青春系のヤクザ・ギャング映画ランキング

  1. ウエスト・サイド物語

    ウエスト・サイド物語
    評価:A3.94
    シェイクスピアの「ロミオとジュリエット」を下敷きにした大ヒットブロードウェイ・ミュージカルを、巨匠ロバート・ワイズとミュージカル版を手掛けた演出家のジェローム・ロビンスが共同で映画化。ニューヨーク・マンハッタンのスラム街を舞台にイタリア系のジェット団とプエルトリコ系のシャーク団の抗争と悲劇を描く。主演はナタリー・ウッド。61年度のアカデミー賞では作品賞、監督賞を含む10部門で受賞した。

    ネット上の声

    AMERICA♪
    【America〜正/負の印象】
    ストーリー的にはありがち。
    ミュージカルの楽しさの中に切ない幕切れ
    製作年:1961
    製作国:アメリカ
    監督:ロバート・ワイズ
    主演:ナタリー・ウッド,リチャード・ベイマー,ジョージ・チャキリス,リタ・モレノ
    1
  2. VIOLENCE PM

    VIOLENCE PM
    評価:E0.00
    12才でギャンブルを卒業、15才で殺人を卒業、20才で極道を卒業、25才で人生を終了するつもりだった‘破局に走るレザボア・ドッグ’ことマサシの半生をリアルかつスタイリッシュな映像で描いた極道バイオレンス・アクション。
    製作年:2010
    製作国:日本
    監督:石原貴洋
    主演:上野央,今西洋貴
    2

スポンサードリンク