全50作品。西部劇のアクション映画ランキング

  1. 地獄への道

    地獄への道
    評価:A4.23
    「頭上の敵機」と同じく、ダリル・F・ザナック総指揮、ヘンリー・キング監督作品で、「彼と人魚」のナナリー・ジョンソンが共同製作者兼脚本担当者として参加している1939年度作品、撮影は「善人サム」のジョージ・バーンズ、音楽はルイス・シルヴァース。主演は「狐の王子」のタイロン・パワー、「科学者ベル」のヘンリー・フォンダ、「紅の翼(1939)」のナンシー・ケリーで、「西部の裁き」のランドルフ・スコット、ヘンリー・ハル、「初めか終りか」のブライアン・ドンレヴイ、「駅馬車(1939)」のジョン・キャラディンの他、スリム・サマーヴィル、J・エドワード・ブロムバーグ、ドナルド・ミーク、ジョン・ラッセル、ジョ…

    アクション、西部劇

    ネット上の声

    アメリカ型反逆者
    製作年:1939
    製作国:アメリカ
    監督:ヘンリー・キング
    主演:タイロン・パワー,ヘンリー・フォンダ,ジョン・キャラダイン,ランドルフ・スコット
    1
  2. 赤い河

    赤い河
    評価:A4.15
    1851年、ダンソンと相棒グルートは、テキサス北境近くでカリフォルニア行きの幌馬車隊から別れて赤い河へとやって来る。間もなく幌馬車隊がコマンチ族の襲撃を受け、恋人フェンも殺されてしまったことを知る。2人は生き残った少年マシューを連れてリオ・グランデ近くの牧草地に辿り着く。それから14年の歳月が流れ……。ホークス監督にとって初の本格的西部劇。

    アクション、西部劇

    ネット上の声

    男の世界は
    牛の暴走シーンの迫力は圧巻!
    製作年:1948
    製作国:アメリカ
    監督:ハワード・ホークス
    主演:ジョン・ウェイン,モンゴメリー・クリフト,ウォルター・ブレナン,ジョン・アイアランド
    2
  3. リバティ・バランスを射った男

    リバティ・バランスを射った男
    評価:A4.14
    モンタナ州立大学教授ドロシー・M・ジョンソンが1949年に書いた同名小説をジェームズ・ワーナー・ベラとウィリス・ゴールドベックが共同脚色、「馬上の二人」のジョン・フォードが監督した異色西部劇。撮影は「馬上ー」と同じくウィリアム・H・クローシア、音楽はシリル・モックリッジが担当。出演は「コマンチェロ」のジョン・ウェイン、「馬上の二人」のジェームズ・スチュアート、「連邦警察」のヴェラ・マイルズほかにリー・マーヴィン、ウディ・ストロード、エドモンド・オブライエンなど。製作はウィリス・ゴールドベック。

    アクション、西部劇

    ネット上の声

    私が一番好きなフォード映画
    ジーン・ピットニーが歌った、同名の曲とは …
    アウトローの覚悟
    西部劇の中では最高
    製作年:1962
    製作国:アメリカ
    監督:ジョン・フォード
    主演:ジェームズ・スチュワート,ジョン・ウェイン,ヴェラ・マイルズ,リー・マーヴィン
    3
  4. ワイルドバンチ/オリジナル・ディレクターズ・カット

    ワイルドバンチ/オリジナル・ディレクターズ・カット
    評価:A4.10
    バイオレンスの巨匠サム・ペキンパーの傑作ウエスタン。強盗団の死闘を描いた物語が完全版で甦る。スローモーションを活かしたクライマックスの銃撃戦は、とにかく必見!

    ヒューマンドラマ、アクション、西部劇

    ネット上の声

    LET’S GO!
    圧倒的なバイオレンス
    ペキンパー暴力の美学を堪能
    男を説明してくれる映画なのかな。
    製作年:1969
    製作国:アメリカ
    監督:サム・ペキンパー
    主演:ウィリアム・ホールデン,アーネスト・ボーグナイン,ロバート・ライアン,ウォーレン・オーツ
    4
  5. ウエスタン

    ウエスタン
    評価:A4.07
    セルジオ・レオーネがアメリカで監督した西部劇。主演は「バルジ大作戦」のヘンリー・フォンダ、「さらば友よ」のチャールズ・ブロンソン、「墓石と決闘」のジェーソン・ロバーズ。共演には紅一点のクラウディア・カルディナーレ、フランク・ウォルフ、ガブリエレ・フェルゼッティ、ウッディ・ストロード、キーナン・ウィンなどが顔をそろえている。製作はフルヴィオ・モルセッラ。脚本はセルジオ・ドナーティとセルジオ・レオーネの共作。撮影にはトニーノ・デリ・コリがあたり、音楽はマカロニ・ウエスタンの名曲を数多く手がけたエンニオ・モリコーネが担当。テクニカラー、テクニスコープ。イタリア・オリジナル版は175分。

    アクション、西部劇

    ネット上の声

    間延びしてる
    マカロニウエスタンの最高傑作
    ブロンソンのクローズアップ!!
    ブロンソン
    製作年:1968
    製作国:イタリア/アメリカ
    監督:セルジオ・レオーネ
    主演:ヘンリー・フォンダ,クラウディア・カルディナーレ,ジェイソン・ロバーズ,チャールズ・ブロンソン
    5
  6. 夕陽のガンマン

    夕陽のガンマン
    評価:A4.04
    セルジオ・レオーネとフルヴィオ・モルセッラのストーリーをルチアーノ・ヴィンセンツォーニとセルジオ・レオーネが脚色、レオーネが「荒野の用心棒」(この時はボブ・ロバートソンというアメリカ名前を使った)についで発表した製作・監督担当の西部アクション。撮影はマッシモ・ダラマーノ、音楽はエンニオ・モリコーネが担当した。出演クリント・イーストウッド、リー・ヴァン・クリーフ、ジャン・マリア・ヴォロンテほか。テクニカラー、テクニスコープ。

    アクション、西部劇

    ネット上の声

    いわゆるマカロニウェスタンと違う筋書き
    かっこいい
    ドル箱三部作 その2
    クリント クリント・イーストウッド。
    製作年:1965
    製作国:イタリア/スペイン
    監督:セルジオ・レオーネ
    主演:クリント・イーストウッド,リー・ヴァン・クリーフ,ジャン・マリア・ヴォロンテ,クラウス・キンスキー
    6
  7. ブロークン・トレイル 遥かなる旅路

    ブロークン・トレイル 遥かなる旅路
    評価:A4.04
     アメリカのクラシック映画専門チャンネルAMCのオリジナルTV映画として、「48時間」「ロング・ライダーズ」のウォルター・ヒル監督、「ゴッドファーザー」シリーズのロバート・デュヴァル主演で製作されたウエスタン・アクション・ロードムービー。19世紀末の西部を舞台に、500頭の馬をオレゴンからワイオミングまで移動させる旅に出た老カウボーイとその甥が、予想外の困難に直面しながらも正義と誇りを胸に立ち向かう姿を、美しく雄大な風景をバックに郷愁とロマンあふれるタッチで綴る。

    ヒューマンドラマ、アクション、西部劇
    製作年:2006
    製作国:アメリカ
    監督:ウォルター・ヒル
    7
  8. 駅馬車

    駅馬車
    評価:A3.99
    「台風」「男の敵」「肉弾鬼中隊(1934)」のジョン・フォードがウォルター・ウェンジャー・プロで監督した映画で、雑誌コリアース掲載のアーネスト・ヘイコックスス作「ローズバーグへの駅馬車」に基づき、右記3映画と同じくダドリー・ニコルズが脚本を執筆した。出演者は「デッド・エンド」「15処女街」のクレア・トレヴァー、「ビッグ・トレイル(1930)」以降西部劇専門のジョン・ウェインを始め、「翼の人々」のアンディ・デヴァイン、「サブマリン爆撃隊」「台風」のジョン・キャラダイン、「コンドル(1939)」「台風」のトーマス・ミッチェル、「北海の子」のルイズ・プラット、「サブマリン爆撃隊」のジョージ・バンク…

    アクション、西部劇

    ネット上の声

    映画史上に残る傑作西部劇
    受け入れがたい時代の価値観
    人間ドラマです。
    冒険活劇ウエスタン
    製作年:1939
    製作国:アメリカ
    監督:ジョン・フォード
    主演:ジョン・ウェイン,トーマス・ミッチェル,クレア・トレヴァー,ルイーズ・プラット
    8
  9. 3時10分、決断のとき

    3時10分、決断のとき
    評価:A3.96
    地主からの嫌がらせで、馬小屋に火を放たれたダン・エヴァンス(クリスチャン・ベイル)一家。営んでいる牧場の生活は苦しくなる一方で、ダンと家族の溝は深まっていた。そんな折、卑劣な悪事を繰り返すベン・ウェイド(ラッセル・クロウ)が逮捕され、3日後の3時10分発の汽車でユマの刑務所へ連行されることに。危険な道をたどるウェイドの護送を、ダンは男の誇りに懸けて引き受ける。

    アクション、西部劇

    ネット上の声

    インディジョーンズ?
    カッコイイ
    衣裳がかわいい
    父親が息子に見せる、最後の晴れ姿。
    製作年:2007
    製作国:アメリカ
    監督:ジェームズ・マンゴールド
    主演:ラッセル・クロウ,クリスチャン・ベイル,ローガン・ラーマン,ベン・フォスター
    9
  10. ラスト・シューティスト

    ラスト・シューティスト
    評価:A3.95
    1901年、ネバダ州カーソンシティ。老ガンマン、ブックスは旧友の医師から末期ガンの宣告を受ける。その医師の勧めで、ブックスはロジャース夫人の宿に身を寄せることに。夫人の息子ギロムはブックスがかつて30人も撃ち殺した伝説的なガンマンであることを見抜く。やがてブックスは最後の対決に臨むことに……。79年にガンで亡くなった名優ジョン・ウェインがその3年前に撮影した遺作。

    アクション、西部劇

    ネット上の声

    紗のかかった映画
    哀愁が漂う
    ジョン・ウェインの遺作にふさわしい作品です。
    静かな闘志が美しい
    製作年:1976
    製作国:アメリカ
    監督:ドン・シーゲル
    主演:ジョン・ウェイン,ジェームズ・スチュワート,ローレン・バコール,ロン・ハワード
    10
  11. 襲われた幌馬車

    襲われた幌馬車
    評価:A3.94
    『ワーロック』のリチャード・ウィドマーク主演で贈る西部劇。殺人犯として護送中のコマンチインディアンのトッドは、アパッチに襲われた幌馬車隊と遭遇。生き残った面々を安全な土地まで送り届けるため、トッドは彼らの警護を引き受けるが…。

    アクション、西部劇
    製作年:1956
    製作国:アメリカ
    監督:デルマー・デイヴィス
    主演:リチャード・ウィドマーク,フェリシア・ファー,スーザン・コーナー,トミー・レティグ
    11
  12. 許されざる者

    許されざる者
    評価:A3.92
    クリント・イーストウッドが、師匠であるセルジオ・レオーネ監督とドン・シーゲル監督に捧げた異色西部劇。1870年代の米ワイオミング。かつては無法者として悪名を轟かせたウィリアム・マニーだったが、今は若い妻に先立たれ、2人の幼い子どもとともに貧しい農夫として静かに暮らしていた。そこに若いガンマン、キッドが立ち寄り、賞金稼ぎの話を持ちかける。共演にジーン・ハックマン、モーガン・フリーマン、リチャード・ハリス。92年度のアカデミー賞では作品、監督を含む4部門を受賞した。

    アクション、西部劇

    ネット上の声

    イーストウッド監督
    アンチ西部劇の傑作です。
    クリント・イーストウッド!!
    イーストウッドが伝える「最後の西部劇」
    製作年:1992
    製作国:アメリカ
    監督:クリント・イーストウッド
    主演:クリント・イーストウッド,ジーン・ハックマン,モーガン・フリーマン,リチャード・ハリス
    12
  13. 荒野の七人

    荒野の七人
    評価:A3.92
    無法者の被害に嘆くメキシコの寂れた田舎町では、用心棒を雇うことになり、クリス(ユル・ブリンナー)をリーダーとしてヴィン(スティーブ・マックィーン)やブリット(ジェームズ・コバーン)ら7人のガンマンが集結した。農民に自衛の策を教えるなどし、襲撃に備えるが……。

    アクション、西部劇

    ネット上の声

    楽しめます
    パクリだが
    Magnificent seven
    基本です!!
    製作年:1960
    製作国:アメリカ
    監督:ジョン・スタージェス
    主演:ユル・ブリンナー,スティーヴ・マックィーン,チャールズ・ブロンソン,ジェームズ・コバーン
    13
  14. 夕陽のギャングたち

    夕陽のギャングたち
    評価:A3.90
    二十世紀初頭のメキシコを舞台に、アイルランド人の革命家とメキシコ人山賊の活躍を描く。製作はフルヴィオ・モルセッラ、監督はセルジオ・レオーネ、レオーネの原案を彼自身とルチアーノ・ヴィンセンツォーニ、セルジオ・ドナーティが脚色化した。撮影はジュゼッペ・ルゾリーニ、音楽はエンニオ・モリコーネが各々担当。出演はロッド・スタイガー、ジェームズ・コバーン、ロモロ・ヴァッリ、マリア・センティ、フランコ・グラツィオーシなど。日本語版監修は清水俊二。テクニカラー・テクニスコープ。

    アクション、西部劇

    ネット上の声

    巻き込まれる
    文句なしのマカロニ・ウエスタンの傑作である。
    男の顔が語る革命史
    革命=暴力+犠牲×友情
    製作年:1971
    製作国:イタリア
    監督:セルジオ・レオーネ
    主演:ロッド・スタイガー,ジェームズ・コバーン,ロモロ・ヴァリ,マリア・モンティ
    14
  15. 捜索者

    捜索者
    評価:A3.90
    久方ぶりにジョン・フォードが取組む西部の叙事詩。廣野を背景に、深い愛情を呵責ない非情で包む西部男の物語。サタデー・イヴニング・ポスト誌連載、アラン・ルメイ原作“復讐するテキサス人”を「ミスタア・ロバーツ」のフランク・S・ニュージェントが脚色、「ミスタア・ロバーツ」に続きジョン・フォードが監督、ウィントン・C・ホックが撮影を担当。主演は「中共脱出」のジョン・ウェイン、「白い羽根」のジェフリー・ハンター、「フェザー河の襲撃」のヴェラ・マイルズ、「理由なき反抗」のナタリー・ウッド、他にフォード一家のワード・ボンド、ハリー・ケイリー・ジュニア、ジョン・ウェインの息子パトリック・ウェイン等が助演。

    アクション、西部劇

    ネット上の声

    最高傑作なのでは
    愛と憎しみの狭間で苦しむ男の物語
    ”開拓魂”と”正義”を改めて知る
    フォード、ウェイン、そしておいらにとっての新しい挑戦
    製作年:1956
    製作国:アメリカ
    監督:ジョン・フォード
    主演:ジョン・ウェイン,ジェフリー・ハンター,ナタリー・ウッド,ヴェラ・マイルズ
    15

スポンサードリンク