全4作品。青春するヤクザ・ギャング映画ランキング

  1. ブラッド・イン ブラッド・アウト

    ブラッド・イン ブラッド・アウト
    評価:A4.05
    メキシコ系アメリカ人という血のつながりを持った3人の青年が、民族的アイデンティティーを求めて苦悩する物語。監督は「愛と青春の旅立ち」「カリブの熱い夜」などのテイラー・ハックフォード。原作は人気ミステリー作家のロス・トーマス。これをフロイド・マトラックス、ジェレミー・アイアコーン、ジミー・サンティアゴ・バカらが脚本にした。撮影は「K2 ハロルドとテイラー」「エディ・マーフィのホワイトハウス狂騒曲」のガブリエル・ベリスタイン。音楽は「ロッキー」シリーズ、「ライトスタッフ」のビル・コンティ。「動く標的」「荒鷲の要塞」などで知られるジェリー・ガーシュインがハックフォードと共に製作に当たった。

    青春、ヤクザ・ギャング

    ネット上の声

    時間と暴力がきついっす
    とにかく熱い!!
    素晴らしきベンジャミン!!
    長編ヒューマンドラマ
    製作年:1993
    製作国:アメリカ
    監督:テイラー・ハックフォード
    主演:ダミアン・チャパ
    1
  2. ウエスト・サイド物語

    ウエスト・サイド物語
    評価:B3.68
    シェイクスピアの「ロミオとジュリエット」を下敷きにした大ヒットブロードウェイ・ミュージカルを、巨匠ロバート・ワイズとミュージカル版を手掛けた演出家のジェローム・ロビンスが共同で映画化。ニューヨーク・マンハッタンのスラム街を舞台にイタリア系のジェット団とプエルトリコ系のシャーク団の抗争と悲劇を描く。主演はナタリー・ウッド。61年度のアカデミー賞では作品賞、監督賞を含む10部門で受賞した。

    青春、恋愛、ヤクザ・ギャング、ミュージカル、文芸・史劇

    ネット上の声

    AMERICA♪
    【America〜正/負の印象】
    ストーリー的にはありがち。
    ミュージカルの楽しさの中に切ない幕切れ
    製作年:1961
    製作国:アメリカ
    監督:ロバート・ワイズ
    主演:ナタリー・ウッド
    2
  3. 友へ チング

    友へ チング
    評価:C3.33
    釜山を舞台に、4人の幼なじみの壮絶な人生を描いたヒューマン・ドラマ。監督は、「Dr.K」(日本未公開)のクァク・キョンテク。撮影は、「オクスタン」(日本未公開)のファン・ギソク。出演は、「スプリング・イン・ホームタウン」のユ・オソン。「アナーキスト」(日本未公開)のチャン・ドンゴン。「飛天舞」のソ・テファほか。

    ヒューマンドラマ、青春、ヤクザ・ギャング

    ネット上の声

    内容が薄い
    最高な暴力映画
    良かったですね。
    監督の学生時代を基に
    製作年:2001
    製作国:韓国
    監督:クァク・キョンテク
    主演:ユ・オソン
    3
  4. VIOLENCE PM

    VIOLENCE PM
    評価:E0.00
    12才でギャンブルを卒業、15才で殺人を卒業、20才で極道を卒業、25才で人生を終了するつもりだった‘破局に走るレザボア・ドッグ’ことマサシの半生をリアルかつスタイリッシュな映像で描いた極道バイオレンス・アクション。

    青春、ヤクザ・ギャング
    製作年:2010
    製作国:日本
    監督:石原貴洋
    主演:上野央
    4

スポンサードリンク