1. 1980年の人気映画ランキング

1980年の人気映画ランキング

ドラえもんの記念すべき劇場版第一作が公開したり、是非邦画にも注目したい。
邦画でもハリウッド映画に引けを取らず、感動する、温かい気持ちになれる作品が多いです。
映画から知れる歴史事実や人の気持ちなど、、画面から伝わることは決して少なくありません。
是非心に響く作品を見つけることがたいせつです。

  1. スター・ウォーズ/帝国の逆襲

    スター・ウォーズ/帝国の逆襲
    評価:A4.20
    大ヒットSFシリーズ「スター・ウォーズ」の第2作。帝国軍のデス・スターを破壊し、反乱軍が一矢を報いてから3年。帝国軍は猛反撃を開始し、反乱軍は極寒の惑星ホスに新たな秘密基地を築いて時をうかがっていた。しかし、帝国軍の攻撃によりホスの秘密基地からも撤退を余儀なくされ、反乱軍は窮地に立たされる。そんな中、ルークはフォースの修行を積むため、惑星ダゴバにいるというジェダイ・マスター、ヨーダの元を訪れる。…

    ネット上の声

    個人的には
    良くも悪くも3部作の2作目。
    今では一番好き
    アニメのような展開
    製作年:1980
    製作国:アメリカ
    監督:アーヴィン・カーシュナー
    主演:マーク・ハミル
    1
  2. マイ・ボディガード

    マイ・ボディガード
    評価:A4.17
    不良グループが勢力を張るハイスクールにナイーブな15歳の少年が転校してきたことで起こる騒動を笑いと涙で描く青春映画。製作はドン・デヴリン、監督はトニー・ビル、脚本はアラン・オームズビー、撮影はマイケル・マーギュリース、音楽はデイブ・グルーシンが各々担当。出演はクリス・メイクピース、アダム・ボールドウィン、マット・ディロン、ルース・ゴードン、マーティン・マル、ジョン・ハウスマン、クリス・リチャード…

    ネット上の声

    同名映画をぶっ飛ばせ!(笑)
    イジメ問題を吹っ飛ばす爽やかな傑作!
    製作年:1980
    製作国:アメリカ
    監督:トニー・ビル
    主演:クリス・メイクピース
    2
  3. 未知との遭遇 特別編

    未知との遭遇 特別編
    評価:A4.07
    宇宙人たちとの1stコンタクトを描き世界的に大ヒットを記録したSF映画「未知との遭遇」。マザーシップの内部を見せたエンディングを加えた再編集版。監督・脚本は「1941」のスティーブン・スピルバーグ。出演は「コンペティション」のリチャード・ドレイファス、「緑色の部屋」のフランソワ・トリュフォー、「少年の黒い馬」のテリー・ガーほか。

    ネット上の声

    必要だったのかな?
    通常版のほうがいいかな・・・
    製作年:1980
    製作国:アメリカ
    監督:スティーヴン・スピルバーグ
    主演:リチャード・ドレイファス
    3
  4. 二百三高地

    二百三高地
    評価:A3.95
    今世紀初頭、近代化したとは言え、列強諸国に比べ遅れをとる日本が、超大国ロシアに何故戦争を挑んだのか。そして、その戦争を背景に、政府、軍、民間といった様々な階級の人々がいかに生きたかを描く。脚本は「仁義なき戦い」シリーズの笠原和夫、監督は「さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士」の舛田利雄、撮影は「トラック野郎 突撃一番星」の飯村雅彦がそれぞれ担当。

    ネット上の声

    良かったよ。
    さだまさしさんの主題歌が耳に残る
    英霊に感謝
    兵士の悲惨な戦いと将軍の苦悩

    今すぐ見れるオンライン視聴

    Google0円Gyao432円楽天0円
    製作年:1980
    製作国:日本
    監督:舛田利雄
    主演:仲代達矢
    4
  5. ある日どこかで

    ある日どこかで
    評価:A3.89
    「地球最後の男オメガマン」「激突!」などで知られるSF作家リチャード・マシスンの同名小説を映画化したタイムトラベル・ファンタジー。1972年、母校で自作舞台の初演を迎えていた新進劇作家のリチャードは、白髪の老婦人から古い金時計を渡される。その8年後、母校を再訪した彼は街のホテルにかかっていた肖像画に心を奪われる。そこに描かれた美女は、かつての老婦人の若き日の姿だった……。主演は「スーパーマン」の…

    ネット上の声

    ロマンスとしては良いが…
    望みはかなうもの・・・・・
    泣ける作品です。
    【幻想-恋愛の果て-】
    製作年:1980
    製作国:アメリカ
    監督:ジュノー・シュウォーク
    主演:クリストファー・リーヴ
    5
  6. 震える舌

    震える舌
    評価:A3.88
    郊外の団地で平穏に暮す親娘の三人家族の娘が、テタナス(破傷風菌)に取りつかれ、伝染の恐怖におののく家族を描く。芥川賞作家、三木卓の同名の小説を映画化したもので脚本は「わるいやつら」の井手雅人、監督も同作の野村芳太郎、撮影も高作の川又昂がそれぞれ担当。

    ネット上の声

    正直体が疲れます。
    ★なぜか頭に残ってるんだよね
    人間ドラマ
    怖いけど、あり得る

    今すぐ見れるオンライン視聴

    Gyao324円
    製作年:1980
    製作国:日本
    監督:野村芳太郎
    主演:渡瀬恒彦
    6
  7. グロリア

    グロリア
    評価:A3.84
    組織を裏切り、命を狙われていたジャックは同じアパートに住む女性グロリアに息子フィルを預ける。その後、ジャック一家は皆殺しに。一方、グロリアはフィルをつれてアパートを脱出。子供嫌いのグロリアは、一時はフィルを手放そうとするが、結局その子を連れて逃走を続けるハメに。やがて彼女は組織に乗り込む決意をするが……。タフなヒロインの活躍を描くハードボイルド・ドラマ。

    ネット上の声

    ドキドキ~
    おばさんのハードボイルド
    タフで、格好良い女と出会える。
    リメイク版とは女性の迫力が違うw

    今すぐ見れるオンライン視聴

    Google0円
    製作年:1980
    製作国:アメリカ
    監督:ジョン・カサヴェテス
    主演:ジーナ・ローランズ
    7
  8. アレクサンダー大王

    アレクサンダー大王
    評価:A3.82
    牢につながれたひとりの盗賊が手下の導きで脱獄する。漆黒の森の中、白馬の傍らで兜をかぶるとき、彼は“アレクサンダー大王”となった……ある義賊が故郷の小さな村で独裁者へと変貌していく姿をギリシャ歌劇の姿を借りて描きながら、ファシズムの実像に迫りその危険性を告発する、アンゲロプロス監督の壮大な歴史劇。黒澤明監督が感嘆した黒いマントに注目のヴェネチア映画祭金獅子賞受賞作。

    ネット上の声

    共産主義の歴史
    舞踏的映画
    製作年:1980
    製作国:ギリシャ/イタリア/西ドイツ
    監督:テオ・アンゲロプロス
    主演:オメロ・アントヌッティ
    8
  9. 遙かなる山の呼び声

    遙かなる山の呼び声
    評価:B3.79
    警察に追われる男と、牧場を切り回す母子の出会いと別れを描く。脚本は「男はつらいよ 寅次郎春の夢」の山田洋次と同作の朝間義隆の共同執筆、監督も同作の山田洋次、撮影も同作の高羽哲夫がそれぞれ担当している。

    ネット上の声

    健さんの男気に惚れ惚れします
    雄大な自然と不器用な男

    今すぐ見れるオンライン視聴

    Hulu月々定額Gyao324円
    製作年:1980
    製作国:日本
    監督:山田洋次
    主演:高倉健
    9
  10. エレファント・マン

    エレファント・マン
    評価:B3.76
    19世紀末、ロンドン。医師トリーブス(アンソニー・ホプキンス)は、街の見世物小屋で象人間と呼ばれていたジョン・メリック(ジョン・ハート)に出会う。研究のために彼を病院で生活させるが、やがてメリックの知性と純粋な心に触れ、人間らしい交流が生まれる。

    ネット上の声

    子供ながらに怖かった
    D・リンチのまともな傑作
    障害のない人間は幸せに思うべきだ。
    こんなんだった?
    製作年:1980
    製作国:アメリカ/イギリス
    監督:デヴィッド・リンチ
    主演:ジョン・ハート
    10
  11. 男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花

    男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花
    評価:B3.72
    シリーズ二十五作目の今回は、「男はつらいよ 寅次郎忘れな草」「男はつらいよ 寅次郎相合い傘」でキャバレー歌手リリーに扮して人気を博した浅丘ルリ子がマドンナとして三回目の出演をしている。ハイビスカスの花咲く沖縄を舞台に、寅次郎とリリーを中心に、お馴染“とらや”のレギュラーメンバーが繰り広げる騒動を描く。脚本は「遥かなる山の呼び声」の山田洋次と同作の朝間義隆の共同執筆、監督も同作の山田洋次、撮影も同…

    ネット上の声

    シリーズ中のミニシリーズのため、大きな見所を失っている
    寅さんは最高ですね!
    舞台は沖縄
    寅さんは飛行機嫌い!
    製作年:1980
    製作国:日本
    監督:山田洋次
    主演:渥美清
    11
  12. ドラえもん のび太の恐竜

    ドラえもん のび太の恐竜
    評価:B3.71
    漫画やテレビアニメで子供たちに圧倒的な人気キャラクターとなった、藤子不二雄原作の“ドラえもん”の映画化。脚本は藤子不二雄と松岡清治の共同執筆、監督は福富博、撮影は三沢勝治がそれぞれ担当。

    ネット上の声

    2006でカットされた感動シーン
    のび太の恐竜2006よりも良作
    製作年:1980
    製作国:日本
    監督:福富博
    主演:大山のぶ代
    12
  13. ヒポクラテスたち

    ヒポクラテスたち
    評価:B3.70
    京都府立医大を卒業した大森一樹監督が自らの体験をもとに、大学病院での臨床実習を通して、医術を身につけていく若者たちの青春群像を描く。脚本・監督は「オレンジロード急行」の大森一樹、撮影は「日本の悪霊」の堀田泰寛がそれぞれ担当。

    ネット上の声

    心に残る作品
    今、医学生が見たら笑うかもしれないけど
    医学生も白い巨塔やブラックジャックを読んでいた
    我が映画史序章
    製作年:1980
    製作国:日本
    監督:大森一樹
    主演:古尾谷雅人
    13
  14. あしたのジョー 劇場版

    あしたのジョー 劇場版
    評価:B3.69
    不良少年がドヤ街で知り合ったアル中の元プロボクサーの教えでボクシングの道に進み、宿命のライバルとの戦いを描く。一九六八年一月から一九七三年六月まで『少年マガジン』に連載されて日本中にブームを起こした高森朝雄(梶原一騎)とちばてつやの原作による同名の人気漫画の映画化で、脚本、監督は舞台の「ショーガール」などを演出した福田陽一郎が担当。

    ネット上の声

    やっぱりいい!
    有名すぎる傑作
    あしたのために・・・
    定番ですね
    製作年:1980
    製作国:日本
    監督:福田陽一郎
    主演:あおい輝彦
    14
  15. アイランド

    アイランド
    評価:B3.66
    フロリダ沖のバハマ諸島で起きる謎の失踪事件に興味を持った雑誌記者とその息子が現地に乗り込み、事件解明に挑むというサスペンス映画。製作はリチャード・D・ザナックとデイヴィッド・ブラウン、監督は「タッチダウン」のマイケル・リッチー。「JAWS・ジョーズ」の原作者であるピーター・ベンチリーの原作小説を彼自らが脚色。撮影はアンリ・ドカエ、音楽はエンニオ・モリコーネ、製作デザインはデール・ヘネシー、特殊効果はアルバート・ウィトロックが各々担当。出演はマイケル・ケイン、デイヴィッド・ワーナー、アンジェラ・パンチ・マグレガー、フランク・ミドルマス、ドン・ヘンダーソン、ダドリー・サットン、コリン・ジーボンスなど。
    製作年:1980
    製作国:アメリカ
    監督:マイケル・リッチー
    主演:マイケル・ケイン
    15

スポンサードリンク