全9作品。第16回ゴールデン・グローブ(1958年開催)の映画ランキング

  1. 私は死にたくない

    私は死にたくない
    評価:S4.38
    刑に処されるまで無罪を主張した女性死刑囚バーバラ・グレアムの手記を、種々のレポートや記録などを照合して映画化した作品。エドワード・S・モンゴメリーの報道記事も重要な資料として使われている。監督するのは「深く静かに潜航せよ」のロバート・ワイズ。脚本をネルソン・ギィディングとドン・M・マンキーウィッツが担当している。撮影監督は「黒い蠍」のライオネル・リンドン。音楽はジョニー・マンデル、ゲリー・マリガン他6人のコンボがジャズを演奏し、みずから出演もしている。出演するのは「明日泣く」のスーザン・ヘイワード、サイモン・オークランド、ヴァージニア・ヴィンセント、セオドア・バイケル等。製作ウォルター・ウェ…

    ネット上の声

    最後は観てられないです
    サントラも一押し!
    製作年:1958
    製作国:アメリカ
    監督:ロバート・ワイズ
    主演:スーザン・ヘイワード,サイモン・オークランド,ヴァージニア・ヴィンセント,セオドア・バイケル
    1
  2. 旅路

    旅路
    評価:A4.17
    「楡の木陰の欲望」のデルバート・マン監督が、「王子と踊子」の原作者テレンス・ラティガンの舞台劇「別々のテーブル」と「七番目のテーブル」を映画化した作品。脚本はラティガン自身とジョン・ゲイの共同。撮影は「OK牧場の決斗」のチャールズ・ラング、音楽はデイヴィッド・ラクシン。出演者は「悲しみよこんにちは」のデボラ・カーとNiven、「深く静かに潜航せよ」のバート・ランカスター、「夜の豹」のリタ・ヘイワース、ウェンディ・ヒラー、グラディス・クーパー、フェリックス・エイルマー、キャスリーン・ネスビット等。黒白・スタンダードサイズ。1958年作品。

    ネット上の声

    人が人を傷付け、傷付けられる。でも、
    見事なブレンド
    製作年:1958
    製作国:アメリカ
    監督:デルバート・マン
    主演:バート・ランカスター,デヴィッド・ニーヴン,リタ・ヘイワース,ウェンディ・ヒラー
    2
  3. SOSタイタニック/忘れえぬ夜

    SOSタイタニック/忘れえぬ夜
    評価:A4.15
    1912年の処女航海中、氷山との衝突によって沈没した英国の豪華客船タイタニック号。このあまりにも有名な悲劇を冷徹なタッチで映画化した英映画の傑作である。刻々と迫ってくる沈没の瞬間、それを知る由もなく船旅を楽しむ人々のスケッチが、モノクロ映像ならではの説得力で重層的に描かれている。特に、氷山との衝突の原因になった濃霧の描写が秀逸で、当時の特撮技術のレベルを考えれば称賛に値する。

    ネット上の声

    映像はいいです
    事実は小説よりも奇なり
    製作年:1958
    製作国:イギリス
    監督:ロイ・ウォード・ベイカー
    主演:ケネス・モア,オナー・ブラックマン,マイケル・グッドリーフ,デヴィッド・マッカラム
    3
  4. 六番目の幸福

    六番目の幸福
    評価:B3.68
    アラン・バージェスの実話にもとづく小説を「青春物語」のマーク・ロブソン監督が映画化した作品。中国の僻地に献身的な宣教活動を送る一英国女性の物語。脚色は「僕はツイている」のイソベル・レナート。撮影は「無分別」のフレディ・ヤング。音楽マルコム・アーノルド。ロンドン郊外に中国の城郭町がオープン・セットとして再現された。出演するのは「無分別」のイングリッド・バーグマンと「戦場のドン・キホーテ」のクルト・ユルゲンスが顔を合わせるほか、「鎧なき騎士」のロバート・ドーナット、アシーン・セイラー、ロナルド・スクァイア、マイケル・デヴィッド等。中国人俳優も多数出演している。製作バディ・アドラー。シネマスコープ…

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    NO.1元気になった洋画1「六番目の幸福
    NO.1元気になった洋画1「六番目の幸福」
    共産党がいない長征
    製作年:1958
    製作国:アメリカ
    監督:マーク・ロブソン
    主演:イングリッド・バーグマン,クルト・ユルゲンス,ロバート・ドーナット,ロナルド・スクワイア
    4
  5. 大いなる西部

    大いなる西部
    評価:B3.67
    「友情ある説得」のウィリアム・ワイラー監督が、「西部の男」以来18年ぶりで監督した西部劇。サタディ・アヴニング・ポストに連載されたドナルド・ハミルトンの原作をジェームズ・R・ウェッブとサイ・バーレット、ロバート・ワイルダーの3人が共同で脚本化。撮影監督は「誇りと情熱」のフランツ・プラナー。カリフォルニア州ストクトン附近のドレイス牧場一帯と、モジャヴ砂漠がロケ地に選ばれ、広大な野外シーンが常に心してとり入れられている。音楽はジェローム・モロス。タイトル・デザインを「八十日間世界一周」「めまい」のソール・バスが受けもっている。出演者はワイラーと共にプロデュースもしている「無頼の群」のグレゴリー・…

    アクション、西部劇

    ネット上の声

    東部の男が主役の西部劇☆3つ
    近代社会成立前の最後のカタルシス
    アメリカらしい
    ブッシュ、これを観ろ!
    製作年:1958
    製作国:アメリカ
    監督:ウィリアム・ワイラー
    主演:グレゴリー・ペック,チャールトン・ヘストン,ジーン・シモンズ,キャロル・ベイカー
    5
  6. 手錠のまゝの脱獄

    手錠のまゝの脱獄
    評価:C3.61
    ハリウッドの異色製作者であり「見知らぬ人でなく」「誇りと情熱」と監督にものりだしたスタンリー・クレイマーが、製作・監督した3本目の作品。白人と黒人という人種問題をとりあげ、互いに鎖で結ばれあった脱走囚人2人をそれぞれ、白人・黒人に設定するという抽象的な問題提出をもった作品構成である。脚本はネーサン・C・ダグラスとハロルド・ヤコブ共作のオリジナル。撮影はサム・リーヴィット。音楽はアーネスト・ゴールドだが、背景音楽は一切使われておらず、ラジオのジャズと主演の「暴力教室」のシドニー・ポワチエが歌う民謡“ロング・ゴーン”が出てくるのみ。80%を占める戸外撮影は南カリフォルニアで、悪天候を選んで行なわ…

    アクション、サスペンス

    ネット上の声

    喧嘩中の人におすすめ
    アカデミー脚本賞、監督賞に輝く感動作です。
    脱獄というより逃亡だけど
    美しきかな、友情・・・
    製作年:1958
    製作国:アメリカ
    監督:スタンリー・クレイマー
    主演:トニー・カーティス,シドニー・ポワチエ,セオドア・バイケル,チャールズ・マックグロー
    6
  7. 恋の手ほどき

    恋の手ほどき
    評価:D2.93
    1958年度アカデミー賞で、作品賞をはじめ10個のオスカー賞を獲得したミュージカル・コメディ。監督は「バラの肌着」のヴィンセント・ミネリがあたり、閨秀作家コレット女史の原作を、アラン・ジェイ・ラーナーが脚色している。撮影監督はジョセフ・ルッテンバーグで、パリに10週間にわたってロケが行われた。音楽監督と指揮はアンドレ・プレヴァン。主題歌“ジジ”他9つの歌曲を、「ブリガドーン」のチーム、フレデリック・ロウが作曲、アラン・ジェイ・ラーナーが作詞している。出演するのは「ガラスの靴」のレスリー・キャロン、「昼下りの情事」のモーリス・シュヴァリエ、「影なき恐怖」のルイ・ジュールダンの他、「八十日間世界…

    恋愛、ミュージカル、文芸・史劇

    ネット上の声

    優等生すぎて魅力がない
    現代っ子には物足りないかも。。
    女性への脱皮
    モーリス・シュバリエに癒されます
    製作年:1958
    製作国:アメリカ
    監督:ヴィンセント・ミネリ
    主演:レスリー・キャロン,モーリス・シュヴァリエ,ルイ・ジュールダン,ハーミオン・ジンゴールド
    7

スポンサードリンク