全9作品。精神障害を扱った映画ランキング

  1. 人生、ここにあり!

    人生、ここにあり!
    評価:A4.07
    1983年、ミラノ。正義感が強いが異端児扱いされる労働組合員のネッロ(クラウディオ・ビジオ)は、自著がきっかけで別の生活協同組合に異動させられてしまう。そこに集まっていたのは、法律の改定で廃止した精神病院を出され、行き場のない元患者たちだった。ネッロはしっかりと稼げるような仕事を彼らにさせようと思い立つが……。

    ヒューマンドラマ、コメディ、実話、会社再建、精神障害

    ネット上の声

    笑いました☆
    凄惨な社会実験もイタリア気質で救われる
    あなたの悩み解消します!一気に忘れて、新しい自分になれるかも??
    最高の映画
    製作年:2008
    製作国:イタリア
    監督:ジュリオ・マンフレドニア
    主演:クラウディオ・ビシオ
    1
  2. カッコーの巣の上で

    カッコーの巣の上で
    評価:A3.96
    刑務所の強制労働から逃れるため精神異常を装い、精神病院に入ったマクマーフィは、絶対的な管理体制をしくラチェット婦長のやり方に反発を覚える。マクマーフィは、管理されることに慣れ、無気力になっていた入院患者たちに生きる希望と活力を与えようとするが……。人間の尊厳と社会の不条理を描いたヒューマンドラマの名作。アカデミー賞では作品賞、主演男優賞(ジャック・ニコルソン)、助演女優賞(ルイーズ・フレッチャー)ほか主要5部門を受賞した。

    ヒューマンドラマ、実話、吃音者が登場する、精神障害、病院(医療モノ)

    ネット上の声

    こういう映画だったのね
    非常に考えさせられる作品
    しっかし、ようでけてるわぁ。
    今回DVDで見直したところ・・・
    製作年:1975
    製作国:アメリカ
    監督:ミロス・フォアマン
    主演:ジャック・ニコルソン
    2
  3. バーディ

    バーディ
    評価:A3.92
    ウィリアム・ワートンの小説を元に、戦争で心に傷を負った青年とその親友との交流を描いた、名匠アラン・パーカー監督による傑作ヒューマン・ドラマ。ベトナム戦争から負傷して帰還したアルは、戦争のショックで精神病院に入院中の親友バーディに会いに行く。完全に心を閉ざしてしまったバーディは、病室にうずくまり、ただひたすら鳥になることを夢見ていた。アルは何とかバーディを立ち直らせようと、必死に語りかけるが……。

    ヒューマンドラマ、精神障害

    ネット上の声

    よくある、、、、
    そこにベトナムがあります
    世間ではそれほど評価が高くないのが残念
    20年ぶりに改めて観て
    製作年:1984
    製作国:アメリカ
    監督:アラン・パーカー
    主演:マシュー・モディーン
    3
  4. シャッター アイランド

    シャッター アイランド
    評価:C3.41
    精神を病んだ犯罪者の収容施設がある孤島、シャッター アイランド。厳重に管理された施設から、一人の女性患者が謎のメッセージを残して姿を消す。孤島で起きた不可解な失踪(しっそう)事件の担当になった連邦保安官のテディ・ダニエルズ(レオナルド・ディカプリオ)は、この孤島の怪しさに気付き始める……。

    サスペンス、トラウマになる、刑務所、どんでん返し、精神障害

    ネット上の声

    なんだか 最後は 
    謎解きサスペンスや無いやん!人間ドラマやん!あかんやんこの宣伝!
    腕を上げたレオ様
    どうなるかなー…?
    製作年:2009
    製作国:アメリカ
    監督:マーティン・スコセッシ
    主演:レオナルド・ディカプリオ
    4
  5. 精神

    精神
    評価:C3.37


    ドキュメンタリー、精神障害
    製作年:2008
    製作国:日本/アメリカ
    監督:想田和弘
    5
  6. イン・ザ・プール

    イン・ザ・プール
    評価:C3.26
    中堅メーカーに勤務する営業マン・田口(オダギリジョー)は、ある日突然、継続性勃起症になってしまう。一方、ルポライターの岩村(市川実和子)は家のガスの元栓を閉めたかということから始まり、確認行為の慣習化による強迫神経症になる。そして田口と岩村は伊良部総合病院の精神科に通うはめになり……。

    ヒューマンドラマ、コメディ、精神障害
    製作年:2005
    製作国:日本
    監督:三木聡
    主演:松尾スズキ
    6
  7. サウンド・オブ・サイレンス

    サウンド・オブ・サイレンス
    評価:D3.15
    娘を誘拐された精神科医が自分の患者からある番号を聞き出すことを要求される、息をつかせぬ展開のサスペンスアクション。監督は「コレクター」のゲイリー・フレダー。製作の一人に「プラトーン」のアーノルド・コペルソン。出演はハリウッドを代表する映画人マイケル・ダグラス、「パトリオット・ゲーム」のショーン・ビーン、「17歳のカルテ」のブリタニー・マーフィ、「ラストサマー2」のジェニファー・エスポジートほか。

    アクション、サスペンス、精神障害
    製作年:2001
    製作国:アメリカ
    監督:ゲイリー・フレダー
    主演:マイケル・ダグラス
    7
  8. ゴシカ

    ゴシカ
    評価:D2.97
    刑務所の精神病院で働く女性医師ミランダ(ハル・ベリー)は、最愛の夫ダグラス(チャールズ・S・ダットン)を殺した容疑で逮捕されてしまう。事件当時の記憶がまったく失われた彼女の身に、いったい何が起こっていたのか?

    サスペンス、ホラー、日本人が怖いと思うジメッとした心霊ホラー、刑務所、精神障害

    ネット上の声

    納得がいか〜ん^^;
    モヤモヤしたものが残る作品
    ハル・ベリー
    オカルト・ミステリーの佳作。
    製作年:2003
    製作国:アメリカ
    監督:マチュー・カソヴィッツ
    主演:ハル・ベリー
    8
  9. 蛇の穴

    蛇の穴
    評価:E0.00
    「私は殺される」「栄光の都」のアナトール・リトヴァクが製作・監督した野心作で、メアリー・ジェーン・ウォードの自伝小説の映画化である。脚本は「愛のあけぼの」のフランク・パートスとミレン・ブランドが共同執筆した。撮影は「淑女と拳骨」のレオ・トーヴァーで、音楽はアルフレッド・ニューマンが作曲した。なお製作にはリトヴァークにロバート・バスラーが共同している。主演は「遥かなる我が子」「暗い鏡」のオリヴィア・デ・ハヴィランドで新人マーク・スティーヴンス、「青の恐怖」「ヘンリー五世」のレオ・ゲン、「紳士協定」でアカデミー助演賞を得たセレステ・ホルムが共演するほか、グレン・ランガン、ヘレン・クレイグ、ビュー…

    サスペンス、精神障害

    ネット上の声

    映画史に埋もれたニューロティックの大傑作
    製作年:1948
    製作国:アメリカ
    監督:アナトール・リトヴァク
    主演:オリヴィア・デ・ハヴィランド
    9

スポンサードリンク