全22作品。癌がテーマの映画ランキング

  1. 翼は心につけて

    翼は心につけて
    評価:S4.33
    ガンと闘い、右腕切断の大手術をうけながらも、わずか十五年の人生を明るく、たくましく精一杯生きた少女の姿を描く関根庄一原作の映画化。脚本は寺島アキ子と「アラスカ物語」を監督した堀川弘通の共同執筆、監督も同作の堀川弘通、撮影は中尾駿一郎がそれぞれ担当している。

    ヒューマンドラマ、難病、癌(がん)、子供に見せたい

    ネット上の声

    文部省推薦作品(当時)
    子どもにみせたい
    製作年:1978
    製作国:日本
    監督:堀川弘通
    主演:フランキー堺
    1
  2. Mayu -ココロの星-

    Mayu -ココロの星-
    評価:S4.18
    21歳の竹中まゆ(平山あや)は、幼いころに母が卵巣がんを発症して以来、入退院を繰り返す母に代わって父(三浦友和)とともに家事をこなし、一家を支えてきた。そんなある日、彼女は胸の脇にしこりのようなものが触れることに気付く。医者に悪性の乳がんであると宣告されてから、まゆと乳がんとの闘いが始まる。

    実話、難病、癌(がん)

    ネット上の声

    これが闘病の現実
    生きていることの尊さ
    製作年:2007
    製作国:日本
    監督:松浦雅子
    主演:平山あや
    2
  3. 海洋天堂

    海洋天堂
    評価:A4.04
    【 余命わずかな父。残される息子。 】
    水族館勤務のシンチョン(ジェット・リー)は、21歳になる自閉症の息子ターフー(ウェン・ジャン)を男手ひとつで大切に育ててきた。ある日シンチョンはガンで余命わずかと診断され、息子の将来を案じて心中を図る。だが、泳ぎの得意なターフーが海面に顔を出したため、シンチョンは息子に一人でも生きていけるよう教育することを決意する。


    ヒューマンドラマ、子供が生まれてから見たら大泣きする、自閉症、シングルファザー、癌(がん)

    ネット上の声

    母性とは限りなく
    ただそのままで生きていてほしい。
    ジェット・リーが映画の原点を見せてくれた
    ジェット・リーの演技も自然
    年と共に涙もろくなった
    ★★★★★(5点)
    「世の中がどんなに変化しても、人生は家族で始まり、家族で終わることに変わりはない」 まさに名言通りの映画です。 こんなの父親なら100%泣きますよ(TT)
    某エンジニア
    ★★★★(4点)
    社会問題にもなっている障害をもった方の「親亡き後の生活」について扱った作品です。 この監督は、14年間も自閉症施設で活動をしており、作品に賭ける情熱は痛いほど伝わってきました。 父親役の俳優さんも、ノーギャラでの出演を申し出るほどこの作品に影響されたのだとか。 とてもいい話でした。 ただ親の立場になってから見ると、もっと感動できるのではと思いました。また10年後に見返したい作品です。
    製作年:2010
    製作国:中国
    監督:シュエ・シャオルー
    主演:ジェット・リー
    3
  4. マイ・ライフ

    マイ・ライフ
    評価:A3.98
    末期ガンで余命いくばくもないことを宣告された男が、残された命を精一杯生き抜く姿を描いた感動のヒューマン・ドラマ。監督・製作・脚本は「ゴースト ニューヨークの幻」で脚本を担当したブルース・ジョエル・ルービンで、彼の監督デビュー作。共同製作は同作監督のジェリー・ザッカーと「ラスト・オブ・モヒカン」のハント・ローリー。エグゼクティヴ・プロデューサーはギル・ネッター、撮影はピーター・ジェームズ、音楽は「ダンス・ウィズ・ウルブズ」のジョン・バリーが担当。主演は「から騒ぎ」のマイケル・キートンと「遙かなる大地へ」のニコール・キッドマン。共演は「天と地」のハイン・S・ニョール、女性ラッパーのクイーン・ラティファら。

    ヒューマンドラマ、難病、家族、癌(がん)
    製作年:1993
    製作国:アメリカ
    監督:ブルース・ジョエル・ルービン
    主演:マイケル・キートン
    4
  5. ドクター

    ドクター
    評価:A3.96
    ガンの宣告を受けたエリート外科医の、医師として人間としてのアイデンティティの揺らぎを描く。監督は「愛は静けさの中に」のランダ・ヘインズ、製作は「プリティ・ウーマン」のローラ・ジスキン、エグゼクティヴ・プロデューサーは「グリーン・カード」のエドワード・S・フェルドマン、脚本はロバート・キャスウェル、原作はエド・ローゼンバームの実体験に基づいた小説、撮影は「いまを生きる」のジョン・シール、音楽は「ヒドゥン」のマイケル・コンヴァーティノが担当。

    ヒューマンドラマ、社会派ドラマ、医師、癌(がん)
    製作年:1991
    製作国:アメリカ
    監督:ランダ・ヘインズ
    主演:ウィリアム・ハート
    5
  6. はなちゃんのみそ汁

    はなちゃんのみそ汁
    評価:A3.89
     がんのために33歳の若さで亡くなった安武千恵さんの闘病記を綴った同名ベストセラーを、日本テレビ系“24時間テレビドラマスペシャル”としてTVドラマ化。

    ヒューマンドラマ、難病、癌(がん)
    製作年:2014
    製作国:日本
    主演:大倉忠義
    6
  7. 湯を沸かすほどの熱い愛

    湯を沸かすほどの熱い愛
    評価:A3.81
    『紙の月』などの宮沢りえと、『愛を積むひと』などの杉咲花が母娘を演じ、余命宣告を受けた主人公の奮闘に迫る家族ドラマ。行方不明の夫を連れ戻すことをはじめ、最後の四つの願い事をかなえようと奔走するヒロインの姿を捉える。

    ヒューマンドラマ、難病、家族、癌(がん)、銭湯
    製作年:2016
    製作国:日本
    監督:中野量太
    主演:宮沢りえ
    7
  8. 50/50 フィフティ・フィフティ

    50/50 フィフティ・フィフティ
    評価:B3.78
    酒もタバコもやらない陽気な青年アダム(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)は27歳でガンを患い、5年の生存率は50パーセントと宣告される。職場の同僚や恋人、家族が病気を気遣い神経質になっていく中、悪友カイル(セス・ローゲン)だけはいつも通りに接してくれていた。何とかガンを笑い飛ばそうとするアダムだったが、刻々と悪化していく病状に動揺を隠せなくなってしまう。

    ヒューマンドラマ、実話、難病、癌(がん)

    ネット上の声

    コメディではない
    現実に病に悩む人も観られる映画
    がんになってわかること
    地味ですが、良い作品です。
    製作年:2011
    製作国:アメリカ
    監督:ジョナサン・レヴィン
    主演:ジョセフ・ゴードン=レヴィット
    8
  9. 僕と妻の1778の物語

    僕と妻の1778の物語
    評価:B3.73
    SF作家の朔太郎(草なぎ剛)と銀行員の妻節子(竹内結子)は、高校1年の夏休みに付き合い始めてからずっと一緒だった。だがある日、腹痛を訴えた節子が病院に入院し、彼女の体が大腸ガンに冒されていることが判明。医師(大杉漣)に余命1年と宣告された朔太郎は最愛の妻にだけ向けて、毎日原稿用紙3枚以上の短編小説を書くことにする。

    ヒューマンドラマ、実話、難病、夫婦、癌(がん)

    ネット上の声

    「愛する人が死ぬ=悲しい」ソコから1歩踏み出せない映画 は悲しい
    まあよかったかな
    相思相愛、本当に素晴らしい!
    くさなぎくんびいきなのでサービス♪
    製作年:2010
    製作国:日本
    監督:星護
    主演:草なぎ剛
    9
  10. Life 天国で君に逢えたら

    Life 天国で君に逢えたら
    評価:B3.66
    夏樹(大沢たかお)と寛子(伊東美咲)は、サーフィンを通じて知り合い、お互いに一目で恋に落ちた。意気投合した2人は付き合い始め、やがてハワイで挙式する。プロ・ウィンドサーファーの夫とともに世界中を回っていた寛子も、妊娠後にサーフィンを引退。子宝にも恵まれ、幸せな日々を送っていた彼らだが、ある日、夏樹が肝細胞ガンだと診断され……。

    ヒューマンドラマ、実話、難病、サーファー、癌(がん)
    製作年:2007
    製作国:日本
    監督:新城毅彦
    主演:大沢たかお
    10
  11. 永遠の僕たち

    永遠の僕たち
    評価:B3.64
    交通事故によって両親を失い、臨死体験をした少年イーノック(ヘンリー・ホッパー)のただ一人の友人は、彼だけにしか見えない死の世界から来た青年ヒロシ(加瀬亮)だけであった。他人の葬式に参列するのが日常的なイーノックは、ある日、病によって余命いくばくもない少女アナベル(ミア・ワシコウスカ)と出会う。

    恋愛、難病、癌(がん)

    ネット上の声

    愛の言葉に感動。
    死は、ただの無ではない
    製作年:2011
    製作国:アメリカ
    監督:ガス・ヴァン・サント
    主演:ヘンリー・ホッパー
    11
  12. 死にゆく妻との旅路

    死にゆく妻との旅路
    評価:C3.56
    平凡な家庭を築き小さな縫製工場を営む清水久典(三浦友和)は、バブル崩壊で工場経営が傾き多額の借金を抱える羽目に。がんの手術をしたばかりの妻ひとみ(石田ゆり子)を残して金策に駆け回るが、金策も職探しも空振りの状態が続く。気の休まらない日々を過ごしていたある日、夫妻はあてもなく日本各地をさすらう旅に出る。

    ヒューマンドラマ、実話、旅に出たくなるロードムービー、難病、夫婦、癌(がん)

    ネット上の声

    役者さんは超一流
    予想以上によかた
    死にゆく妻との最後の旅
    途中で早回し
    製作年:2010
    製作国:日本
    監督:塙幸成
    主演:三浦友和
    12
  13. 聖の青春

    聖の青春
    評価:C3.48
    29歳の若さでこの世を去った天才棋士・村山聖の生涯をつづる大崎善生のノンフィクションを、松山ケンイチ主演で映画化。幼いころより患う難病と闘いながら将棋の道を突き進んだ村山の壮絶な人生を、羽生善治をはじめとする同世代の棋士との死闘や、彼を支える師匠や両親たちの愛を通して描く。

    青春、実話、難病、癌(がん)、将棋
    製作年:2016
    製作国:日本
    監督:森義隆
    主演:松山ケンイチ
    13
  14. 僕が星になるまえに

    僕が星になるまえに
    評価:C3.40
    29歳の誕生日を迎えたばかりの青年ジェームズ(ベネディクト・カンバーバッチ)は、末期ガンを患い余命いくばくもない。彼に「世界で一番好きな場所」に連れて行ってほしいと頼まれた3人の親友たちは、体の自由が利かなくなっているジェームズをカートに乗せて旅立つが、旅は思いがけないトラブルの連続だった。やがて目的地を目前にジェームズの病状が悪くなり……。

    ヒューマンドラマ、難病、癌(がん)、友情
    製作年:2010
    製作国:イギリス
    監督:ハッティー・ダルトン
    主演:トム・バーク
    14
  15. 病院で死ぬということ

    病院で死ぬということ
    評価:C3.28
    ガン告知を受けた患者たちの闘病の日々を、彼らと接する家族や医師らの姿を交えながら描き、ターミナルケア(末期医療)の問題をとらえたドラマ。山崎章郎の同名原作(主婦の友社・刊)をもとに、「ご挨拶」の中の一挿話『佳世さん』の市川準が監督・脚本。患者たちの姿はフィックスで据えたフルサイズのベッドの映像で終始描写され、随所に人生のイメージを四季にわたり追った映像がはさみ込まれていく、ドキュメンタリー的な手法で描いていく。キネマ旬報ベストテン第三位。

    ドキュメンタリー、医師、癌(がん)、看護師(ナース)、病院(医療モノ)
    製作年:1993
    製作国:日本
    監督:市川準
    主演:山内明
    15
  16. 病は気から 病院へ行こう2

    病は気から 病院へ行こう2
    評価:D3.17
    ガンの末期患者のヒロインと彼を支える若い医師との恋を中心に、ホスピス(病名告知を前提に、末期ガン患者の身体的精神的苦痛緩和を専門とする病棟)の患者や医師たちの姿を描くヒューマン・コメディ。「病院へ行こう」(90)の続編で、監督・滝田洋二郎、原案・脚本・一色伸幸、撮影・浜田毅などスタッフはほぼ同じメンバー。

    恋愛、癌(がん)、病院(医療モノ)
    製作年:1992
    製作国:日本
    監督:滝田洋二郎
    主演:小泉今日子
    16
  17. 夫婦フーフー日記

    夫婦フーフー日記
    評価:D3.09
    妊娠直後の妻に悪性腫瘍が見つかった夫婦の育児と闘病生活をつづる実在のブログから生まれた「がんフーフー日記」を実写映画化。映画化に際し大胆な設定が加えられ、育児と仕事に孤軍奮闘するダンナの前に死んだはずのヨメが現れ、二人で共に歩んできた日々に思いをめぐらせ、少しずつ現実を受け入れていく過程を描く。

    ヒューマンドラマ、コメディ、夫婦、癌(がん)、ネットから映画化
    製作年:2014
    製作国:日本
    監督:前田弘二
    主演:佐々木蔵之介
    17
  18. 余命1ヶ月の花嫁

    余命1ヶ月の花嫁
    評価:D2.86
    イベントコンパニオンをしている長島千恵(榮倉奈々)は、2005年の秋、左胸のしこりが乳ガンとの診断を受ける。そのころ、仕事先で出会った赤須太郎(瑛太)から交際を申し込まれ、一緒にガンと闘うという太郎の言葉に動かされて交際をスタートさせる。千恵の体調もいつしか安定し、次第に病気のことも忘れていくのだが……。

    恋愛、実話、難病、癌(がん)、結婚

    ネット上の声

    ・・・・・・
    うるうる・・・。
    ・・・とても残念・・・(-.-)
    ドキュメンタリーは・・
    製作年:2009
    製作国:日本
    監督:廣木隆一
    主演:榮倉奈々
    18
  19. トイレのピエタ

    トイレのピエタ
    評価:D2.86
    手塚治虫の病床日記に着想を得たオリジナルストーリーに、RADWIMPSの野田洋次郎が余命3か月の若者役で、初めて映画の主演を務めた恋愛ドラマ。忍び寄る死に恐怖を募らせる主人公が、純粋な女子高生と出会い、生きる喜びを見つけだす姿を描く。

    青春、恋愛、難病、癌(がん)
    製作年:2015
    製作国:日本
    監督:松永大司
    主演:野田洋次郎
    19
  20. 象の背中

    象の背中
    評価:D2.82
    これまで何不自由なく暮らしてきた48歳の中堅不動産会社部長・藤山幸弘(役所広司)は、人生の円熟期を迎えようとしていた。ある日突然、医師に肺ガンで余命半年と宣告されてしまう。これまでの人生を振り返った藤山は延命治療を選択せず、今までに出会った大切な人たちと直接会って、自分なりの別れを告げることを決意する。

    ヒューマンドラマ、家族、癌(がん)
    製作年:2007
    製作国:日本
    監督:井坂聡
    主演:役所広司
    20
  21. ラ・ピエトラ 愛を踊る女

    ラ・ピエトラ 愛を踊る女
    評価:E2.69
    悪性の腫瘍が見つかり、余命数か月だと診断されたバレエダンサーのマルゴ(マリ=クロード・ピエトラガラ)。私生活のパートナーであるラファエル(フロラン・パニー)や娘に自分が生きてきた証を残すため、彼女は死ぬまで踊り続けようとする。

    ヒューマンドラマ、恋愛、癌(がん)、バレエ(バレリーナ)
    製作年:2003
    製作国:フランス
    監督:ジャック・コルタル
    主演:マリ=クロード・ピエトラガラ
    21
  22. 時の輝き

    時の輝き
    評価:E0.00
    看護婦志望の少女と不治の病に犯された少年のひと夏の愛の物語。監督はこれがデビュー作となる朝原雄三。原作はティーンエイジャーの女の子を中心に絶大な人気を得ている折原みとの同名小説で、脚色は朝原と山田洋次の共同。撮影は「雷電(1994)」の長沼六男。主演にアイドル歌手・高橋由美子とテレビ・ドラマ 『ひとつ屋根の下』の山本耕史。本篇のラストに原作者・折原みとと主演二人のメッセージ・フィルムが上映された。

    恋愛、漫画を実写化、癌(がん)、看護師(ナース)
    製作年:1995
    製作国:日本
    監督:朝原雄三
    主演:高橋由美子
    22

スポンサードリンク