1. 1955年の人気映画ランキング

1955年の人気映画ランキング

1955年といえば、日本では戦後の神武景気へ向かう中、白黒テレビ・電気洗濯機・電気冷蔵庫の3つが三種の神器といわれ、大量生産・大量消費が行なわれるようになった頃でした。

映画界では、アルフレッド・ヒッチコックやフェデリコ・フェリーニら、世界の巨匠と呼ばれる監督達の後に語り継がれる名作が次々と生み出されていきました。

また、ジェームス・ディーンやマリリン・モンローといった新しい時代の訪れを感じさせるスターが活躍しました。

そんな昭和の活気に溢れる映画ランキングをご覧下さい。

  1. わんわん物語

    わんわん物語
    評価:A4.13
    ウォルト・ディスニー製作によるシネマスコープ長編漫画の第一作。新聞記者上りのユーモア作家で最近物故したウォード・グリーンがこの映画のために書き卸した物語から、犬の世界のさまざまな出来事を笑いとペーソスとロマンティシズムを混えて描くテクニカラー作品。製作補佐アードマン・ペナー、監督はハミルトン・S・ラスク、クライド・ジェロニミ、ウィルフレッド・ジャクソンと三名の共同、主題歌作詞・作曲は歌手のペギー…

    ネット上の声

    犬の好きな人へ
    自分も犬になった気分で・・・
    犬がペット
    恋におちる瞬間がすてき

    今すぐ見れるオンライン視聴

    Google0円
    製作年:1955
    製作国:アメリカ
    監督:ハミルトン・ラスケ
    主演:ペギー・リー
    1
  2. キッスで殺せ!

    キッスで殺せ!
    評価:A4.07
    私立探偵マイク・ハマーは深夜のハイウェイで謎めいた美女に出くわす。しかし男たちに襲われ、彼女は殺され、ハマーも重傷を負ってしまう。事件の真相を探るハマーは助手ベルダを人質に取られながらも、核開発をめぐる陰謀に迫っていく。名匠アルドリッチが過激な暴力描写で描く衝撃のフィルムノワール。ゴダールらヌーベルバーグ作家たちによって支持され、カルト化。55年版は上映時間104分。98年には106分のディレク…

    ネット上の声

    秘密が明らかになるとき
    これぞハードボイルド
    製作年:1955
    製作国:アメリカ
    監督:ロバート・アルドリッチ
    主演:ラルフ・ミーカー
    2
  3. 悪魔のような女

    悪魔のような女
    評価:A4.03
    「恐怖の報酬」についでアンリ・ジョルジュ・クルーゾーが監督する推理スリラー映画一九五五年度作品である。原作はピエール・ボワローとトーマス・ナルスジャックが合作した探偵小説で、クルーゾーとG・ジェロミニが共同で脚色、台詞も担当した。撮影は「恐怖の報酬」のアルマン・ティラールと「禁じられた遊び」のロベエル・ジュイヤアル、音楽は「寝台の秘密」のジョルジュ・ヴァン・パリスである。主演は、「嘆きのテレーズ…

    ネット上の声

    1955年製極上のサスペンス
    オーソドックス
    製作年:1955
    製作国:フランス
    監督:アンリ=ジョルジュ・クルーゾー
    主演:シモーヌ・シニョレ
    3
  4. 夜と霧

    夜と霧
    評価:A3.91
    第二次世界大戦中、ナチスの強制収容所から生き抜いたユダヤ人心理学者「ヴィクトール・E・フランクル」の実話。映画ではなく30分ほどの短編ドキュメンタリー。

    このドキュメンタリーはフランクルが1946年に執筆した世界的なベストセラー「霧と夜」が元になった。
    ドキュメンタリーでは当時の強制収容所が「効率的に人を処分する」ために特化した施設だったことがよくわかる。
    無駄な衣服を脱がせる。毒ガスで殺す。…

    ネット上の声

    お届け率は3%です
    真実は嘘よりも残酷
    スクリーンを直視し難い“32分”
    “今もカポが、将校が、密告者が・・・・隣にいる”
    製作年:1955
    製作国:フランス
    監督:アラン・レネ
    4
  5. 狼
    評価:A3.85
    近代映画協会の自主作品で「十九の花嫁」の新藤兼人のオリジナル・シナリオを彼自ら「どぶ」に次いで監督し、「大利根の対決」の伊藤武夫が撮影に当る。音楽は「銀座の女」の伊福部昭。出演者は「銀座の女」の乙羽信子、殿山泰司、「侍ニッポン 新納鶴千代」の高杉早苗、「地獄の用心棒」の菅井一郎、浜村純等のほか民芸、俳優座、泉座、現代プロ、東俳協が出演する。

    ネット上の声

    国民の殆どが負け組の時代
    やるせない・・・
    日本人てこんなに貧しかったんだ~
    今そこにある現実的描写が素晴らしい
    製作年:1955
    製作国:日本
    監督:新藤兼人
    主演:乙羽信子
    5
  6. 浮雲

    浮雲
    評価:B3.75
    林芙美子の代表作を「山の音」の水木洋子が脚色し、「晩菊」の成瀬巳喜男が監督する。撮影は「ゴジラ(1954)」の玉井正夫、音楽は「不滅の熱球」の斎藤一郎が担当した。出演者は「この広い空のどこかに」の高峰秀子、「悪の愉しさ」の森雅之、「結婚期」の岡田茉莉子、「真実の愛情を求めて 何処へ」の中北千枝子のほか、山形勲、加東大介、木村貞子などである。

    ネット上の声

    花の命は短くて苦しき事のみ多かりき
    どろどろの恋愛ドラマ、元気を奪われた
    演技が見応えありました。
    宿命なるくされ縁によって繋がれた男女の至高のラブ・ストーリー
    製作年:1955
    製作国:日本
    監督:成瀬巳喜男
    主演:高峰秀子
    6
  7. 汚れなき悪戯

    汚れなき悪戯
    評価:B3.74
    ホセ・マリア・サンチェス・シルバの同名物語を彼自身とラディスラオ・バホダが共同脚色し、ラディスラオ・バホダが監督したスペイン映画。撮影はエンリケ・ゲルネル、音楽はパブロ・ソロサバルが彼の息子と共同担当。主役マルセリーノを、この作品で特に抜擢された六歳のパブリート・カルボ少年が演じる他、スペイン劇団の俳優ラファエル・リベリエス、アントニオ・ビコ、ファン・カルボなど。ホセ・ニエトとフェルナンド・レイ…

    ネット上の声

    恥ずかしながらこの映画のことを知りませんでした。
    素晴らしい子役
    マルセリーノの歌・・・
    泣けました…(これまた午前10時の映画祭…)
    製作年:1955
    製作国:スペイン
    監督:ラディスラオ・ヴァホダ
    主演:パブリート・カルヴォ
    7
  8. 理由なき反抗

    理由なき反抗
    評価:B3.73
    「エデンの東」でアカデミー男優賞候補となったジェームズ・ディーンの遺作。青少年の犯罪心理を追求したニコラス・レイの原作をスチュワート・スターンが脚色、アーヴィング・シュルマンが潤色シ、ニコラス・レイが監督した。撮影は「快傑ダルド」のアーネスト・ホーラー、音楽は「エデンの東」のレナード・ローゼンマン。主な出演者はJ・ディーンの他、「銀の盃」のナタリー・ウッド、「四角いジャングル」のジム・バッカス、…

    ネット上の声

    永遠のスーパースター
    いいですね。
    十代を巧みに捉えた名作
    ★現代の若者たちはどう感じる?
    製作年:1955
    製作国:アメリカ
    監督:ニコラス・レイ
    主演:ジェームズ・ディーン
    8
  9. ここに泉あり

    ここに泉あり
    評価:B3.68
    今井正が「にごりえ」に次いで監督する映画で、群馬の地方交響楽団をモデルに「浮雲」の水木洋子が脚本を書き、「愛すればこそ」の中尾駿一郎が撮影に当り、同じく団伊玖磨が音楽を担当する。主なる出演者は「あなたと共に」の岸恵子、「人間魚雷回天」の岡田英次、「学生心中」の小林桂樹、「浮雲」の加東大介、「銀座令嬢」の三井弘次、「姿三四郎 第二部(1955)」の東野英治郎、「哀愁日記」の草笛光子等で、山田耕筰の…

    ネット上の声

    演奏シーンに相当時間を使っているので音楽好きな人向きな映画
    昭和初期の音楽映画
    もうすでに~
    一つの生き方
    製作年:1955
    製作国:日本
    監督:今井正
    主演:岡田英次
    9
  10. 血槍富士

    血槍富士
    評価:B3.67
    中国抑留から帰還した内由吐夢の第一回作品である。故井上金太郎の原作から「近松物語」の八尋不二、「酔いどれ囃子」の民門敏雄が脚色、「越後獅子祭り やくざ若衆」の三村伸太郎が脚本を書いた。企画マキノ、玉木の他、企画協力として溝口、小津、清水、伊藤が賛助した。撮影は「新諸国物語 紅孔雀」の吉田貞次。出演者は、「隼の魔王」の片岡千恵蔵、喜多川千鶴、田代百合子、島田照夫、「浮雲」の加東大介、片岡の子息植木…

    ネット上の声

    出入力の流れ
    富士山は絵かな?
    馬鹿な上司持つとつらい感じ?
    内田吐夢監督の異色時代劇
    製作年:1955
    製作国:日本
    監督:内田吐夢
    主演:片岡千恵蔵
    10
  11. 続・宮本武蔵 一乗寺の決闘

    続・宮本武蔵 一乗寺の決闘
    評価:B3.67
    「宮本武蔵」の続編で、鶴田浩二の佐々木小次郎が初登場する。鎖鎌の宍戸梅軒との死闘を皮切りに、京八流吉岡一門と、洛北蓮台寺野、蓮華王院、三十三間堂、そして一乗寺下り松と、血で血を洗う文字通り“血闘“を繰り返す。

    ネット上の声

    錦之助版には遠く及びません
    製作年:1955
    製作国:日本
    監督:稲垣浩
    主演:三船敏郎
    11
  12. 野菊の如き君なりき

    野菊の如き君なりき
    評価:B3.65
    大正二年に死んだ歌人伊藤左千夫が明治三十九年に発表した小説「野菊の墓」を「お勝手の花嫁」の木下恵介が脚色し自ら監督、「遠い雲」の楠田浩之が撮影に当った。主なる出演者は新人有田紀子、「七つボタン」の田中晋二、「サラリーマン 目白三平」の笠智衆、「婦系図 湯島の白梅」の杉村春子、「あこがれ(1955)」の田村高廣、「お勝手の花嫁」の山本和子、「遠い雲」の小林トシ子、「若き日の千葉周作」の雪代敬子など。

    ネット上の声

    泣かせるけど
    「ヒロイン病死、お涙頂戴」映画の嚆矢となった作品かぁ
    典型的な悲恋の名作
    悲恋もの・・・
    製作年:1955
    製作国:日本
    監督:木下恵介
    主演:田中晋二
    12
  13. ヘッドライト

    ヘッドライト
    評価:B3.60
    監督は「禁断の木の実」のアンリ・ヴェルヌイユ、原作はセルジュ・グルッサールの“しがない人々”脚色は「禁じられた遊び」の原作者フランソワ・ボワイエ、撮影は「恋路(1951)」のルイ・パージュ、音楽はジョゼフ・コスマ。主演は「首輪のない犬」のジャン・ギャバン、「肉体の怒り」のフランソワーズ・アルヌール、「嵐の女」のダニ・カレール。

    ネット上の声

    渋い、寂しい、男らしい。
    大人は黙って愛し、苦悩する
    製作年:1955
    製作国:フランス
    監督:アンリ・ヴェルヌイユ
    主演:ジャン・ギャバン
    13
  14. ガラスの靴

    ガラスの靴
    評価:B3.60
    「リリー」のエドウィン・H・ノッフが製作したバレエ音楽映画 。脚色と主題歌“Take my Love”の作詞は「リリー」のヘレン・ドイッチェ、音楽と主題歌作曲は「リリー」の主題歌“HiLili HiLo”の作曲者ブロニスロー・ケイパー、撮影はアーサー・E・アーリング、舞踊振付は「アンデルセン物語」に自身出演したローラン・プティが夫々担当した。出演は「足ながおじさん」のレスリー・キャロンをはじめ「…

    ネット上の声

    オススメです!ハマる!
    ホントに泣いた!!
    製作年:1955
    製作国:アメリカ
    監督:チャールズ・ウォルターズ
    主演:レスリー・キャロン
    14
  15. 人間魚雷回天

    人間魚雷回天
    評価:B3.58
    回天特別攻撃隊員津村敏行の手記を、「若者よ! 恋をしろ」の須崎勝彌が脚色したもので「慈悲心鳥」の松林宗恵、西垣六郎が夫々監督、撮影に当っている。出演者は「億万長者(1954)」の岡田英次、木村功、「女性に関する十二章」の津島恵子、「慈悲心鳥」の和田孝、細川俊夫、高原駿雄、沼田曜一、宇津井健、信欣三、原保美などである。

    ネット上の声

    悲しい事実は受け入れるしかないが
    スナックゴンのマスターが。
    職人監督がとっただけに 見せる
    いいかげんにしてほしい
    製作年:1955
    製作国:日本
    監督:松林宗恵
    主演:岡田英次
    15

スポンサードリンク