映画「我等の生涯の最良の年」のランキング情報

総合評価A
4.05
評価数:68
全映画の平均
(評価:2.58、評価数84人)
TSUTAYA 0.00評価数---人
YAHOO 4.16評価数38人
ぽすれん0.00評価数---人
DMM 4.00評価数3人
楽天 0.00評価数---人
ぴあ 4.00評価数27人
映画.com0.00評価数0人
我等の生涯の最良の年
1946年度のアカデミー受賞映画で、製作者サミュエル・ゴードウィンが、テーマを示して小説家マッキンレー・カンターにストーリーを執筆させ「エイブ・リンカン」のロバート・E・シャーウッドが脚色し「孔雀夫人(1936)」「デッド・エンド」「嵐ヶ丘(1939)」と同じくウィリアム・ワイラーの監督、グレッグ・トーランドの撮影になったもの。出演者は「雨ぞ降る」マーナ・ローイ「我が道は遠けれど」のフレドリック・マーチ「疑惑の影」のテレサ・ライト「影なき殺人」のダナ・アンドリュース、新人のヴァジニア、メイヨおよびキャシー・オドンネル「脱出(1944)」のホギー・カーマイケル、傷い軍人ハロルド・ラッセルで、グラディス・ジョージ、ローマン・ボーネン、スティーヴ・コクラン、ミナ・ゴンベルらが助演する。なお作品賞のほか、ゴールドウィンが製作賞、ワイラーが監督賞、シャーウッドが脚本賞、マーチが主演男優賞、ラッセルが助演男優賞及び特別功労賞を、それぞれ受けている。

トラウマになる


「我等の生涯の最良の年」のランキング情報

1946年
第5位(191件中)
洋画
第673位(31731件中)
アメリカ
第391位(20098件中)
1950年代
第163位(12809件中)
トラウマになる
第4位(52件中)
第19回アカデミー賞(1947年開催)
第1位(9件中)
第4回ゴールデン・グローブ(1946年開催)
第2位(5件中)
第12回ニューヨーク映画批評家協会賞(1946年開催)
第2位(4件中)
ウィリアム・ワイラー監督が制作
第3位(38件中)
テレサ・ライトが出演
第1位(13件中)
ダナ・アンドリュースが出演
第3位(41件中)
マーナ・ロイが出演
第1位(67件中)
フレデリック・マーチが出演
第1位(45件中)

スポンサードリンク