全4作品。第25回ニューヨーク映画批評家協会賞(1959年開催)の映画ランキング

  1. ベン・ハー

    ベン・ハー
    評価:S4.23
    ルー・ウォーレスによる同名ベストセラー小説の3度目の映画化。西暦1世紀の初め、ローマ帝国支配下のエルサレムに生まれたユダヤ人貴族の息子ベン・ハーの波乱に富んだ半生を、イエス・キリストの生涯と絡ませて描いた歴史スペクタクル大作。監督は「ミニヴァー夫人」「我等の生涯の最良の年」の巨匠ウィリアム・ワイラー。タイトルロールにチャールトン・ヘストン。59年度のアカデミー賞では作品賞、監督賞を含む史上最多の11部門を受賞した。

    アクション

    ネット上の声

    ベン・ハー
    アカデミー賞11部門獲得の映画史に残る傑作だそうです
    20世紀の 2大作品のひとつ
    こういう話だったっけ?
    製作年:1959
    製作国:アメリカ
    監督:ウィリアム・ワイラー
    主演:チャールトン・ヘストン,ジャック・ホーキンス,ヒュー・グリフィス,スティーヴン・ボイド
    1
  2. 或る殺人

    或る殺人
    評価:A3.90


    サスペンス
    製作年:1959
    製作国:アメリカ
    監督:オットー・プレミンジャー
    主演:ジェームズ・スチュワート,リー・レミック,ベン・ギャザラ,ジョージ・C・スコット
    2
  3. 大人は判ってくれない

    大人は判ってくれない
    評価:B3.86
    ヌーヴェル・ヴァーグの新鋭フランソワ・トリュフォーの第一回監督作品。脚色はマルセル・ムーシーとトリュフォーの共同で、撮影を「いとこ同志」のアンリ・ドカエ、音楽をジャン・コンスタンタンが担当。出演は主役に扮する十二歳のジャン・ピエール・レオーの他に、クレール・モーリエ、アルベール・レミ、ギイ・ドコンブル、パトリック・オーフェイ等。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    大切にしたい映画かも
    大人は子供の何をわかっているの??
    そして、僕は大人になった。
    製作年:1959
    製作国:フランス
    監督:フランソワ・トリュフォー
    主演:ジャン=ピエール・レオ,クレール・モーリエ,アルベール・レミー,ジャン=クロード・ブリアリ
    3
  4. 尼僧物語

    尼僧物語
    評価:B3.79
    キャサリン・ヒューム女史のベストセラー小説をもとに、「オクラホマ!」「地上より永遠に」のフレッド・ジンネマン監督が作った1人の修道尼の物語。脚色はロバート・アンダーソンがあたり、撮影したのは「ローマの休日」のフランツ・プラナー。音楽はフランツ・ワックスマンが担当している。出演するのは「緑の館」のオードリー・ヘップバーン、「ダイヤモンド作戦」のピーター・フィンチ、「レイテ沖海空戦 永遠の海原」のディーン・ジャガー、「ベビイドール」のミルドレッド・ダンノック、ディムの称号をもつ英国女優エディス・エバンスとディム・ペギー・アシュクロフト、パトリシア・コリンジ、ルース・ホワイト、パトリシア・ボスワー…

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    尼僧の世界
    聡明な顔が印象的。
    カトリック修道院をベースにして
    製作年:1959
    製作国:アメリカ
    監督:フレッド・ジンネマン
    主演:オードリー・ヘプバーン,ピーター・フィンチ,イーディス・エヴァンス,ペギー・アシュクロフト
    4

スポンサードリンク