洋画のサスペンス映画ランキング

  1. JAWS/ジョーズ

    JAWS/ジョーズ
    評価:S4.53
    製作年:1975
    製作国:アメリカ
    監督:スティーヴン・スピルバーグ
    主演:ロイ・シャイダー,ロバート・ショウ,リチャード・ドレイファス,ロレイン・ゲイリー
    1
  2. 評決のとき

    評決のとき
    評価:A4.00
    人種差別問題が絡んだ事件の裁判を通して、正義と真実の問題に取り組む人々の姿を描いたサスペンス・タッチのヒューマン・ドラマの感動作。「ペリカン文書」「依頼人」などのベストセラー作家、ジョン・グリシャムが新米弁護士時代の体験に基づく処女小説(邦訳・新潮文庫)を、自ら製作も兼ねて映画化。これまでのグリシャム映画と同様、法廷サスペンスのスタイルを取りながらも、重いテーマをエンターテインメントと両立させる…

    ネット上の声

    実は配役がすごい!
    静かな名作☆★
    製作年:1996
    製作国:アメリカ
    監督:ジョエル・シューマカー
    主演:マシュー・マコノヒー,サンドラ・ブロック,サミュエル・L・ジャクソン,ケヴィン・スペイシー
    2
  3. サイコ

    サイコ
    評価:S4.49
    アルフレッド・ヒッチコック監督作品。原作はロバート・ブロックの推理小説。脚色を「黒い蘭」のジョセフ・ステファノがうけもつ。撮影と音楽はジョン・L・ラッセルとバーナード・ハーマンがそれぞれ担当。出演は「のっぽ物語」のアンソニー・パーキンスのほかジョン・ギャビン、ジャネット・リー、ベラ・マイルズら。製作もヒッチコック。最初の邦題は「サイコ-異常心理-」。

    ネット上の声

    これがサイコだ
    レビューを見る前に映画を見て!
    名作すぎて語るコトすらはばかられます。
    サスペンスの連続、やっぱり大傑作です
    製作年:1960
    製作国:アメリカ
    監督:アルフレッド・ヒッチコック
    主演:アンソニー・パーキンス,ジャネット・リー,ジョン・ギャヴィン,ヴェラ・マイルズ
    3
  4. レオン/完全版

    レオン/完全版
    評価:S4.45
    リュック・ベッソン監督作品「レオン」に、22分の未公開映像を加えた完全版。舞台はニューヨーク。家族を殺され、隣室に住む殺し屋レオンのもとに転がり込んだ12才の少女マチルダは、家族を殺した相手への復讐を決心する。少女マチルダを演じるのは、オーディションで選ばれ、本作が映画初出演となったナタリー・ポートマン。また、寡黙な凄腕の殺し屋レオンをベッソン作品おなじみのジャン・レノが演じている。

    ネット上の声

    切ない!!
    愛か死か・・・
    「狂暴な純愛」
    とても悲しい作品だが、一生忘れない作品!
    製作年:1994
    製作国:フランス/アメリカ
    監督:リュック・ベッソン
    主演:ジャン・レノ,ナタリー・ポートマン,ダニー・アイエロ,ゲイリー・オールドマン
    4
  5. ディレクターズ・カット JFK/特別編集版

    ディレクターズ・カット JFK/特別編集版
    評価:S4.28
    全世界が震撼した1963年11月のケネディ大統領暗殺事件を、最も真相に近いと言われる解釈でO・ストーンが映画化したポリティカル・サスペンス。オズワルドという男の単独犯として処理されたケネディ大統領暗殺事件。だが、地方検事のジム・ギャリソンは事件に矛盾と疑問を抱き、独自に調査を開始するが……。監督の手により、9箇所のシーンが追加された約17分長いディレクターズ・カット版。

    ネット上の声

    これは絶対に見て欲しい
    悲しいAmerica方程式〜オススメ関連作品etc
    製作年:1991
    製作国:アメリカ
    監督:オリヴァー・ストーン
    主演:ケヴィン・コスナー,シシー・スペイセク,ジョー・ペシ,ゲイリー・オールドマン
    5
  6. 情婦

    情婦
    評価:S4.42
    アガサ・クリスティの短編「検察側の証人」の映画化。主演のマレーネ・デートリッヒたっての希望で、監督にはビリー・ワイルダーに白羽の矢がたった。ワイルダーにとっては初の法廷劇だが、彼の作品特有の悪女は今作でも健在。ロンドンで、裕福な未亡人の刺殺事件が起きる。容疑の疑いがかけられたレナードは、ロンドンきっての敏腕弁護士ローバーツ卿に弁護を依頼する。しかし、唯一のアリバイを証言する妻が思いもよらないこと…

    ネット上の声

    サスペンス仕立ての法廷劇を期待してたのでミステリーにがっかり
    ちょっと鳥肌〜
    パチパチパチ!!
    終わり方が・・・
    製作年:1957
    製作国:アメリカ
    監督:ビリー・ワイルダー
    主演:タイロン・パワー,マレーネ・ディートリッヒ,チャールズ・ロートン,エルザ・ランチェスター
    6
  7. 穴
    評価:S4.35
    ジョゼ・ジョバンニが自らの脱獄体験に基づいて書いたノンフィクション小説の映画化で、「現金に手を出すな」「モンパルナスの灯」の名匠ジャック・ベッケル監督の遺作となった作品。ラ・サンテ刑務所の一室に閉じ込められた4人の男たち。彼らは床に穴を掘って脱獄しようと、細心の注意を払って綿密な計画を練り上げる。そこに入ってきた新たな服役囚。迷った挙句、彼らは新入りに計画を打ち明け、5人で協力して実行するのだが…

    ネット上の声

    本当のお話
    囚人が脱獄の工夫を色々しているが明らかに慎重さが足りない
    良い映画です
    リアルなプリズンブレイク
    製作年:1960
    製作国:フランス
    監督:ジャック・ベッケル
    主演:ジャン=ケロディ,フィリップ・ルロワ,ミシェル・コンスタンタン,マルク・ミシェル
    7
  8. マン・ハント

    マン・ハント
    評価:S4.32
    ヒトラーに銃を向けたハンターと、彼を狩り出そうとするゲシュタポの追跡を描いた本格サスペンスの一編。本作のあと「死刑執行人もまた死す」「恐怖省」「外套と短剣」と続く、フリッツ・ラング監督のナチスものの最初の作品。従来のアメリカ映画にないナチスのリアルなイメージを米国の大衆に与え、以後のプロパガンダ映画のあり方に大きな影響を与えた。原作はジョフリー・ハウスホールドの小説『Rogue Male』で、「…

    ネット上の声

    冒頭の狙撃シークエンス
    無意識の暗殺者
    マン・ハント
    1941年に作られた素晴らしい映画
    製作年:1941
    製作国:アメリカ
    監督:フリッツ・ラング
    主演:ウォルター・ピジョン,ジョーン・ベネット,ジョージ・サンダース,ジョン・キャラダイン
    8
  9. 十二人の怒れる男

    十二人の怒れる男
    評価:S4.28
    ニューヨークの裁判所。18歳の不良少年が実父殺害の容疑で裁かれようとしていた。12人の陪審員たちは評決の投票をするが、ただひとり陪審員8番だけが無罪を主張し、改めて審議が行なわれることに。それでなくても疲れきっていた11人は苛立つが、8番の説得によって次々と無罪に転じていく。はたして審議の行方は? レジナルド・ローズ脚本のテレビドラマを映画化。シドニー・ルメットがこの作品で映画初監督を飾った。

    ネット上の声

    爽快感の演出
    名役者に脱帽!!
    ノット ギルティ!!
    今、改めて日本人が観るべき名作
    製作年:1957
    製作国:アメリカ
    監督:シドニー・ルメット
    主演:ヘンリー・フォンダ,リー・J・コッブ,エド・ベグリー,マーティン・バルサム
    9
  10. メトロマニラ 世界で最も危険な街

    メトロマニラ 世界で最も危険な街
    評価:S4.25
    写真家でもあるショーン・エリスがフィリピンでオールロケに挑んだ意欲作。地方から大都会へやって来た農民たちが辿る運命を、迫力ある緊張感を生み出すドキュメンタリーチックなカット割りを用いて描いた社会派ドラマ。サンダンス映画祭ワールドシネマ部門でドラマ観客賞を受賞。フィリピンのパナウエで暮らす貧しい農民のオスカーは、生活に困窮し妻のマイや2人の幼い子供を連れて仕事を得るために大都会マニラへ向かう。ところが、あっという間に騙されて全財産を失ってしまった彼らは、スラムに身を寄せることに。オスカーは警備員の職を得、マイもバーで働き始める。そんな中、オスカーの同僚オングが大金をせしめるという怪しげな計画を持ち出し…。
    製作年:2013
    製作国:イギリス/フィリピン
    監督:ショーン・エリス
    主演:ジェイク・マカパガル,ジョン・アルシラ,アルセア・ヴェガ
    10
  11. ミュート・ウィットネス

    ミュート・ウィットネス
    評価:B3.70
    殺人現場を目撃した口のきけない女性が組織犯罪に巻き込まれるサスペンス。実際の撮影所(モスフィルム・スタジオ)を使ってロシア・ロケされた。監督・脚本はCMディレクター出身のイギリス映画界の新鋭、アンソニー・ウォラーで、本作が映画デビュー作。製作はアレクサンダー・ブックマン、ノルバート・ソエントゲン、監督のウォラー、エグゼクティヴ・プロデューサーはリチャード・クラウス、共同製作はグレゴリー・リアツス…

    ネット上の声

    主演女優は可愛いですが…
    ぜひ観て!
    楽しめました
    ウォラーよ 戻って来い!
    製作年:1995
    製作国:アメリカ
    監督:アンソニー・ウォラー
    主演:マリナ・スディナ,フェイ・リプリー,オレグ・ヤンコフスキー,エヴァン・リチャーズ
    11
  12. アマデウス

    アマデウス
    評価:S4.24
    ピーター・シェイファーによる戯曲を「カッコーの巣の上で」のアカデミー賞コンビ、製作ソウル・ゼインツ&ミロス・フォアマン監督で映画化。19世紀の楽聖ウォルフガング・アマデウス・モーツァルトの半生を、彼を妬む宮廷音楽家サリエリの視点から描く。出演はサリエリにF・マーレイ・エイブラハム、モーツァルトにトム・ハルス。1984年度のアカデミー賞では作品賞、監督賞、主演男優賞を含む8部門で受賞した。

    ネット上の声

    凡人が天才に嫉妬する話
    天才は現実に疎いものなのか
    ディレクターズカットでどうぞ!
    モーツァルトの話がこんなにおもしろくなるなんて!
    製作年:1984
    製作国:アメリカ
    監督:ミロス・フォアマン
    主演:F・マーレイ・エイブラハム,トム・ハルス,エリザベス・ベリッジ,ロイ・ドートリス
    12
  13. 告発

    告発
    評価:A4.17
    悪名高きアルカトラズ刑務所を閉鎖に追い込んだ実際の事件に基づき、若き弁護士と囚人の友情を描いたヒューマン・ドラマ。「パッセンジャー57」「ワイアット・アープ」のダン・ゴードンのオリジナル脚本を、「ハートブレイク・タウン」のマーク・ロッコが監督。製作はマーク・フリードマンとマーク・ウォルパー、エグゼクティヴ・プロデューサーはデイヴィッド・L・ウォルパーとマーク・ロッコ。撮影は「みんな愛してる」のフ…

    ネット上の声

    脚本が悪くてすごい話がすごそうに見えなかった、かなり物足りない
    重くて痛い
    権力を持った人間の恐ろしい悪に触れた気分
    こんなことが実際にあったとは!?楽しむというより学ぶ映画
    製作年:1995
    製作国:アメリカ
    監督:マーク・ロッコ
    主演:クリスチャン・スレイター,ケヴィン・ベーコン,ゲイリー・オールドマン,エンベス・デイヴィッツ
    13
  14. 死刑執行人もまた死す

    死刑執行人もまた死す
    評価:A4.20
    第2次大戦中のプラハを舞台に、ナチスに追われるレジスタンスの恐怖を描く。監督は「メトロポリス」のフリッツ・ラング、エグゼクティヴ・プロデューサーはアーノルド・プレスバーガー、原案・脚本はベルトルト・ブレヒトとラングの共同で、脚本のみでジョン・ウェクスリーが参加している。撮影はジェームズ・ウォン・ホウ、音楽はハンス・アイスラーが担当。出演はブライアン・ドンレヴィ、ウォルター・ブレナンほか。

    ネット上の声

    死刑執行人もまた死す
    プロパガンタであると同時に極上の娯楽作品
    スリルとサスペンスのエンタティンメント作品。
    かたやカサブランカ、かたや本作
    製作年:1943
    製作国:アメリカ
    監督:フリッツ・ラング
    主演:ブライアン・ドンレヴィ,ウォルター・ブレナン,アンナ・リー,デニス・オキーフ
    14
  15. 反撥

    反撥
    評価:A4.17
    ジェラール・ブラッシュの協力を得て「水の中のナイフ」のロマン・ポランスキーがシナリオを執筆、自ら監督した心理ドラマ。撮影は「博士の異常な愛情」のギルバート・テイラー、音楽はチコ・ハミルトンが担当した。出演は、「シェルブールの雨傘」のカトリーヌ・ドヌーヴ、「女ともだち(1956)」のイヴォンヌ・フルノー、他にイアン・ヘンドリー、ジョン・フレーザー、バトリック・ワイマークほか。

    ネット上の声

    性格描写の妙
    スタイリッシュ・ホラーの傑作
    美少女カトリーヌ・ドヌーヴ
    製作年:1964
    製作国:イギリス
    監督:ロマン・ポランスキー
    主演:カトリーヌ・ドヌーヴ,イヴォンヌ・フルノー,ジョン・フレイザー,イアン・ヘンドリー
    15

スポンサードリンク