時代劇系のヤクザ・ギャング映画ランキング

  1. 悪名

    悪名
    評価:A4.12
    この作品は、現在、全国のあらゆる新聞、雑誌の連載小説中でも最も人気高く、「週刊朝日」に連載中の今東光の同名小説の映画化で、「小太刀を使う女」の依田義賢が脚色。「鯉名の銀平(1961)」の田中徳三が監督。撮影は「沓掛時次郎(1961)」の宮川一夫。

    ネット上の声

    傑作シリーズ
    おもしろい
    勝新と4人の女
    なんでずーっといっこもれびゅうないんや?
    製作年:1961
    製作国:日本
    監督:田中徳三
    主演:勝新太郎,田宮二郎,中村玉緒,中田康子
    1
  2. 続悪名

    続悪名
    評価:A4.05
    悪名の続篇。スタッフは前回と同じ。

    ネット上の声

    是非おすすめします
    弱きを助け強きを挫く
    思いがけない大ヒット作
    おもしろい
    製作年:1961
    製作国:日本
    監督:田中徳三
    主演:勝新太郎,田宮二郎,中村玉緒,水谷良重
    2
  3. 続・新悪名

    続・新悪名
    評価:A3.96
    朝吉を主人公とする「悪名」シリーズの第四作。今東光原作から前作「新・悪名」についで依田義賢が脚色、「鯨神」の田中徳三が監督したアクションもの。撮影は「剣に賭ける」の武田千吉郎。

    ネット上の声

    3か月待った!
    少女歌手の物語
    おもしろい
    製作年:1962
    製作国:日本
    監督:田中徳三
    主演:勝新太郎,田宮二郎,赤城まり,水谷良重
    3
  4. 悪名一番

    悪名一番
    評価:A3.90
    今東光の同名小説より、「悪名波止場」の依田義賢が脚色「眠狂四郎殺法帖」の田中徳三が監督したアクション・ドラマ。撮影は、「続忍びの者」の武田千吉郎。

    ネット上の声

    個人的にシリーズ最高作!!
    戦後の日本の空気が実感できる
    力のあるセリフと展開で一気に見られる秀作
    製作年:1963
    製作国:日本
    監督:田中徳三
    主演:勝新太郎,田宮二郎,江波杏子,藤原礼子
    4
  5. 悪名市場

    悪名市場
    評価:A3.88
    今東光原作を「新・悪名」の依田義賢が脚色、「陽気な殿様」の森一生が監督したヤクザもの。撮影もコンビの今井ひろし。

    ネット上の声

    商店街潰し
    「梅に鶯、松に鶴、そして朝吉には清次」
    面白いがあと一歩
    “勝新”の前に“勝新”なし “勝新”の後に“勝新”なし
    製作年:1963
    製作国:日本
    監督:森一生
    主演:勝新太郎,田宮二郎,瑳峨三智子,芦屋雁之助
    5

スポンサードリンク