1. 1956年の人気映画ランキング

1956年の人気映画ランキング

「居酒屋」や「白鯨」といった古典文学の映像化が目立ちます。
長い原作はちょっと手が出ない人も映画ならすぐ観れるでしょう。
「捜索者」「襲われた幌馬車」といった西部劇や「現金に体を張れ」などのサスペンス映画の傑作が並んでいるのも特徴です。
中でもヒッチコックの「知りすぎていた男」は非常におススメのサスペンス映画です。
主人公がふとしたきっかけで事件に巻き込まれ逃走します。
ユーモラスな雰囲気もあり、とても洒落ています。
他の作品もこの時代でしか出せない魅力を放っています。

  1. 抵抗(レジスタンス)-死刑囚の手記より-

    抵抗(レジスタンス)-死刑囚の手記より-
    評価:S4.37
    1943年、ドイツ占領下のフランスのリヨンで、フォンテーヌ中尉(フランソワ・ルテリエ)はドイツ軍に連行される。彼は移送中に車からの脱走を試みるが失敗し、手錠を付けたままモンリュック監獄の独房に入ることになる。やがてフォンテーヌは自室の小さな窓を使い、中庭を散歩する囚人の一人に外部との連絡をとってもらうことにする。

    ネット上の声

    プリズンブレイクの元祖
    緊迫感のある作品でした
    製作年:1956
    製作国:フランス
    監督:ロベール・ブレッソン
    主演:フランソワ・ルテリエ
    1
  2. ボディ・スナッチャー/恐怖の街

    ボディ・スナッチャー/恐怖の街
    評価:S4.35
    カリフォルニア州の小さな町。医師マイルスの周辺で異変が。人々は肉親が別人になってしまったと訴え始める。やがて明らかになる驚愕の事実。マイルスは、巨大な豆のサヤの中で人間が複製され、それが本物と入れ替わっていたことを知る! 未知の生命体による侵略の恐怖を描く。78年、そして93年にもリメイクされた。

    ネット上の声

    悪夢のキスシーン
    「盗まれた町」映画化作品の最高傑作
    製作年:1956
    製作国:アメリカ
    監督:ドン・シーゲル
    主演:ケヴィン・マッカーシー
    2
  3. 攻撃

    攻撃
    評価:S4.30
    第2次大戦下のベルギー。米軍のある中隊では、無能な中隊長クーニー大尉のミスによって多くの兵士が戦死。その上官バートレット大佐は有力者でもあるクーニーの父のコネで出世を目論んでいたために責任を追求しようとしない。そんな中、小隊長コスタ中尉が不満を募らせていく。やがて中隊に新たな命令が下るが……。軍隊を痛烈に批判した異色の戦争映画。反骨の名匠アルドリッチ監督の力作。

    ネット上の声

    あなたは、どのタイプ?
    身につまされる
    製作年:1956
    製作国:アメリカ
    監督:ロバート・アルドリッチ
    主演:ジャック・パランス
    3
  4. 傷だらけの栄光

    傷だらけの栄光
    評価:S4.28
    ミドル級世界選手権保持者ロッキー・グラジアノの伝記映画。原作はグラジアノ自身とロウランド・バーバーの合作によるベスト・セラー小説、脚色は「重役室」のアーネスト・リーマン、監督は「トロイのヘレン」のロバート・ワイズ、撮影は「白鳥(1956)」のジョセフ・ルッテンバーグ、音楽はブロニスロー・ケイパー。主題歌は作詞サミー・カーン、歌手はペリー・コモ。出演は「銀の盃」のポール・ニューマンが初めて主演する…

    ネット上の声

    アメリカン・ドリーム
    とっても映画らしい映画でした
    製作年:1956
    製作国:アメリカ
    監督:ロバート・ワイズ
    主演:ポール・ニューマン
    4
  5. 赤い風船

    赤い風船
    評価:A4.15
    ある朝、赤い風船が街灯に引っ掛かっているのを見つけた少年パスカル(パスカル・ラモリス)。街灯によじ登って風船を手に取った彼は、しっかり握ったまま風船と一緒に過ごすように。だが、しばらくすると、風船は手を離してもパスカルの行く先々についてくるようになる。そんなパスカルと風船を町のいたずらっ子たちが追うが……。

    ネット上の声

    雨上がりに、君と歩こう
    知っているかな・・?隠れた本当の名作を
    理屈抜きで癒される作品。観客の映画を見る力が問われてしまいそう~。
    大好きになる映画
    製作年:1956
    製作国:フランス
    監督:アルベール・ラモリス
    主演:パスカル・ラモリス
    5
  6. 愛情物語

    愛情物語
    評価:A4.03
    1930年から20年間にわたり甘美な演奏で全米を風靡した音楽家エディ・デューチンを主人公とした映画で、デューチンと親交のあったレオ・カッチャーがオリジナル・ストオリイを執筆し、サム・テイラーが脚色し、「ショーボート」「悲恋の王女エリザベス」のジョージ・シドニーが監督、「野郎どもと女たち」のハリー・ストラドリングが撮影、音楽は「ピクニック」のモリス・ストロフが担当している。なお、この映画の中のピア…

    ネット上の声

    やや綺麗に描きすぎだが
    愛情・・限りなく深い
    ラストシーン感動致します
    タイロン・パワーとキム・ノバック
    製作年:1956
    製作国:アメリカ
    監督:ジョージ・シドニー
    主演:タイロン・パワー
    6
  7. ビルマの竪琴 第一部

    ビルマの竪琴 第一部
    評価:A3.98
    竹山道雄の原作を、「青春怪談(1955 市川崑)」の和田夏十が脚色し、「こころ」の市川崑が監督、「銀座二十四帖」の横山実が撮影を担当した。主なる主演者は「悪の報酬」の三國連太郎、伊藤雄之助、「幼きものは訴える」の安井昌二、「あこがれ(1955)」の北林谷栄など。なお一部分はビルマにロケを行っている。

    ネット上の声

    「戦争」と「人間」
    今こそ 別れめ いざさらば
    製作年:1956
    製作国:日本
    監督:市川崑
    主演:三国連太郎
    7
  8. 驟雨

    驟雨
    評価:A3.92
    故岸田国士の戯曲『紙風船』『驟雨』『ぶらんこ』『屋上の庭園』『隣の花』『犬は鎖につなぐべからず』『かんしゃく玉』等から「ここに泉あり」の水木洋子が脚色し、「くちづけ(1955)」第三話の成瀬巳喜男が監督、「朝霧(1955)」の玉井正夫が撮影を担当した。主なる出演者は「花ひらく(1955)」の佐野周二、「美しき母」の原節子、「あばれ行燈」の香川京子、「花嫁会議」の小林桂樹、「生きものの記録」の根岸…

    ネット上の声

    会話の面白さ
    夫婦間の齟齬を描かせたらピカイチ
    製作年:1956
    製作国:日本
    監督:成瀬巳喜男
    主演:佐野周二
    8
  9. 悪い種子(たね)

    悪い種子(たね)
    評価:A3.91
    8歳の少女が殺人事件を犯すショッキングなテーマを描いた作家ウィリアム・マーチの原作を「栄光何するものぞ」の脚本を執筆した劇作家マックスウェル・アンダースンが劇化、ブロードウェイで記録的上演を続けたものを「巨象の道」のジョン・リー・メインが脚色し、「荒野の貴婦人」のマーヴィン・ルロイが監督、同じくハロルド・ロッソンが撮影を担当した。音楽は「ながれ者」のアレックス・ノース。主演は、殆ど舞台そのままで…

    ネット上の声

    これぞ恐怖映画
    末恐ろしい子・・・
    クラシック作品の掘り出し物
    子供さんが小さい方はより恐ろしい映画
    製作年:1956
    製作国:アメリカ
    監督:マーヴィン・ルロイ
    主演:パティ・マコーマック
    9
  10. 友情ある説得

    友情ある説得
    評価:A3.88
    ウィリアム・ワイラー初の色彩作品。ジェサミン・ウェストの原作から彼自身とワイラー、及び「欲望の谷」のハリー・クライナーが共同脚色し、ワイラーが製作・監督を担当する。撮影は「敵中突破せよ!」のエルスワース・フレデリックス、音楽は「テーヴル・ロックの決闘」のディミトリ・ティオムキン。出演者は、「西部の男」以来16年ぶりでワイラー作品に主演するゲイリー・クーパー始め、「アメリカの戦慄」のドロシー・マクガイア、ロバート・ミドルトン、久方ぶりの老傍役女優マージョリー・メイン、他にリチャード・アイアー、アンソニー・パーキンスなど。
    製作年:1956
    製作国:アメリカ
    監督:ウィリアム・ワイラー
    主演:ゲイリー・クーパー
    10
  11. 流れる

    流れる
    評価:A3.86
    大川端に時代の流れと共に移る芸者の世界を描いた幸田文原作の映画化。脚色は「夜の河」の田中澄江と「日蝕の夏」の井手俊郎の共同、監督は「妻の心」の成瀬巳喜男、撮影は「飯沢匡作「二号」より ある女の場合」の玉井正夫の担当。主な出演者は、二十年振りでカムバックした栗島すみ子、「嵐(1956)」の田中絹代、「猫と庄造と二人のをんな」の山田五十鈴、「妻の心」の高峰秀子、「女囚と共に」の岡田茉莉子、ほかに杉村…

    ネット上の声

    花柳界の人間模様ってのに興味がもてなかった
    おんなたちのいきざま
    女性を生きるやるせなさ
    豪華絢爛の女優陣☆3つ
    製作年:1956
    製作国:日本
    監督:成瀬巳喜男
    主演:田中絹代
    11
  12. ジャイアンツ

    ジャイアンツ
    評価:A3.85
    「ショウ・ボート」の原作者エドナ・ファーバー女史の筆になるベストセラー小説の映画化である。脚色はフレッド・ガイオルと「あの日あのとき」のアイヴァン・モファットの共同、「シェーン」のジョージ・スティーヴンスがヘンリー・ギンスバーグと共同製作の上、監督した。撮影は「カービン銃第1号」のウィリアム・C・メラー、音楽は「ピラミッド(1955)」のディミトリ・ティオムキン。主演は「雨の朝巴里に死す」のエリ…

    ネット上の声

    丁寧な作りのドラマ
    物語以上にジェームズ・ディーン
    偏見を乗り越えて
    ジェームスディーンがいい
    製作年:1956
    製作国:アメリカ
    監督:ジョージ・スティーヴンス
    主演:エリザベス・テイラー
    12
  13. 禁断の惑星

    禁断の惑星
    評価:A3.82
    地球外の惑星を材にとった空想科学スリラー篇。アーヴィング・ブロックとアレン・アドラーの原作から「誘惑」のシリル・ヒュームが脚色、「山荘物語」のフレッド・M・ウィルコックスが監督に当った。撮影監督は「蜘蛛の巣」のジョージ・フォルシー。特殊技術はアーノルド・ギレスピイとウォーレン・ニューカム、これにディズニイ・プロからアーヴィング・G・リイスとジョシュア・メーダが協力、全面的に使用される電子音楽の担…

    ネット上の声

    井戸じゃないです
    色褪せない古典SFの名作
    SFの古典的名作でしょう
    SOS!・・・SOS!・・・SOS!

    今すぐ見れるオンライン視聴

    Google0円
    製作年:1956
    製作国:アメリカ
    監督:フレッド・マクロード・ウィルコックス
    主演:ウォルター・ピジョン
    13
  14. 鉄道員

    鉄道員
    評価:B3.78
    イタリアの社会派ピエトロ・ジェルミ監督の代表作。鉄道員として働く初老の父親アンドレアとその家族の姿を、幼い末っ子サンドロの視点から描くホームドラマ。第2次世界大戦後のイタリア。ある日、アンドレアが運転する列車に若者が投身自殺を図る。しかもそれが原因で衝突事故を起こしかけ、左遷されてしまう。一方、家庭では長女ジュリアが流産、続けて長男マルチェロが家出をする。アンドレアは酒に溺れるようになり……。製…

    ネット上の声

    二回目の鑑賞で違う印象をもった
    テイストはかなり古いけどサンドロ坊やがあまりにも可愛らしい
    名作100選
    息子の健気な姿に泣けてきます
    製作年:1956
    製作国:イタリア
    監督:ピエトロ・ジェルミ
    主演:ピエトロ・ジェルミ
    14
  15. 赤線地帯

    赤線地帯
    評価:B3.69
    「新・平家物語 義仲をめぐる三人の女」の共同脚色者の一人、成澤昌茂の脚本を、「新・平家物語」の溝口健二が監督、「俺は藤吉郎」の宮川一夫が撮影を担当した。主なる出演者は「虹いくたび」の若尾文子、京マチ子、川上康子、「母ふたり」の三益愛子、「幸福はあの星の下に」の木暮実千代、「大当り男一代」の進藤英太郎、「東京犯罪地図」の菅原謙二、「剣豪二刀流」の加東大介など。

    ネット上の声

    溝口健二のもう一つの頂点
    なかなか、興味深かった
    これが溝口監督の遺作とはチトさびしい
    吉原で“働く”女たちのバイタリティー
    製作年:1956
    製作国:日本
    監督:溝口健二
    主演:京マチ子
    15

スポンサードリンク