コメディ系のサスペンス映画ランキング

  1. キサラギ

    キサラギ
    評価:A4.07
    売れないグラビアアイドル如月ミキが自殺して1年、彼女のファンサイトの常連である5人の男が追悼会に集まる。家元(小栗旬)、オダ・ユージ(ユースケ・サンタマリア)、スネーク(小出恵介)ら5人は、思い出話で大いに盛り上がるはずだったが、「彼女は殺された」という言葉を引き金に、事態は思わぬ展開を見せ始め……。

    ネット上の声

    面白いです。
    愛すべき、“超バカ映画”!
    今、旬な人たちが作り出した、傑作。
    笑いと涙あり、劇場を出るころには清清しい
    製作年:2007
    製作国:日本
    監督:佐藤祐市
    主演:小栗旬,ユースケ・サンタマリア,小出恵介,塚地武雅
    1
  2. 大誘拐 RAINBOW KIDS

    大誘拐 RAINBOW KIDS
    評価:A4.04
    大金持ちの老女誘拐を実行した三人組の若者とそれに関わる人々を逆に手玉にとる老女の姿をユーモラスに描くブラックコメディ。天藤真原作の同名小説の映画化で、脚本・監督は「ジャズ大名」の岡本喜八。撮影は「YAWARA!」の岸本正広がそれぞれ担当。

    ネット上の声

    自分としては
    味わい深い映画
    ★★★★ 80歳の大立ち回り
    一番好きな邦画といつまででも言える。
    製作年:1991
    製作国:日本
    監督:岡本喜八
    主演:北林谷栄,風間トオル,内田勝康,西川弘志
    2
  3. 運命じゃない人

    運命じゃない人
    評価:A4.01
    典型的ないい人・宮田(中村靖日)をはがゆく思っていた私立探偵の神田(山中聡)は、いつまでも前の彼女のことを引きずっている宮田のために、レストランで1人で寂しそうに食事をしている女性(霧島れいか)をナンパするが……。

    ネット上の声

    絶対おすすめ
    ジグソーパズル
    おもしろかった
    セリフが好き!
    製作年:2004
    製作国:日本
    監督:内田けんじ
    主演:中村靖日,霧島れいか,山中聡,山下規介
    3
  4. 博士の異常な愛情

    博士の異常な愛情
    評価:A3.99
    東西冷戦の最中に撮影され、戦争が世界の破滅を導くことをシニカルに描いたブラックコメディ。米国空軍のリッパー将軍の指示でソ連に向けて核攻撃が開始される。英国空軍のマンドレーク大佐が爆撃機の撤退を説得する一方、ソ連は核爆発によって誘発される地球破壊装置の存在を明らかにする。「ロリータ」「ピンクパンサー」シリーズのピーター・セラーズが英軍大佐、マフリー米大統領、表題でもあるストレンジラブ博士の3役を見…

    ネット上の声

    不世出の傑作
    核の脅威をコメディで
    笑っちゃいけないけど、爆笑
    「かんむり」による先入観とは
    製作年:1964
    製作国:イギリス/アメリカ
    監督:スタンリー・キューブリック
    主演:ピーター・セラーズ,ジョージ・C・スコット,スターリング・ヘイドン,キーナン・ウィン
    4
  5. シャレード

    シャレード
    評価:A3.97
    「雨に唄えば」(1953)の巨匠スタンリー・ドーネン監督が、オードリー・ヘプバーンを主演に描くコミカルなミステリー。レジーナは友人とのスキー旅行の途中で離婚を決意するが、帰宅すると夫は死んでいた。さらに、夫が戦時中に3人の男と軍資金を横領したあげく、仲間をだましていた事実が発覚する。3人から脅迫を受けるはめになったレジーナは、旅行で知り合ったピーターに助けを求めるが……。

    ネット上の声

    とにかくお洒落
    最後まで目が離せません
    薄幸の未亡人でも素敵
    永遠の妖精ヘップバーンのサスペンス
    製作年:1963
    製作国:アメリカ
    監督:スタンリー・ドーネン
    主演:オードリー・ヘプバーン,ケイリー・グラント,ウォルター・マッソー,ジェームズ・コバーン
    5
  6. アフタースクール

    アフタースクール
    評価:A3.94
    母校の中学で働く教師、神野(大泉洋)のもとに、かつての同級生だと名乗る探偵(佐々木蔵之介)が訪ねてくる。探偵は、神野の幼なじみで今は一流企業に勤める木村(堺雅人)の行方を追っていた。心ならずも木村探しに巻き込まれるうちに神野の知らない木村の姿が明らかになり、事態は誰もが予想しない展開に向かっていく。

    ネット上の声

    素直にだまされましょう
    さすがの内田ワールド
    先入観や思い込みを上手く利用した作品
    友だちのどこがわかってるんだよ
    製作年:2008
    製作国:日本
    監督:内田けんじ
    主演:大泉洋,佐々木蔵之介,堺雅人,常盤貴子
    6
  7. ヒメアノ~ル

    ヒメアノ~ル
    評価:A3.93
    過激な内容で話題になった古谷実の人気コミックを、V6の森田剛を主演に迎えて実写映画化。ビル清掃会社のパートタイマーの青年と同僚が織り成す至って普通の日々と、欲望のままに殺人を重ねるサイコキラーの心の闇を描く。
    製作年:2015
    製作国:日本
    監督:吉田恵輔
    主演:森田剛,濱田岳,佐津川愛美,ムロツヨシ
    7
  8. 毒薬と老嬢

    毒薬と老嬢
    評価:A3.93
    ブロードウェイでロングランヒットした戯曲を名匠フランク・キャプラ監督が映画化した作品で、キャプラ作品としては珍しいブラック・コメディ。ブルックリンの屋敷に住む老姉妹エビイとマーサ。先の短い孤独な老人を安らかに死なせてやりたいという考えにとらわれる2人は、老人たちを屋敷に連れ込み、毒入りのワインを飲ませて殺していた。ある日彼女たちを訪ねてやって来た甥モーティマーが、地下に隠されていた死体を発見する。

    ネット上の声

    やっぱり映画は脚本が命!
    狂人どもが夢の後(笑)
    あのケーリー・グラントが・・
    浮き世離れしたババアってなんてミリキ的
    製作年:1944
    製作国:アメリカ
    監督:フランク・キャプラ
    主演:ケイリー・グラント,プリシラ・レイン,ジョセフィン・ハル,ジーン・アディア
    8
  9. 女はみんな生きている

    女はみんな生きている
    評価:A3.89
    フランスのアカデミー賞であるセザール賞で5部門のノミネート、娼婦を演じるラシダ・ブラクニに最有望若手女優賞受賞の快挙をもたらした女性ドラマ。監督は「赤ちゃんに乾杯!」のコリーヌ・セロー。主演は「奇人たちの晩餐会」のカトリーヌ・フロ。

    ネット上の声

    女はつよし
    観ててちょっと辛い。
    人間の尊厳、絆(きずな)、連帯を訴えた佳作
    ラストシーンが好き!女性が何時までも元気に生きるのは素晴らしい!
    製作年:2001
    製作国:フランス
    監督:コリーヌ・セロー
    主演:カトリーヌ・フロ,ヴァンサン・ランドン,ラシダ・ブラクニ,リーヌ・ルノー
    9
  10. 穴
    評価:B3.87
    「東北の神武たち」の久里子亭の脚本にもとづき同じく市川崑が監督したロマンティック・コミック・スリラー。撮影は小林節雄。主演は「夜の蝶」の京マチ子、船越英二、山村聡、川上康子、「真昼の対決」の菅原謙二。

    ネット上の声

    京マチ子が奔走
    俳優陣の存在感。
    京マチ子の七変化百面相
    穴があったら入りたい!
    製作年:1957
    製作国:日本
    監督:市川崑
    主演:京マチ子,船越英二,山村聡,菅原謙二
    10
  11. 暗闇でドッキリ

    暗闇でドッキリ
    評価:B3.84
    ハリー・カーニッツとマルセル・アシャールの戯曲を「ピンクの豹」のブレイク・エドワーズとウィリアム・ピーター・ブラッティが共同で脚色、ブレイク・エドワーズが演出したスリラー・コメディ。撮影はクリストファー・チャリス、音楽は「ピンクの豹」のヘンリー・マンシーニが担当した。出演は「博士の異常な愛情……」のピーター・セラーズ、「誘惑の海」のエルケ・ソマー、「イヴの総て」のジョージ・サンダース、「スパルタ…

    ネット上の声

    シリーズ第一弾
    ピンクパンサーシリーズではないが
    惜しいなぁ
    懐かしいねぇ、クルーゾー警部。
    製作年:1964
    製作国:アメリカ
    監督:ブレイク・エドワーズ
    主演:ピーター・セラーズ,エルケ・ソマー,ジョージ・サンダース,ハーバート・ロム
    11
  12. ありえなさ過ぎる女 ~被告人よしえ~

    ありえなさ過ぎる女 ~被告人よしえ~
    評価:B3.83
    吉本新喜劇のベテラン、浅香あき恵が映画初主演を飾った法廷ドラマ。殺人事件の容疑者として逮捕された60歳の女性が、身の潔白を主張する姿を描く。
    製作年:2017
    製作国:日本
    監督:北村誠之
    主演:浅香あき恵,光宗薫,仁科克基,武田裕光
    12
  13. 大陸横断超特急

    大陸横断超特急
    評価:B3.79
    大陸横断特急を舞台に組織の秘密を知って狙われる男の恋と冒険を描く。製作はエトワード・K・ミルキスとトーマス・L・ミラー、監督は「ある愛の詩」のアーサー・ヒラー・脚本はコリン・ヒギンズ、撮影はデイヴィッド・M・ウォルシュ、音楽はヘンリー・マンシーニが各々担当。出演はジーン・ワイルダー、ジル・クレイバーグ、パトリック・マクグーハンなど。

    ネット上の声

    サスペンス・コメディの秀作
    何度も落ちるジーンが好き(笑)
    これぞ正真正銘の『脱線』コメディ!
    暴走列車はラストで笑顔に(?)★痛快サスペンスコメディ
    製作年:1976
    製作国:アメリカ
    監督:アーサー・ヒラー
    主演:ジーン・ワイルダー,ジル・クレイバーグ,リチャード・プライアー,パトリック・マクグーハン
    13
  14. 愛しのアイリーン

    愛しのアイリーン
    評価:B3.70
    漫画家・新井英樹の原作を、この作品に大きな影響を受けたという『ヒメアノ~ル』などの吉田恵輔が映画化。『俳優 亀岡拓次』などの安田顕が、フィリピンの女性と結婚する主人公を演じる。
    製作年:2018
    製作国:日本
    監督:吉田恵輔
    主演:安田顕,ナッツ・シトイ,河井青葉,ディオンヌ・モンサント
    14
  15. 不機嫌な赤いバラ

    不機嫌な赤いバラ
    評価:B3.65
    誇り高き元大統領夫人と血気盛んなシークレット・サービスの丁々発止のやりとりをユーモラスに綴った、ハート・ウォーミングなヒューマン・ドラマ。「ポリスアカデミー」のシリーズ1作目を手掛け、『Mr. 早討ちマン』『バーグラー 危機一髪』(共に日本未公開、ビデオのみ)などコメディ・タッチの作品を得意とするヒュー・ウィルソン。脚本はウィルソンと「バック・トゥ・スクール」のピーター・トロクヴェイの共同。製作…

    ネット上の声

    心がホワンとします
    ニコラスとシャーリーの演技は
    「ドライビング・ミス・デイジー」?
    ダメでした
    製作年:1994
    製作国:アメリカ
    監督:ヒュー・ウィルソン
    主演:シャーリー・マクレーン,ニコラス・ケイジ,オースティン・ペンドルトン,エドワード・アルバート
    15

スポンサードリンク