
    大人のおとぎ話?
    ハービーがどうやって生まれたのかは、未だに謎のまま?
    車好きに方そうでえもない方にも
    製作年:1969
    製作国:アメリカ
    監督:ロバート・スティーヴンソン
    主演:ディーン・ジョーンズ
    13
  14. 昭和残侠伝 人斬り唐獅子

    昭和残侠伝 人斬り唐獅子
    評価:B3.74
    「日本暴力団 組長と刺客」の神波史男と「日本暴力団 組長」の長田紀生が共同で脚本を執筆し、「緋牡丹博徒 鉄火場列伝」の山下耕作が監督したシリーズ第六作。撮影は、「新網走番外地 流人岬の血斗」の林七郎が担当した。

    ネット上の声

    色々と色気が出てきて面白い。
    長いお別れ

    今すぐ見れるオンライン視聴

    Gyao432円
    製作年:1969
    製作国:日本
    監督:山下耕作
    主演:高倉健
    14
  15. フレッシュマン若大将

    フレッシュマン若大将
    評価:B3.73
    「空想天国」の田波靖男がシナリオを執筆し、「100発100中 黄金の眼」の福田純が監督した若大将シリーズ第十三作。撮影は「街に泉があった」の逢沢譲が担当した。

    ネット上の声

    酒井和歌子のファンです
    いや〜やっぱ、若大将なんだなぁ・・
    フレッシュマン若大将
    製作年:1969
    製作国:日本
    監督:福田純
    主演:加山雄三
    15

スポンサードリンク