第12回ゴールデン・グローブ(1954年開催)

  1. 二十四の瞳

    二十四の瞳
    評価:S4.41
    「女の園」に次ぐ木下恵介監督作品。壷井栄の原作を同監督自身が脚色している。撮影も「女の園」の楠田浩之、音楽は「三つの愛」の木下忠司。出演者は「女の園」の高峰秀子、田村高廣、天本英世、「昨日と明日の間」の月丘夢路「陽は沈まず」の小林トシ子、笠智衆など。

    ネット上の声

    先入観を払拭
    万人向けの優れた作品
                  二十四の瞳
    もっと沢山の人に見て欲しい名作
    製作年:1954
    製作国:日本
    監督:木下恵介
    主演:高峰秀子,天本英世,夏川静江,笠智衆
    1
  2. 波止場

    波止場
    評価:A4.12
    「アフリカの女王」のサム・スピーゲルが1954年に製作したホライズン・プロ作品。悪徳ボスに支配された紐育の波止場の実態を描くマルコーム・ジョンスンの探訪記事『波止場の犯罪』(サン紙連載)を小説家のバッド・シュールバーグが脚色し、「綱渡りの男」のエリア・カザンが監督した。撮影はフランス出身のボリス・カウフマン、音楽はレオナード・バーンスティンの担当。主演は「乱暴者」のマーロン・ブランドで、新人エヴ…

    ネット上の声

    一見の価値あり
    許されざる者の《真実》
    カザンとブランドの最高傑作!アメリカ映画の傑作の1本
    真面目な作品・・・
    製作年:1954
    製作国:アメリカ
    監督:エリア・カザン
    主演:マーロン・ブランド,エヴァ・マリー・セイント,リー・J・コッブ,ロッド・スタイガー
    2
  3. 麗しのサブリナ

    麗しのサブリナ
    評価:A3.91
    大富豪ララビー家のお抱え運転手の娘サブリナ(オードリー・ヘプバーン)が、主の次男デイヴィッド(ウィリアム・ホールデン)に恋心を抱くも、彼女の父は身分違いの恋を忘れさせるため娘をパリへ送り出す。2年後、洗練された淑女に変身した彼女が帰国すると、デイヴィッドはすっかり夢中に。婚約中の弟を案じる長男ライナス(ハンフリー・ボガート)は、やがて自分はサブリナが好きなことに気付き……。

    ネット上の声

    結構好きな映画
    オードリー一番
    本当に「麗しい」
    前半はやや軽薄
    製作年:1954
    製作国:アメリカ
    監督:ビリー・ワイルダー
    主演:オードリー・ヘプバーン,ハンフリー・ボガート,ウィリアム・ホールデン,ジョン・ウィリアムズ
    3
  4. スタア誕生

    スタア誕生
    評価:B3.82
    「オズの魔法使い」のジュディ・ガーランドがカムバックして「三つの恋の物語」のジェームズ・メイスンと共演する1954年作品。かつてウィリアム・A・ウェルマン監督で映画化されたドラマを今度はミュージカルとして「アダム氏とマダム」のジョージ・キューカーが監督した。脚色は「アンデルセン物語」のモス・ハート、製作者はジュディ・ガーランドの夫シドニー・ラフトである。撮影は「カーメン・ジョーンズ」のサム・リー…

    ネット上の声

    よくありそうな話
    一部スチールだけど…
    あいうえお作文 その1
    最後まで(3時間)ひきこまれた映画
    製作年:1954
    製作国:アメリカ
    監督:ジョージ・キューカー
    主演:ジュディ・ガーランド,ジェームズ・メイソン,ジャック・カーソン,チャールズ・ビックフォード
    4
  5. 喝采

    喝采
    評価:C3.53
    「失われた少年」と同じくウィリアム・パールバーグが製作し、ジョージ・シートンが監督した1954年作品。ブロードウェイで上演されたクリフォード・オデッツ『ユーモレスク』の戯曲から監督者シートン自身が脚色した。撮影はジョン・F・ウォレン、音楽は「愛の泉」のヴィクター・ヤング。主演は「ブルー・スカイ(1946)」のビング・クロスビー。この作品でアカデミー主演女優賞を得た「トコリの橋」のグレイス・ケリー…

    ネット上の声

    アカデミー
    口実の映画
    グレース・ケリーの美しさを見せるには少々ヒネり過ぎ?
    過保護ママと気弱な息子のお話?
    製作年:1954
    製作国:アメリカ
    監督:ジョージ・シートン
    主演:ビング・クロスビー,グレイス・ケリー,ウィリアム・ホールデン,アンソニー・ロス
    5

スポンサードリンク